ボンジュール♬
インプレッソ添乗員のMiです。
 
大満喫フランス8日間🇫🇷では、貸切のバストロノーム
でのランチも素晴らしいパリの思い出になりますよ🍴
 
いわゆる2階建てバスの上の部分が客席で、1階部分がドライバーとシェフのいる
キッチンとサービススタッフは1人で今回は綺麗なパリジェンヌでした❣️
安心のトイレも付いています。
 

Img_0754_2

バストロノームは、ゆっくり走るバスの2階席でパリの街並みを眺めながら
本格的なフランス料理のコースを頂ける🚌走るレストラン🍷 素敵な空間です。出発はオペラ座の近くで、とても目を惹くバスなので停車中も道行く人が
スタッフに質問していました。
パリ市内を走行中も、注目の的です✨
 
 

Img_0760_4

ペン型のオーディオガイドとマップがあり、その場所の観光案内が日本語で

流れます。日本語のメニューもありますよ。

Img_0727_2

まずは前菜  ヤギのチーズとトマトのタルト🍅   
コース料理のボリュームを心配されるかもしれませんが、
1皿ずつは少なめにこの位です。
 

Img_0733_2

 
 
セーヌ川を渡り車窓からのエッフェル塔
まだまだ遠いですね。

Img_0731_2

 
お魚料理は鯛です🐟
オルセー美術館の入口と
 
 

Img_0736_4

 
 
ナポレオンが眠るアンバリッドの真後ろも通ります。
 
 
 

Img_0740_3

 
 
いよいよパリのシンボル❗️ 
だんだん近づくエッフェル塔
 
 
 
 

Img_0741_4

Img_0742_2

 
 
 
エッフェル塔の全景と記念撮影ができる場所で、唯一バスから降りて10分位の撮影タイム📷 皆さま、サービススタッフのパリジェンヌと一緒にパチリ 「私、スーパースターみたいね」と素敵な笑顔を見せてくれました。
 
 

Img_0747_2

デザートはチョコレートと木苺の💕トレビアーンなマリアージュ

Img_0751_2

凱旋門の横を通りシャンゼリゼ通りに入る頃にはゲリラ豪雨🌨が始まり、車窓からのコンコルド広場のオベリスクもご覧の通り

Img_0753_2

 
 
 
マドレーヌ教会もこの通り
晴れていれば階段に多くの人が座っていますが、気持ち良い程の土砂降りの雨☔
 
その後、数分でオペラ座の出発地に戻る為、雨の具合が心配でしたが、下車する時に
は嘘のように雨が上がり☀何と陽が照って来ました‼️
ちなみに1枚目のバスの写真が到着時の様子で明るくなっているのが分かりますか?
 
この日のパリは目まぐるしくお天気が変わりましたが、街歩きにはもちろん晴れた方が嬉しいですが、バストロノームから眺める雨の日のパリも石畳みがキラキラして
敵ですよー。
 
 
 
 
皆さんもこの素晴らしいバストロノームに
乗車しませんか?
お待ちしております!!
 
 
 
 
 
安心の添乗員付きインプレッソこちら
インプレッソ添乗員のMiです。
久しぶりにサンマロへ行ってきました。
 
フランスと言えば...
パリやモン サン ミシェルを思い浮かべる方が多いですよね?
 
もちろん、そちらも外せませんが
モン サン ミシェルから1時間のお隣、
ブルターニュ地方の港町  「サンマロ」
ここもおすすめできる街となってますhappy02
 
大満喫フランス8日間では、
フランス到着後、最初に訪れる街で、
パリからは西へ長〜い移動となりますが、
早朝着のフライトだと観光に向けて
しっかりお休み💤してからお楽しみいただけます。
 
 
 
18世紀までフランス最大級の港だった城壁の街で
サンマロ湾の干満差はヨーロッパでも最も激しいと言われています
サンマロ生まれの作家 シャトー・ブリアンが眠るグラン・ベ島が遠くに見えます。

Img_0717

 
城壁の上からのグラン・ベ島です
 
 

