ヤーサス!(ギリシャ語でこんにちは)インプレッソ添乗員のMiです。

夏本番前のギリシャ。花々も咲き誇り、過ごしやすい季節です!!
ギリシャ観光はギリシャ正教の修道院や遺跡の見学がメインです。
しかし、エーゲ海を満喫する1日クルーズもお楽しみのひとつとなりますよー⛴
まさに1日がかりのクルーズで朝アテネの港を出港して3島 イギナ島、
ポロス島、エギナ島を巡り
夕陽が沈んでから帰港します。


まずはイギナ島です。島の滞在時間はそれぞれですが、ここでは1時間以上あります。
お店も沢山
あり、お土産を探したりカフェでゆっくりしたり、アイスを食べ路地を歩きながら
雑貨屋やパン屋をのぞいたり…
夏はこの島での泳ぎがオススメです🏊🏼

Image1


泳ぐにはまだ早いですが、砂浜ではないので夏はじゃぼんと行きます❗️

Image2

クルーズ船から海岸沿いを歩き対岸からの家並みと青〜いエーゲ海がキラキラ✨です。

Image3


帰りのアテネまでは船内でギリシャ伝統舞踊ショーです。
ダンサーの踊りの後はダンスタイム‼︎
ダンサーに選ばれた多国籍なお客様は言われるがまま踊るしかありません👫
最初は楽しく踊っていますが……

Image4

くるっくるっ回されまーす🌀

Image5


そして、とにかくやっぱり回されます😵かなりのスピードで…でも、皆さん笑顔なのです❣️

Image6


この後カップルで参加の大きめな女性が男性をくるっと回して大盛り上がりで幕を閉じました🎶

安心の添乗員同行の旅 インプレッソで行く
アテネ&ミコノス島&サントリーニ島 9日間・・・詳細はこちら

皆様のご参加心よりお待ちしております!!

こんにちは、インプレッソ添乗員のトシコです。
今回は、春・夏 彩りのトルコ周遊9日間に行って参りましたヨ!!
天候にも恵まれ、少人数ながら皆様とてもenjoyされました❤️

こちらはドイツベルリンに本殿がおいてあるペルガモン遺跡(現在名=べルガマ Bergama)は、紀元前282年~約150年の間、エーゲ海沿岸から
アナトリア内陸地方に及ぶ地域で繁栄した王国でした。
ローマ帝国の弱体化に追随して、徐々に衰退し歴史の中で埋もれ消え去って行きます。

Img_2041



Img_2042

Img_2047





こちらはエフェソス遺跡です。
数千年前の人々の生活に思いを馳せて・・・

Img_2052

Img_2058

Img_2062


奇岩群のカッパドキアでグループ写真❤️お天気も良くてサイコー!!

Img_2124

美しい夕日のローズバレーの『らくだ岩』。正にらくだそのもの!!

Img_2126

Img_2131

Img_2134

洞窟教会のギョレメ野外博物館

Img_2137

実際に住まれている洞窟宅を訪問。皆様、興味津々。以外に快適そう!!

Img_2140

今でことチューリップと言えば・・オランダが有名になっていますが、
もともとチューリップの原産国はイスタンブールなんですヨ!!
チューリップの絨毯、サイコー!!

Img_2153

ブルーモスク

Img_2160


アヤソフィアの前で再び皆様で写真❤️

Img_2167

アヤソフィアの中です

Img_2171_2

帰国日はオプショナルでボスポラス海峡クルーズ

Img_2186

気持ちいいわー

Img_2198

トルコ名物チャイを飲みながら・・・

Img_2201

最後は・・・トルコと言えば・・サバサンド!!でシメ。数分前まで泳いでいた
サバをダイレクトにレストランへ。そしてすぐに調理してサバサンドとして提供!!
超新鮮ゆえに、美味しくない理由が見つかりません!!だじゃら大人気!!

Img_2204

Img_2205

いよいよ帰国😢現地ガイドさんとお別れに最後の記念写真です!!
名残惜しいですが・・サヨナラです。またトルコでお会いしたいですね!!

Fullsizerender_1

皆様も是非、トルコへいらっしゃって下さい!!

安心安全の添乗員同行の旅

インプレッソで行くトルコ・・・詳細はこちら

メルハバ(トルコ語でこんにちは)!Impresso添乗員の倉です。
2月20日からトルコへ行ってまいりましたヨ!!

