初めまして。

インプレッソ添乗員のchieですhappy01

今後、添乗先のスイーツ系でお勧めのもの

(おいしかったものやお得なもの等)を紹介していきたいと思いますsign01

 

まずはパリのチョコレートをご紹介します。

Dsc_0460

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのセギュール店に行ってきましたshine

お目当てのものがあります。

”訳あり?ボンボンショコラの袋入り”です。

いつもあるわけではありませんが、

型崩れしたもの等が袋詰めにされ、売られています。

Dsc_0473

今回はありました。

よかった~dash

200gでいつも30~32個入っています。

画像のものは、200gのものが2袋です。

100gのものもありますが、100gが10ユーロぐらいです。

200gのものが17ユーロでお得なので、

200gのものがあれば、いつも2袋以上は買いますsign01

店頭にでているもの全部買ったりもしますsmile(笑)

型崩れしたもの等らしいのですが、味は通常のものと変わりません。

おいしいですshineshine

200gものは32個入りで、

日本円で約2040円(1ユーロ≒120円計算)、

1個あたり64円くらいとなります。

ちなみに日本で買うと、3個入りで1566円(税込み)するので、

1個あたり約533円!!

この袋入りは、かなりお得なのですflairshine

ただ、フレーバーは選べませんsweat02

いつもかなりかたよって入っています。

ゆずやシトロン、パッションが大量に入っている時もあります。(笑)

フレーバーにこだわらなければ、

高級チョコレートを、

値段を気にせず、食べることができますsign03

チョコ好きの方にはお勧めです。

ただ、パリの空港を出発の際は、チョコレートはクリーム状とみなされ、

手荷物にするとセキュリティ検査にひっかかってしまうので、

スーツケースの中に入れなくてはいけませんairplane       

個包装されていないので、衣類等に包んで梱包しても、

日本に到着してスーツケースを開けてみると、

やはり、袋の中で他のチョコレートと当ったり、袋でスレたりして、

周りが欠けたり、変形したりしてしまっているので、

贈答用ではなく、御自宅用としてご購入されたほうがいいと思います。

(夏場は溶けますし・・・)

 

 

Dsc_0477

今回は、他に焼き菓子も購入しました。

こちらもおいしくいただきましたrestaurant

 

*なお、ご紹介した袋入り(訳あり)ボンボンショコラは、

常時、販売しているものではなく、ある時とない時があるようです。

また、ギャラリーラファイエット店には100gものしかないようです。

在庫の確認をされてから、お店に行かれたほうがいいようです。

 

ボナペティheart04

 

Dsc_0458

*画像と価格は、2017年2月のものです。

 製造中止となったり、価格変更等があるかもしれません。

 ご了承下さい。

添乗員 chie

みなさん、こんにちは!久しぶりの登場、Impresso添乗員の山本雅隆です
私が出てきたということは・・・やはり街かどグルメのご紹介。
今回のテーマは「パリの有名店のスイーツをテイクアウトしよう!」
フリータイムの街歩きの時にふらっと立ち寄ってその場でサクッと食べられるパリ
の名店中の名店スイーツをご紹介します!何か・・知り合いの添乗員仲間から
「あんたにゃ似合わんネタだ!!」って声が聞こえてきそうですが・・・
そんなこと気にせずにいざ出発!!


まず1軒目はマドレーヌにある「ラデュレ」本店マカロン・パリジャン発祥のお店です。
現在一般的な二つの生地の間にクリームやジャムをはさんだ「マカロン」は1930年にこのお店で考案されたものです。

Photo_15

 
お店のディスプレイもキレイですね。

Photo_16


お店の中には色々な種類のマカロンが並んでいます。季節限定のフレーバーもあり目移りします!

Photo_17

通常マカロンはまとめて箱入りを買う方が多いのですが。
もちろん1個からでも紙袋に入れて販売してくれますので、テイクアウトして近く
のチュイルリー公園でおやつがわりに食べてもOKです!

さて、2軒目はセーヌ川をはさんで反対側、アンヴァリッド近くにあるカヌレが
美味しいと評判の「ルモワン」。カヌレはボルドー地方で古くから作られていた
焼き菓子で、最近日本でもお目にかかる機会が増えてきましね。

Photo_18


お店の中には、おいしそうかカヌレが並びます。
ここのお店には日本人の店員さんがいらっしゃるので、
日本語でも案内が書かれています。ここのカヌレは外側がサクッとしていて
中はもっちり。本場ボルドーの味と評判です。
もちろん1個から袋に入れて販売してくれます。

Photo_19

 
そろそろカロリーが気になってきましたが、最後にもう1軒だけ。
ルーブル美術館近くの「サロン・ド・テ アンジェリーナ」
1903年創業、ココ・シャネルも足繁く通ったという名店です。
カフェはいつも長蛇の列で少々待つのは当たり前。なので、あまり待たずに買える
テイクアウトでホテルに持って帰って楽しんじゃいましょう!

