2017.06.08


ツアー3日目ariesshine






二手に分かれて、私はというとダウトフルサウンドツアーに参加しましたsign03



ミルフォードサウンドと同様に氷河が長い歳月をかけて山を削ってできたフィヨルドです。


ミルフォードサウンドツアーと異なり日本語ガイドはいませんが、



ミルフォードサウンドと比べると10倍の広さなんだとかeye




運行事業者のオフィスに到着したらチェックインし、チケットを受け取ります

Office_2





ランチを予約した人はここでランチ券も一緒に渡されます。




ランチ無しで申し込んだ方は前日に用意したものを持参するか、船の中で軽食を

購入するかになりますflair



その後オフィス前に停まっているいくつかのバスからダウトフルサウンド行きのバスに乗り、




クイーンズタウンを出発!



約2時間、テアナウの街から南下していき、まずはマナポウリ湖という湖へ。

陸路でのアクセスはできず、マウナポリ湖をまずは横断します!

Fune_3




マウナポリ湖を渡った後、発電所を横目にバスに乗り換え。




バスで山道を走り、ダウトフルサウンドの出発地点を目指します!!


まさに秘境diamonddiamond




車窓からの景色も滝がとても綺麗です。

Yuki_2


この日は雪景色でしたlovely



さぁ、フィヨルドの入り口についたら船に乗り換え、クルーズスタートです。




船の中ではコーヒー&紅茶が飲めます。6月は冷えるので嬉しいサービスheart04



とても静かですが、ただただ大自然の迫力に圧倒されます。

Doubtful_2





マウントクックとあわせて、人生で初めてかもしれません!

Yama2_2

何万年もかけて形成されたからでしょうか。えも言われぬ迫力です。



Taki


ミルフォードサウンド・ダウトフルサウンドのあるエリアは雨の多い地域ですがそれもまた綺麗shine


しっとりとした冷たい空気が頬にあたって気持ちいいですsign03



そして、生まれて初めて虹が180度かかっているのを見ました!!

Rainbow_2





この写真だと一部ですが!!笑


綺麗な半円でずーーっと見とれていましたnotes

虹ってなんだか運気が上がりそうですよね!


景色を楽しみながらランチも頂きます。

Lunch





そして、ダウトフルサウンドでは船のエンジンを止めて本物の静寂を味わう


「サウンド・オブ・サイレンス」を体験できますsign03


フィヨルドの真ん中で船を止めて、10分ほどエンジンを切ると・・・



聞こえてくるのは、自分の呼吸と遠い滝の音、風の音だけ。




まるで自分がダウトフルサウンドの自然の一部になるような。


とっても不思議な気分になります!




船の中は色んな国の人がいましたが、全員が一言も喋らず雰囲気を味わっていました。

Tasman_2

3時間ほどのクルーズを終えて、再びバスにて峠を下りますbusbusbusdash

途中の道でバスを乗りて写真撮影と、雪遊びをしましたsnow

Kaeri_2

4_2

再びマウナポリ湖を渡り、バスにてクイーンズタウンへ!

クイーンズタウンにてツアー終了ですsun




そのままホテルに戻りたい方はオフィスでお願いすると送迎してくれます。




日本人にはミルフォードサウンドが人気ですが、

欧米の観光客にはダウトフルサウンドが人気なんだそうですよ!

一見の価値ありですので、ぜひご参加下さいhappy02



2017.06.02

世界50カ国を旅する25歳!「たじはる」こと田島知華がカメラと共に旅するフォトジェニックなニュージーランドの魅力を紹介sunlovely

日時:2017年6月13日(火)watch19:30~21:00

場所:H.I.S.旅と本と珈琲とOmotesando(東京都渋谷区神宮前4-3-3 バルビゾン7番館)

費用:¥1.000(ニュージーランドワインの試飲付きwine
内容:カメラcameraと共に旅するairplaneフォトジェニックなニュージーランドの魅力ariesを紹介します。
(オークランド、ウェリントン、クイーンズタウン、ワナカ、マウントクック、テカポ湖、クライストチャーチ)

