シンチャオー

お久しぶりざますーーーsunsunsunsunsunsun

先週はベトナムのsnowsnowサパで雪が降るsnowsnowほど寒かったハノイも最近では少しずつ暖かくなってきて春の訪れをヒシヒシdiamondと感じるざますのbananabanana

そんな中先週ハロン湾クルーズ1泊2日ツアーに参加してきたレポートするわよーーーーsign03

Photo_3今回乗船するのはエメロード号sun 乗るわよrunrunrun

Photo_4乗るともらえる乗船許可兼ルームキーshine

Photo_5市内の一流ホテルにも負けてないわupupup

Photo_6やっぱりお食事は重要ざますriceballriceballcakecakenoodlenoodle

1

水上生活者の村にも上陸gasstation

2_3

shine真珠貝shineの養殖ざますup すぐ横に販売所もあるざますspa

Photo_8ルオン洞窟の入る前は小型ボートに乗り換えshipship

1_2スンソット洞窟船着場からの眺めeyeglass きれいやわーheart02heart02

2_2ハロン湾最大級sign02の鍾乳洞スンソット ひろーーーいhappy02happy02

Photo_9朝のハロン湾は波も穏やかで気持ちがいーーーわーーーーfullfullfullfullfull

日帰り観光では体験できない【世界遺産に宿泊】は格別

ぜひぜひ皆さんも体験してねーーーーーscissorsscissorsscissorsscissors24hours24hours

こんにちは、クリスタルです

「では、来週!!」と言って、早○週間。。。
遅くなってすみません


今週は、サパでのトレッキングの様子をご案内です


さてさて、ホテルに到着し荷物を預けたら
素敵な一日の始まりです



ウェルカムフルーツと、ドリンクのサービス。



一服したらば、次は朝食

近くのカフェで、ご飯です。


クリスタルは『クレープ』という名前に惹かれ
↓を注文しましたが、、、これ、美味しくなかった

パンは美味しかったので、これ以外は大丈夫そう。。。

皆さん、LIZARDではクレープ以外をチョイスしてください



そして腹ごしらえが済んだら、イザ トレッキング

トレッキングポイントまで急行します




それでは、
絶景をお楽しみ下さいませ







吸い込まれそうな青空の下、トレッキングスタート。
そこには、段々畑、山、空があるばかりです。


あ!第一村人発見!



こんなに小さなうちから、重いかごを背負って働くんだなぁ。。。
けど、彼らにとってはこれが当たり前。
かわいそうって思う事事態がうぬぼれなんだとも思うけど、
生きるって大変だと実感。

そして、歩みを進めると川


川を渡り始めると。。。



お手製チャリの少年登場

すごい!!何でも自分たちで作っちゃうんだ!


おいしい空気に背中を押され、一日頑張って歩ききる事を
胸に誓います。


そんな私へ、嬉しいプレゼント!


同行してくれた、少数民族の女の子が作ってくれました。

そう、こちらのお嬢さんです。

注)この様に、少数民族の方が外国人のグループに
付いて一緒に歩く場合、お土産を買ってほしいので、
同行する場合がほとんどです。
私自身買うつもりがない事は、予め伝えておりましたが、
最終的に しっかりと「お土産買って」攻撃にあいました。。。
もちろんこの方法が彼らの生活を成り立たせる、大事な
収入源となっているので、この方法を否定する事は出来ませんよね。
ただし、その気がない場合、安易に同行を許したり、
葉っぱで作った手作りのギフトを受け取られない事をオススメ致します。




さてさて、その後も より山深く 歩みを進めていきます。

スーハー スーハー。

深呼吸しがいがありますね!

というか、息がきれます。。。。



途中、村の子供たちと遭遇。
丁度、小学校が終わる時間だったので
皆、おうちへ急ぎ足です


これは、リンボー中。
皆、笑顔が素敵


そうそう、トレッキングの間で、こんなに可愛らしい子供たちも♪

癒し系な写真にたどり着いたところで、次回へ。

なるべく更新の間、開けないよう 頑張りますので、
今後ともよろしくお願い致します。

クリスタル

こんばんは、クリスタルです

皆様、ご夕食はお済みでしょうか?
クリスタルは ただ今 ひょんなことから頂いた、
日本食のお弁当に釘付けです

そして、本題に入る前に、、、、
先日とてもうれしいことがあったので、
この場を借りてご報告をさせていただきます

それは、ハノイ支店にかかって来た、一本のお客様からのお電話。。。


「あ、クリスタルさん??? 見たわよ~。
あなた、ビエンチャンなんて旅行してるの?!
いいじゃない、楽しんでて!!!!!」

といった お電話。


うれしいじゃないですか
こんな風に、見ていて下さる方いらっしゃる、というこの事実!!!

とんでもなく、やる気につながります!

