Imgp5060

ポーランドの古都クラクフは、スピルバーグ監督の映画「シンドラーのリスト」で描かれたドイツ人実業家オスカー・シンドラーが奔走した舞台でもあります。

Imgp5048

▲旧オスカー・シンドラー琺瑯工場(Oskar Schindler's Enamel Factory)
こちらがオスカー・シンドラーの工場跡地、現在は博物館になっており、シンドラーのことだけではなくドイツ占領下のクラクフの関する資料が展示してあります。

Imgp5161

▲真ん中に立っているのがオスカー・シンドラー
ドイツ人実業家だったオスカー・シンドラーは、1000人以上のユダヤ人をナチスから守りその時作った従業員のリストが「シンドラーのリスト」と呼ばれています。

Imgp5050

そんなに混んでいないだろうと思っていたのですが博物館にはオープン前から列が出来ていました!

Imgp5052

年齢もバラバラで、多くの人が英語でスタッフと話していたことからポーランド外から訪れた人もかなり多いかなという印象です。

Imgp5051

映画でも印象的なセリフだった「Whoever saves one life, saves the world entire.(一人の人間を救う者は、全世界を救う。)」も、実際に救われたユダヤ人たちから送られた指輪に彫られた言葉だそうです。

Imgp5065

当時のユダヤ人ゲットーの映像も上映してあります。
人々が生活があって時々笑っている女性や遊んでいる子供たちが映っているのが印象的でした。

Imgp5069_2

オスカー・シンドラーについての書籍やコラムを読むと、「“結果的に”ユダヤ人を救った男」という一文をよく目にします。

Imgp5093

31歳だったシンドラー、元々は戦争に便乗してお金儲けのためにクラクフへやってきて、ホーロー工場を買い取り、そこでタダ同然で使えるユダヤ人を雇いました。

Imgp5056_3

ナチス党員だし女遊びをしまくり贅の限りを尽くし闇取引や賄賂もやってのける、あまり善人とはいえないシンドラーの様子が映画の前半で描かれていました。

Imgp5184

最初は利己的な理由でユダヤ人を雇ったのかもしれませんが、彼の心境に変化があらわれ最後は全財産をはたき、かなりの危険をおかしながらも従業員を守るため奔走します。

Imgp5096

軍需工場によって莫大な財産を築いたシンドラーでしたが、ユダヤ人を救うためお金をバラまきまくり終戦の頃にはほぼ一文無しになっていたそうです。

Imgp5077_2

映画では「心境の変化」の大きなキッカケとして赤いコートをきた少女と彼女の死が描かれています。

Imgp5115

シンドラーが37歳のときに終戦、ユダヤ人は自由にナチス党員だったシンドラーは追われる身になります。

Imgp5100

▲館内でも特にヴィジュアルインパクトのあるナチスのハーケンクロイツ

その後、シンドラーは新天地でまたビジネスをスタートさせますが失敗の連続。

Imgp5151

53歳のころにはついに資金繰りに困窮、それを知ったユダヤ人達が今度はシンドラーに手を差し伸べ66歳で亡くなるとエルサレムのカトリック教会に埋葬されたそうです。

Imgp5243

オスカー・シンドラーという人物が映画の中のキャラクターで完全に止まっていたのですが、この博物館を訪れて「現実に起こったこと」という実感がわきました。

Imgp5114

映画好きな人ほど心当たりがあると思いますけど、映画を観て全てを知った気になってしまい逆に現実と完全に切り離して考えてしまう事が多々あると思うのですが…

Imgp5117

Imgp5118

▲館内に5箇所ある当時のスタンプを使ったスタンプラリーのようなもの
そういう錯覚から抜け出すためにも、この博物館にきてよかったと思います。

Imgp5112

博物館の展示はかなり凝っていて、まるでさっきまで人がいたような気配のある演出が見事でした。

Imgp5086

当時の新聞や何気なく置いてあるコートや帽子、誰かの所有物だったと思われるものの数々によってまるで1940年代にタイムスリップしたような気分になります。

Imgp5158

それと同じくらいテクノロジーや人の目の錯覚を利用した展示もあって、キュレーターすげー!となりました。

Imgp5239

子供がきても退屈せず興味を持って学べる博物館になっていると思います!

