impresso BLOG-logohisimpresso BLOG-logoimp

こんにちはsign01

関西インプレッソグループです。


今月は3連発でとっておきツアーの旅日記をお伝えしますnotes


今回は第二弾sign01

イタリアのリポートです。


出発日限定だからこそできた価格、ホテルにこだわったイタリア周遊・・・「憧れのイタリア紀行」sign03


このコースのこだわりは「市内中心部のホテル確約」lovely


イタリアのコースはたくさんありますがホテルの立地は重要ですhotel


ベネチア本島に宿泊すれば、観光客が去った後のサンマルコ広場を満喫できますし、朝の散歩だって楽しめます。


こんなひっそりとしたサンマルコ広場

impresso BLOG-sanmarco2

普段は「ベネチア本島が沈没してしまうかもsign02」というくらいの観光客であふれますが、朝のひとときは清々しいnotes
impresso BLOG-sanmarco1

サトゥルニア・アンド・インターナショナルホテルに宿泊しました。ホテルの屋上からの眺めeye 
impresso BLOG-vce1

ホテルの内部。

impresso BLOG-hotel1
ベネチア本島のホテルは限られた土地に建てられているので、迷路のような独特の造りになっている事が多いです。このホテルもベネチアらしいホテル。アメリカンタイプのように機能性を求めると不便を感じるかもしれませんが、趣き満点のヨーロッパらしいホテルですsign01


その他ミラノ、フィレンツェ、ローマへも訪れました。


ミラノのシンボル「ドゥオモ」。あまりの迫力に圧倒されますeye

impresso BLOG-milduomo

ミラノのスフォルツェスコ城ミラノ最大のルネサンス建築。
impresso BLOG-castello


フィレンツェのミケランジェロ広場からの夕刻の眺めeye impresso BLOG-flr2
ルネサンスで花ひらいた美しい町フィレンツェが一望できます。この広場を望むレストラン「ラ・ロッジア」でフレンツェ風ステーキの夕食でしたrestaurantさすがイタリア 感動するおいしさでしたnotes


フィレンツェの花の聖母寺院「ドゥオモミラノと違い華やかな印象です。色大理石を贅沢に利用しています。
impresso BLOG-flr1


奥に見えるのは、ローマ市内にある独立国バチカン市国の「サンピエトロ大聖堂」。カソリックの総本山で世界で一番大きな教会です。

impresso BLOG-rom1


その他紹介しきれない景色がたくさんsign03

イタリアは世界遺産の宝庫notes何度訪れても新しい発見がありますし、決して飽きる事はないでしょう・・・heart04

一度イタリアに行くと魅了されて、リピーターが多いのも納得ですhappy01


現在発売中の大人気コース「大好き!イタリア」 では、ホテルの立地にこだわりたい方のために、ローマ「ホテルグレードアッププラン」をご用意。ローマ市内中心部での立地なので、自由行動時もラクラクbell 移動のロスなく、色々な名所へ徒歩圏内で行けちゃいますbell予約時に是非担当者までお問い合わせ下さい!


関西インプレッソでは、期間限定のお得なコースをご用意していますhappy01

不定期に発売しますので、早い者勝ち!店頭やウェブを是非チェックして下さい!




↓関西発インプレッソツアーはこちら↓

ヨーロッパ専門店


↓関西発インプレッソツアー「大好きイタリア」はこちら↓

大好きイタリア


↓関西発インプレッソツアーその他のイタリアツアーはこちら↓

関西インプレッソ イタリアツアー


impresso BLOG-logohisimpresso BLOG-logoimp

こんにちはsign01

関西インプレッソグループです。


今月は3連発でとっておきツアーの旅日記をお伝えしますnotes


第一弾sign01

引き続きスイスのリポートです。


スイスアルプス決定版 旅日記①は、こちら


スイス大好き企画担当者が、自信を持って世に送り出したスイスツアーの決定版・・・

その名も「スイスアルプス決定版」sign03


スイスアルプス決定版 旅日記① では山岳ホテルについてお伝えしましたが、今日はツアー中の訪れる場所についてお伝えします。


このコースでは・・・

アルプス4大名峰(モンブラン・ユングフラウ3大名峰・マッターホルン・ベルニナアルプス)

スイス3大特急(パノラマ特急・氷河特急・ベルニナ特急)

