Imgp6276

北のフィッシュアンドチップスといえばToffs Of Muswell Hillですが、それと双璧をなすと言われるフィンチュリーのフィッシュ&チップスレストランTwo Brothers Fish Restaurantへ行って来ました。

Imgp6277

▲広々として明るい店内
こちらのレストランはオーナーが冬季はオーストラリアに行くため夏期の半年間しか開いておりませんのでご注意下さい。

Imgp6280▲Sardines (Sauteed with Herbs & Garlic)(サーディン)

骨まで美味しい焼サーディン!

Imgp6282

▲Avocado with Prawns(エビとアボカド)
ぷりぷりの小エビとアボカドのまろやかさが美味しいサラダ。

Imgp6281

▲Cod's Roe in Batter(たらこ)
御座候のような見た目で登場したのでビックリしましたが、中にはたらこがぎっしりつまっていて美味しかったです、ワインにとてもあいます。

Imgp6284

▲Mushrooms(マッシュルーム)
メニューの名前も「マッシュルーム」だけでどうやって調理されているのかもわからないのですがめちゃくちゃ美味しかったです!

Imgp6288

▲Vegetable Spring Roll

小さいスプリングロールが数個でてくると思っていたのにめちゃくちゃ大きいのが2つでてきました。このレストランは基本的にサイズ感がちょっとおかしいです。
中は野菜たっぷりで美味しかったです!

Imgp6283

Whole Sea Bream (グリル鯛)
こちらのレストランはポーションがめちゃくちゃ大きいため、1人一品ではなくシェアで頼むのをオススメ致します!

Imgp6286

魚は身もたっぷりで食べごたえがあります!

Imgp6287

▲Haddock Fillet(コダラ)
写真を撮る前に切ってしまいましたが…ハドックも身がほろほろで美味しかったです。魚2匹+サイドメニュー5品で4人で満腹になりました!

Imgp6289

お腹はいっぱいですがデザートメニューをみると値段が5ポンド以下、この値段からするにそこまで大きのはこないだろう、という話になってデザートも頼みました。

Imgp6291

▲Knickerbocker glory
しかし予想を大きく裏切りすごいデザートが登場しました。ヤバイよ~。

Imgp6292

▲Chocolate nut sandae
こちらもクリームの高さにビックリ!やばいよこれは~。

Imgp6293

▲Apple & Almond tart with cream
リンゴが大好きなので甘いだろうけど小さいなら食べれると頼んで大惨事~!
三人前くらいある大きなタルトがでてきました。味はめちゃくちゃ美味しかったです!


◆Two Brothers Fish Restaurant
Regents Park Rd, London N3 1DP
最寄り駅:フィンチュリーセントラル


ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪


バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

Imgp5744

The Only Way is Essex」というエセックスに住むトンデモお金持ちの人たちのドタバタTVショーなどの影響か、なにかとロンドナーに小馬鹿にされているエセックスですが、地域としてはかなり美しいです。

そんなエセックスのPromenade Park(プロムナードパーク)へ遊びに行ってきました。

Imgp5739

駐車場もロンドンよりだいぶと安い、公園の地図をみると近くに海があるようなので行ってみることに。

Imgp5740

公園の設備もかなり整っており、子どもたちもそこらじゅうを走り回っている印象でした。

Imgp5742

日本でも子供の育つ環境を考えて郊外に住み仕事は都市部まで出る、というのはよく聞きますがイギリスもそうなのかなあ、今まであまり気にしたことなかったのですが環境が違うとそこまで影響がでるのか気になります。

Imgp5741

ゴミ箱の装飾も可愛いというか遊び心があります。

Imgp5766

海が見える地点までくると川みたいなものが。アレ?と思ってたらちょうど引き潮でした、ちょっとがっかり!
でも風景がイギリスを代表する画家ウィリアム・ターナーの世界みたいできれいでした。

Imgp5745

せっかくなので普段海があるところまで降りてみることに…。
海辺で育った人にとっては常識だと思いますが、たとえ水がなくても土はぬかるんでいるので絶対に立ってはいけないのが引き潮の時の海です。

