01

以前ご紹介した男性ストリップショーForbidden Nights(フォービドゥン・ナイツ)にまた行って来ました!

今年から公演会場がClaphamのナイトクラブinfernos(インフェルノ)に変更になりました。以前の会場に比べ地下鉄でアクセス出来るようになり便利に!
会場までの行き方は下記をご参照下さい。

Imgp4027

以前の会場The Clapham Granよりもっとクラブ色が強くなりました。
席もボックス席や二階席はなくなり、一階のみでそのなかでステージに近いほど値段が高くなるシステム。

Imgp4023

会場が変わったからか、前回とはパフォーマンス内容も変わり火を使ったものや…

Img_4855

一輪ラートを使ったパフォーマンスなどは追加されました!
ワイルドかつ繊細な技術!

Imgp4024

肉体美を最大限に使ったパフォーマンスに会場は大盛り上がり!奇声が飛び交います!

Imgp4039

スーツをバッチリ着込んだ司会者による、放送コードがなんぼのもんじゃいなトークも健全!
TVで流したらしょっぴかれる事間違い無しのFワード&をガンガン使って下ネタを言いまくりますが、酔いも手伝ってか会場は大盛り上がりです、これはひどい。

Imgp4048

前回きた時は女性の奇声が主でしたが今回は男性の野太い声で「早く脱いで~~~!!!」と所々から聞こえていました。
美しいものに対する貪欲さは国籍も性別も関係なしですね~。

Imgp4056

▲スーツなんて脱ぎ捨ててなんぼのもんじゃいな司会者
そしてストリッパー達の名前を読んでいる人も多くてリピート率が割りと高いのかもしれません。

Imgp4061

フォービドゥン・ナイツはパフォーム中の写真をSNSでタグ付け投稿することで、写真コンテストをやるのですが、見事ナンバーワンになった方はストリッパーたちとセルフィ&ハグがあります。

Imgp4082

イギリスだけに限った話ではありませんが、ドラッグや怪しいナンパが横行しているクラブもある中、フォービドゥン・ナイツに至っては観客がステージに夢中すぎてある意味でロンドンで最も健全な空間構築されたクラブだと思います。

Imgp4074

最後は歌って踊ってところどころでお酒がこぼれて悲鳴があがるカオス状態のクラブになります!
曲はグランド時代と変わりバックストリート・ボーイズ「I Want It That Way」やブリトニー・スピアーズ「TOXIC」なども入りましたが、一番盛り上がったのはブルーノ・マーズの「Locked Out of Heaven」!
ブルーノ・マーズはやっぱり強い!

Imgp4084

ショーの終わりには酔っ払ってテンションがあがった女性たちがストリッパーに群がって大変なことに。
他にもカルチャークラブの「Karma Chameleon」を始め80年代の曲や、日本でも振り付けとともに爆発的に流行したLas Ketchupの「Asereje」などなど…
歌詞があやふやでもどこかで聞いた事ある曲がよくかかるのでどんな世代も楽しめます!

Imgp4110

ショーのあとはプロのカメラマンによってストリッパー達と写真撮影ができます!これはこのあとFACEBOOK上にアップされ保存することやシェアする事が可能です!

Imgp4111

ちなみにForbidden Nightsは残念ながらフルモンティではありません!
が、気心のしれた友人といくとめちゃくちゃ盛り上がると思います!


◆Forbidden Nights
http://www.forbidden-nights.co.uk/

◆infernos
146 Clapham High St,
London SW4 7UH


ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

Iconfacebook

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 

Banner_insta_blog_8

Instagramで毎日イギリス風景更新中♪

☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪

Prestat

PRESTAT★英国王室御用達チョコレート『プレスタット』本店でのお買い上げ金額から10%割引+10ポンド以上お買上げで嬉しいプレゼント!★

詳細&クーポンDLはこちらから!



バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

00

Brighton(ブライトン)はイングランド南東部に位置する、学生が多く活気がある海辺の街です。
レストラン・パブが立ち並びパーティータウンとしても名を馳せています。

またイギリスのLGBT(性的少数者)のメッカとしても有名で、街のいたるところにレインボーフラッグがはためき、手を繋いで幸せそうに歩くLGTBの方々が目に入ると思います。

Brighton

今回はカルト映画「さらば青春の光」のモッズ少年たちのように、都会の喧騒や日常から抜け出して郊外でハメを外す、ブライトンでの週末の過ごし方をご紹介したいと思います。

00_2

モッズのようにスクーターで行くのも乙ですが、免許がないので電車で行きます。
ロンドンから電車で約1時間。行き方については記事下部を参照下さい。

00_1

ブライトン駅構内に設置されている誰でもひけるピアノが奏でる音楽とともに、楽しい週末の幕開けです。

01_1

「金曜の朝11時すぎたらもう土曜日!」と笑うイギリス人たちは理由をつけて定時前に会社を抜けてきたご様子。
遊ぶために働く欧州スタイルを感じます。

到着してまず向かったのは駅前のパブThe Railway Bell(レイルウェイベル)
テラス席やガーデンが設けられ、地元のおじさん達で賑わう老舗のパブです。

02

「ワイングラス一杯だけ」の一言で入ったパブですが、結局1人1ボトルくらい飲み夜を前にほろよい状態に!

02_1

その後ホリデーアパートメントへ移動。
ホリデーアパートメントはホテルとは違いベッドメイキングや朝食サービスはありませんが、家を丸々貸し切るので多少騒いでもOK・自炊可能で、今回のような深夜もしくは早朝に帰宅する場合や大人数の旅行にはうってつけです。

02_2

家具一式、食器、家電、は揃っていますのでホテルにいく感覚でいって普通に宿泊できます。
食品などはスーパーマーケットで買うのもいいですし、アパートメントによって事前にネット注文しオーナーさんが受取して当日届けてくれる場合もあります。

05

前述したとおりブライトンはLTGBのメッカ、ということで今回は老舗ゲイバーDoctor Brightons(ドクターブライトン)へ。


LGBTの方を含めて遊びに行ったのですが、彼女曰く「LGBTもストレートも一緒に踊って飲める、ほんとうの意味で偏見が存在しない空間」とのこと。

04

6時頃行ったのですが、バーは早くも盛り上がっておりました。
入り口手前と外にはソファやベンチが設けられ、パブ奥は金・土のみクラブになります。

06

奥のクラブではみんな好き勝手に踊っています。


半世紀前にユースカルチャー番組「Ready Steady Go!」で流行りのステップを覚え週末ブライトンのクラブでそれを披露することに命をかけていたモッズ少年たちと違い、気軽に誰の目を気にすることなく踊れる現代の雰囲気は一見さんも安心できると思います。


「踊って汗かくとお酒がぬけてまたお酒が飲める!つまりずっと飲める!」という酒飲み永久機関論で激しく踊ってる強者もいます。

07_2

クラブ=踊れないと楽しくない、と思う人も多いかもしれません。
壁にもたれて談笑しているグループ、学生なのか小難しい議論をしながら音楽にあわせ揺れてる2人組、みんなが踊っているのを楽しそうに眺めている人たちなど…
各々が違う楽しみ方をしているので、踊れなくても大丈夫です。

でも踊って汗を流すと翌日の二日酔いはかなり軽減されます。

03

夜も深まると、アルコールもワインやビールからショットやカクテルに変化。
このあたりからだんだん記憶が無くなる者が続出。

08

さすが有名DJを輩出している土地だけあってDJのクオリティも高い!

