~心に響く旅~
美食の宝庫北スペイン&フレンチバスクを巡る

7日間

へ行ってきました。②

スペインバスクの中心はサン・セバスチャン。

美食の街です!!スペインにはミシュランの3つ星レストランが7店舗有ります。そして、そのうちの3店舗はここ、サン・セバスチャンにあります。なんでも、住民1人あたりのミシュラン星の数は、世界1だそうです!

バスク地方はなぜ食文化が発達したのでしょうか?

この地には伝統的に美食倶楽部があります。「金持ちが集まって、おいしい物を食べるクラブ?そんなものどこにでもあるよ!」という声が聞こえてきそうですが、バスクの美食倶楽部は違います。男が集まり自分達で、お料理をします。市場で材料の買い出しから、お料理まで全部自分でやります。伝統的には女人禁制ですが、今は女性も入れる所が増えているそうです。

そして、美食倶楽部は、ここ、サン・セバスチャンだけでも

100以上有るそうです。

また、バスク・クリナリー・センターという、4年生の料理大学まであります。専門学校ではありませんよ!学位の取れる大学です。

そりゃ、ミシュランの星付きレストランなろら、どこでもおいしいでしょ!」という声がまたまた聞こえてきそうですね、でも、バスクでは安くておいしいところもたくさんあるんです!

サン・セバスチャンの最も楽しいアクティビティがバル巡りです!治安はとてもいいので、くらくなったら、ぶらぶら旧市街へ出かけましょう!

Img_7423

もちろん、バルはスペインのどこでもありますし、

タパスもどこのバルにもあります。

しかし、ここは、バスクです。タパスが一味違います!

いわゆるピンチョスと呼ばれる一口サイズのおつまみですが、

種類も豊富で味も抜群です!

Img_7426

Img_7436

ピンチョスのお伴はバスクの微発泡性の辛口ワイン「チャコリ」でどうぞ!

Img_7433

また、バスクの料理人の特徴は革新的といいますか、

斬新な創作料理を好むようです。

たとえば、このピンチョス、マカロンをイメージして、作った一口サイズのハンバーガーです。タパスにこんない凝りますか、普通?しかも、見た目だけではありません!ハンバーガーは和牛を使った、ジューシーな焼き立て、

特製のソースがよくあいます!

Img_7432

一つの店だけに長いをするなんてもったいない、

他にもおいしいものがあるのですから!

はしごをするのが、ここの流儀です。

Img_7435

お腹一杯!楽しい夜は更けて行きます。

Img_7441

 

 

今注目のバスク地方是非、是非、いらしゃって下さいお待ちしております!!!

 

安心の添乗員付きツアーimpresso

バスクの旅こちら・・

~心に響く旅~
美食の宝庫北スペイン&フレンチバスクを巡る

7日間

へ行ってきました。①

皆さんこんにちは!インプレッソ添乗員の中田啓司です。

今回はバスク地方をご案内します!

まず皆さん、バスク地方ってご存知ですか?

ピレネー山脈をまたいでスペインとフランスにある地方です。

スペインの方が広くフランス・バスクは全体の約14%です。

ここに住む人たちは固有な民族、バスク人で、その言語である、バスク語は

スペイン語やフランス語とは系統の違う言語になります。

フレンチ・バスクのかわいい街、サン・ジャン・ド・リュズ。

太陽王ルイ14世とスペイン王女マリー・テレーズの結婚は1660年6月9日、

ここ、サン・ジャン・ド・リュズで挙式されました。

下の写真はメゾン・ルイ14世。

その名の通り挙式のため5月8日からルイ14世が宿泊していた館です。

Img_7418

サン・ジャン・バチスト教会

婚儀はここで執り行われました。

Img_7409

船底のような天井はユニークでバスク地方の中でも有名な教会です!

Img_7411

町並みは伝統的な木組み作り

Img_7406

大西洋に面した、ビーチもあります。

この町の漁師はすでに11世紀にはカナダと北東部のラブラドル沖で捕鯨をしていました。

Img_7408

この日は街の広場でバスクの民族舞踊が披露され、

すごしやすい気候の中、観光客はカフェでのんびりしていました。

Img_7414

安心の添乗員付きツアーimpressoの

バスクの旅はこちら・・

次回はスペイン・バスクをご案内します!!

皆様こんにちわ。
添乗員のイチローです。

スペイン・セビリアで自由行動があったら是非入りたい
セビリアの大聖堂についてご紹介しますhappy02notes

まずはココsign03

ヒラルダの塔⇒⇒

Imag1059

付設されているヒラルダの塔は大聖堂が建てられる前に
イスラム教のモスクがあったことを示している建物です。

下から3分の2
イスラム統治時代のミナレット(イスラム教の礼拝堂・モスクの塔)
12世紀に作られましたsign01

この時代の王様ヤコブエルマンスールは
今のモロッコのラバトにハッサンの塔、
マラケシュにクトゥビアの塔も作っています。

Imag1059_2

上の1/3はキリスト教の統治時代に戻ってから
モスクをキリスト教の大聖堂作り変えた為にミナレットが鐘楼となり、
鐘が付け加えられた部分です。


出口など至るところにイスラム風のスタイルも残っており
面白い融合建築になっています。

Imag1054

登ることもできるのですが
皆様時間と体力とご相談くださいねbearingsweat01

さてさてメインの大聖堂の中をみてみましょうnotes

入るだけでとても敬虔な気持ちになります。

Imag1037

Imag1048


なんといっても見所は主祭壇です。

大聖堂の中の主祭壇は金でshineきっらきら✨shine

Imag1043

ペルーに行ったときの事ですが・・・
ガイドさんが

『インカ帝国の栄えていた時にスペイン人が突然やって来て
金で出来たものをすべて奪って行った』
なんて説明してましたが、

それがこんな風に使われていったりしたのかなぁ~と感じますbearingdash

新大陸発見をしたコロンブスの棺も
神輿のように担がれて大聖堂の中にあります。

Imag1041


セビリアからたくさんの航海者が出て
新大陸アメリカとも強い繋がりがあり、


そして8~13世紀イスラム統治時代があった為に
北アフリカとも関係が深いスペイン。

ここに来ると南米やモロッコに興味が出て来たりして
次のご旅行のヒントにもなる魅力的な国です🎵


イチロー

スペインへのツアーはこちら

2017.10
loading...
WORLD情報局