Imgp5182

▲実際に製造していたホーロー製品!
この展示は映画のなかのでシンドラーがひとりぼっちになったシーンを思い出します。

Imgp5189

▲シンドラー執務室(再現)
シンドラーは幼少期、近所のユダヤ人の子供が遊び仲間だったそうです。

Imgp5186

どういう理由があってシンドラーがユダヤ人を助けようと決心したか色々な説がありますが、個人的には子供の時の親しかった友人やその家族の思い出も少しは作用したのではないかと思います。

Imgp5194

▲等身大の当時の人々の写真、街中にいるような錯覚に陥ります。
映画「縞模様のパジャマの少年」に描かれたような先入観や既成概念がない子供時代の思い出や記憶が最後良心になることもあるのでは…と思います。

Imgp5216

この博物館は一方の意見を展示を通して押し付けてくるのではなく「もし自分がシンドラーの立場だったら」「もし自分がユダヤ人だったら」「もし…」と想像力をかきたてて、違う立場の人の事を考えるキッカケがたくさん仕込まれていると感じました。

Imgp5156

そしてシンドラーだけではなく、当時ナチスの狂気が渦巻く様々な国々で(国籍を問わず)多くの人々が自分の会社のユダヤ人とその家族、ご近所さん、友人だけでも救おうとした記録は多く残っています。

Imgp5244

▲シンドラーの工場の従業員の写真、笑っている写真が多いのが印象的。
国家単位や人種で考えると違う世界のように感じますが、もし会社で大多数から仲がいい同僚がイジメられてたら自分はどういう行動をとるだろう?
自分がいじめる側だったら?自分がいじめられる側だったら?と置き換えるとわかりやすいかもしれません。

Imgp5208

会社なら最悪辞めればOKですが国家単位でそれが起きそれが命にかかわる事だったら、大多数の人がもしかしたら行動しないという選択肢をとるのではと思います。
見て見ぬふりがこの歴史的惨劇を助長したというのが何となくわかりました。

Imgp5235

▲ユダヤ人の子供の写真と彼らのおもちゃ
ユダヤ人の悲しみやシンドラーの苦悩に共感出来る方はともかく、私は人の気持ちを想像したり、共感したりがあまり上手じゃなので、この博物館にこれたのはとても良かったと思います!

Imgp5221

▲プロパガンダポスター
プロパガンダポスターは内容は置いといて、デザインも画力も相当優れているものがかなり多い(これは国を問わず)ですが描いていたアーティストやデザイナーはどんな心境だったのかなあ、といつも思います。

Imgp5234

もしかしたらノリノリで描いてたかもしれないし、おかしいと思いながらも断れず筆を走らせていた人も多かったのかもしれません。

Imgp5228

元々志をもって美術の世界に飛び込んだのに、プロパガンダポスターを描く事になった時はどんな志を持っていたのだろうといつも不思議に感じます!


ナチスグッズ

Imgp5129

ナチロゴ入りのお皿など当時使われてたものも展示されていました!
グッズとよんでいいかわかりませんが、ナチ関係のものが生活にあるのが当たり前の時代だったんですね~今見ると何とも不思議。