もちろん、ブログも、本業も



ありがとうございます、○○様!
そして、今日も 読んでくださっている皆様!!
今後とも、クリスタルと ベトナム支店のブログを
よろしくお願いいたします


(個人情報のため、名前は出せないので。。。)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

そして、今日は 我が ビエンチャン 素敵旅行記 最終回。



2日目。
目が覚めて すぐに荷物をパッキング

もう少し寝たい衝動を抑えつつ、部屋を片付けます。

それもこれも、友人が 直前まで部屋におり、
朝まで 夢を楽しく語り合ってしまった結果の睡眠不足。

旅って、普段口にしない 事も、ついつい話したくなるから
不思議ですよね


いつもの自分では、ちょっと 恥ずかしくて
いえないことも、旅の中なら 言えるかも

そんな 非日常の体験が、旅をより煌かせるのかも


なんて考えるだけで、より、旅行が特別に
感じられるから不思議です




この日は、朝から ローカルバスに乗って ブッダパークへ

こちらのバス乗り場は、街中から、徒歩10-15分行ったところに
ありました
(説明が難しかったので、是非、航空券をお買い求めの際
ご来店を頂きましたと時に あわせてご質問くださいませ。
地図を片手にご説明させていただきます!)

乗り場はこんな感じ。

脇には、たくさんのお店が出てます。



・・・すごい量です


ちなみに、バス乗り場の最も奥のバスが (町を背中にして)
該当のバスです。



ここのバスの多くは JICAが 日本の企業から
古くなったバスを買い取って寄贈しているので、

バスの車体には「○○温泉」
って書いてあったりします。


走ること、40分

タイとの国境のバス停へ。
週末だったので、たくさんのラオス人の女の子たちが
隣国へ遊びに行く姿が見れました

日本は島国なので、週末に隣国へ遊びに行く姿って、
不思議~


なお、クリスタルはブッダ達に早く会いたかったので、
出国しませんでした。


そこから、さらに30分ほど走ります
途中、日本が支援をして 作ったという道を
使いました


日本が作った道は 長く使っても 壊れないんですって!

さすが日本


正直、道が壊れるなんて、日本にいたら イメージできないですよね。

けど、ここでは、座っているお尻が悲鳴を上げるほどの
悪路も体験しました。




そうこう するうち、ブッダパークに到着

パークは 早足なら 15分ほどで見れてしまうくらい小さいです。
けど、とにかく 面白いブッダがいっぱい



涅槃像みたいなの。。。


悪魔のようなの。。。


像に乗ってるの。。。



月食(?)をあらわしたの。。。



怪しいの。。。。。


更に、よくわからないの。。。



ともすれば、とんでもなく 仏陀に失礼なのでは。。。。
と思ってしまう一品ばかり。

センスが光ります

そして、トリは 「天国と地獄」



上の、木のようなところが 天国です。

せっかくなので、地獄(口)IN、天国経由
地獄 OUTを楽しんできました



天国からの眺めです。

うん
天国です



空も、こんなに近い。

気持ちいい。そろそろ、飛べそうです。




天国で ボーっとすること 30分。
太陽があまりに近くて、サンダル焼けが
濃くなってきたので、帰ることに決めました

また、1時間ほどの 帰路を楽しみます 



町に戻ると、ちょうどお昼時。
地元の食堂で、ちゃちゃっと 食事を済ませ、残りの観光へ。


やっぱり、燃料ないと エンジンかからないからね



そして、タートルアンを 訪れた一行。

タートルアンは
3世紀頃インドからの使いが
ブッダの胸骨を納めるた為にを建立したらしい。


けど、ラオスは 口頭での伝承しか残ってないので、
昔のことを調べるのは すごく難しいんですって


だから、いろいろな事が「~らしい。」な訳。

不思議と、お寺は全身黄金に輝くのに、
「金色すぎ!!」とは思わないんです。

金色も 落ち着いた金色だからかなぁ。。。
と、一人 感心してしまいました。

すると、ついに旅の仲間達に疲れの色が
見えてきました。。。

こうなると、もう  だらだら。。。。

ま、クリスタルもこの時点で裸足で
草むらに寝てましたけどね


そして、気がついてみれば、あっという間に
帰国便の時間



楽しかった 2日間に別れを告げ、また
仲間達と世界のどこかで会う事を近い、
週末シンデレラは ハノイに戻りました

◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 

いかがでしたか?????

とっても、興味を持っていただけたことと思います!


ビエンチャン。日本からは 中々行きにくい場所です。

在住の皆様。是非 ベトナムご在住の間に、訪れてみては
いかがでしょうか?



きっと、慌て過ぎない、ゆる~い 空気で
身も心も リフレッシュできるはず


まずは、どんなところかなぁと思ってみてください。
その後は、弊社 ハノイ支店にご連絡を頂くだけ

HIS ハノイ支店
  電話:04-3923-3370
  メールアドレス:hanjapanese@hisvn.com


素敵な旅のアドバイス、サポートをさせていただきますよ!
また、ビエンチャンには HISの支店もございます。


ビエンチャン支店ブログ   http://ameblo.jp/his-laos/ 

現地でも、日本人スタッフが対応いたしますので、
是非 ご安心くださいませ

どうぞ、次のお休みは
ビエンチャンへ お出かけくださいね


クリスタル




H.I.S. ベトナム支店

2017.12
loading...
WORLD情報局