ラスベガスのシンボルマークとなっている Welcome to Fabulous Las Vegasの看板をご存知でしょうか?

通称「ラスベガスサイン」と呼ばれており、ラスベガスのシンボルと言っても過言ではない程、今やラスベガスには無くてはなくてはならない存在になっています。

P1080788 さて、このラスベガスサインは、写真上の左の方に写っているマンダレイ・ベイホテルからは、南に約1.3km、徒歩では約15~20分離れたところにあり、近くには、ハーレーダビットソンのお店があります。誰もが目につく比較的分かり易い場所にありますので、初めての方でも直ぐに分かるかと思います。

shine      shine     shine     shine     shine     shine 

 このラスベガスサインは、1950年台初頭に、地元の営業マンTed Rogichさんのアイディアから始まったと言われています。その当時、Tedさんの構想から、Western Neon Companyで働くデザイナーBetty Willisさんによってデザインされ、1959年このラスベガスサインが完成しました。Copy_of_3

 実際に近くへ行ってこのラスベガスサインを見てみると、色々な文字や形が含まれています。星マークの下にあるW・E・L・C・O・M・Eの文字は、丸い形をした円盤がデザインされており、これは、シルバードル(コイン)をモチーフにしているそうです。ラスベガスのあるネバダ州は、通称「Silve State」と呼ばれる程、銀の採掘が盛んに行われていますので、Bettyさんは、それをかけてこの看板をデザインしたのでしょうか。

総工費用は、その当時のお金で$4000程。高さは、7メートル60センチ。

Dsc00076_2

 そして、この看板に携わったのが、「Young Electric Sign Compan」。

ラスベガスでは、多くの有名な看板を手掛ける会社です。コスモポリタンホテルのストリップ通りに面した出入り口の看板や、シーザーズパレスの電光看板、LINQホテルの電光看板もこちらの会社によるものです!

 又、今はなきスターダストホテル、サハラホテル、リビエラホテルや今でも現役のゴールデンナゲット、サーカスサーカスホテル、リオホテル、ハードロックカフェ、バリーズホテルの看板も、全てこちらの会社によって作られて設置されています。

フリーモントの電光ショーに使われているこの大きなアーケードも、この会社によって設置されてたそうです。。。とにかく、ラスベガスにはこの看板会社はなくては、語れない存在なのです。P1020558

 ラスベガスサインの著作権ですが、デザイナーのBettyさんがラスベガスの発展の為にと、あえて著作権を持たずに、誰もが自由にこの看板を使うことができるようになっています!

 その為、ラスベガスのお土産は元より、バスのチケット、NASCARで使われるレースカーの車体、記念コイン製造機等のありとあらゆるものに、このスベガスサインの看板が使われています!

ラスベガスのバスチケット。bus

Cimg2431

NASCARの車体にも!car

Img_0013

M&Mのチョコレート達と一緒に!good

Img_0319

コインを作る機械にも、ラスベガスサイン!

P1110944

P1110945

 2008年には、 ラスベガスサインの前に駐車スペースが完成しましたので、早朝から深夜まで観光客の皆さんでにぎわっています。

 また、2009年には、国家歴史登録財(National Register of Historic Places)に登録されてからは、観光客が大幅に増加したそうです。その為、平日・休日に限らず、ラスベガスサインではいつも長蛇の列になっています。

rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar rvcar 

 この看板の裏には、ラスベガスからロサンゼルス方面へ帰路につく方の為に、「DRIVE CAREFULLY Come back soon」(運転に気を付けてね、又帰ってきてね!)と書かれていますので、ラスベガスサインへ行った時には、後ろからも見てあげて下さいね。

P1080794

 最後になりますが、このラスベガスサインは、市内を走るRTCバスが近くに停車しますが、バスでも少し行きにくいところにあります。その為、オプショナルツアーにご参加されて、ラスベガスサインへ立ち寄られることをお勧めします。

bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus bus

 H.I.S.ラスベガス支店では、こちらへ立ち寄る夜のナイトツアーを毎日(一部不催行日除く)催行しております。

ラスベガス在住数十年のベテランガイドがご案内しますので、ラスベガスサインでの写真の撮り方、ラスベガスの裏事情、ガイドブックやウェブに載ってないような小話もた~くさんありますので、ラスベガスにお越しの際には、ぜひツアーに参加してみては如何でしょうか。

来週、8月23日(水)は、1名様でのご参加も可能ですので、ご希望の方は、以下よりお申込み下さい。

ラスベガス・ナイトツアー

ラスベガスには、歴史やお楽しみがいっぱいです!

1

旅の参考までに!

HN-CHAN

(*注:こちらの映画は日本での公開が2016年10月7日(金)予定の為、内容にはネタバレが含まれている可能性がございます。)


マット・デイモン主演、第5作目の「ボーン」シリーズとなる人気映画『ジェイソン・ボーン』の
クライマックスは、なんとここshineが舞台です!