Imgp5124

「我が闘争」?なんの本だろう…。

Imgp5109

▲ヒトラーの肖像画や書籍。
こういう肖像画関係は描かれている人物が誰であれ、実物よりハンサム気味に描くのはいつの時代も一緒ですね~。

Imgp5126

床にはハーケンクロイツがびっしり。


ヨーロッパで手をあげるときは人差し指を使う

Imgp5138

ナチス式敬礼がもとで、今でもヨーロッパでは授業中に意見を言いたい時、店員さんを呼ぶ時に手をあげることはよく思われていません。

Imgp5248_2

右のように人差し指をあげてアテンションを求めます。

Imgp5140

これを知らずイギリスの大学で学生をしていた頃、授業中手をあげてクラスメイトのアイルランド人が真っ青になって「ダメダメ!」と言われた思い出があります。


破壊されたクラクフの街

Imgp5062

古いクラクフの写真なども展示してありました!
「今も昔もそんなに変わらないんだな~」と思ってたのですが、ワルシャワほどでないにしろクラクフもナチスによってかなりダメージを受けた街です!

Imgp5106_2

「躍動感やべ~」と通りかかるたびに笑ってたポーランド王の銅像、ナチス侵略時に粉々にされた写真と一部が展示されていました。

Imgp5132

旧市街地にたってた銅像も、もげてるー!

Imgp5133

▲粉々になった銅像の写真、すごく悲しい。
この時はすっかりポーランド大好きになってたので胸が痛みましたが、来る前のポーランドのことを全然知らない状態でみたらそこまで何も感じなかったのかも、とも思いました。

Imgp5093_2

知ってるか知っていないかで感情移入の幅がここまで変わるとはこの対象が、銅像じゃなく人だったら…と思うとちょっとこわくなりました。
今おこってる難民問題がぼんやり頭に浮かびました。

Imgp5150

▲ドイツ占領下のクラクフ駅の看板。「Hbf」はドイツ語の「Hauptbahnhof(中央駅)」の略。
ポーランドはかなり複雑な歴史をもっていますが、いまある美しいポーランドをみると人々が努力し取り戻した美しさなんだと感じました。


エマリア製品の起源!オスカー・シンドラーのホーローマグ!

Img_61871

エマリア・オルクシュ製品好きとしてはかなり嬉しいオスカー・シンドラー博物館ロゴ入りホーローカップゲットー!
やったー!可愛いー!エマリア仲間のなかで自慢しまくり!


クラクフゲットー

Imgp5166

昔ゲットーだった場所はユダヤ人街カジミェシュ地区として今現在も残っています。ここは「シンドラーのリスト」の撮影地で、スピルバーグ監督が撮影中通ったミルクバーなど色々調べて行くのを楽しみにしていたのに時間が足りず行けませんでした…
映画オタク、ショックすぎて大泣き。


Imgp5183

◆旧オスカー・シンドラー琺瑯工場(Oskar Schindler's Enamel Factory)
ul. Lipowa 4, Krakow 30-702, Poland

Poland

歴史ある美しい景観、ご飯が美味しい&人が優しい国ポーランドへ!
H.I.S.ロンドン支店ならクラクフだけでなくワルシャワも楽しめるプランがございます!

2都市周遊 ワルシャワ&クラクフ 5日間 フリープラン
2都市周遊 ワルシャワ&クラクフ 4日間 選べる観光付き
クラクフ 3日間 選べる日本語観光つき
ワルシャワ 3日間


ミオ

イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 



☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪


バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから



サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

【1】精神病の歴史と未来 - Bethlem Museum of the Mindはこちらから

Imgp4531_3

ロンドン郊外にある精神病と芸術をテーマにした博物館Bethlem Museum of the Mind(ベスレムミュージアムオブマインド)、次は人と精神病の歴史を見てみましょう~。

Imgp4558

19世紀の患者さんの写真。下を向いている写真が多いのが印象的です。
昔は今よりもっと精神病=恥!という意識が強く、精神病を患うとスーツケース一個持たせて患者さんは病院に置き去りにされる事も珍しくなかったのです。

Imgp4602

▲「軽いノリで、楽しく行こう」
現代を生きる子孫が、時代と世間体に消された彼らの痕跡を探して職員さんが協力して探す事もあるそうです。

Imgp4576

▲実際に使われていたレコード
でもこれは過去の話ではなく、世界では300万人の人々が精神的な問題を抱えているとされていますが、社会的サポートや雇用問題はあまり発達しておらず今でも多くの人々が生きることが難しい環境にあります。

