アッサラームアライクム!impresso添乗員のR.Yです。

この度、モロッコ夢紀行9日間のツアーに5名のお客様とご一緒しました。

集合写真をいっぱい撮ってきましたので、そちらを見ながら、モロッコの魅力をお伝えできればと思います🎵

20151009_210228

20151009_210438

シャウエンのメディナ

スペインのアンダルシアような青と白の町並みが広がっているシャウエン。

ここはモロッコが独立するまでスペイン領でした。

どこを切り取っても絵になります!!!

20151010_014447

20151009_210813


フェズのメディナ

世界最大級の迷宮都市と言われるフェズのメディナ。

ローカルガイドさんがいないと、迷ってしまいます(苦笑)

非ムスリムでも入ることが出来るアッタリーン神学校。

日本でいう寺子屋のような所で、英才教育が行われた所です。

イスラム建築の素晴らしい漆喰やタイルが見所です!

2枚目はサボテンシルク🌵のお店で、民族衣装を着て撮ったものです。

購入しなくても、着るのはタダ🆓です。

旅の記念に、恥ずかしがらずに着てみましょう♪

20151009_211057

20151009_211515


サハラ砂漠

全員でラクダ🐫(※実費4000円)に乗って、サハラ砂漠で朝日鑑賞に行って来ました。

日の出前に、ラクダ引きのお兄さんたちも交えて集合写真!

日の出後は、太陽を持ち上げてる感じで集合写真を撮りました。

20151009_212935


ティネリールのオアシス

土壁の赤茶色とナツメヤシの緑色のコントラストが美しいオアシスです。

風がとても強かった(。>д<)

20151009_212354

アイト・ベン・ハッドゥ

数多くの映画の舞台になったアイト・ベン・ハッドゥ。

グラディエーターの映画のセットがあった所(今はありません)でパチリ!

背景はクサールです。
一番上には穀物倉庫があります。


cameraimpactシャウエン

20151010_045634

cameraimpactフェズ

20151010_101403

cameraimpactサハラ砂漠

20151010_044306

cameraimpactあぶり絵   アイト・ベン・ハッドゥの名物です。

20151010_050002

cameraimpactマラケシュ

20151010_044845

こちらのツアーでは、モロッコにある8つの世界遺産の内、4つ(ラバト、フェズ、アイト・ベン・ハッドゥ、マラケシュ)に訪れます。

※10日間は+エッサウィラで5つ

9日間で効率良くモロッコを周遊し、満喫できるツアーとなっております。

モロッコのお土産は、バブーシュ、サボテンシルクのタッセル、ローズウォーター、アルガンオイル、陶器、ブロンズなど、女の子が喜びそうな物がいっぱいです♪

是非、モロッコにお越しくださいませ!!


安心の添乗員同行の旅 インプレッソで行く
モロッコ夢紀行9日間 ・・・・・ 詳細はこちら



こんにちは!!インプレッソ添乗員の やまがた ですheart01。この度、『南部アフリカハイライト』のツアーに行ってまいりました。南部アフリカハイライトは8日間で4か国の国に行きます。

 まずは、南アフリカ。ケープタウンとケープ半島の観光です。ケープタウンにあるテーブルマウンテンにケーブルカーで上ります最近、投票で選ぶ「新・世界の自然七不思議に」に選ばれたそうです。

Photo

Photo_2

そして、ここでかわいい動物がお昼寝してました。

Photo_3

ハイラックス(いわねずみ)です。こんななりですが、象の親類です。ねずみではありません。sun天気が良かったので気持ちよさそうです。
 
夜はシグナルヒルからケープタウンの夜景を観賞。

Photo_4

ガイドさんが「香港が100万ドルならケープタウンは1000万ドルです。」
とのこと。
 
翌日はケープ半島の観光です。
 
まずはドイガー島へ。

Photo_5

Photo_6

野生のオットセイがたくさんいます。そして、ボルダーズビーチ

Photo_7

Photo_8

アフリカペンギンが生息しています。とても近くで見ることができます。
 
メインは喜望峰です。アフリカ大陸最西南端です。(最南端は別にあります)

Photo_9

Photo_10

『CAPE OF GOOD HOPE(喜望峰)』の看板前でcameraimpact記念写真も撮れます。

 
そして、ケープポイントです。

Photo_11

翌日からは南アフリカを後にして、ザンビアとジンバブエへ。空港はリビングストーン(ザンビア側)に到着。ホテルはジンバブエにあります。

Photo_12

Photo_13

Photo_14

Photo_15

 ホテルの部屋のベッドには蚊帳が。ホテルの庭にはベルベットモンキーイボイノシシインパラシカ)がよくやってきます。 ザンベジ川のサンセットクルーズ。

Photo_16

Photo_17

Photo_18

クルーズ船から象、キリンが見えました。動物が普通にでてくることに感動!!
 
