Officemove2_2 オフィス移転について詳しくはこちらから

01_3

ブログをアップするのが遅れてしまいましたが、、
7月にMayfield Lavender(メイフィールド)
へ行ってきました。
入場は1人1ポンド(2017年現在)

12_3一面に広がる紫色と青空、入道雲の組合せはまさにヨーロッパの夏を感じさせる美しい風景でした!

02かなり朝早くにいったのですが、チラホラ人がいて昼過ぎには中国人ツアー客が到着したことでごった返したので、もし行く場合&写真をたくさんとりたい場合は10時前に行くことをオススメします!

03そして天気が悪いとせっかくの紫がくすんだ色に見えて残念なので、天気が良い日にいくことをオススメ致します!

06私が行った時は到着時は曇ってたもののだんだん晴れてきて、曇りの時と比べ物にならないくらいラベンダーの色があざやかに見えビックリしました。

07朝は雨が降っていたのでラベンダーに水滴がのこってキラキラしててキレイだったのですが、カタツムリが至る所にウロウロしていました。
カタツムリが平気な人にとっては大したことないですが、私は恐ろしくてずっと緊張状態でした。

09
05_27月下旬に行ったのですが、ラベンダーの咲き終わりの時期で匂いはほのかにする程度でした。
ラベンダーは八分咲きあたりが一番匂いが強いらしく、時期が違えば場にいるだけでラベンダーの香りが服につくほどだそうです!

08トラクターがうろうろしていたので収穫するのかとおもいきや、こちらは入り口近くから人をのせて発車しラベンダー畑をゆっくり一周するアトラクションだそうです。

11

1314本当に絵画のような世界です!
チェルシーフラワーショーでも思いましたが、普段デジタルや人工物のなかに囲まれて生活していて無意識に疲れが溜まっているので意識的に植物や自然をみる時間は大事だと思いました。

15

17フォトジェニックな場所なのでたくさんの人たちが撮影していました。

04_05

04_2そしてたくさんの人が列を成すほど人気なのがテレフォンボックス!
ラベンダーのなかに突如として現れるのでちょっとビックリしますが、色の組合せがなんともオシャレでかわいい写真が撮れます!

16ラベンダーを飛び越えるな!という看板もカワイイ。
基本的にすべてのものが紫色で統一されているのでとてもオシャレです!

25写真コンテストも行われております!優勝者は200ポンドもらえるそうですよ~。

1822フィールドの近くにはカフェとラベンダーを使ったグッズが売っているショップが併設されています。

1920メニューはふんだんにラベンダーが使われております!
この日は肌寒かったので飲みませんでしたがラベンダーのサイダー美味しそうだな~。

21

23クリームティーのスコーンにはラベンダーが入っており、クロテッドクリームのリッチな味とジャムの甘さにほんのりラベンダー味がアクセントになってとても美味しかったです!
ジャムは王室御用達Wilkin & Sonsのストリベリーでした!

24
ラベンダーの風景も、ラベンダーアールグレイ&スコーンのクリームティーも大満足でした!
来年は7月上旬の見頃のときに来たいです!


■Mayfield Lavender
1 Carshalton Rd, Banstead SM7 3JA


ミオ




イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪
 

バーバリアン・ビアハウス" 
詳しくはこちらから 



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ 
詳しくはこちらから 

Yamato 
詳しくはこちら 

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

Img_2504

Parliament Hill Farmers Marketに行ってきました。

Img_2505

ここで毎週土曜日やっているそうです。

Img_2507

運動不足だったので、
行きは 15分くらいかけて タフネルパーク駅から↓ こんなルート

帰りは 20分くらいかけて アーチウェイ駅まで 歩きました。

イチゴシーズンということでいくつかイチゴネタのテントが出ていました。

Img_2537

Img_2538

Img_2510_2

私は、昼前に着いたのでランチを済ませてしまおうとThe Parsons Noseというお店で「2ハンドメイドソーセージ ベイクドロール」£4.00を頼みました。オニオン入れる?と言われたので、お願いしました。

Img_2512

Img_2514

Img_2516

サイドにチーズとマスタードと甘辛ソースやケチャップ、マヨネーズなんかもあったので、全部入れてみました。

Img_2517

美味しかったです。

Img_2534

Img_2535

Img_2518

Img_2519

Img_2520

Img_2521

Img_2529

Img_2536

Img_2540

ひとりだったので、少し寂しかったですが、人形劇とかやっていて家族連れも楽しんでいました。


ODA



Japan_matsuri



イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪


バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

Img_6706

「カルトレストラン」の異名をもつワンケイはチャイナタウンにあるレストランです。
世界一接客が最悪とも言われますが、安い値段で美味しい中華が頂けると事でローカル・観光客問わず人気!
過去のワンケイに関する記事はこちらをご覧下さい。

Img_6708

今回は地下に通されました。奥には滝(?)が流れる謎の空間、4000年の歴史!

Img_6709

テーブルコーディネーターが見たら悲鳴をあげてそのまま病院に運ばれそうな具合の配置具合です、4000年の歴史!

Img_6711

店員さんが着ているTシャツやメニューの表紙の「Up stairs, Down sraires」はワンケイの席案内の時に「上へいけ!(Up stairs!)」「下へいけ!(Down sraires!)」ということからとられています。

Img_6712

この時、イタリアンレストランで夕食⇒パブで飲みまくる⇒夜遅くにワンケイ、というコースですでに酔っ払っていたので…

Img_6715

とりあえずワインをまず頼みました。

Img_6713

今回テーブルの面倒をみてくれた店員さん、「わたしお寿司好きよ~」などわりと話してくれて「世界一最悪の接客」どころか気持ちよく注文をとってくれました。
ついに社内革命がおこったのか?

Img_6716

春巻き!

Img_6717

H.I.S.ロンドン支店社員が大好きな焼きそば!

Img_6718

いかの天ぷら!

Img_6719

野菜の一種!

Img_6725

いつもは料理名をブログのためにメモしたり写メするんですが、今回はアルコールがかなり回っておりまして、仕事とか社会理念とか秩序とかをすっかり忘れており、やはりお酒はほどほどにしなければいけないと、そういう感じでございますね。
美味しかったです。

Img_6704

チャイナタウンをプラついてるとロリータグループがいたので写真を撮らせてもらいました!
パステルメルヘンカラーが流行ってるので甘ロリが多いですね最近。

Img_6705

酔っぱらいにも嫌な顔せず写真を撮らせていただきありがたいです、これが国際相互理解というものですな、ラブアンドピース。


◆Wong Kei
41-43 Wardour St, London W1D 6PY


ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪


バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン

ロンドン支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

ハイライン

プラン名:「ウィンザー城 &コッツウォルズ」

AM 09:30 ウィンザー城
AM 11:30 移動(バス60分)
PM 12:30 ボートン・オン・ザ・ウォーター
PM 14:00 移動(バス60分)
PM 15:00 バーフォード
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ロンドンのおすすめプランを見てみる→

2017.09
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