Img_0718

 
城壁内にはこんな階段がいくつかあり、登ってみると、上はこんな感じです。
 

Img_0719

Img_0723_2

 
1周するには時間が必要ですねーsweat01
城壁の上は半分にして、せっかくの干潮
なのでグラン・ベ島へ行ってみましょうsign03
 

Img_0715

 
潮風が吹いて日陰だと寒い❄感じでしたが
サンマロキッズは早くも夏満喫です🏖
 

Img_0709

 
グラン・ベ島からの城塞都市 サンマロ
昔は王が認めた海賊⚓️「コルセール」が活躍=略奪の拠点とした為、
フランス随一の繁栄を誇っていたそうですflair
 

Img_0708

手前の岩場に海水が残っていて、少し前まで海の中だったのが良くわかります🐳
 

Img_0711

 
 
遠くに見えるのは海側から見た城壁外の
街並みですupwardleftupwardleft
 

Img_0716

 
 
 
ブルターニュと言えばシーフードや
ゲランドの塩  🍎シードル、そば粉のガレットが有名ですね。
 
街歩きをしていると、潮の香りにも負けず甘〜い香りが漂ってきます。
その正体はブルターニュ生まれのバターたっぷりの伝統菓子「クイニーアマン」
城壁内にはたくさんのクイニーアマンのお店があり
サイズも驚くほど大きな物あります。
是非、お腹をすかせて訪れたい街ですねheart04
 
 
 
 

初めまして。

インプレッソ添乗員のchieですhappy01

今後、添乗先のスイーツ系でお勧めのもの

(おいしかったものやお得なもの等)を紹介していきたいと思いますsign01

 

まずはパリのチョコレートをご紹介します。

Dsc_0460

パティスリー・サダハル・アオキ・パリのセギュール店に行ってきましたshine

お目当てのものがあります。

”訳あり?ボンボンショコラの袋入り”です。

いつもあるわけではありませんが、

型崩れしたもの等が袋詰めにされ、売られています。

Dsc_0473

今回はありました。

よかった~dash

200gでいつも30~32個入っています。

画像のものは、200gのものが2袋です。

100gのものもありますが、100gが10ユーロぐらいです。

200gのものが17ユーロでお得なので、

200gのものがあれば、いつも2袋以上は買いますsign01

店頭にでているもの全部買ったりもしますsmile(笑)

型崩れしたもの等らしいのですが、味は通常のものと変わりません。

おいしいですshineshine

200gものは32個入りで、

日本円で約2040円(1ユーロ≒120円計算)、

1個あたり64円くらいとなります。

ちなみに日本で買うと、3個入りで1566円(税込み)するので、

1個あたり約533円!!

この袋入りは、かなりお得なのですflairshine

ただ、フレーバーは選べませんsweat02

いつもかなりかたよって入っています。

ゆずやシトロン、パッションが大量に入っている時もあります。(笑)

フレーバーにこだわらなければ、

高級チョコレートを、

値段を気にせず、食べることができますsign03

チョコ好きの方にはお勧めです。

ただ、パリの空港を出発の際は、チョコレートはクリーム状とみなされ、

手荷物にするとセキュリティ検査にひっかかってしまうので、

スーツケースの中に入れなくてはいけませんairplane       

個包装されていないので、衣類等に包んで梱包しても、

日本に到着してスーツケースを開けてみると、

やはり、袋の中で他のチョコレートと当ったり、袋でスレたりして、

周りが欠けたり、変形したりしてしまっているので、

贈答用ではなく、御自宅用としてご購入されたほうがいいと思います。

(夏場は溶けますし・・・)

 

 

Dsc_0477

今回は、他に焼き菓子も購入しました。

こちらもおいしくいただきましたrestaurant

 

*なお、ご紹介した袋入り(訳あり)ボンボンショコラは、

常時、販売しているものではなく、ある時とない時があるようです。

また、ギャラリーラファイエット店には100gものしかないようです。

在庫の確認をされてから、お店に行かれたほうがいいようです。

 

ボナペティheart04

 

Dsc_0458

*画像と価格は、2017年2月のものです。

 製造中止となったり、価格変更等があるかもしれません。

 ご了承下さい。

添乗員 chie

2017.10
loading...
WORLD情報局