そして、サンセットもとても奇麗でした。
 
翌日はジンバブエから車で1時間、ボツワナのチョベ国立公園へ。
午前は4WDでサファリドライブ、午後からは船でサファリクルーズ。

Photo_19

Photo_21

Photo_22

Photo_23

Photo_24

キリンシマウマ

Photo_25

Photo_26

カバインパラ

他にも写真はありませんが、ワニ、ジャッカル、ウォーターバック、クドウ、セーブルアンテロープなど。鳥もたくさんいました。今回、見えたのできれいだったのは「ライラックニシブッポウソウ」。
 
 サファリを楽しんだ翌日はいよいよヴィクトリアフォールズupです。今は乾季なので水が少ないということでまずはザンビア側から。

Photo_27

 
入口にバブーン(ヒヒ)の集団がいました。この写真は親子連れです。
 
そして、滝はというと。

Photo_28

Photo_30

ザンビア側はほとんど水がありません。でも、虹が奇麗に見えました。ジンバブエ側は。

Photo_31

Photo_32

メインフォールはしっかりと水があります。水けむりもあがってます。 

Photo_33


デビルズフォールも水はありました。逆に浮きよりも見ているこちら側があまり濡れないのでいいかもしれません。春になった南部アフリカは最高に気持ちいい時期です。


安心の添乗員同行の旅 インプレッソで行く  
南部アフリカハイライト8日間・・・詳細はこちら



☆☆お知らせ☆☆
10/9(金)13:00~18:30 HIS渋谷本店にて臨時の【添乗員相談デスク】を開設します。ベテラン添乗員が皆様のご旅行の相談をお受け致します。実際に現地に行ったことのある添乗員だからこそご案内出来るアドバイスがあると思います。是非、お気軽にお越し頂き、添乗員へお声掛け頂ければと思います。
HIS渋谷本店行き方は・・・こちら 



 

こんにちはimpressoの添乗員チャウチャウ犬です。
バウバウ!!今回は・・・今話題の『マダガスカル』でたくさんの動物たちと触れ合って来ました。

ここマダガスカルでは主に3種類のバオバブの木を見ることができます。バオバブの並木道では主に背の高いグランディディエリ種

Image1_1_2

Image1_1

バオバブの木は光合成で成育するため水分を嫌います。木の中身は空洞で年輪がないため正確に樹齢を知るのはとても難しいですが、何百年も経っているバオバブの木々が私たちをやさしく見守ってくれます。周囲は水田だらけ・・マダガスカルの人々は日本より3倍もお米を食べるそうですヨ。以外ですね~。水田かバオバブか・・・。水田はマダガスカルでは必要不可欠の産業ですが、水田を増やすとバオバブは水を嫌うので廃化していきます。バオバブは実をつけます。その実はビタミンCやカルシウムを多く含み高額で取引されます。難しい課題ですが、失われゆく自然がたたずんでいるように感じました。あと50年でこのバオバブの木々は消えゆくのかもしれない・・と考えると何だか切なくなります。

サンセットの後に星空が輝きだします。星の王子様の歌『頭の真上に星がある♪』自然に口ずさんでしまう・・そんな澄んだ気持ちになりました。

Image1

Image5

バオバブの周りに花が咲いています。5月に見られる布袋葵(ほていあおい)の花です。
鴨の家族が嬉しそうに水浴びしているのと~てもどかな風景です。

Image4

これはマダガスカルの朝靄の風景です。昨夜の綺麗夕日と比べると・・朝日は拝めませんでしたが、現地の人々の生活ぶりを垣間見ることが出来ました。

Image8

火を炊き暖をとり朝食の用意をする人々。マダガスカルではゼブ牛というコブ付きの牛を目にします。このコブ付き牛はよく食事でも出てきます(^^)

Image5_2

倒木は2月の大型サイクロンで倒れてしまったバオバブの木です。

Image1_2

愛し合うバオバブはフニイ種ですが、サイクロンで道が閉鎖されてこの日は見に行くことができませんでしたが、替わりに!売店で農民達が手作りで作った愛し合うねじれたバオバブを買うことができます。写真にあるのは、シタンの木で作られたバオバブです。シタンは英語ですとrosewoodで紫檀。堅く丈夫な木で、森ですとインドリが好む木です。他の都市で買うとシタンでなく松の木などで作られてますが、ここで手に入れば幸運です!

Image7_1


ザー種という背が低く黒く珍しいバオバブです。並木道のずっと奥に生息していました。

Image9

バオバブ並木道では景色も感銘を受けますがそこで生活してる子供達、家族の姿も必見です!

