Officemove2_2 オフィス移転について詳しくはこちらから

01_3

ブログをアップするのが遅れてしまいましたが、、
7月にMayfield Lavender(メイフィールド)
へ行ってきました。
入場は1人1ポンド(2017年現在)

12_3一面に広がる紫色と青空、入道雲の組合せはまさにヨーロッパの夏を感じさせる美しい風景でした!

02かなり朝早くにいったのですが、チラホラ人がいて昼過ぎには中国人ツアー客が到着したことでごった返したので、もし行く場合&写真をたくさんとりたい場合は10時前に行くことをオススメします!

03そして天気が悪いとせっかくの紫がくすんだ色に見えて残念なので、天気が良い日にいくことをオススメ致します!

06私が行った時は到着時は曇ってたもののだんだん晴れてきて、曇りの時と比べ物にならないくらいラベンダーの色があざやかに見えビックリしました。

07朝は雨が降っていたのでラベンダーに水滴がのこってキラキラしててキレイだったのですが、カタツムリが至る所にウロウロしていました。
カタツムリが平気な人にとっては大したことないですが、私は恐ろしくてずっと緊張状態でした。

09
05_27月下旬に行ったのですが、ラベンダーの咲き終わりの時期で匂いはほのかにする程度でした。
ラベンダーは八分咲きあたりが一番匂いが強いらしく、時期が違えば場にいるだけでラベンダーの香りが服につくほどだそうです!

08トラクターがうろうろしていたので収穫するのかとおもいきや、こちらは入り口近くから人をのせて発車しラベンダー畑をゆっくり一周するアトラクションだそうです。

11

1314本当に絵画のような世界です!
チェルシーフラワーショーでも思いましたが、普段デジタルや人工物のなかに囲まれて生活していて無意識に疲れが溜まっているので意識的に植物や自然をみる時間は大事だと思いました。

15

17フォトジェニックな場所なのでたくさんの人たちが撮影していました。

04_05

04_2そしてたくさんの人が列を成すほど人気なのがテレフォンボックス!
ラベンダーのなかに突如として現れるのでちょっとビックリしますが、色の組合せがなんともオシャレでかわいい写真が撮れます!

16ラベンダーを飛び越えるな!という看板もカワイイ。
基本的にすべてのものが紫色で統一されているのでとてもオシャレです!

25写真コンテストも行われております!優勝者は200ポンドもらえるそうですよ~。

1822フィールドの近くにはカフェとラベンダーを使ったグッズが売っているショップが併設されています。

1920メニューはふんだんにラベンダーが使われております!
この日は肌寒かったので飲みませんでしたがラベンダーのサイダー美味しそうだな~。

21

23クリームティーのスコーンにはラベンダーが入っており、クロテッドクリームのリッチな味とジャムの甘さにほんのりラベンダー味がアクセントになってとても美味しかったです!
ジャムは王室御用達Wilkin & Sonsのストリベリーでした!

24
ラベンダーの風景も、ラベンダーアールグレイ&スコーンのクリームティーも大満足でした!
来年は7月上旬の見頃のときに来たいです!


■Mayfield Lavender
1 Carshalton Rd, Banstead SM7 3JA


ミオ




イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪
 

バーバリアン・ビアハウス" 
詳しくはこちらから 



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ 
詳しくはこちらから 

Yamato 
詳しくはこちら 

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

Officemove2オフィス移転について詳しくはこちらから



みなさーん、お久しぶりです ^^ 夏生まれあやぱんです!
イギリスでは祝日が本当に少ないのですが、その数少ない8月末の祝日は
信じられないぐらい晴れて、27度まで気温上がったのです♪
もう夏は終わった・・と思っていた矢先なので夏らしいことをしてきました!
 
バーバリアンビアハウス Tower Hill店でビール飲んできました~♪
暑い夏には、やっぱりビールでしょう~(普段ビール飲まないけど・・・)

Img_7623

​はい、もちろんいくら飲んべーでもこれをあやぱん一人では飲みませんよ 笑
お隣の机に運ぶ前に写真取らせてくれました、優しい定員さん。
 
今回は初めてランチに行ったので(しかも連休最終日)お店はそこまで混んでませんでした。
それはそれでなかなか新鮮な光景(夜はいつも大賑わい!)