Imgp5752

でもわたしは海と全くない縁のないひきこもり人生だったのでそれを知りませんでした。

Imgp5754好奇心が湧いて靴でちょっと土をつついてたら友人に背中を押されてそのまま足がズッポリハマりました。

Imgp5755

友情って脆いですね。
やっぱり信用できるのはプログラミングによって構成されたゲーム世界の人間関係に限ります。生きてる人間が一番怖い。

Imgp5753

好奇心で身を滅ぼしまくっていたH.I.S.ロンドン支店の先輩を笑ってたら自分も好奇心で靴が汚れました。

Imgp5761

よく見たら注意書きも立っていました!
このような反社会的行動をする輩が平然と潜んでいる世知辛い世の中なので好奇心のみで何も考えずに行動するのは控えることにします。
いつ背中から撃たれるかわかったもんじゃない!

Imgp5757

ドロドロの足を引きずったまま歩いていると波の形のまま土が固まっているエリアがありました。かなり不思議な景色です。

Imgp5759

Imgp5773

もしかしてウィリアム・ターナーってエセックス出身なのかな?と思ってググるとコヴェントガーデン出身でした。彼が思い入れがあるのはヴェネツィアであってエセックスではないとのこと。
ですがなぜかエセックスはターナーを彷彿とさせる風景や雰囲気が多かったです。

Imgp5778

扉の装飾なども海に関する生物やモチーフのものが多かったです。

Imgp5790

ぷらぷら公園を歩いているとシーフードスタンドがありました。

Imgp5784

Imgp5786

ローカルでとれた鮮度のいいシーフードをうっており、牡蠣は1コ50ペンスから!

Imgp5787

Imgp5788

鮮度の高い魚を食べる機会がなかなかないのでスナック感覚でシーフードが食べれるエセックス、羨ましい!
スタンドには地元の人もたくさん買いに来ておりました。

Imgp5792

近くのカフェではクリームティーが4ポンドでした、価格が安すぎてビックリしましたがシーフードがあれだけ美味しいのだからもしかしたら美味しいかも?

Imgp5795

野鳥も間近でみれます。白鳥も猫と同じで丸くなって寝るんですね~発見。

Imgp5800

プロムナードパークには食事ができる所がたくさんあり、晴天だったらかなり気持ちよさそうです。
この日は晴れたり曇ったりだったのでまた夏に来たいですね。

Imgp5798

Imgp5799

コーンウォールで食べた揚げたてドーナッツが美味しかったので買ってみることに。

Imgp5803

店員さんが「超美味しいドーナツを揚げてあげるわ!」と言いながら作ってくれましたが揚げたてなので死ぬほど熱いです。

Imgp5804

ですが味は絶品、このドーナツも一個50ペンスくらいでした。

Imgp5805

Imgp5807

特に「コレがヤバイからこれに行ってー!!」とわけではないのですが、ロンドン郊外の公園、海もあるし芝生も楽しめるしご飯買うのは安いしでロンドンとは違う情緒があると思います。

Imgp5809

エセックスに限らずもし週末暇だったら是非郊外にも足を伸ばしてみて下さい。


Promenade Park
Park Dr, Maldon CM9 


ミオ

イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪


バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

01

ポーランド文化を丸ごと楽しめるDays of Poland Festival 2017がロンドンで開催されました。

41

開催場所はPotters Fields、ロンドンシティーホール(市役所)の横にあります。

02

今回色々な友人を誘ったのに誰もポーランドに興味がなくことごとく断られ続け、ひとりついてきてくれたのはコスプレが好きな友人!ありがたい!
人気漫画「進撃の巨人」のアニ・レオンハートのコスプレで参戦です!

33

ポーランドの伝統や食事、文化…波流(ポーリュウ)を丸ごと楽しめるイベントです!

04

会場に近づくにつれ人が増えてきました、わりと大きな場所でしたが人がめちゃくちゃ多くて歩くのも一苦労な場面もありました!