Jason_bourne                                                                                                         amazon.com

今年1月に映画の撮影が行われたラスベガスの数々のロケ地をご紹介しますmovie

①ヘンダーソン・エグゼクティブ空港
CIAの長官デゥーイ(トミー・リー・ジョーンズ)がプライベート機で降り立った空港

Img_1421

Img_1443

②マッキャラン国際空港

ジェイソン(マット・デイモン)が、ロンドンからアメリカに入国する際に利用した空港

Pict0040

③高速15号線
デゥーイがヘンダーソン・エグゼクティブ空港からラスベガス市内に向かう際に通った高速道路

Img_1442

④グレイハウンドバス停留所

暗殺者アセット(ヴィンセント・カッセル)が、犯罪道具を受け取る為に利用したコインロッカーのある場所

Img_1446_2

8_5

今回の主な撮影はセレブなアリアホテルで行われました。

40449hiexterior

⑤フロントデスク
CIAエージェントのリー(アリシア・ビカンダ―)がチェックインしたフロントデスク

Img_1454_2

⑥客室エレベーター前、ペイストリーショップ『ジーン・フィリップ』横
ジェイソンがアリアホテルに到着し、待ち合わせをしていたリーとすれ違う場所

Img_1456_2

⑦スカイスイートエレベーター
ジェイソンが、デゥーイの右腕CIAのジェファーズ(エイト・エッセンダ―)の攻撃をかわし、デゥーイのいるスイートルームに向かう途中に駆け込んだエレベーター

1
⑧アリアホテル前
SWATに乗り込み逃走したアセットをジェイソンが追いかける場所

2
⑨ラスベガス大通り
壮大なカーチェイスが行われた場所
(今年1月にラスベガス大通りを通行止めにして撮影されました)

Img_1463
⑩ベラッジオホテル前
アセットがSWATで突進して、停車していた車を次々跳ね飛ばしていくところ

Img_1476

⑪バリーズホテル 北口
並行して走っていたSWATに、ジェイソンが柵を突き破り、上から激突する場所

Img_1473

⑫リビエラホテル
実はリビエラホテルは2015年5月に閉鎖。この映画で、SWAT車がカジノの中まで突っ込むという演出に一役買った後、2016年6月に爆破解体されました。映画ではバリーズホテルの隣に位置しておりますが、実際はなんと3キロも離れた場所に位置しています。

Img_1532

⑬バレー病院
負傷したDEEP DREAMの創立者・CEOであるカラー(リズ・アーメッド)が退院する病院

Fullsizerender_16

おまけ
今回ご紹介したラスベガスロケ地地図

6

映画とラスベガスの両方をお楽しみいただけること間違いなしの最新作映画『ジェイソン・ボーン』。
是非、劇場で!

=================================

NN

24時間オンライン予約可能!
アメリカ、カナダ、メキシコ主要都市お得なオプショナルツアー情報はコチラから

 
24時間オンライン予約可能!
現地初の周遊ツアーやホテルパックプラン等お得なランドパッケージツアー情報はコチラから

 
基本情報、気候、レストラン等の詳細はコチラから

 

先日、アンタッチャブル(The Untouchable)という 映画をみました。

Picture 

アメリカ禁酒法の時代、実在したアメリカ財務相捜査官チーム「アンタッチャブル」がマフィアの伝説的な人物、 アルカポーネを逮捕するまでの奮闘描いた作品です。
 
1987年制作され、主役ケビン・コスナーが若い!カッコ良い!heart02
 
でも、何と言っても、アル・カポーネを演じたロバート・デ・ニーロ様は圧巻の演技です。
大物感が凄いです。
 
勿論、映画の内容も凄く良かったです。
 
1930年、シカゴを牛耳っていたのがマフィアの大物アル・カポーネ。
賄賂で街は腐敗しきっており、警察、政治家、裁判所を買収し、 シカゴは無法地帯。
 
この様子が映画でよく描かれていたため、アンタッチャブルの任務が危険極まりない困難な任務で、 彼らがいかに勇敢で正義感が強い人物だったかと、すごく印象付けられました。。
 

2_3 
音楽担当は、エンニオ・モリコーネ。

彼の作曲する映画音楽はいつも素晴らしいですね。
この作品で担当した音楽はグラミーショーも受賞しているんです。
やっぱ、映画っていいですね~。
久々に日本語字幕付きだったのもありますが、感動しました。
 
さて、ラスベガスには、マフィア ミュージアムがあるんです。
マフィア歴史に関する資料や遺品の展示あり、とっても興味深いですよ。  

1_3 
お土産屋さんでマフィア関連の本やDVDなども購入できます。

マフィア=イタリア人というのは、ステレオタイプのようで、 イタリア料理本やパスタセットなども販売してました。
HISツアーではオプショナルツアーもご用意しています。
ラスベガスを作り上げたマフィアの歴史、それにまつわるラスベガスの知られざる情報など、日本語ガイド付でお楽しみいただける、イチオシツアーですよ♪
 
BY:MK

H.I.S. ラスベガス支店

いいね!ラスベガス
2017.12
loading...
WORLD情報局