こんにちは、インプレッソ添乗員の寒さから冬眠しちゃってた猫の手です。ニャーcat

北スペイン&ポルトガル周遊8日間に行ってきました🐱

まずはじめにキリスト教カソリック三大巡礼地の一つ
サンチャゴ・デ・コンポステラへ行きます。

泊まっていたのはポルトガル🇵🇹だったので国境を越えて時差も変えてスペイン🇪🇸へ🚌💨

着いたらまず歓喜していただきましょうね〜

Image1_3

みんなが指差す方にはサンチャゴ・デ・コンポステラがo(^▽^)o

いや〜〜巡礼路の終着地点に到達🙌

Image2_3

目指すは聖ヤコブ(サン・ティアゴ)のご遺体が埋葬されている大聖堂

Image3_3

中にだって入ります。今年は慈しみの特別聖年ですから《免罪の門》から入ってみました

Image4_2

中は大きな香炉がつられてます

Image7

巡礼者達の臭い消しとしての役割もありました

この祭壇の裏に回れ後ろから聖ヤコブにハグできますo(^▽^)o
もう1箇所の入り口から入るとお墓参りが出来ます🙏合掌

Image5

巡礼の道もちょっぴり歩いて見ました
ポルトガル🇵🇹からの巡礼路

Image8_2

フランス🇫🇷からの巡礼路

Image9_2

そして、ポルトガルへ国境を越えて戻りました

この後はポルトガルを北から南へと下っていきます( ´ ▽ ` )ノ

ポルト、アヴェイロ、コインブラ、トマール、バターリャなどの街を回ります👀

ポルトの街ではポルトワインの工場見学へも行きました👀

Image21_2

そしてヨーロッパの美しい村に選ばれた村モンサントへも行きます

Image11_2

岩を切り抜いたり利用したりしてお家が作られています

Image10_2

Image12_2

地元の人にとってこの美しい村に選ばれた事が誇りのようで必死に
ポルトガル語で街について説明してくれるおじいちゃまにも出会いました(笑)

山の中とはお別れをして大西洋へと向かいます🚌💨

ナザレで連泊します🏨💤💤

朝からナザレの散策👣👣👣

Image13_2

折角なのでケーブルカーで高台へ🚡(往復€4.8)

ここにはエルサレムのナザレからやって来た聖母子像が安置された教会⛪️も

Image14_2
高台のシティオ地区から戻ったら皆さん大西洋のビーチをダッシュ🏃💨


Image4_1

Image5_1

Image6

Image7_1
この街にはサクランボ🍒のお酒ジンジャーがあります🎶
小さなチョコレート🍫カップで飲むことも

Image20_3

オビドスを後にして向かったのは世界最西端の地ロカ岬

スッキリ晴れて良い天気sun

Image22_2

そしてリスボンへ

この街では日本人ガイドさんと観光です!!

Image23_2

Image24_2

Image25_2

みんなで世界地図を見てお勉強_φ(・_・

後ろの白い教会がジェロニモ修道院です

この地区ベレンには老舗のお店があるのです
ポルトガル名物のナタ(エッグタルト)をシナモンと粉砂糖をまぶしていただきます👄

Image8_1


安心の添乗員同行の旅 インプレッソで行く
北スペイン&ポルトガル周遊8日間・・・詳細はこちら


sunボンディーア♪(ポルトガル語:お早うございますの意)。こんにちはH.I.S.添乗員のR.Yです。『春らんまん悠久のポルトガル8日間』へ帰って参りました。そこで・・今回はcakeポルトガルのスイーツcakeを紹介いたします。

【コンフェイト】日本でもおなじみの金平糖(こんぺいとう)です。ポルトガルでは結婚式やお祝いの催事に食べられるそうです。素朴な甘さでlovelyほっこりします。学生の町、コインブラで買うことができます。カラフルで可愛いですよ~❤一袋dollar1.5€※二回りくらい大きなコンフェイトは、トゲトゲがなく、丸っこい形をしてます。

20150615_103328
【トラヴェセイロとケイジャーダ】
シントラの名物スイーツ2つ。上がトラヴェセイロ。パイの中には、黄身クリームが入っています(激甘!)下がケイジャーダ。こちらは小さいチーズタルトです。クリームが入っていないので、2週間日持ちします。

20150614_094154

【クッキーやドライイチヂク】至る所で売ってますが、試食できるところで買いましょう。クッキーはナッツたっぷりで、そんなに甘くないですよ。

20150615_103247

【パステル・デ・ナタ】日本でも一時期ブームになった、エッグタルトです。リスボンのジェロニモス修道院の修道女が18世紀以前に発明したと言われています。世界各国に支店がありますが、本場はココ!!出来立ては、カスタードクリームが温かくて、とても美味しいです。一つdollar1.05€こちらは日持ちしないので、是非ポルトガルにお越しになって、召し上がってください。

20150615_103417

【おまけ・・】写真はありませんが、他にアヴェイロのオヴォシュ・モーレシュという日本の最中に似たお菓子も日持ちするので、お土産に最適です!ただし、こちらもかなり甘いです。

ポルトで訪れるワイナリー《サンデマン》のwineポルトワイン入りトリュフも美味でした~(*´ω`*)
大人なお味~❤※こちらは試食はございません。10個入でdollar10€

リスボン空港で売っているものもありますが、空港は料金設定が高いので、その場で買うことをお勧めします。もちろん、もっとプチプラで済ませたい方は、スーパーマーケットにも行くチャンスがありますよ!

以上、ポルトガルのスイーツ紹介でした☆


安心の添乗員同行の旅エイチ・アイ・エスimpressoポルトガルの旅は・・こちら


こんにちは、IMPRESSO添乗員のリアーナで~す♪


今回は、ポルトガルのオドビスという村についてご紹介致します。
皆さん、知っていますか?

白い村と聞くとスペインのアンダルシア地方の家並みを思い浮かべる方が多いと
思いますが、ポルトガルにも白壁の可愛らしい村があります。

『谷間の真珠』と謳われた「オビドス」村です。


tuliptulipがいっぱいの旧市街!!中世の時代の面影が残る街並みは、ドラマや映画の撮影地として使用される事もあります。

村は城壁に囲まれています。この城壁の上を歩くことも出来ます。とっても眺めeyeがいいですよ。







オビドスの名物 cherryサクランボ酒「ジンジャ」cherry



チョコレート製のおちょこに注いで試飲(1ユーロ)することが出来ます。ぜひお試しください!お酒のしみ込んだチョコおちょこなかなか美味~お土産おちょこもあります) 『う~ん、この一杯の為に生きてる~!!lovely



オビドスを訪れるコースは、『ポルトガル周遊&北スペイン9日間』!!
コースの詳細と空席照会emptyは、こちら !!今すぐチェック!!

2017.10
loading...
WORLD情報局