Imgp4606

何百年も前からある精神病ですが、その多くは未だに「なぜ発症するのか」「どうしたら治るのか」が解明されていません。
肌の色や国籍での差別の歴史は考える機会があっても、精神病の人たちへの差別は今まであまり意識した事がなかったなと気づきました。

Imgp4566

当時病院で患者さんのアビリティをテストするために使われていた道具。
紙にはインストラクションが載っており、そのとおりに出来るか出来ないかで精神の状態を測っていたそうです。

Imgp4567

こちらもマッチングゲームのようなもの。
どのオブジェクトを当てはめるかで「普通」か試験するものです。

Imgp4574

「普通」と「異常」の境界線なんてあってないようなもの、一体なにをもって「普通」と判断するのか難しい所ですが…

Imgp4573

▲写真とともに患者さんの症状、診断名、過去などがファイリング
それを判断するために患者だけではなく、多くの人々が悩み色々なアイデアをもって精神病と向き合ってきたのかが見れます。

Imgp4577

デカルコマニー(合わせ絵)を見せて「これがなにに見える?」と患者さんに問う心理検査をロールシャッハテストというそうです。
壁紙にすると可愛いですね~。

Imgp4578

中頃に設けられた外の平原がみえる空間。
美術館によくある休憩スペースと思いきや、ここはパッド張りされた部屋の展示です。

Imgp4580

患者が壁に頭を打ちついけて自傷に走らないよう壁や床をパッドで囲った部屋の一部。
映画に度々登場するのでフィクションのものという意識が強かったのですが、現実世界で使われていたものだと改めて認識させられます。

Imgp4581

この覗き穴から患者さんの様子を伺っていたそうですが、もはや囚人と変わりないですね…。

Imgp4585

自傷行為や暴走をとめるために肉体的に拘束する服も展示されています。

Imgp4587

その裏には金属や革の拘束具。
患者さんへの人権を無視した扱いをした過去を隠すように置いてあり、
展示意図の巧妙さに驚きました。

Imgp4596

通電装置。今や拷問と言われていますが当時は電気を流すと精神に作用すると考えられていたようです。
人類史のなかで「よくわからないけどとりあえず電気流してみよう!」という事例が結構ありますが、恐ろしいです!

Imgp4600

Imgp4586

薬瓶も展示されています。
映画「落下の王国(原題:The Fall)」を彷彿とさせるデザインの薬瓶です。

Imgp4588

▲ショートフィルムとボタンによる参加型展示
こちらは「精神病を患い自殺未遂をし入院している若い女性、あなたは彼女に週末家に帰る許可をだすか?」というもの。

Imgp4589_2

医師、カウンセラーなどの関係者との仮想ミーティング映像が流れ患者さんが登場して「家に帰りたい」と訴えてきます。最後に医師が「あなたならどう判断しますか?」と聞いてきて手元のボタンをおします。
これ一緒にいったイギリス人とぱっくり考えが割れ、「社会」「サポート」「医師への信頼」の概念がヨーロッパとアジアでは全く違うことを思い知らされました。

Imgp4591_2

カルチャーショック~常識と非常識の錯綜!
でも普段考える事ないシチュエーションと題材を議論できる素晴らしい展示だと思います。

Imgp4607

▲展示の最後のほうにある「RECOVERY?(回復?)」というセクション。
なにをもって回復や完治とするのかはその人次第だと思いますが、ここでは入院当初の写真と回復後の写真を見ることができます。

Imgp4608

博物館は歴史・芸術作品・声・言葉によって「精神病」をいろいろな側面で紐解きながら最終的に「人」というものを深く考えさせてくれる空間でした。

Imgp4613

▲THE AIR LOOM, A HUMAN INFLUENCING MACHINE
こちらは特別展示。
「禁忌だけどロマン!!!!」と博物館スタッフさんが力説してくれた奇妙なマシンはJames Tilly Matthewsという19世紀の患者さんの妄想から生まれたものだそうです。

Img_5594

▲ミュージアムショップでは絵葉書やパンフレット、精神に関する書物が購入可能!
ランドマークになっている美術館や博物館とはまた違った世界に触れれるベスレムミュージアムオブマインド、オススメの博物館です!
ルイス・ウェインの猫ポスカが手に入って嬉しい~カワイイよ~カワイイよ~!