を楽しむ事ができます。


まずは、モンブランnotes

モンブラン観光の起点になる町は、シャモニーです。ここはフランス領 スイスと違って、通貨はユーロなので、注意!多くの店舗ではスイスフランも受け取ってくれます。


まずアルプスの女王「モンブラン」のすばらしい景色から・・・happy01 名前の通り白く美しい山lovely (モン=山 ブラン=白)

impresso BLOG-montblanc1

三大北壁の一つグランドジョラスばっちりup
impresso BLOG-montblanc2

天気がよければ遠くにマッターホルンの雄姿もheart04 分かりますか?

impresso BLOG-montblanc3

これらは、ロープウェイを2回乗り継いだこのエギーユ・ドゥ・ミディ展望台からの景色です。ふもとのシャモニーの町からたった20分で、富士山より高い標高3842mへ行けちゃいますheart01
impresso BLOG-montblanc5


次はユングフラウ三大名峰heart04

この地区は登山電車が楽しめます。スイスでもっとも人気の場所のひとつです。


クライネシャイデックからは約50分登山電車でユングフラウヨッホ駅へ。この駅は標高3454m。ふもとからアイガーとメンヒの体内を通って到着するヨーロッパで最も高い所にある鉄道駅です。来年は開通100周年sign01大正元年に開通sign01この登山電車のさらにすごい点は、初めから観光目的で計画された事・・・頭が下がります。


滋賀県の「大津」とユングフラン三山ふもとの「インターラーケン」が姉妹都市であることから、「大津」のプレートを掲げた電車が走っています。ラッキーなら見られるかも


impresso BLOG-jungfrautrain1


この駅の目玉はスフィンクス展望台sign01よくまあこんな所に展望台を作ろうと考えたなぁ~と感心してしまいます。


メンヒの雄姿notes
impresso BLOG-monch1

こちらはユングフラウheart04
impresso BLOG-jungfrau1

アレッチ氷河も広がりますhappy01
impresso BLOG-aletsch1

次はマッターホルンnotes
観光の基点はツェルマットの町です。ここもロープウェイや登山電車がたくさん整備されていて、いろんな角度からマッターホルンを楽しめます。


一番人気のゴルナグラート展望台からのマッターホルン。

impresso BLOG-Gornergrat5


さてこれはどこから見たマッターホルンでしょう 実際に行って確かめて下さいhappy01

impresso BLOG-matterhorn1


このコースでは朝~夕刻まで自由時間があったので、マッターホルングレッシャーパラダイスへご案内しました。展望台にはキリスト像が・・・。

impresso BLOG-glacierparadaise1



最後はベルニナアルプスnotes

他の三ヶ所と比べると地味かもしれませんが、高級リゾート地「サンモリッツ」を基点に素敵な山々が楽しめます。(今回は残念ながら雲が多かったです)

impresso BLOG-bernina1


いくつか展望台がありますが、ピッツネイル展望台のシンボルになっているのはシュタインボック像sign01
impresso BLOG-piznail1


ムオタス・ムラーユ展望台は赤のケーブルカーで。地元の人にも人気。

impresso BLOG-stmoriz1

アルプスの景色を書かせたら右に出る者はいないと評される「セガンティーニ」が愛した景色。
impresso BLOG-stmoriz2



またこのコースでは、パノラマ特急・氷河特急・ベルニナ特急に乗車できます。


パノラマ特急(クラシックタイプ)です。まるでオリエント急行のような趣。
impresso BLOG-panoramaexpress1

氷河特急は全車両パノラマカーに生まれ変わりました。このコースでは全線乗車heart04食事も列車で楽しめます。

impresso BLOG-glacierexpress1

ベルニナ特急は氷河あり、ループトンネルあり、ループ橋ありと見所満載sign01終点のティラーノはイタリア領 ランチには本場イタリアンを体験できます。
impresso BLOG-berninaexpress1


ツアー中の景色はもちろん天候に左右されます。

てるてる坊主を作ってお祈りしましょう・・・



スイスの魅力はココではご紹介しきれません!

