こんにちわ

添乗員デスク森と申しますhappy01

今回は世界三大美術館のエルタージュ美術館をご案内motorsports

Image1_13

エルミタージュ美術館には約300万点もの美術品のコレクションされてますsign03

美術館の始まりはロマノフ王朝の女帝エカテリーナ2世

1775年に大量の絵画コレクションを飾る為に建てたことといわれています。

当時メインに住んでいた冬宮殿の隣に建て、

この小美術館は『エルミタージュ』と名づけました。

『エルミタージュ』とはフランス語で「隠れ家」という意味で

その頃は皇族一族や一部の客人しか鑑賞できませんでした。

Image3_2

その後の歴代のロシア皇帝も美術品の収集に熱心であったこともあり

所蔵はどんどん増えていき、世界中の名画がここに集まりました。

例えばイタリアの画家であれば レオナルド・ダ・ヴィンチやラファエロ

Image1_11

【↑レオナルド・ダ・ヴィンチ作 ベヌアの聖母】





スペイン画家からはベラスケスにゴヤ、

Image2_4_2

【ゴヤ作 女優アントニア・サーラテの肖像】

フランドル・オランダからはおいてはレンブラントにルーベンス

Img_0638

【レンブラント作 十字架降下】

といった名だたる画家や教科書でみたことのある絵がわんさかshineshine

ちなみに現在エルミタージュ美術館は本館と別館があり

この二つは全く別の建物で入り口も別でなかでも繋がっていません。

所蔵の多くは本館にありますが、

印象派以降の近代西洋絵画が別館に展示されています。

今回ツアーでは別館にはいかなかったので本館のみの写真でご案内してますsign01

本館といってもその建物は1つではなく5つの建物で構成されており

小エルミタージュ、旧エルミタージュ、新エルミタージュ、

エルミタージュ劇場、冬宮殿

こんな感じで繋がってますdownwardrightdownwardright

Map_2

展示品があるのは

小エルミタージュ、旧エルミタージュ、新エルミタージュ、冬宮殿

の4つの建物。

エルミタージュ劇場では今でも公演が行われており

一般旅行者も観劇出来るようになっていますnote

とにかく美術館は広くて広くて全ての絵画をみるには

数日あっても見きれないほどですsweat01

Map6

そして見学していると

自分の居場所がわからなくなりますcrying

個人で行かれる方は日本語のガイドブックは必須ですsign03

あとは何が見たいか下調べしておいた方が無駄なく動けると思います。

館内で地図ももらえますが、

日本語はありませんでしたcoldsweats01

Map5

ツアーでは日本語でガイドさんが案内してくれるので安心ですdash

あんまり絵に詳しくないから興味なーーーいsweat01

なんて方にもエルミタージュには是非いってもらいたいsign01

エルミタージュ美術館は一般公開される前まで

実際に王宮として使われていたため

館内の内装や装飾品、調度品類がそれももうshineshine豪華絢爛shineshine

それを見に行くことを目的にしてもかなり楽しめますgoodshine

Image3

Image2

Image4

本当に美術館っっsign02sign02

そうここは間違いなく美術館なんです。

Image1

shineきんきら金shineのからくり時計があったり

(今は保存の関係から動いていません・・でもこれ今でも動きます。

 隣で動いている映像をながしているテレビがあるのでみてみてくださいね。)

Image4_6

【パビリオンの間「からくり時計:クジャク」】

男の子はもう夢中notes中世の甲冑コレクションがあったり

Image4_7

天窓が差し込む部屋があったり

Image2_5

2時間半程のツアーでしたが、

・・・・・気力・体力・集中力

かなりもってかれましたdashdash

もう美術はおなかいっぱいですdespair

さてエルミタージュ美術館には旅行者が気をつけなければならない注意事項があります。

1 リュックサックの持ち込み禁止

  (大きなかばんもだめ A4サイズくらいまでならOK)

2 ペットボトル飲料の持込禁止

飲み物持込禁止ってbearingsweat01

これにはいろいろとわけありなんですよ。

昔、レンブラント作の『ダナエ』に硫酸をかる事件がおこり

それ以来持ち込み物に関して厳しくチェックが入るようになったのです。

絵の損傷はかなり激しく、完全には修復できなかったそうです。

Image3_4

【レンブラント作 ダナエ】

この二つは気をつけましょう。

夏場は問題ないですが、コートを着る時期になると

コートはクロークへ預けなくてはなりませんのでご注意くださいねsign01

そしてチケット代は

大人 700ルーブル

(最新情報はこちらで確認!→エルミタージュ美術館HPよりhttp://www.hermitagemuseum.org/wps/portal/hermitage/tickets