Imgp4523

そしてイタリア映画「人生、ここにあり!(原題:Si può fare/英:We Can Do That)」は精神病院をなくすことで精神病に立ち向かったイタリアを描いた作品。

世界で初めて精神病院を作ったイギリス、世界で初めて精神病院をなくしたイタリア…博物館に行く前に観るのをオススメします!


ミオ

■Bethlem Museum of the Mind
Bethlem Royal Hosp,
3BX,,Monks Orchard Rd,
Beckenham BR3

■車:ロンドン中心部からは車で1時間。敷地内に駐車可能。
■公共交通機関:ロンドンブリッジ駅⇒East Croydon Station駅で下車。バス198番乗車、Monks Orchard Road駅下車、徒歩7分。

休館日などはウェブページよりご確認下さい。
http://museumofthemind.org.uk/


ウィリアム王子、キャサリン妃、ハリー王子によるメンタルヘルス支援チャリティ

Heads Together


YouTube: Lady Gaga + Prince William |
Heads Together | #oktosay


精神の不調、メンタルヘルスがオープンに話されていると思われがちな外国ですが、今でも多くの偏見と無理解のなかにあり、多くの人々が相談したり、話したりができず独りで苦しんでいるケースが多いです。

「王族がメンタルヘルスの話題をだすのは前代未聞」と言われながらもハリー王子は、長い間母ダイアナ妃の死と向き合えず精神的なバランスを崩しカウンセリングを受け、兄ウィリアム王子の献身的なサポートが彼を助けたと告白しました。

以前からうつ病や不安障害、PTSDを患っている事を公表しているレディ・ガガ。
自身の影響力によってマイノリティの人々の立場を変えようとアクティビストとしても活躍するレディ・ガガとウィリアム王子がネットでメンタルヘルスについての対談を行いイギリスで大きなニュースになっています。

Supporterpanel1768x384

もし天気の話をするように自分の精神のコンディションを話せる環境なら、サポートや理解をもっと受けやすくなります。
「OK TO SAY(話しても大丈夫)」というハッシュタグを用いてSNS上で様々な国籍の、環境におかれている人々がメンタルヘルスについて話しています。

長い間タブー視され続けた「メンタルヘルス(精神病)」ですが、王族やセレブリティなど影響力のある人達、若い世代によってタブーを覆し誰もが「ちょっと精神的にしんどいんだよね」と話せる世界へ徐々に変わろうとしています。

詳しくは
HEADS TOGETHERのウェブページ
Tiwtter:#oktosay

instagram: #oktosay
を御覧ください!


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

Iconfacebook

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 

Banner_insta_blog_8

Instagramで毎日イギリス風景更新中♪

☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪

バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから


サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集

Imgp4508

Bethlem Museum of the Mind(ベスレムミュージアムオブマインド)はロンドン郊外にある博物館です。

Imgp4516

Bethlem Royal Hospital(ベスレムロイヤルホスピス)として開業された病院の一角に、2015年3月に芸術家グレイソン・ペリーによって開設されました。