氷河をいただく名高い山々は数あれど、スイスほど登山電車やロープウェイを駆使してあっという間に山々を手に取るようにみえる展望台に行く事ができる場所はなかなかありませんhappy01

「山好き」の方もそうでない方も、「癒し」を求めている方もそうでない方も、スイスの雄大さを体験したら人生変わるかもsign02


是非お待ちしておりますhappy01


スイスアルプス決定版 旅日記①へ




来年のスイスのコースはまだですが・・・

↓関西発インプレッソツアーはこちら↓

ヨーロッパ専門店

impresso BLOG-logohisimpresso BLOG-logoimp

こんにちはsign01

関西インプレッソグループです。


大変お久しぶりです。

7月以来の更新になってしまいました・・・(反省)


今月は3連発でとっておきツアーの旅日記をお伝えしますnotes


今回は第一弾sign01

スイスのリポートです。


スイス大好き企画担当者が、自信を持って世に送り出したスイスツアーの決定版・・・

その名も「スイスアルプス決定版」sign03


このコースの特徴はなんといっても大人気の山岳ホテルに宿泊」ということ。


実際、このコースに参加された方は「何年も前からこのホテルに泊まりたかったけど、個人ではなかなか予約できなくて・・・」という意見が多かったです。


このコースでは・・・

「シャイデック SCHEIDEGG HOTELクライネシャイデック・ベルナーオーバーラント地区)

「クルム KULMゴルナグラート・ツェルマット地区)

この2ヶ所に宿泊しました。

それぞれ特徴がある素敵なホテルですheart04


シャイデックホテルは、伝統ある建物で古き良きヨーロッパの雰囲気。歴史を肌で感じる事ができます。

スイスに行った事がある方なら、おそらく訪れたであろう「ユングフラウヨッホ」へ行くために、必ず登山電車subwayを乗り継ぐ「クライネシャイデック」駅の目の前にあるホテルです。


クルムホテルは、改装をして機能的でとってもモダンな雰囲気。山の名前から部屋名が付けられ、部屋番号はその山の標高になっていますnotes遊び心たっぷりheart04

ツェルマットに行ったら、ほとんどの方が訪れる大人気のゴルナグラート展望台にあります。


どちらのホテルも、部屋から山の景色が楽しめ、食事はコース料理restaurantwine。日常から離れて、優雅な時を過ごせます。

日中は観光客で埋め尽くされる場所も最終電車subwayが行ってしまった後は、ひっそり。こんな場所ではテレビtvなんで必要ありません。普段では気づかなかった自然の音や風景に出会えるかもしれません。


終電後のクライネシャイデック駅の様子。

日中の混雑が信じられません。

impresso BLOG-Kleine Scheidegg1


シャイデックホテルの内部宿泊客しか入る事ができません。これぞヨーロッパsign01のサロン

impresso BLOG-Kleine Scheidegg2


階段も趣き満点!

impresso BLOG-Kleine Scheidegg3



こちらはツェルマット地区のゴルナグラート駅の終電後。こちらも終電が出発するとホテル宿泊客のみが滞在できる贅沢な時間。

impresso BLOG-Gornergrat4

こんな所にホテルがあります。
奥に見えているのはマッターホルンnotes

impresso BLOG-Gornergrat3
もっと遠くから見ると、なんとこの位置sign01
本当に山々に囲まれているホテルです。

impresso BLOG-kulm4


ホテルクルムの部屋

木の暖かいぬくもりを感じる事ができますhappy01

impresso BLOG-kulm1

ん窓の外は・・・

impresso BLOG-kulm2

なんと窓の景色は、一面スイスアルプスsign03

こんな景色を部屋から眺める事ができるなんてsign03

impresso BLOG-kulm3
このホテルはモンテローザビューマッターホルンビューがあります。どちらも素敵な景色happy01 (写真はモンテローザビュー)


運がよければ、ホテルの玄関先にはこんなかわいい姿も・・・heart01 (塩を舐めに来ているそうです)

impresso BLOG-kulm4


ツェルマットの町からは見えないモンテローザの夕焼け

息を呑む美しさlovely 夏の日没は遅く、ベストシーズンの7月下旬で21:00過ぎぐらい。

impresso BLOG-Gornergrat1


マッターホルンの朝焼けも素敵

山の頂上から朝日に照らされて、徐々に全体がピンク色に染まります。写真では色が分かりづらいのが残念・・

impresso BLOG-Gornergrat2


部屋からの景色はもちろん天候に左右されます。

てるてる坊主を作ってお祈りしましょう・・・


スイスアルプス決定版 旅日記② へ続く・・・


来年のスイスのコースはまだですが・・・

↓関西発インプレッソツアーはこちら↓


関西発 添乗員同行の旅 インプレッソ

2017.06
loading...
WORLD情報局