個人旅行で行かれる方は事前にチケットは予約していきましょうsign01

夏場は特に1、2時間購入の為に並ぶことは当たり前です。

混雑覚悟ならば

毎月第1木曜の無料入館日にトライしてみるのもありですねflair

▼▽▼ロシアハイライト8日間詳細はこちら▼▽▼

↑↑選択制でエルミタージュ別館へも入場できるコースです!!↑↑

こんにちわ

添乗員デスクの森です。

夏真っ盛りでとにかく暑いですねwobbly

暑いのが苦手な私には非常につらい時期がやってきました・・・

いま話しているロシアも夏場には30度近くまであがることもありますが、

それは日中の時間だけで比較的朝・晩は20度以下になる為

寝苦しい夜なんてことはあまりありませんshine

日中暑くても空気が乾燥しているため

日差しを避けて木陰に入ればなんとも涼しいものですcatface

爽やかサンシャインsunsun

Image1_6

皆様くれぐれもご体調にご注意下さいねsign01

さて今回はサンクトぺテルブルグの見所の一つ

『血の上の救世主教会』をご紹介motorsports

Image3_1

カラフルな玉ねぎ型の屋根が目印の教会。

なんとも血なまぐさい名前ですが

公式名は「ハリストス復活教会」といいます。

『血の上の~』の通称の理由は

暗殺された皇帝の慰霊の為立てられたからです。

1881年 この時の皇帝アレクサンドル2世が

運河を場所で渡っていたところ、

手榴弾によっての襲撃をうけました。

この時は馬車だけの被害でしたが、

馬車をおりたところで再度爆破に合い

それが元で皇帝はなくなりました。

この暗殺事件があった場所に教会はたてられました。

名前のとおり血の上に立てられた教会といえますね。

暗い経緯のある教会ですが、

中は青いモザイクで飾られているとっても美しい内装をしていますshineshine

Image1_7

柱にも全てモザイク画が施され

天井を見上げばキリスト様と目が合います・・

upwardleftの写真の上方は大人のキリスト様 ひげあり

downwardleftの写真の真ん中は子供のキリスト様です。 ひげなし

ちなみに公式名称にあるハリストスとはキリストのことですflair

Image2_3

この教会は現在公的な礼拝は行われておらず、

モザイク博物館として開かれています。

その為入場料がかかります!

1人250ルーブルですmoneybag

この金額は払う価値ありですdashdash

壁は一面絵を書いたのではなくモザイクで作られています。

ちなみに下の写真の真ん中のイコンもモザイクです。

私には絵にしかみえません・・・

Image1_10

イコノスタシスの扉にはきらびやかな装飾が施されていました。

でもその扉よりも目に飛び込んでくるのは

天井のモザイク素晴らしさeyeshine

中央のキリスト様の神々しいこと・・・sign03

Image4_3

短いツアーの場合教会内部は見れないこともありますが、

せっかくであれば見れるコースを選んでみてはいかがでしょうかsign02

内部をぐるっとみると30分くらいほしいところですね。

では次回はかの有名な美術館に潜入いたしますhappy02

お楽しみあれ・・

▼▽▼ロシアハイライト8日間詳細はこちら▼▽▼

↑↑血の上の教会内部見学できます!↑↑

皆様、今日happy01 添乗員デスク森ですclover

今日からはサンクトペテルブルクの見どころを紹介していきますnote

1914年までロシアの首都であったこの街は

ロマノフ王朝の栄華の詰まった大都市です。

もともとはただの沼地であった場所でしたが、

ピョートル1世がヨーロッパに負けない都市にする為に

一大工事を行いました。

18世紀に早っていたバロック様式など建物様式を多く取り入れたため

ヨーロッパようなの町並みになっています。

Image1_2

有名な観光場所はたくさんありますが、

どこをみても

なにをみても

でかいsign03

写真に写りきらなくて困っちゃいますwobbly

そんなサンクトぺテルブルクの建物の中でもとりわけ大きかった

聖イサク大聖堂event

02_2

ここの見所は豪華絢爛なイコノスタシスですdown

Image4_2

ロシアではキリスト教の宗派の中でも『正教会』が主流です。

正教会では偶像崇拝を禁止しているため

カトリックの教会でよくみられる"聖像"がありません。

(仏教でいう仏像ですね)

その代わりに聖者や聖書の場面を描いたイコンが飾られています。

イコノスタシスは祭壇部と一般信者席を分けている壁で

3つの扉と複数のイコンで飾られています。

聖イサク大聖堂のイコノスタシスはとりわけ豪華で

緑の柱は孔雀石でできており、

金の縁取りともあいまって目に鮮やかですshine

金色のドームから光を取り込めるつくりになっているので

外が晴れていると写真みたいに光が差し込できますheart04

なんとまあ神々しいshineshine

Image1_3

聖イサク大聖堂は入場するのに料金がかかります。

多種類あるようですが基本の入場料は250ルーブルですmoneybag

中も素敵ですが時間と体力に余裕があれば

是非ドームの方に登ってみるのもお勧めですsign01

約200段くらいの螺旋階段をのぼると

サンクトペテルブルクを一望できますよeye

内部への入場料とは別に150ルーブルかかります。

内部の観光が終わったら一度外へでて

別の入り口から階段へ入りなおします。

0202

階段はこんなかんじ。

親切なのか(??)登った数がかかれてます(笑

Image2_1

晴れた日には気持ちい景色が一面に広がりますsun

downwardrightはネヴァ川向きからとった景色

Image1_4_3

downwardright右手にあるて行くとエルミタージュ美術館が見える景色

Image2_2_3

downwardright川側と真逆は町の風景(冒頭の写真ですよ=)

Image1_2_2

登って降りてくるまで約20分くらいでしたrun 

結構体力削られます・・・sweat02

夏季期間は夜遅くまで登れるのですが、

料金が高くなります

夜間展望台は300ルーブル(2倍。。。)

ライトアップもきっと綺麗でしょうね~

でも私が訪れたこの時期はもうすく白夜だった為

11時くらいまで明るい・・・

ライトアップは深夜まで待たないと見れませんのでお気をつけ下さいcoldsweats01

さてさて今回はこの辺で、小出しにいろいろ紹介していきますねflair

それではまた次回paper

▼▽▼ロシアハイライト8日間詳細はこちら▼▽▼

2017.10
loading...
WORLD情報局