皆様こんにちわ。
添乗員のイチローです。

スペイン・セビリアで自由行動があったら是非入りたい
セビリアの大聖堂についてご紹介しますhappy02notes

まずはココsign03

ヒラルダの塔⇒⇒

Imag1059

付設されているヒラルダの塔は大聖堂が建てられる前に
イスラム教のモスクがあったことを示している建物です。

下から3分の2
イスラム統治時代のミナレット(イスラム教の礼拝堂・モスクの塔)
12世紀に作られましたsign01

この時代の王様ヤコブエルマンスールは
今のモロッコのラバトにハッサンの塔、
マラケシュにクトゥビアの塔も作っています。

Imag1059_2

上の1/3はキリスト教の統治時代に戻ってから
モスクをキリスト教の大聖堂作り変えた為にミナレットが鐘楼となり、
鐘が付け加えられた部分です。


出口など至るところにイスラム風のスタイルも残っており
面白い融合建築になっています。

Imag1054

登ることもできるのですが
皆様時間と体力とご相談くださいねbearingsweat01

さてさてメインの大聖堂の中をみてみましょうnotes

入るだけでとても敬虔な気持ちになります。

Imag1037

Imag1048


なんといっても見所は主祭壇です。

大聖堂の中の主祭壇は金でshineきっらきら✨shine

Imag1043

ペルーに行ったときの事ですが・・・
ガイドさんが

『インカ帝国の栄えていた時にスペイン人が突然やって来て
金で出来たものをすべて奪って行った』
なんて説明してましたが、

それがこんな風に使われていったりしたのかなぁ~と感じますbearingdash

新大陸発見をしたコロンブスの棺も
神輿のように担がれて大聖堂の中にあります。

Imag1041


セビリアからたくさんの航海者が出て
新大陸アメリカとも強い繋がりがあり、


そして8~13世紀イスラム統治時代があった為に
北アフリカとも関係が深いスペイン。

ここに来ると南米やモロッコに興味が出て来たりして
次のご旅行のヒントにもなる魅力的な国です🎵


イチロー

スペインへのツアーはこちら

インプレッソ添乗員のMiです。
大満足スペイン周遊8日間 前回はマドリッドのクリスマスイルミネーションをお届けしました

ツアー5日目はアンダルシア州の白い家並みの街 3ヶ所を各自で散策できますよ。

白い村でお馴染みの「ミハス」

断崖絶壁の「ロンダ」

そしてヨーロッパの美しい村 30選にも選ばれた小さな村 「セテニル・デ・ラス・ボデガス」

その中から「セテニル・デ・ラス・ボデガス」(Setenil de las Bodegas)をご紹介します。
ここはグアダルボルシン川に少しずつ侵食されてできた洞窟を利用した住居の村です。

Image

階段を上って展望台からの1枚📸


一見すると、この様な家並みはいくらでもあると思いますよね?

では、こちらdownwardrightはいかがでしょう?家々の背後に岩がある様にしか見えないですよね?

Image_1

後ろに岩があるのではなく、こーんな事になっているのですsign02

Image_2

写真を見ても「意味がわからない」と感じた方は
岩と白い壁の接着部分をよ〜くご覧ください

eyeじ~~~

そう手前から2軒目の岩と家の境目がわかりやすいですよ

eyeじ~~~~~~~

Kakudaizu

岩の下に家というより

岩にめり込んで見えませんかsign03

正確には「めり込んでいる」と言う表現は間違いなのですが・・

その理由は後半で明らかに。


1枚目の家々の間の通りはこんな感じで一見すると岩の無い場所もあります。
ご覧のとおり普通車がギリギリ通れる道幅です。

Image_3_2




こちらはかなりの急坂!
階段も多く地元のお爺さんが下で買い物をして息を切らして上る所に出会いました。
いずれにしろ、住むとなると大変なことは明らかですね…

Image_4_2



極めつけはこちらdownwardrightdownwardright

もはや、めり込みを通り越して屋根として利用してますdash

Image_5



そして反対側からもう1枚!

Image_6

この辺はお店が並んでいます。

岩を活かして建物が建てられているんです。

「活かす」とは…
岩肌そのままを建物の中では壁や天井として利用する為、建材節約にもなるそうです。
”めり込み”ではなく岩をベースに家の壁が後付けだったんですねー。

面白いですね。


その様子は是非こちらで☕️コーヒーを飲みながらお確かめくださいね。

添乗員のぬまちゃんです。

冬のスペインツアーに添乗してきましたhappy01motorsports

地中海性気候のスペインでは冬でも雪はめったに降ることはないので
比較的観光はしやすいのですよ。

今回紹介するのは南のアンダルシア地方にあるコルドバとグラナダですnote
冬場のスペインはどこもすいていて
歩きやすく、写真が取りやかったりしますnotes

さてさていくつか有名どころをご案内いたしましょうsign01

コルドバ

花の小径

冬は花があまり咲いていない事が多いのですが、
クリスマス前はポインセチアに‼️植木鉢の色まで青になっていて、
白い家と青い植木鉢がいい感じです。
クリスマスシーズンを華やかに彩って、訪れる観光客を楽しませてくれています。

Img_9521

メスキータのオレンジの中庭

真冬なのにオレンジがたくさんなってますsign01
でも食べるとかなり酸っぱいオレンジです。。。

Img_9522


メスキータ


冬は観光客が少なくなる事もあり、誰もいないメスキータ。
普段はこんな写真は貸し切りにしないとまず撮れません。

Img_9527


ユダヤ人街を歩いていたら、フォトジェニックな黒猫がいたのでパチリcamera

Img_9535



グラナダ

アルハンブラ宮殿


アルバイシン地区のサンニコラス展望台からは
アルハンブラ宮殿の幻想的な夜景がみれますshine

Img_9541

このあたり治安はあまりよくないので
夜の観光は十分気をつけましょうねsign03


もしかしたら冬のほうがのんびり観光できるかもsign02な感じのスペインをお送りしました。

スペインの添乗員付きツアーは
コチラ

2017.06
loading...
WORLD情報局