初めまして。浪速のグリ子です。

みなさま、ミュージカルはお好きですか?

私はディズニーランドに行ったかのような夢を見させてくれる、ミュージカルがだいすきです。

ロンドン歴非常に短いグリ子の初めてのロンドンでのミュージカル鑑賞。
タイトルは【American in Paris

これはご存知の方もおられると思いますが、

【巴里のアメリカ人】という邦題で1951年に映画にもなり、

あの【雨に唄えば】で有名な、ジーン・ケリーが主演したミュージカルの傑作作品とも言われています。(【雨に唄えば】は何回見ても飽きません。)

【巴里のアメリカ人】とは

パリを舞台に、画家として奮闘するアメリカ人と、フランス人女性の恋の物語なのです。はぁ。これだけでもロマンティック。

そして、音楽にも大注目。

このミュージカルには、アメリカ人作曲家George Gershwin(ジョージ・ガーシュウィン)の楽曲がふんだんに取り入れられています。
もう、ガーシュウィンの傑作集といっても過言ではないほど。
ラプソディ・イン・ブルーと聞くと、あ~って思われる方も多いかもしれません。

この【巴里のアメリカ人】は、2015年にブロードウェイ(ニューヨーク)ミュージカル界に現れ大盛況、その後今年ウェスト・エンド(ロンドン)での公演をスタートさせました。

さて、この【巴里のアメリカ人】の会場は Dominion Theatreといいます。
最寄り駅Tottenham Court Road Stationで、
黒色のNorthern Lineと、赤色のCentral Lineが通っています。

Img_5646_2

駅を出ると会場はすぐそこ。

Img_5647_3

19時半の鑑賞時間に合わせて向かいます。(相変わらずのどんより雲。)

Img_5645_2

会場内は、水曜日の夜なのにほぼ満席。

Img_5648_2

凱旋門が見えますね。

ここから、物語の始まり始まり。

バレェダンスと、ジョージ・ガーシュウィンの音楽のコラボレーションといったところでしょうか。最高にマッチしていて、華やかな衣装、パリの街中をイメージした舞台装置、なんだか本当にパリに来たかのような錯覚を覚えます。

アメリカ人が話す米語訛りのフランス語をフランス人が指摘する。など、ジョークもたっぷり。会場は笑いと拍手の連続です。

途中インターバル(休憩)が約15分ほど入り、ハーゲンダッツコーナーがあったので、期待を裏切らないハーゲンダッツを食し、終盤の物語へと突入。

最後は、スタンディングオベーションでの閉幕となりました。

Img_5653_2

みんなしかめっ面ですが、いえ、きっとまだまだ幻想の中の真っ只中で、

帰路に就くのが惜しいのでしょう。

Img_5650_2

約3時間のショー。平日の真っ最中でしたがうっとりとしながら、

ふわふわと帰りました。

このミュージカルの記載はないのですが、弊社でも取り扱っています。
H.I.S. Europe シアターチケット

日本でも、2019年劇団四季による【American in Paris】が公演されるそうです!これからオーディションをするとのこと。
日本版の【American in Paris】も見逃せません。

浪速のグリ子

こんにちは!

1985年にロンドンで初演されてからロングランを誇る名作ミュージカル、


レ・ミゼラブル



を先日観てきました!


1本のパンを盗んだために19年間もの監獄生活を送ることになったジャン・バルジャンの生涯を描いた物語。波瀾万丈のジャン・バルジャンはもちろん、法律を正義とするジャベール刑事、悲劇のファンティーヌ、愛の象徴コゼット、革命に立ち上がるマリウスと若者達、革命期の激動を人々が必死に生きた壮大な人間ドラマです。

Dsc07754

クィーンズシアター(Queen's Theatre) 最寄りはピカデリーサーカス駅



レ・ミゼラブルはフランス文学の巨匠ヴィクトル・ユゴーが、ルイ・ナポレオン独裁下のフランスから亡命していた時に著した長編小説を原作としています。



当時のフランスの社会情勢や民衆の生活を詳しく記しつつ、当時の法律への批判、貧困への批判、ナポレオンの批判、そして革命を起こす民衆の怒り、希望、勇気、愛など、ユゴーの思いが詰まった作品。善悪についても語っていて、自己犠牲を貫き人助けをするジャン・バルジャンの生き方に涙した人も多いはず。。!感動の名作ですね!

