H.I.S.の安心の添乗員同行の旅 ''インプレッソ'' 添乗員デスク森ですsign01

今日ご紹介するのは

世界情勢が揺れているから今だからこそ訪れてみるべき国

ポーランドです。

そう、ここにあるのは

かの有名な『アウシュヴィッツ強制収容所』です。

ポーランド南部にある第2次世界大戦中にナチス=ドイツが作り出した負の遺産。

ナチスが「人種的に純粋」な社会を築こうとし、

多くの人の命を奪っていった場所です。

アウシュヴィッツには第一収容所と第二収容所の2箇所があり

第一がアウシュヴィッツ、第二がビルケナウ(隣接する村)につくられました。

その為現在世界遺産正式名称は

『アウシュヴィッツ・ビルケナウ‐ドイツ・ナチの強制・絶滅収容所』

となっています。

二つの施設合わせて東京ドーム約37個分もの敷地を有しています。

そんな広い施設の中ツアーで訪れる一部をご紹介します。

死の壁  

アウシュヴィッツ第一強制収容所の1番奥に位置し、

銃殺場としてつかわれていた場所です。

壁の前ではここでなくなられた方を悼み多くの花や飲み物が手向けられています。

Image3

Image11

死の門 

アウシュヴィッツ第二強制収容所(ビルケナウ)にあります。

人々は鉄道によってここまで運ばれて来ました。

写真の空のように人々は陰鬱とした感情を抱いていた事でしょう。

Image21

アウシュビッツ強制収容所が世界遺産として登録されたのは

この凄惨な出来事を後世に伝え、

「二度と同じ過ちを犯させない」と言う意味を持っています。

是非見て感じて考えて貰いたいです。

また首都ワルシャワにおいては、

市民がナチスドイツ軍相手に戦い20万人以上の犠牲者を出しました。

そして首都ワルシャワは、完全に破壊されてしまいました。

戦後、できる限り元どおりに以前の姿を取り戻そうとし、
''壁のひび1本まで忠実に” 復元したといわれています。

Image1

Image2

私達が現在みることのできる美しい町並みは
ポーランド国民の復興への強い思いにて作られたものなのです。

現在ポーランドへはワルシャワまで直行便がでており

以前より大分行きやすくなりました。

今回は暗いお話がメインにはなりましたが、

「小人の町」であるヴロツワフや

「童話の世界の様なカラフルな町並み」のポズナンなど

女子心を鷲掴みされちゃうところもあるので

また別に紹介できたらいいなと思います。

ではではpaper

【写真提供 添乗員:平松】

▼▽▼ポーランドへのお勧めツアーはこちら▼▽▼

ポーランド大周遊8日間【復路直行便利用】

気軽にポーランド6日間【復路直行便利用】

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    2017.08
    loading...
    WORLD情報局