仕事仲間とBay Of Islandへ行ってきました。

何故Bay Of Islandかというと、、暖かくてリゾート色が濃い場所だからですlovely

オークランドから北へ車で約3時間半、南島に行かなくてもリゾートを楽しめて、且つあったかい。さらにマリンアクティビティーも楽しめ、ニュージーランド滞在者が勧める人気スポットなのですsun

ということで、早速ご紹介したいと思います。

本日はパイヒア発着の大人気ツアー『ケープレインガ1日ツアー』http://activities.his-j.com/TourLeaf/B370002.htmに参加です。

まずは『90マイルビーチ』から。おもむろに浜辺に入り、バスはそのまま颯爽と砂浜を走り出しますbusdash (バスの席は海を良く見れる左側に座るのがコツですよflair)

もちろん途中で車から降りて写真タイムしながら進みます。途中幸せそうな鳥達が魚を取ったりキラキラした浜辺を散歩したりするのを何度も見かけました。癒やされますネcatface

99mile_beach

99mile_beach1

90マイルビーチと呼ばれていますが、実際は64マイル。それでも100キロ近くになるのですが、、そんな距離を自転車で走る強者もいました。

Img_3_46

そんな強者おじさんに手を振って、90マイルビーチから出た後は、子供から大人まで楽しいサンドボーディングです。

ドライバーさんから滑り方を教えて貰ったらすぐにトライrock 砂山を登るのが少し大変ですが、滑っている時の爽快感ワクワク感が止まらず何度も挑戦してしまいます。ドライバーさんはやっぱり上手で、一番下まで滑っていきました。

Img_1293 

このツアーのメインはこれだけでは終わりません。次は『ケープレインガ』です。

P1050347

ここはファーノース(FAR NORTH)と呼ばれ、ニュージーランド最北端の地です。そして太平洋とタスマン海がぶつかり合ってできる潮の目を見ることができます。個人的には岬から左側に広がる絵葉書のような海岸線も必見ですeye行かれた際は是非見てみてくださいね。

レインガとはマオリ語で『飛び立つ場所』の意味で、マオリの人々は亡くなった後は魂がこの岬を通ってそれぞれの土地へと返って行くと信じているそうです。

マオリの人々にとって特別な場所。。何となくセンチメンタルな気持ちになりますネcatface 

フィッシュアンドチップスのお昼を食べた後は、カウリの木を見て帰路につきます。

カウリの木はヨーロッパ移民によって大部分が乱伐されてしまったそうですが、ここではまだたくましく生きるカウリ達を見ることができます。真っ直ぐと天に向って伸びるカウリを見ると元気を貰えますupup

P1050361 

楽しみいっぱいの盛りだくさんのツアーでした。綺麗な景色、アクティビティー、リフレッシュ、文化、ニュージーランドならではの様々な体験ができ、本当にオススメです。

今日はScenic Hotelにて就寝。明日はホールインザロックツアーですsign05 こちらのツアーはまたの機会に第二弾で書きますhappy01

アクティ部 2015.06.02

バンジージャンプはニュージーランド各地で体験できる人気のアクティビティです。

北島ですとタウポ、南島ですとクイーンズタウンが有名です。

私もロトルアに行った時にタンデムですが飛んだことがあります!!(こわかったけど、おもしろかったです!!)

オークランド市内ではスカイタワーやハーバーブリッジが気軽にご参加いただけますが、今回ご紹介するのは逆バンジー!!

そうです!!名前の通り、下から上へ向かって飛びます。

建物の高さは42メートルですが、飛ぶときは、ゴムが最長60メートルまで伸びます。

2秒間に速度200kph!!まさにロケットの打ち上げの様なアクティビティです。

 

近くを歩いていると、誰かが飛ぶときは必ず人だかりが出来ています。

そして、打ち上げられた瞬間キャーーーっという叫び声が!!

それを見かける度に、私は飛ぶことはないだろう・・・と思っていたのですが、今回縁あって(?)飛ぶことになりました!!(罰ゲームではないですよ・笑)

まずは規約を読んで・・・サインしてお支払い

Img_8724 

2人だとお一人NZD50、3人だとお一人NZD40!!思ったよりもお手軽価格♪

その後、シートに腰掛け・・・

Img_8725 

係員のお兄さんがシートベルトを締めてくれます。ホントにこれだけで大丈夫なのか不安を抱きつつ・・・あっという間にカウントダウン!!

ドキドキドキ・・・3・・2・1!!

 

 

びゅーーーーーーーーーーーーーーーん!!

 

 


物凄い勢いで空へ打ち上げられました・笑(すみません。写真がないのでご想像ください。)

何度かバウンドしたり・・・空中で回転したり・・・どっちが空でどっちが陸か一瞬わからなくなったり・・・

 

あっという間に終わってしまいましたが、すっごく楽しかったです!!

観光の合間に気軽に楽しめるアクティビティ!!

是非お好きな方はチャレンジされてみてはいかがですか??