Imgp4515

この病院はイギリス国内、ひいては世界で初めての精神病院でした。

Imgp4533

「狂乱とふさぎこんだ狂気」と題され様々な精神病に悩まされた人々の芸術作品と、精神病に関する歴史的資料が保管されています。

Imgp4534

精神病は「怖い」という偏見、「わからない」という無関心さ、「甘えだ」という無理解といつの時代も隣合わせにあります。

Imgp4530

▲昔病院の門に設置されていた銅像。
目には見えない手では触れない精神病という世界から生まれた作品と、人間と精神病の歴史を垣間見てみましょう。

Imgp4532

博物館は規模的にはそんなに大きくなく、2階に3室、1階は特別展と博物館ショップが併設されています。

Imgp4540

スタッフの方も親切で作品について質問したら丁寧に答えてくださいます。

Imgp4536

▲1247年のベスレムロイヤルホスピスとしての開業から2015年の博物館開設までのタイムライン
日本で言うと鎌倉時代に開業され、1403年に精神病院となりました。

Imgp4537

【insane-気が狂っている-正気でない】
「that's insane!(イッちゃってるよ!)」とイギリス人は驚いた時やドン引きした時に言いますが、こうやって文面に書かれると重みがある言葉です。

Imgp4526

日本の初めての精神病院は明治8年の京都癲狂院らしいので、イギリスはそれよりずっと前から精神病に取り組んでいたということですね。

Imgp4541

博物館自体はデザインやディスプレイがめちゃくちゃ現代的!
色合いもオレンジと白を基調にポップな感じで可愛いです。

Imgp4543

コンセプトボード。

Imgp4545

こちらは博物館を訪れた人たちの言葉。

Imgp4554

精神病理学を噛んだ人はみたことがあると思います、イギリス人イラストレーターのLouis Wain(ルイス・ウェイン)の原画作品も飾られています!
私は元々ルイス・ウェインの作品が見たくてこの博物館を知ったので感無量です!

Imgp4563

可愛らしい半擬人化のような猫が、病気の悪化と共にフラクタル構造の幾何学模様で構成される絵画への変成が見れます。

Imgp4564

▲kaleidoscope cats(万華鏡猫)シリーズ
生涯を通して一貫して「猫」をテーマに制作を続け、発症前の作品も可愛いのですが発症後の独特な色使いとサイケデリックな世界観は人を惹きつけます。

Img_2139

▲Yayoi Kusama: sculptures, paintings & mirror rooms(Victoria Miro/2016)

ルイス・ウェインは、日本人芸術家の草間彌生さんと同じ統合失調症です。
かつては精神分裂症と呼ばれ、幻覚・幻聴・妄想を始めとし様々な精神的症状に悩まされる病です。

Img_2135

▲Yayoi Kusama: sculptures, paintings & mirror rooms(Victoria Miro/2016)
草間彌生さんは統合失調症による恐ろしい幻覚から逃れるため絵の世界に没頭したと言われ、代表作の「水玉」はその幻覚から生まれたそうです。

Imgp4555

芸術を志すから精神を病むのか、精神を病んでいるから芸術を志すのかはわかりませんが、芸術活動が精神病患者にとって大きな救いになっている部分はあると思いました。

Imgp4553

「芸術」作品だけではなく「言葉」作品の展示もあります。

Imgp4559

英語で「気が狂っている、精神障害がある」という意味をさす単語がどんどん流れてきます。

Imgp4561

スクリーンに触れるとその言葉の成り立ちが表示されます。
これは外国人にとってはかなり興味深いです、イギリス人のもつブラックさとダークユーモアが良くも悪くも織り交ぜられています。

Imgp4593

この博物館は参加型展示もおおく、これらは作品を選んで感想や意見をかくと後日フォルダにいれてこのように展示されます。

Imgp4592

面白いのが寄せられた紙には「作品について」「作者について」「病気について」「自身について」などテーマも視点も様々な意見がみれることです。

Imgp4595

この博物館は精神病を通して「普通と異常」「人との違い」を見ている部分を感じますが、こういう参加型のものはそれを顕著に感じることができます。

Imgp4598

博物館へ行って気づいたのですが、イギリス人は意見を言えるくらい精神病に関してある程度の知識があり、そういう病気がある・それは苦しい・サポートが必要・誰だってなる可能性がある、と病気の存在を肯定している、認めていると感じました。