10_2

ドクターブライトン閉店後はナイトクラブに移動し、結局アパートメントにもどったのは朝方でした。

映画「ハングオーバー!」のごとく、「昨日どうやって帰ってきたの?」「クラブ二件いったでしょ?あれどこだったの?」「やばい!友達に発信しまくった後がある…覚えてないけど…」という、恐ろしい会話と記憶パズルを繋ぎ合わせながら、雑なサンドイッチを食べてチェックアウト。

09

冷たい海風とロックサンドによる足つぼマッサージが心地よいです。

映画「さらば青春の光」ではロンドンからやってきたモッズ達が対立するトライヴと、このブライトンの海辺で殴り合いの大暴動に発展しますが、青春などと言ってる場合ではない位の頭痛にフラフラしながら帰路につきました。

ブライトンはロンドンにはないアーティストショップも多くお昼間にいっても十分楽しい街です!またご紹介していきます。

旅行の寄り道に、ロンドン在住の方は週末の小旅行に、是非行ってみてください~。


ブライトンまでの行き方
St Pancras駅、Victoria駅より鉄道で約一時間。
Victoria駅よりコーチも運行有。

Doctor Brightons
16-17 King's Rd,
Brighton BN1 1NE
http://doctorbrightons.co.uk/

The Railway Bell
26-28 Surrey St,
Brighton and Hove, BN1 3PA
http://www.railwaybellbrighton.com/

ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!


☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪

バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから

H.I.S.特別レートでお得な両替!
詳しくはこちらから

サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

こんにちは!
日が沈むのも早く外出が億劫になる冬ですが、そんな冬だからこそ盛り上がるのがロンドンナイトライフ!クラブやバーは多くの人で溢れています!

今回はイギリスの人気オーディション番組「BRITAIN’S GOT TALENT」にも出演し話題を呼んだ実力派グループ「Forbidden Nights(フォービドゥン・ナイツ)」による男性ストリップショーをご紹介します!

Img_3732

映画「マジック・マイク」が現実世界に飛び出してきたようなこのショーは、ロンドン観光のスパイスに、一風変わった女子会に、夜遊びの序章としてに最適です~!

Clapham Junction(クラパムジャンクション)駅下車すぐ。

Claphamgrand

クラパムジャンクションはセントラルから少し離れており、オーバーグラウンドとバスが通じております。詳しい行き方は記事下部をご参照下さい。

Img_3722_2

会場はThe Clapham Grand(ザ・クラパムグランド)、通称「グランド」!
1900年にシアター&ビンゴホールとしてオープンした重厚な建築物で、現在は複合エンターテイメント施設。
クラパムジャンクションエリアのナイトライフの中枢です!


演目まで時間がある場合は、グランドの反対側にあるパブ「The Junction(ザ・ジャンクション)」で夜ご飯をとることをオススメです!

Img_3725

奥行きがありゆったりした上品なパブです。
ところで、写真右のほうでサンタクロースが天井を突き抜けてますね。
クリスマスのデコレーションはパブによって個性がでるのでこの時期はパブに行くのがいつも以上に楽しいです!

Img_3730
10ポンドほどで食べきれないくらいのパブ飯がでてきます。
ご飯と一緒にそこそこ飲んで早くも半分酔っ払いながら、グランドへ!

Img_3737_2
グランド入場の際は、セキュリティ対策のため身分証明書が必要になります。
顔写真の入った身分証明書をお持ち下さい。これがないと入場できません。

身分証明書と顔写真を取られたあとは、手にグランドスタンプを押してもらいます。
スタンプを押してくれるお兄さんがイケメン紳士でニヤニヤしながら入場し、ウェルカムドリンクのカクテルを貰って公演を待つことに。

場内にはバーカウンターがありますので、飲み物を購入することが可能です!

Img_3735

さすが100年を超える建築物なので、マリー・アントワネットが扇子片手に座っててもおかしくないデザイン。

来場者は派手なドレスやコスプレの女性が多いです。
大半はヘン・パーティー(結婚を控えた人を祝うパーティー)もしくはバースデーパーティーの一環でこのショーにきた方々です。

女性が大半ですが、中にはパートナーと一緒に来ている男性もいました。

Img_3738

会場が暗くなりMCのお兄さんが登場しショーが始まる…ときに会場からは黄色い悲鳴というより奇声があがりまくり。
このMC、よくよくみると先程スタンプを押してくれたお兄さんです。

MCはスーツをカッチリ着て美しいクイーンズイングリッシュで下ネタを連発し、会場は大盛り上がり。
英語がもしわからなくても大げさなジェスチャーで「多分こういうことを言っているのだろう」と見当がつくと思います!