詳細はこちらから

 

Norichick

 

 

 

 

 

アクティ部 2014.04.24
ニュージーランドもだんだん秋色に染まって、紅葉が綺麗な季節になりましたmaple

さて、今年のイースターホリデーは以前からかなり気になっていたキャンパーバン(キャンピングカー)の旅を決行!
2年に一度開催されるWarbirds Over Wanaka InternationalAirshowもちょうどこのイースターホリデーに重なって南島のワナカで開催されると聞きつけ、この旅のメインディッシュに決定テカポ・クイーンズタウン・ワナカの3都市周遊、5日間。毎度お馴染み、アドベンチャー旅行に仕上がりましたshine

早朝6時のフライトでオークランドからクライストチャーチへ移動。そして今回の相棒と対面sign03狭いながらもシャワーとトイレも付いております。でも、あれ?・・・予約したのよりなんだか車体が大きい気が・・。そうなんです。予約していたものより、無料アップグレードされて大きいタイプが用意されておりました(笑)早速アドベンチャラスな匂いがプンプンしてきました。アップグレードされたおかげで、MT車ではなくAT車になり、アウトドア用のテーブルに椅子、そしてBBQ台も追加で付いており万々歳!



まずは近くのスーパーで食材やシャンプー等を調達です。(車体が大きいので(全長約7m、高さ約3m)、駐車場も2台分利用です)


>
車内には冷蔵庫、電子レンジ、テレビ(DVDのみ)、キッチン、収納、食器類、簡単な掃除用具、ブランケット、枕、シーツ(2枚)、ヒーター等々が付いており家を担いで移動する感覚でとっても楽チンです(お湯やガスクッカーを使いたい場合は別途LPGガスが必要です)thinksign01
早速、慣れない運転でクライストチャーチ⇒テカポへ移動ですnotes

生憎この日は天気が悪く、深いターコイズブルーの湖、テカポ湖が見れず…最終日に再度リベンジを決意し、弊社のパッケージツアーでもお馴染み、湖畔レストランさんの有名なサーモン丼をいただきbleah個人的にこちらのサーモン丼をかなり楽しみにしていたので、もう外の寒さや雨も気にならずテンションアップup



お腹が満たされたら、後は寝るだけsleepy
テーブルを移動させたら、ベッドの出来上がりgood
想像していた以上に快適な寝心地でしたhappy01



そしてテカポ⇒クイーンズタウンへ移動notes

 
(クイーンズタウンへの途中、Roaring Meg Look Out。カワラウ川を後ろに一枚。camera



クイーンズタウンは、スカイライン・ゴンドラの真下にあるホリデーパークに滞在。キャンパーバンなら迷わず、パワーサイト(Power-site)を予約sign01
キャンパーバン用の電源コンセントを繋げば、電子レンジも、持参したヘアードライヤーも、カメラや携帯電話の充電もドンと来いscissors

そしてクイーンズタウンに来たからには是非訪れたかったOnsen Hot Poolsspa
完全プライベートで、1部屋に4名まで入れる素敵な露天風呂(プール)notes
1時間毎の予約制で、中には脱衣所とシャワーもあるのでとっても便利sign01そして何より、この絶景bleah目の前に広がる、ショットオーバー川と山々。そして赤いボートのShotover Jetがビュンビュン走る姿も見えちゃいますeye旅の途中に一休みjapanesetea


温泉を楽しんだ後は、アロータウンで紅葉を楽しみ、メインディッシュのWarbirdsの為ワナカへ進みますdash

(アロータウンの紅葉maple

ワナカではBBQのディナーをbeer
せっかく付いてきたBBQ台、一度は使わないととビーフにソーセージにと焼きすぎましたsweat01


翌朝はアロータウンのカフェで購入したパンをメインに、車内で朝食を調理breadホリデーパーク内のキッチンも使えるのですが、車内でちゃちゃっと調理できるのもキャンパーバンの魅力bell


そしていよいよ待ちに待ったWarbirds (ワーバード)airplane
3日間開催していたのですが、私達は最終日のみ参加notes
オークランドでもAir Showと聞けば駆けつけていたのですが、とにかく今までとは規模が違い過ぎましたeye 周りのオジ様達のカメラ、クオリティが半端なく、自分の小さなカメラを取り出すのが恥ずかしかったぐらいです(笑)sweat01

アクロバットなショーから、グライダー飛行、現役NZ Armyの航空機の展示等々飛行機好きにはたまらないイベントでしたheart01
途中、ラグビー界のリッチー・マコウ氏の父様がパイロットとして出場し、リッチー氏自身もコメンテーターとして参加。「さすがWarbirds」と規模の大きさに驚いたのでした。


さて、気づけば旅も最終日。帰路の途中でテカポ湖、再リベンジですrock

この日は・・・晴れましたsunsun

まずは、テカポ湖の近くにあるLake Pukaki(プカキ湖)notes
遠くにマウントクックが写っているのがお分かりでしょうか


そして、そして・・・Lake Tekapo(テカポ湖)notesnotes
紅葉との相性ばっちりsign03
絵になる風景が広がっていますbleah


最後はテカポ湖畔にある石造りの教会「善き羊飼いの教会」にて。またサーモン丼食べにテカポに来ようと誓いました


キャンパーバンの旅を経験するまでは、アウトドア=テントだったのですが、この方程式崩れそうです(笑)次回の為に、キャンパーバン貯金を始めようかなと思い立った今日この頃ですpaper

みんご

H.I.S. オークランド支店

品揃えニュージーランド最大級オプショナルツアーなら
2017.12
loading...
WORLD情報局