757pxeugne_delacroix__la_libert_guiドラクロワの民衆を導く自由の女神/ピストルを持った少年がガブローシュ少年のモデルだと言われています。


余談ですが、小説の方のレ・ミゼラブルは出版された当時、大反響を巻き起こしたロングセラー小説としても有名です。
出版当初、本作の売れ行きを心配し、ユゴーは出版社に「?」とだけ記した問い合わせの手紙を出すと、「!」とだけ記された返事を受け取ったといいます。それぞれ「売れてる?」「上々の売れ行きです!」という意味で、これら2通は世界一短い手紙と言われていて有名ですね!


そんなベストセラーの長編小説を約3時間のミュージカルに詰め込んでいるので、ストーリーが省略されています。展開が色々と飛んでいるのですが原作に忠実に作ったら時間がいくらあっても足りなさそうなのでしょうがないですね。


小説ではテナルディエ夫婦が救いようのない悪人であったりとかなり暗い印象がありますが、ミュージカルではテナルディエ夫婦が登場する場面がコミカルになっていてとても面白かったです!




ミュージカルの素晴らしいところは、なんといっても
数々の名曲があるところ!


民衆の歌 - Do You Hear the People Sing?」、「オン・マイ・オウン - On My Own」、「心は愛に溢れて - A Heart Full of Love」、「彼を帰して - Bring Him Home」、スーザン・ボイルが歌ったことでも有名な「夢やぶれて - I Dreamed a Dream」…

そして感動の合唱曲「ワン・デイ・モア - One Day More」!



クィーンズシアターの会場はそれほど大きな劇場ではないので、2階席でも熱いステージを体感できました。舞台上の力強い歌声に圧倒!


本場ロンドン・ウェストエンドのレ・ミゼラブル、機会があればぜひ観てみてください♪


レ・ミゼラブル 

19:30公演 2014年12月4日(木)・18日(木)

ストール席(1階席)又はサークル席(2階席前方)のトッププライス席なります。
£86→£58

詳しくはこちらから


あまもん

最後までお読みいただきありがとうございます!ランキングに参加しています。ワンクリックで応援よろしくお願いします!

0000686121_2 ⇒⇒⇒⇒⇒にほんブログ村


 


 

【H.I.S.ロンドン X PRESTAT】

H.I.S.ロンドン雑学講座-PRESTAT

詳しくはこちらから

王室御用達チョコレートプレスタット本店でお買い物を していただくと、チョコレートが10%割引+ 更に、10ポンド以上お買い物いただくと トリュフボックス(2個入)プレゼント!

詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

●ロンドン支店ホームページはこちら

こんにちは。


ロンドンで上映されているミュージカルの中でも一二を争う


大人気のミュージカル


オペラ座の怪人


今回こちらのミュージカルを観に行きました。

オペラ座の怪人が演じられている劇場はHer Majesty's Theatre(ハー・マジェスティーズ・シアター)

ピカデリー・サーカス、チャリング・クロスからすぐ5分もかからない場所にあります。


とても立派な建物。もともとは、1705年に劇場が建てられましたが、2度の火災にあい、現在の建物は1897年に再建されたものです。



今回はコリアンセクションのきれいなおねえさん、リーさんと一緒に行きました。こちら開演が近くなるとかなり混みあいましたので、早めの入場がおすすめです。

phantom

劇場の内装はとっても豪華!

お土産も売られていますよ~!

phantom


そして劇場内に入って待つことに。。

ミュージカルが始まるまでの間、野球観戦のようにハーゲンダッツのアイスクリームやチップスを肩から下げたボックスにのせて、劇場スタッフが売りに来ていました。

 


劇場の座席セクションは4つにわかれています。

・Balcony(バルコニー)
・Grand Circle(グランドサークル、3階席)
・Royal Circle(ロイヤルサークル、2階席)
・Stalls(ストール、1階席)




今回座った場所はRoyal Circle(ロイヤルサークル)。

役者の表情までは見えませんが、劇場全体が見渡せる席。

オペラ座の怪人は舞台装置も豪華で見ごたえがあるので、この席でも十分楽しめました。

 

そして開演!