Imgp4575_3

印象的だったのは「精神病を患って自殺する人は弱いのではなく人間の本能の最も強い生きたいって感情に反してしまうくらい辛い、死ぬ病気なんだよ。」と言ってた事でした。
若者の自殺率が高い日本、それに対して消えない「甘えている」という意見があるけどそうではないんだと思いました。


【2】芸術と精神病の世界 - Bethlem Museum of the Mind
はこちらから


ミオ

■Bethlem Museum of the Mind
Bethlem Royal Hosp,
3BX,,Monks Orchard Rd,
Beckenham BR3

■車:ロンドン中心部からは車で1時間。敷地内に駐車可能。
■公共交通機関:ロンドンブリッジ駅⇒East Croydon Station駅で下車。バス198番乗車、Monks Orchard Road駅下車、徒歩7分。

休館日などはウェブページよりご確認下さい。
http://museumofthemind.org.uk/


ウィリアム王子、キャサリン妃、ハリー王子によるメンタルヘルス支援チャリティ

Heads Together


YouTube: Lady Gaga + Prince William |
Heads Together | #oktosay


精神の不調、メンタルヘルスがオープンに話されていると思われがちな外国ですが、今でも多くの偏見と無理解のなかにあり、多くの人々が相談したり、話したりができず独りで苦しんでいるケースが多いです。

「王族がメンタルヘルスの話題をだすのは前代未聞」と言われながらもハリー王子は、長い間母ダイアナ妃の死と向き合えず精神的なバランスを崩しカウンセリングを受け、兄ウィリアム王子の献身的なサポートが彼を助けたと告白しました。

以前からうつ病や不安障害、PTSDを患っている事を公表しているレディ・ガガ。
自身の影響力によってマイノリティの人々の立場を変えようとアクティビストとしても活躍するレディ・ガガとウィリアム王子がネットでメンタルヘルスについての対談を行いイギリスで大きなニュースになっています。

Supporterpanel1768x384

もし天気の話をするように自分の精神のコンディションを話せる環境なら、サポートや理解をもっと受けやすくなります。
「OK TO SAY(話しても大丈夫)」というハッシュタグを用いてSNS上で様々な国籍の、環境におかれている人々がメンタルヘルスについて話しています。

長い間タブー視され続けた「メンタルヘルス(精神病)」ですが、王族やセレブリティなど影響力のある人達、若い世代によってタブーを覆し誰もが「ちょっと精神的にしんどいんだよね」と話せる世界へ徐々に変わろうとしています。

詳しくは
HEADS TOGETHERのウェブページ
Tiwtter:#oktosay

instagram: #oktosay
を御覧ください!


イギリス(海外生活・情報) ブログランキング  ←クリックで応援!


0000686457_2
にほんブログ村 ←クリックで応援!

Iconfacebook

☆H.I.S ロンドン支店公式FACEBOOK
いいね!ロンドンはこちら!
 

Banner_insta_blog_8

Instagramで毎日イギリス風景更新中♪

☆見逃せない!お得なクーポンはこちら♪

バーバリアン・ビアハウス"
詳しくはこちらから


サルディニア料理レストラン・ヌラーゲ
詳しくはこちらから

Yamato
詳しくはこちら

☆H.I.S. ロンドン支店ホームページはこちら

☆H.I.S. 旅人になろう ―総集編―LOVE LONDON イギリス特集



H.I.S. ロンドン支店

ロンドン優待クーポン

ロンドン支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

ハイライン

プラン名:「ウィンザー城 &コッツウォルズ」

AM 09:30 ウィンザー城
AM 11:30 移動(バス60分)
PM 12:30 ボートン・オン・ザ・ウォーター
PM 14:00 移動(バス60分)
PM 15:00 バーフォード
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ロンドンのおすすめプランを見てみる→

2017.09
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