Img_7619

まずは軽くつまみから。
Two half German bread rolls topped with “Black Forest” ham​
ちょっとしたハムの塩っ辛さがビールと合います。

Img_7618そして王道のソーセー盛り合わせ!
はい、この時点ですでにジョッキ2杯は堪能致しました。
そして、3杯目に写真を取らなさすぎてたことに気づく。。。。

Img_7624

​4時間、飲んでつまんで、飲んでつまんでしゃべってとーっても楽しかったです。
このTower Hill店、徒歩でこんなアイコニックな観光地を見て回れます。
 
Tower Bridge

Img_7626

​The Shard

Img_7633

​日が少しづつ暮れて、なんだか素敵な光景でした。
ロンドンってやっぱり素敵だな~なんてしみじみ思う瞬間でした。

バーバリアン・ビアハウス" 
詳しくはこちらから 

02_2

湖水地方在住の人気ブロガーまーさんに「朝に湖に行くと風がたってなくて湖が鏡のようになってキレイ」と教えていただき、翌日朝6時半に起きて湖へ行ってきました。

Asa_1普段出勤時間の10分前に起きているスーパー低血圧人間なので6時に起きたことをまず褒めてほしいのですが、声が出ないくらい元気がなくズルズルと湖に移動です。もはやゾンビ。

Asa_2鳥は朝から冷たい湖で足をバタつかせて偉いなあと感心します。
朝が弱い人間は朝はゆっくりしてOKみたいな法律ができるか、AIが発達し朝は彼らにまかせる未来が早く来てほしいものです。

Asa_3朝は人影もなくかなりヒンヤリした空気が気持ちいいです。
ホテルから車道を通って湖畔まで向かうのですが木陰からみえる湖がすでに鏡のようになっており、テンションがあがりました!(しかし元気はない)

09_2ところで「波がないと鏡のように…」というのを実はあまり理解していなかったのですが、湖畔について「おおー本当に鏡みたいだ!」と驚きました。
昨日もキレイだと思ったけど波があったのでこういうふうには見えてなかったと、この景色をみて気づきました。

10_2

15_2前日にヒキコモリに体力的な死のにおいを感じさせた山も朝はとってもキレイ!
来年までにはもう少し体力をつけて登ってみたいと思いました。

11_2水が流れる音と鳥の声しか聞こえない静かな朝です。

12_218_2水の中で頑張ってる鳥もいれば、湖畔でサボって(?)日向ぼっこしている鳥もいます。
誰かががんばり誰かがさぼる、鳥も人間も似たようなものです。

13_2青空が反射して本当にキレイでした。

01_204_3

05_206_2

08_2

13_314

19

20_2

22Asa_9美しい湖を堪能したあとはホテルにもどって朝食を頂きました。

Asa10

数々の湖がある湖水地方、今回はウィンダミアとグラスミアへ行きましたが個人的にはグラスミアがめちゃくちゃ大好きです!
来年はもう少し北部に位置するバターミアも行ってみたいと思います!


さてピーターラビット縁の地として有名な湖水地方ですが、私がピーターラビットに縁がないので今回はピーターラビット関係は全く行かずでしたが、興味のある方は過去のブログ記事をご参照下さい!

Imgp9402
自然豊かな初夏の湖水地方の旅① -ウィンダミア散策編-
自然豊かな初夏の湖水地方の旅② -ウィンダミア湖クルーズ編-
自然豊かな初夏の湖水地方の旅③ -ビアトリクス・ポターの世界館-
自然豊かな初夏の湖水地方の旅④ -ウィンダミアでお散歩-


Officemove_4詳しくはこちらから!


Japan_matsuri_2





イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪
 

バーバリアン・ビアハウス" 
詳しくはこちらから 



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ 
詳しくはこちらから 

Yamato 
詳しくはこちら 

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら 

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン

ロンドン支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

ハイライン

プラン名:「ウィンザー城 &コッツウォルズ」

AM 09:30 ウィンザー城
AM 11:30 移動(バス60分)
PM 12:30 ボートン・オン・ザ・ウォーター
PM 14:00 移動(バス60分)
PM 15:00 バーフォード
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ロンドンのおすすめプランを見てみる→

2017.09
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