2017.10.06

ウェルカムサインの献花は既にご紹介しましたが、昨日(10/5)夕方に新たな動きがでましたので、そちらをご紹介します。

Gptempdownload_5_2

看板の直ぐ後ろにあるヤシの木に結ばれた、VEGAS STRONGのバナーが貼られました。
最初は、スローガンだけだったのが、あっという間にメッセージで埋め尽くされています。

Gptempdownload_4_3 

そして、圧巻なのは、こちら!

ズラッと58個並んだ、白い十字架、です。

Img_0757_2

これは、シカゴ近郊に住む、元大工の男性、グレッグ・ザニスさんが作ったもの。
元々は、約20年前に、グレッグさんの義父が殺された際の慰霊碑として作ったのが始まりだったそうです。が、悲しいことに、アメリカの悲劇は続きます。。コロンバイン高校、サンディフック、オーランドのナイトクラブ襲撃事件でも、犠牲者のための十字架を作り、現地に届けてきたそうです。

Img_0746

グレッグさんが、ラスベガスの事件を知ったのは、月曜日の事だった、と言います。
直ぐに材料を揃え、悲しい気持ちでラスベガスまでやってきたのだとか。。。

何しろ58個もある十字架。。。1人でラスベガスサインまで持ってくる事もできませんから、ラスベガス警察が協力を申し出て、共に運んだのだそう。

Img_0752_2

一人一人の名前を、手書きで書き込んでいきます。

こんなに沢山の名前を書かなければならないなんて、やるせなさを感じているはず。。。

Img_0753_2

 この十字架は、40日間ほどココに飾られ、その後、犠牲者の家族に送られるのだそうです。

Img_0758_2

改めて、今回犠牲になった方々のご冥福をお祈りいたします。

もう二度と、こんな悲劇が起きませんように。。。

H.I.S.ラスベガス支店

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    H.I.S. ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2017.10
    loading...
    WORLD情報局