000_2

参加いただいたお客様には「想像していたより平和!」とコメントを頂き、
観光地も空いていたので、毎日スムーズに見学することができました。

今日はツアーの見どころをレポートします。

1:エフェソス遺跡 

002

日本は縄文・弥生時代、エフェソスの街には世界3位の規模を誇る

図書館がありました(ちなみに第2位の図書館もトルコにあります)。

なんと、この大きな図書館から売春宿まで、秘密の通路が繋がっているとか…

 2:カッパドキア 

001

奇岩群で有名な、トルコの世界自然遺産。

幻想的な景色を前に、お客様のテンションといえば・・
「わー!」「きゃー!」「すごーい!」と、最高潮。

日本だけでなく、世界中のお客様にも人気があり、
今回はインドネシアの皆さんと盛り上がりました。

003

カッパドキアでぜひ体験していただきたいのが気球ライドです!
ここまで来て、空からの景色を拝まず帰るのは勿体なさすぎる〜〜 

004

今回は、トルコ・アメリカ・韓国からのお客様も一緒に気球に乗り、
外国の方も「一番の思い出だ!」と興奮されていました。

HISでは、厳しい安全基準をクリアした気球を使用していますから、
安心してお楽しみいただけますよ。『安心して下さい~厳しいチェックしてます!!』

3:イスタンブール自由行動 

005_2

今回はイスタンブール夜発の飛行機で日本へ帰ります。

前日、全員でブルーモスク・アヤソフィア・トプカプ宮殿・グランドバザールなどを
見学し、帰る日は、夕方のホテル出発まで自由行動!

最後までトルコを満喫できるので、なんだか得した気分になりますね。

ここからは、イスタンブールのフリータイム中におすすめのスポットを紹介します。


◼ボスポラス海峡クルーズ

006

アジアとヨーロッパの間を流れるボスポラス海峡をクルージング。
2つの大陸を間近に臨み、かつその間に立てるなんて、
世界中でこの街でしかできない体験です。感動的!!

◼地下宮殿

007

地下宮殿とは、オスマントルコ時代に造られた貯水地のこと。
映画「007」のロケ地にもなった、今でも水が流れ続ける不思議な空間です。

ローマ時代の神殿の柱がリサイクルされており、高さを調整するために
メデューサの彫刻も使われました。

…が、間違って逆さまに置かれてしまったそうです。。

008

◼モスクめぐり

009


写真は、5000枚の美しいタイルが自慢の「リュステムパシャモスク」。
トルコ伝統工芸品の絨毯のようなタイルや、38種類のチューリップが描かれた
モスク内は、混雑が少なく写真もゆっくり撮り放題。

ここのタイルの赤い色は、現在の技術を使っても再現できない、
貴重なものだそうです。
 

010

他にも、オスマントルコのスレイマン大帝のために造られた、
大きな「スレイマニエモスク」などもオススメですよ。

◼サバサンド

011

イスタンブールは7つの丘から成る街。坂道と石畳で歩き疲れたら、
焼いたサバをパンに挟んだサバサンドで休憩はどうでしょう?

レモンを絞って、骨に気を付けて召し上がれ!

◼市場めぐり

012

「グランドバザール」は観光市場、地元の人が多く訪れるのは、
ここ「エジプシャンバザール」です。

人が多いのでスリに気を付けながら、トルコ人の生活を覗いてみましょう。

また、イスタンブールは海が近いので魚市場もあります。

013

トルコ人のコックさんが買い出しに来ており、ヒラメのようなお魚は、
オリーブオイルでフライにすると美味しいのだと教えてくれました。

◼番外編

014

「ちょっと変わったことをしてみたい」という方は、イスタンブールのど真ん中で
「釣り」はいかがでしょう?

ガラタ橋の上は、釣りスポットとして有名で、24時間いつでも釣り人がいます。
手ぶらで来ても、レンタルがあるので誰でも簡単に楽しむことができますよ。

015

いかがでしたでしょう?トルコの穏やかで楽しそうな雰囲気、伝わりましたか?
様々な報道がされていますが、街の人はいつもどうり変わらない生活を
おくっているという印象を受けました。

4月は、お花が咲き乱れるトルコのベストシーズン。

また足を運びたいと思います。

安心の添乗員同行の旅 インプレッソで行く
春・夏 彩りのトルコ周遊9日間・・・詳細はこちら




2017.08
loading...
WORLD情報局