Photo_20


このお店の名物はなんといっても「モンブラン」
イタリア国境に近いフランスのサヴォワ地方の家庭菓子をこのお店が世界的に
有名なスイーツへと進化させました。ショーケースにはモンブランがどどーんと
並んでいます。写真左側の白いカップに入っているが通常のモンブラン、
右側黒いカップに入っているのがフランボワーズ(きいちご)入りのモンブランです
もちろん、このお店も1個から購入OK!ちゃんと1個用のぴったりサイズの箱も
用意してあります。リクエストするとスプーンもつけてくれますよ

Photo_21

 
フランボワーズ入りモンブランの中はこんな感じ。
マロンクリームはしっかり栗の味がして美味!中のメレンゲと甘酸っぱい
フランボワーズジャムとの相性もGood!!

Photo_22


さてパリのスイーツ、いかがだったでしょうか?スイーツに目のないあなた!
是非パリに出かけて、極上水−つを楽しんでください!


安心の添乗員同行の旅 インプレッソで行く

『ふらっとフランス』 詳細は ・・・ こちら 


皆様のご参加、心よりお待ちしております。

こんにちは!impresso添乗員の山本雅隆です!みなさんお元気ですか?今回impressoで『羽田発着 麗しき北フランス8日間』へ行って参りましたsmile

今回のツアーでは、帰国便出発前の空き時間を利用してお客様と「芸術家の街」モンマルトルに行ってきました!なので、いつものsmile「街かどB級グルメ」のご紹介はお休みして、freeフリータイムにオススメのモンマルトル散策をご一緒にお楽しみください!

subwayメトロ2号線のアンヴェール駅を降りて、人の流れに沿って歩くこと5分、モンマルトルの丘の上にそびえるサクレクール聖堂が見えてきます。パリで一番高い丘のモンマルトルにそびえる白亜の聖堂は、パリの街のいたる所から見ることができます。

Photo_15

サクレクール聖堂の前からは、パリ市街が一望できます。今日はsunいい天気!

Photo_16

サクレクール聖堂から左側に入っていくとモンマルトルの中心、テルトル広場が見えてきます。ここはモンマルトルがパリ市に編入される前の1860年まで村の中心広場だった所。いまでも多くの絵描きさんが店をひろげています。

Photo_17

似顔絵の相場はdollar20ユーロ程art絵描きさんによっていろいろな画風がありますので、気に入った絵描きさんを探して、料金を確認してから描いてもらいましょう!

Photo_18

テルトル広場から丘を下ると芸術家たちが暮らした街が広がります。こちらはかつてピカソモディリアーニが住み、コクトーマティスも頻繁に訪れたというアパート「洗濯船」。かつての建物は火災で焼失し、いまは新しいアパートが建っています。

Photo_19

レストランの「ラ・ボンヌ・フランケット」はゴッホが「ラ・ギャンゲット」でテラスを描いた場所。

Photo_20

ルノワールの名画「ムーラン・ド・ラ・ギャレット」があった場所。残念!現在目の前がshock工事中!(泣)

Photo_21

さあ、気をとりなおしてお散歩を続けましょう!モンマルトルはちょっとした路地まで絵になる街です。

Photo_22

下町らしい庶民的なお店もたくさんあります。

Photo_23

日本でも大ヒットした、モンマルトルを舞台にしたmovie映画kissmark「アメリ」に登場した「コリニョンの八百屋」もちゃんと実在します。映画と違って、店のcryingおじさんはやさしいのでご安心をup

Photo_24

そして、kissmarkアメリがウェートレスをしていた「カフェ・デ・ドゥ・ムーラン」も実在します。今日も常連さんと観光客が入り混じってgood大賑わい!

Photo_25

カフェの中はmovie映画そのまま。今にも本物のkissmarkアメリが注文を取りに来そうですね!

Photo_26

もちろん、kissmarkアメリが大好きだったクリーム・ブリュレもありますヨ!コーヒーとセットでdollar8.5ユーロ。濃厚なクリームの風味と焦げた表面の苦味がほどよくマッチしてgoodGood!クリーム・ブリュレの表面をサクサクこわしたら、もうすっかりkissmarkアメリ気分up

Photo_27

アメリのカフェからあるいてrun5分ほどでメsubwayトロ2号線のブランシュ駅に到着。駅前にはかの有名なキャバレー「ムーラン・ルージュ」があります。

Photo_28

さて、モンマルトル散策はいかがでしたが?パリのfreeフリータイムの際は、ぜひ訪ねてみてください!パリの下町らしい景色が待ってますよ!なお、モンマルトル周辺はパリ随一の歓楽街でもあり、夕方以降は雰囲気が一変downします。散策はnight夕方以降を避け、sun午前中のさわやかな時間をオススメしますup

安心の添乗員同行の旅 impresso【インプレッソ】で行く 
麗しき北フランス8日間   ・・・ 詳細はこちら

impresso添乗員一同、皆様のご参加を心よりお待ちしておりますup!!


2017.08
loading...
WORLD情報局