詳細・御予約はこちらからどうぞgood

皆さまのご参加心よりお待ちしておりますconfidentnote

ツアー3日目は終日自由行動notes

ということで、世界遺産ミルフォードサウンドのクルーズツアーに参加して来ましたbusship

早朝、ホテルにてお迎えを待っている時にふと外を見ると・・・

あれ?ゆ・・・ゆきsign02雪が降っている・・・eyesnowthundersign03

Img_5386

ニュージーランドに移り住んで約4年。久々の雪snowにとてもワクワク&ウキウキheart01

私が滞在していたホテルまではタクシーがお迎えに来たので、その場合は街中にある運行事業者オフィスにて大型バスに乗り換えますbus

まず、運行事業者オフィスに着いたらチェックインnotenote

このようなチケットをお受け取りください。

Img_5439 私は昼食付きのプランでしたので、2枚受け取ってますcancer

また、チケットにはコーチ(バス)の番号が書かれているので、ツアー中違う番号のバスに乗らないよう注意dangerです。

全員が揃ったら、いよいよ出発sign03sign03

朝が早かったこともありバスの中でウトウトしてしまい、ふと気づいたら・・・

Img_5394

Img_5396 景色が真っ白になってましたwobblysweat01

外ではバスのドライバーさん達がこの先の道が進めるかどうか協議中bomb

しばら~く待っていると、バスは動き出しましたbusdashもしかしたらツアーが中止になるかもしれないとのことだったので、ホッと一安心weep

Img_5398

しばらく雪道が続いた後、休憩地であるテアナウに到着restaurantcafe

Img_5409

Img_5413 こんな楽しげなオブジェがいくつかあるので、ぜひ面白い写真を撮ってみてくださいbleahgood

私は今回残念ながら1人参加だった為、羞恥心に負け面白い写真は断念しましたshock

テアナウを出たらミルフォードサウンドに向け出発。

道中、何箇所か写真撮影の為にストップしますcamera(今回はテアナウ前でバスがスタックしていたので、写真撮影は1箇所のみでした)

Img_5430

写真撮影ストップが終わったら、ひたすら壮大な景色を眺めながらクルーズ乗り場まで向かいますbusdash

Img_5433

Img_5435

峠を越えたら・・・sign01クルーズ乗り場に到着ですship

そして乗り場に着く頃には晴れ間がsunhappy01

晴れ女パワー発揮ですrock笑 この天気の変わりよう凄いですよねsign04

Img_5441

クルーズに乗船したら、まずは昼食を受け取りますriceball

Img_5443

私は「お弁当ランチ」プランだったのですが、とても美味しく頂きましたlovelycake食後にはアイスもついてましたcherry(お弁当の内容は時期によって変わることもあります)

ランチを食べ終わった後はクルーズ船のデッキエリアへshineshine

こんな素敵な景色が広がってますwave

Img_5459

Img_5464 タスマン海が目の前にup地平線が太陽に照らされて綺麗でしたsun

Img_5476

オットセイが寝てますsleepyどこに居るかわかるでしょうかsign02note

野生動物がいると船長が船内アナウンスで教えてくれますkaraokeオットセイの他にもイルカやペンギンなども見られる時もありますよpenguinfish

クルーズはどんどん進み、こ~んな大自然をみることができますsign05

Img_5473

Img_5481

雨の日にはこの滝の量が増すので、とても迫力があり、どんな天気でも楽めるんですscissors

ちなみに2枚めの滝は通称「若返りの滝」と言われ、水しぶきをあびると10歳若返ると言われてますbleahkissmark

このアナウンスが流れた瞬間、デッキには国籍問わずご婦人方がたくさん・・・笑

国籍が異なってもご婦人方の考える事は同じなようで、とても可愛かったですsmileheart01

約2時間40分のクルーズでニュージーランドの壮大な自然を満喫することが出来ましたheart04

Img_5512 ミルフォードサウンドにお別れして、再びバスにてクイーンズタウンへ戻りますbus

道中、KEA(ケア)というニュージーランドのオウムに出会いましたchick

Img_5514 とても人懐っこい鳥で、特に食べ物とか持っているとガンガン寄ってきますsweat01

帰り道も往路と同様テアナウにて休憩をし、クイーンズタウンへ戻ります。

約12時間30分の長いツアーですが、行く価値ありですrungood

ミルフォードサウンドツアーは復路のみ遊覧飛行に変えたり、往復共に遊覧飛行だったりと、いくつかオプションがあるのでご自分の好みに合わせてご参加ください(*^^*)

さて、クイーンズタウンに戻ったらバスまたはタクシーが滞在ホテルまで送ってくれますbus

ホテルに戻ったらツアー終了bell

明日はいよいよ最終日・・・weepsweat014日目に続く・・・downwardright

H.I.S. オークランド支店

品揃えニュージーランド最大級オプショナルツアーなら
2017.06
loading...
WORLD情報局