10

37

聞こえてくるのはほぼほぼポーランド語!
イギリスには多くのポーランド人が暮らしているのでお祭りも活気があります。

03

来場者の服などをよくみるとポーランド関係のものが多いです。

08

親がポーランド人で子供はイギリス生まれの場合でも自分たちのアイデンティティやルーツを大事にしている感じですね~。

06

タワーブリッジのすぐそば、天気が良ければめちゃくちゃきれいだったのでしょうがこの日は残念ながら曇でした。

07

民族衣装を着ている来場者もいました!おばあちゃんとお孫さんかな?

09

TVクルーも着ていましたがこれはポーランドのTV会社?

11

フラッグなどは無料で配っていました!

12

ポーランドの旗ももってポーランド語を聞いてるとロンドンにいるのにポーランドにいるみたいです。
こういう国別のお祭り、前はあまり興味なかったのですが来てみると割と楽しいです。

13

しかし規模と人の数に比べて出店の数がかなり少なく、どこもかしこも長蛇の列ができており楽しみにしていたピエロギは食べることができませんでした、残念~!

21

ちなみに値段はやはりイベント価格!
でも周りで美味しそうなピエロギやポーリッシュケバブを食べている人がうろうろしていて羨ましかったです!

29

ピエロギのゆるきゃらもいました、子供には大人気でしたがきぐるみから男性のごつい手が出ているのがなかなかホラーなデザイン。
ゆるきゃらって日本特有のものだと思っていたのですが、あるんですね海外にも。

63

14

旅行会社のストールなどもありました。

17

18

22

ストールはポーランドの伝統工芸、雑貨、関連書物などが売られています。

60

ポーランドの会社のフライヤーを配る子どもたち、フィールドをちょこまか歩き回って開城で人気者でした。

20

19

パン屋さんのストールは大盛況していました!
ポーランドのパンはとても美味しいので納得。

26

特設ステージでは様々な年代別グループによるポーランドの伝統的なダンスが生演奏とともに披露されていました。

27

56

ダンスによって衣装も様々、面白いのが曲調がロシアっぽいものもあれば、優雅な西ヨーロッパ風なものもあり、ポーランド分割のさいの名残なのかなと思いました。

28

ポーランドの複雑な歴史を少し感じましたが、100年以上も地図上から消えたのに復活できて良かったなあと思います、もう消えてほしくないな~。

57

パフォーマンスが終って抱き合うパフォーマーさんたち。

36

ところでポーランドでは日本のサブカルチャーはとても人気が高く、コスプレイヤーの友人は大人子ども問わず写真を撮って欲しいとお願いされていました。
コスプレが趣味な方は是非海外でコスプレしてイベントなどに行ってみて下さい、このおかげであたらしい友達が出来ました!
共通の趣味は言語や国籍を簡単に超えますよ~。

58

パフォーマンスが終わった出演者さんたちはその後一般来場者のいるフィールドにでてくるので写真を一緒にとったり話したりができます。

62

子供の出演者はアイスクリームを買っていました!
遠くからは見えなかったけど靴なども可愛いです!このもふもふは烏天狗の衣装に似てて勝手に親近感。

30

衣装を近くでみると本当に華やか!黒地に施されたあざやかな刺繍と、動く度にゆれるスカートが本当に可愛いです。

34

35

来場者が写真を一緒に撮るのに殺到しましたがひとりひとりとにこやかに写真をとってくれました~かなり激しいダンスのあとで疲れていたと思いますがプロ根性です。

61ポーランドにかぎらずイギリスは多民族国家、様々な民族的フェスティバルが毎週のごとく開催されています!
イギリスも好きだけど他の国の文化もつまみぐいしたい場合は「国名 festival London」もしくは「国名 event London」で検索してみて下さい!


Days of Poland Festival
http://www.daysofpolandlondon.com/

Orleta Polish Folk Song & Dance Group
http://www.orleta.co.uk/

Potters Fields
London SE1 2AA


ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪


バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから

サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン

ロンドン支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

ハイライン

プラン名:「ウィンザー城 &コッツウォルズ」

AM 09:30 ウィンザー城
AM 11:30 移動(バス60分)
PM 12:30 ボートン・オン・ザ・ウォーター
PM 14:00 移動(バス60分)
PM 15:00 バーフォード
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ロンドンのおすすめプランを見てみる→

2017.06
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