ツアー3日目は終日自由行動notes

ということで、世界遺産ミルフォードサウンドのクルーズツアーに参加して来ましたbusship

早朝、ホテルにてお迎えを待っている時にふと外を見ると・・・

あれ?ゆ・・・ゆきsign02雪が降っている・・・eyesnowthundersign03

Img_5386

ニュージーランドに移り住んで約4年。久々の雪snowにとてもワクワク&ウキウキheart01

私が滞在していたホテルまではタクシーがお迎えに来たので、その場合は街中にある運行事業者オフィスにて大型バスに乗り換えますbus

まず、運行事業者オフィスに着いたらチェックインnotenote

このようなチケットをお受け取りください。

Img_5439 私は昼食付きのプランでしたので、2枚受け取ってますcancer

また、チケットにはコーチ(バス)の番号が書かれているので、ツアー中違う番号のバスに乗らないよう注意dangerです。

全員が揃ったら、いよいよ出発sign03sign03

朝が早かったこともありバスの中でウトウトしてしまい、ふと気づいたら・・・

Img_5394

Img_5396 景色が真っ白になってましたwobblysweat01

外ではバスのドライバーさん達がこの先の道が進めるかどうか協議中bomb

しばら~く待っていると、バスは動き出しましたbusdashもしかしたらツアーが中止になるかもしれないとのことだったので、ホッと一安心weep

Img_5398

しばらく雪道が続いた後、休憩地であるテアナウに到着restaurantcafe

Img_5409

Img_5413 こんな楽しげなオブジェがいくつかあるので、ぜひ面白い写真を撮ってみてくださいbleahgood

私は今回残念ながら1人参加だった為、羞恥心に負け面白い写真は断念しましたshock

テアナウを出たらミルフォードサウンドに向け出発。

道中、何箇所か写真撮影の為にストップしますcamera(今回はテアナウ前でバスがスタックしていたので、写真撮影は1箇所のみでした)

Img_5430

写真撮影ストップが終わったら、ひたすら壮大な景色を眺めながらクルーズ乗り場まで向かいますbusdash

Img_5433

Img_5435

峠を越えたら・・・sign01クルーズ乗り場に到着ですship

そして乗り場に着く頃には晴れ間がsunhappy01

晴れ女パワー発揮ですrock笑 この天気の変わりよう凄いですよねsign04

Img_5441

クルーズに乗船したら、まずは昼食を受け取りますriceball

Img_5443

私は「お弁当ランチ」プランだったのですが、とても美味しく頂きましたlovelycake食後にはアイスもついてましたcherry(お弁当の内容は時期によって変わることもあります)

ランチを食べ終わった後はクルーズ船のデッキエリアへshineshine

こんな素敵な景色が広がってますwave

Img_5459

Img_5464 タスマン海が目の前にup地平線が太陽に照らされて綺麗でしたsun

Img_5476

オットセイが寝てますsleepyどこに居るかわかるでしょうかsign02note

野生動物がいると船長が船内アナウンスで教えてくれますkaraokeオットセイの他にもイルカやペンギンなども見られる時もありますよpenguinfish

クルーズはどんどん進み、こ~んな大自然をみることができますsign05

Img_5473

Img_5481

雨の日にはこの滝の量が増すので、とても迫力があり、どんな天気でも楽めるんですscissors

ちなみに2枚めの滝は通称「若返りの滝」と言われ、水しぶきをあびると10歳若返ると言われてますbleahkissmark

このアナウンスが流れた瞬間、デッキには国籍問わずご婦人方がたくさん・・・笑

国籍が異なってもご婦人方の考える事は同じなようで、とても可愛かったですsmileheart01

約2時間40分のクルーズでニュージーランドの壮大な自然を満喫することが出来ましたheart04

Img_5512 ミルフォードサウンドにお別れして、再びバスにてクイーンズタウンへ戻りますbus

道中、KEA(ケア)というニュージーランドのオウムに出会いましたchick

Img_5514 とても人懐っこい鳥で、特に食べ物とか持っているとガンガン寄ってきますsweat01

帰り道も往路と同様テアナウにて休憩をし、クイーンズタウンへ戻ります。

約12時間30分の長いツアーですが、行く価値ありですrungood

ミルフォードサウンドツアーは復路のみ遊覧飛行に変えたり、往復共に遊覧飛行だったりと、いくつかオプションがあるのでご自分の好みに合わせてご参加ください(*^^*)

さて、クイーンズタウンに戻ったらバスまたはタクシーが滞在ホテルまで送ってくれますbus

ホテルに戻ったらツアー終了bell

明日はいよいよ最終日・・・weepsweat014日目に続く・・・downwardright

みなさま、
遅くなりましたが…新年明けましておめでとうございます。
2017年もH.I.Sニュージーランド支店をどうぞ宜しくお願い致しますcoldsweats01shine
旅ブロでは現地のフレッシュな情報をお届けしていきますclover