Image6_2

ここはベタニア漁村。海に近いところに住むヴェズ族です素敵な私たちのバオバブカフェのホテルからそのまま木舟に手漕ぎボートに乗って20分ほど揺られていきます。あまりにものんびりした時間に心が安らぎ「無になれます・・・」。

Image1_3

昔から残る船に洗濯物がかかる風景・・・

Image8_3

漁師達が捕獲するために船で出て行くオトコ達・・ステキ

Image2_2

ベタニア漁村到着時には、小学校がお休みの日でたくさんの子供達が珍しそうにお迎えにきてくれました!どこの国へ行っても子供の笑顔はス・バ・ラ・シ・イ!!

Image6_3

踊ってくれたりポーズをとってくれたり歌を歌ったりとても楽しい触れ合いの時間でした!!

Image9_1

写真のきれいなプール付きのランチレストランは長い移動の間に泊まるレストランです。
次期コースで泊まることになるホテルだと思います。庭の木にカメレオンがいたり小さいイグアナが出てきたりするかもしれないです。

Image2_3

豪華な温泉ホテルの写真は、アンダシベの温泉ホテルです。モロッコ国王モハメド五世が亡命時に滞在していました。

Image5_3

街ではバニラを束で売りにきます。とてもいい香りがします。思わず・・買ってしまいました。
おかし作りが好きな方にはいいお土産です。

Image4_2

ミニチュアの写真は・・・いろいろな器具を合わせて作る驚くべき作品群。マダガスカルではこのような職人技をお土産として披露してくれるチャンスもあります。

Image7_2

スタンプ(ハンコ作り)職人さんもいます。タイヤの一部を使ってゴム板を作成します。一生懸命な姿に心打たれます。

Image10

女性は刺繍が得意です。マダガスカルの動物の刺繍のテーブルクロスやテーブルマットなど可愛らしいものばかりです。

Image8
レミュールアイランドでは・・・4種のキツネザルに遭遇します。

黒白エリマキキツネザル木から逆さまになって食べ物を取る姿は思わず器用で笑ってしまいます。

Image2_1

Image1

茶色キツネザル。このサルだけは頭の上、背中、肩の上をピョンピョン飛んで移動します。
目は鋭いですが、かわいい!最初は乗られて叫んでいましたが、だんだん慣れてきて三匹同時に乗られても可愛くて仕方なくなります。野生でも人間に慣れています。多分、悪い人間に会っていないんですね・・。長袖の洋服がいいかもしれませんね(^^)

Image7_1

Image6_3

Image5_1

灰色バンブーキツネザル。これカワイイです。いやいや・・これカワイイ!!小さくて癒されます。よ~く見てると誰かに似てくる・・?

Image8_1

Image11

なかなか近づいてこないカンムリシファカ。特技は横っ飛びです。その姿がかわいいです。

Image14
ペリネ特別保護区。必ず遭遇するとは限りませんが現地の森林ガイドが探し当ててくれたのです。野生のカンムリシファカ。二匹でじゃれあっています。

Image1_2

Image2_2

インドリはなかなか写真撮影は難しいですが・・・素晴らしいインドリコーラス*1を聞かせてくれました。黒白はインドリ。鳥ではありません^ ^マダガスカルにしかいない絶滅の危機瀕する貴重な動物、猿なんです。地上に降りてこないので遭遇するのは難しく二年で1匹しか子供を生みません。最後にインドリが移動する瞬間も写っています!
*1インドリコーラス・・愛の掛け声、危険の警告サインなど色々ありますが、これは「縄張りのサイン」家族単位で自分の縄張りを知らせてます。森に響き渡る声、素晴らしい瞬間に出くわしました!

Image3_2

余談ですが・・・旅人の木。マダガスカル語で「ラビナラ」の木。マダガスカル航空の翼のシンボルにも使われています。

Image9_2

アンタナナリボ市内を高台から

Image7_3

メリナ王宮跡

Image6_4

アンブヒマンガの丘の王領地。世界遺産です。15-16世紀に島を統一したメリナ族の聖都。青く美しい丘を意味します。

Image10_2

Image2_1_2

カメレオンパークに生育していたコーヒー木の実です。マダガスカルコーヒー美味しいです。
スーパーマーケットで購入できます。

Image11_2

バオバブ石鹸。スーパーマーケットで見つけました。お土産にどうぞ!!

Image12


今回のブログでマダガスカルを感じて頂くが出来ましたか?でも本当の魅力は実際に行って見ないと分かりません。バオバブを見て動物達と戯れれば・・コンクリートジャングルで疲れ果てたあなたの心もきっと癒される筈です。

そんなマダガスカルに行きたくなったら・・・

安心の添乗員同行の旅 エイチアイエスimpressoで行くマダガスカルは以下のコース

flairインド洋に浮かぶ神秘の島 マダガスカル 8日間・・・詳細はこちらflair

2017.08
loading...
WORLD情報局