impresso添乗員チーム雨川和世です。


今回はスコピエをご紹介します。

皆様、マザーテレサってご存知ですよね?
インドのコルカタ(カルカッタ)にて貧しい人への慈悲活動を行ったカトリック教会の修道女。
『神の愛の宣教者会』の創立者。
ノーベル賞を始めとする数々の賞を受賞した方です。

マザーテレサ、本名アグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ
(Agnesa/Antigona Gongea Boiagi)


彼女はアルバニア系マケドニア人。
マケドニアのスコピエで生まれ18歳までスコピエで過ごしました。

現在スコピエには「マザーテレサ記念館」があります。

 

Img_1219

ノーベル賞
マザーテレサ記念館にはマザーテレサのゆかりの物が数多く展示されています。
実際に着ていた服や幼少期の写真、そしてノーベル賞を始めとする受賞した賞の表彰状など。

Img_1218

礼拝堂
記念館の3階は礼拝堂になっています。
明るく開放的な雰囲気はとても素敵な空間です。

Img_1222

マザーテレサ像
記念館の入口近くに佇むマザーテレサの像


Img_1235

マケドニア広場
スコピエの中心地は「マケドニア広場」
ここには大きな「アレキサンダー大王」の像が立っています。

旧市街と新市街に分かれているスコピエの街。
この広場から橋を渡るとそこは旧市街。
まるでトルコに来たような雰囲気にガラっと変わります。


Img_1241_3

旧市街の傘屋
レストランやジュータン屋、トルコのバザールのようなお店が立ち並ぶ中見つけたのがこの傘屋さん。
売り物ですが、ちょっとしたアーケードのようになっていてとっても絵になりますsign01


物価も安く、絵になる見所も多いマケドニア。
ワインもとっても美味しい国です。

Img_1252

マケドニアワイン@空港の売店にて。

乗り継ぎの空港で没収されないように必ず「シールド」してもらってください。
開封不可のビニール袋に入れてもらえば機内持ち込み大丈夫です!
但し、帰国するまで絶対に開封しないで下さい。


今大注目のバルカン半島
impressoのツアーでご一緒しませんか?

お勧めバルカン半島ツアーはこちら
皆様のご参加お待ちしておりますhappy01

impresso添乗員チーム雨川和世です。


今回はマケドニアのリゾート地、オフリドをご紹介します。
オフリド湖に面して広がるマケドニアのリゾート地、オフリドの街です。

まずはこちらの写真をご覧下さい。


Img_1253

オフリド湖にたたずむヨハネ・カネヨ教会

マケドニア正教会の教会です。
湖からは少し高台に建っています。
クルーズ船に乗り湖から教会を眺めるのも素敵!
でもやっぱり私のお勧めはこの角度。
市内中心から少し坂を上り、更に山道を下るとここに辿り着きます。

バルカン半島を代表する絶景がそこには広がります。


オフリド湖はマケドニアとアルバニアの国境となっています。
約6割がマケドニア側、約3割がアルバニア側です。

バルカン半島で最も水深の深い湖で、最も深いところで288メートル、平均で155メートルの深さがあります。

とにかく水が透明で美しい
夏になると多くのヨーロッパ人で溢れるリゾート地です。

教会の近くのお花も絵になりますheart04


Img_1190

Img_1192

オフリドの街中には古代の円形劇場があり、今でも夏のイベントなどに使われています。

Img_1173

円形劇場
音響効果も素晴らしい!
古代ローマ人は寝そべって劇を見ていたそうですよ。


街中には民族衣装やかわいい民芸品を売っているお土産屋さんがあります。

Img_1202

かわいいお土産屋さん
手作りの小物、特に刺繍がとってもかわいいheart04


また、「オフリドパール」といってオフリド湖で捕れる魚のうろこを使ったアクセサリーがこの街の名産品となっています。
まだまだ物価の安いマケドニア。
小さなペンダントトップで10ユーロぐらいから買うことができます。

Img_1487

かわいいオフリドパール
お値段もカワイイhappy02



食事もとっても美味しいのがマケドニアの特徴。
オフリドで是非召し上がって頂きたいのがマス料理
この種類のマスはここ、オフリド湖にしか生息していないんだそうです。
アドリアティックトラウト!是非ご賞味下さい。

Img_1207

とっても美味しいマス料理


Img_1211
オフリドケーキ
クルミとチョコレートを使ったケーキ。
程よい甘さとクルミの歯ごたえは絶妙ですlovely

見所いっぱい!
絵になる景色もたくさんある!
食事も美味しい!今注目のマケドニア

impresso添乗員と一緒にバルカン半島の旅に出かけませんか?

お勧めバルカン半島ツアーはこちら
皆様のご参加お待ちしておりますhappy01



impresso添乗員チーム雨川和世です。


今回はアルバニアの世界遺産、ベラートをご紹介します。

ベラートは『千の窓の町』と形容されるようにオスマントルコ時代の古い街並みが残る町です。


Img_1075

『千の窓の町』ベラートの街並み

Fullsizerender

少しノスタルジックに加工してみましたhappy01

この町にはベラート城があります。
黄色いエニシダが生い茂るクネクネした道をバスで登りベラート城へ。

城内は石畳。
長い年月、多くの人たちに使われていた為、石畳も丸くなりツルツルと滑ります。

このお城の中に現在も住んでいる人たちがいて、お土産屋さん、民宿、レストランなど経営しているそうです。


このお城からの眺めは素晴らしいですsign01

Img_1051

眼下には旧市街。
ちょうど2日前に大雨が降ったようで少し川は濁ってますが。。coldsweats01


統一された屋根の色や素敵な街並み。
何時間でも眺めることのできる美しい景色です。

お城の中を少し紹介heart04

Img_1068

石畳と城壁。
壁にあるのは洗濯物ではございません。
手作りの刺繍、レースで作られたテーブルクロスなど。
とても素朴でシンプルなデザインです。



Img_1047

お城には現在でも11の教会が残っているそうです。
周囲を山で囲まれてのどかな景色が広がります。

Img_1048

白のモスク
今は遺跡のように跡地になってますが、赤のモスクと呼ばれるモスクもあります。


Img_1067

絵になるお城の小路
今回はこの近くのレストランでお食事をしました。

予定しているメニュー以外にもとっても気前良く
「うちの料理は美味しいからたくさん食べてくれ!」
と言われ少し食べ過ぎました。。happy02


Img_1060

ピーマンの中にはライスが入ってます。

Img_1061

なすとひき肉。トマト味が絶妙に美味しい!

Img_1062

フレッシュサラダ。ヤギのチーズがアクセントになってます。

Img_1064

チーズパイ
この国の人たちはチーズが大好きshine

Img_1065

チキンとハンバーグ
お腹いっぱい!でも美味しくておかわりしちゃいます
happy01


Img_1066

美味しいさくらんぼcherry


こんな素敵な国、アルバニア!
是非皆様ご自身の目でご覧下さい!


お勧めバルカン半島ツアーはこちら
皆様のご参加お待ちしておりますhappy01


2017.06
loading...
WORLD情報局