ニュージーランドに来てから、ずっと行きたいと思っていたホビット村。
やっと行ってきましたーsign01sign01
今回は人気のホビット村ツアーについてご紹介しますflairshine

ホビット村には個人では入ることが出来ないので、ツアーに参加する必要があります。
映画・ロードオブザリング3部作のホビットで使われたホビット村の撮影地ですが、
映画の世界がそのまま残っていて、ホビット気分を存分に味わえる人気の観光スポットですsun

 

ホビット村の入り口
〜WELCOME TO HOBBITTON 〜

1

ホビットの家です。
ホビット撮影用と人間撮影用の家と2種類作られていて、サイズの違う家で撮影をすることで小さなホビットを表現したそうです。
ホビットが中からでてきそうな気分になりましたheart04

2

3

4

パーティツリーbud
この大きな木の前でパーティが行われましたnote

8

フロドとビルボの家sun

Img_20170111_170658_2

ツアーの最後にはグリーンドラゴンのパブにて少し休憩です。
ビールまたはジンジャービア(ノンアルコール)のドリンクがツアーに含まれています。

13

のどかなホビット村にもっと浸っていたかったな〜confident

11

14

16

マタマタのi-Siteはホビットの家を模して作られていました。
ほんとにかわいい〜!

Imgp2597

HISニュージーランド支店にて、もちろんホビット村ツアーの手配を承っております。
オークランド発、ロトルア発、ディナーツアーなど各種揃えております。
詳細はHPにてチェックしてみてくださいね。

tulip オークランド発 大ヒット映画!ホビット村ロケ地ツアー

tulip ロトルア発 大ヒット映画!ホビット村ロケ地ツアー

tulip ホビットナイトディナーツアー

ニュージーランド旅行のお問い合わせやご質問等、お気軽にH.I.Sニュージーランド支店までご連絡下さいませcoldsweats01shine

メールmailto:akl-out@his-oceania.com  TELtelephone:09-336-1336

仕事仲間とBay Of Islandへ行ってきました。

何故Bay Of Islandかというと、、暖かくてリゾート色が濃い場所だからですlovely

オークランドから北へ車で約3時間半、南島に行かなくてもリゾートを楽しめて、且つあったかい。さらにマリンアクティビティーも楽しめ、ニュージーランド滞在者が勧める人気スポットなのですsun

ということで、早速ご紹介したいと思います。

本日はパイヒア発着の大人気ツアー『ケープレインガ1日ツアー』http://activities.his-j.com/TourLeaf/B370002.htmに参加です。

まずは『90マイルビーチ』から。おもむろに浜辺に入り、バスはそのまま颯爽と砂浜を走り出しますbusdash (バスの席は海を良く見れる左側に座るのがコツですよflair)

もちろん途中で車から降りて写真タイムしながら進みます。途中幸せそうな鳥達が魚を取ったりキラキラした浜辺を散歩したりするのを何度も見かけました。癒やされますネcatface

99mile_beach

99mile_beach1

90マイルビーチと呼ばれていますが、実際は64マイル。それでも100キロ近くになるのですが、、そんな距離を自転車で走る強者もいました。

Img_3_46

そんな強者おじさんに手を振って、90マイルビーチから出た後は、子供から大人まで楽しいサンドボーディングです。

ドライバーさんから滑り方を教えて貰ったらすぐにトライrock 砂山を登るのが少し大変ですが、滑っている時の爽快感ワクワク感が止まらず何度も挑戦してしまいます。ドライバーさんはやっぱり上手で、一番下まで滑っていきました。

Img_1293 

このツアーのメインはこれだけでは終わりません。次は『ケープレインガ』です。

P1050347

ここはファーノース(FAR NORTH)と呼ばれ、ニュージーランド最北端の地です。そして太平洋とタスマン海がぶつかり合ってできる潮の目を見ることができます。個人的には岬から左側に広がる絵葉書のような海岸線も必見ですeye行かれた際は是非見てみてくださいね。

レインガとはマオリ語で『飛び立つ場所』の意味で、マオリの人々は亡くなった後は魂がこの岬を通ってそれぞれの土地へと返って行くと信じているそうです。

マオリの人々にとって特別な場所。。何となくセンチメンタルな気持ちになりますネcatface 

フィッシュアンドチップスのお昼を食べた後は、カウリの木を見て帰路につきます。

カウリの木はヨーロッパ移民によって大部分が乱伐されてしまったそうですが、ここではまだたくましく生きるカウリ達を見ることができます。真っ直ぐと天に向って伸びるカウリを見ると元気を貰えますupup

P1050361 

楽しみいっぱいの盛りだくさんのツアーでした。綺麗な景色、アクティビティー、リフレッシュ、文化、ニュージーランドならではの様々な体験ができ、本当にオススメです。

今日はScenic Hotelにて就寝。明日はホールインザロックツアーですsign05 こちらのツアーはまたの機会に第二弾で書きますhappy01

H.I.S. オークランド支店

品揃えニュージーランド最大級オプショナルツアーなら
2017.06
loading...
WORLD情報局