 

オペラ座の怪人は悲劇というイメージが強かったのですが、


楽しい場面がたくさん!

 

例えば、新作オペラ「ハンニバル」を演じている場面で、

ウバルド・ピアンジは、その体重のせいかゾウの背になかなか乗れず、じたばたしていました。やっとゾウに乗れた後、ドヤ顔でステッキを上に持ち上げます。「ニカッ」と笑ったその場面がとっても面白い!

phantom


ダンスがあんまりそろっていなかったのが残念。。でも演技はすばらしい!

 

笑いの場面と、愛を語る美しい場面と、ファントムが怒っていたり殺人が行われる恐怖の場面とで

展開がどんどん変わります!




そして

名曲

Phantom Of The Opera

 

も素敵でした!!!!

ロックテイストが溶け込むファントムとクリスティーヌのデュエット!

これを歌うクリスティーヌ(クリスティン?)の歌唱力がすごい!!

 

もともと作曲者アンドルー・ロイド・ウェバーがオリジナルキャストのクリスティーヌ役サラ・ブライトマンに合わせて作った曲らしく、かなりの高音で歌われています。

 

サラ・ブライトマンといえば「タイム・トゥ・セイ・グッバイ」が有名なクラシック歌手というイメージだったのですが、ミュージカル女優としても活躍していたのですね。しかも大活躍!知らなかった。。!

 

今回のクリスティーヌ役 Harriet Jonesはとっても可愛いし、スレンダーだし、それなのに声量は安定していて、それで女性らしい可憐な歌声で、すごく素敵でした!!

phantom

このロウソクが浮き上がる場面がとても素敵!


そして

これも名曲

Music of the Night!!

 

ファントムが情熱的に歌ってる!!凶悪殺人者で、醜い顔で、わがままなのに、なんであんなに素晴らしい音楽の才能があるんでしょう!!?


今回のファントム役 Gerónimo Rauchは力強い歌声で歌唱力はもちろん、性格悪そうなファントムの演技や醜い息遣いなど、演技力・表現力も抜群!

phantom


こんな感動的なミュージカルがあったなんて。。



なんで今まで観に行かなかったんだろう。。


最初から最後まで、


ストーリーは分かりやすいし、



舞台装置も演技も素晴らしいし、

 

なんといっても、

音楽が素晴らしい!!


クリスティーヌがファントムに指輪を返す場面はファントムが可哀想で、でもその後Music of the Nightを高らかに歌い上げた場面では感動して涙がでてきました。

 

劇団四季が行っている日本のオペラ座の怪人とロンドンのものでは、基本的に演出、衣装、セットなどオリジナルに忠実に作られているため、同じものだそうです。しかし言語、キャスト、劇場の違いはもちろん、細かい場面ですこし違いがあるとのこと。

日本に帰ったら劇団四季のオペラ座の怪人も観てみたいと思います!



観る度に新しい発見があり、

リピーターが多いことでも知られるオペラ座の怪人。


機会があれば、ぜひ観に行って下さい!



チケットについてはこちらから




あまもん

みなさん、いつもありがとうございます!
ポチっでブログランキングの応援よろしくお願いします!
↓↓↓↓↓↓
にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ

●ロンドン支店ホームページはこちら


【H.I.S.ロンドン X PRESTAT】
H.I.S.ロンドン雑学講座-PRESTAT

王室御用達チョコレートプレスタット本店でお買い物を
していただくと、チョコレートが10%割引+
更に、10ポンド以上お買い物いただくと
トリュフボックス(2個入)プレゼント!


beer


ヌラーゲ








H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン

ロンドン支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

ハイライン

プラン名:「ウィンザー城 &コッツウォルズ」

AM 09:30 ウィンザー城
AM 11:30 移動(バス60分)
PM 12:30 ボートン・オン・ザ・ウォーター
PM 14:00 移動(バス60分)
PM 15:00 バーフォード
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ロンドンのおすすめプランを見てみる→

2017.07
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