Img_3739

MCから一通り紹介が終わったらいよいよストリッパーたちのご登場です。
このショーは1シーンごとにテーマ設定があり、一番はじめは「警備員の男性」がテーマで懐中電灯をもってのパフォーマンスです!

音楽はクラブ、ロック・ポップ音楽を中心に、ブルーノ・マーズを始めメジャー所をしっかり押さえてあるので世代を問わず盛り上がれます。

Img_3743_2

ストリッパーたちが服に手をかけると、ボックス席のグループは身を乗り出し、「早く脱いで~!」という叫びも混じりだし、場内はギラギラモードに…。

ストリッパーたちが脱ぐと、鍛え上げられた美しい肢体に感嘆、絶叫、悲鳴、奇声があがりまさにカオス状態でした。

Img_3746

1シーンごとにMCが再壇上し、キレッキレのブラックジョークを飛ばしながら会場をもりあげ、次のパフォーマンスの説明をしてくれます。
時々会場の人をいじったりするので日本の一人漫才のようです。

Img_3754

ジム、鎖、歌唱、カウボーイ、コインランドリー…様々なテーマ設定と演出がとても楽しめます!
また会場のお客さんの熱狂っぷりがどんどん過激になっていく様子もみてて面白いです!

その中で一番印象的だったのは西武カウボーイの衣装でのパフォーマンス。
MCの「映画ブロークバック・マウンテンがもしハッピーエンディングだったら……そんな想像をしたことあるだろう君たちにこのショーを送ろう!」の声と共に4人のストリッパーが壇上。

Img_3761_2
カウボーイ姿にかっこいいダンスで盛り上がりながらも映画の影響か、少ししんみりムードに…。
※「ブロークバック・マウンテン」は、今以上に同性愛者が迫害されていた60年台アメリカを舞台に、男性同士の恋愛が繊細に描かれた映画です。

またグランドがあるクラパム・ジャンクショ​​ンは「CLAPHAM JUNCTION」という南ロンドンのゲイ男性たちを描いた映画の名を冠しており、なかなか感慨深いです。

Img_3765

でも脱ぐとしんみりムードも吹っ飛んで大騒ぎ、21世紀サイコー!

Img_3769

最後のほうは会場のほとんどの人が立ち上がって踊りまくるクラブ状態になっていました!
ショーが終わったあとも会場はナイトクラブとして機能していますので、そのまま踊ったり、バーで飲んだりできます!

パフォーマンスの最中は写真撮影OK!
SNSをつかって一番良い写真を送った人はステージ上でストリッパーとMCとハグ&セルフィが撮れるというイベントや、帰りには(かなり並びますが…)ストリッパーたちと写真がとれるコーナーなども設けられています!


フォービドゥン・ナイツはグランドにて毎週土曜日 19:45~22:00公演。
ですがUKツアーなどもやっていますので、事前に公式サイトから公演日チェックをしチケットを予約して行かれる事をオススメします!

またグランドはスポーツスクリーン上映やナイトクラブ、シアターなどがあります。
冬の長い夜だからこそ、ナイトライフを楽しんで下さい~!

Forbidden Nights公式ウェブサイト
http://www.forbidden-nights.co.uk/


The Clapham Grand(会場)
21-25 St John's Hill,
London SW11 1TT

The Junction(パブ)
36 St John's Hill,
London SW11 1SA

Clapham Junction駅への行き方
地下鉄Waterloo駅/Victoria駅/Balham駅からオーバーグラウンド乗り換え。
バスは170/295/337/344/639/670/ナイトバスはN19が運行中。

ミオ


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!


☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪

バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから

H.I.S.特別レートでお得な両替!
詳しくはこちらから

サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン

ロンドン支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

ハイライン

プラン名:「ウィンザー城 &コッツウォルズ」

AM 09:30 ウィンザー城
AM 11:30 移動(バス60分)
PM 12:30 ボートン・オン・ザ・ウォーター
PM 14:00 移動(バス60分)
PM 15:00 バーフォード
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ロンドンのおすすめプランを見てみる→

2017.05
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