こんにちはぁ~

今日はオフィスの営業がお昼までなので、なんだかのんびりしちゃっているSherryです

でも仕事はやってますよっ

さぼってると勘違いしないで下さいね


最近私の日本語がおかしいことに気付かされました

確かにこういう場合は何て日本語で言うんだろうとか。。。

しょっちゅうあります

ないですか!?


とにかく日本語勉強しますっ


「私の最近の一番の悩み」でした



さて、本題ですが

なんとまたモルディブが

世界一ロマンティックな場所として選ばれました


第17回ワールドトラベルアワードというイベントが開催され、世界各国の旅行会社によって投票され、世界一が決定します


世界一になるとは至難な業ですよ


新世界7不思議にも選ばれ、コンデナストやトリップアドバイザーでも常に上位を獲得しているというモルディブ


そんな国で働けてよかった~


ちなみに、モルディブ=水上コテージのイメージで、中でも一番人気なのは

Adaaran Prestige Water Villasです


私的には意外なところでした。


確かにAdaaran Prestige Water Villas はお値段もリーズナブルでバトラーサービスもあるので、そこが人気のポイントだとは思いますが



マルハバ! - from Maldives これがそのリゾート!


水上ヴィラが立ち並んでいます

マルハバ! - from Maldives お部屋の中



マルハバ! - from Maldives


こんな感じです


まだまだ素敵な水上コテージをお楽しみ頂けるのは、モルディブならではですね


ぜひ一度世界一のロマンティックを味わいにお越しくださいませ



Sherry

こんにちは、「おじ」です。

皆さん、モルディブの時差ってご存知ですか?


-4時間です。

日本より4時間遅いんです。

つまり、「笑っていいともsign03」が始まる時間にこっちは朝8時なんです。

日本では「お昼やーすみはっ・・・」って歌っているころ、モルディブでは「おはよう」といっています。

時差ボケは基本的にありません。

こちらには夜に到着するので、リゾートにつく頃には疲れ果ててぐっすりお休みになれます。moon3


さて、今日はヴァドゥさんの紹介の最後をしたいと思います。

ヴァドゥさんの特徴

1.至る所に日本が感じられる。

2.日本が感じられるからこそ、リゾート全体が穏やかで静か

3.ダイビングすると魚がいっぱい


ということで、


潜ってきました。

でも、水中カメラは持っていないので海の中の写真はなし。

その代わりダイブショップの写真を。


マルハバ! - from Maldives


ほいっ!


あっcoldsweats02

旗が逆向き・・・shock


まっ、まぁご愛嬌ということで、見ての通りPADIの所属です。



マルハバ! - from Maldives

ほいっっ!!ダイブショップです。

日本人のインストラクターが2名います。

とってもフレンドリー!!

もちろん、ライセンスを取ることもできます。


なんだかんだ体験してみないとわからないということで、ハウスリーフに潜らせていただきました。

いろんな魚が、いっぱいいます。

ナポレオン・うつぼ・ハタタテダイ・ギンガメアジの群れなど、魚がうじゃうじゃ


っというのも、乾季は潮の流れが強いらしく、みんな岸辺に集まってきているらしいです。

どのくらい強いかというと、泳いでいるお魚さんが必死!!むしろ気を抜くと魚が流されてしまうくらい。

各言う「おじ」もロープに捕まって体を支えないと簡単に流されるくらい、潮流が強かったです。

ダイブショップの人曰く、

「乾季は初心者のリーフダイビングは無理。潮流が強すぎて対応できない。だから、必要最低限のチェックをしたら、ボートダイビングをしに行きます。逆にベテランさんはハウスリーフでのダイビングは面白いと思いますよ。いっぱい魚が見れますから。乾季のハウスリーフはベテランさんしかだめですね。

雨季は初心者でもハウスリーフで問題ありませんよ。ただ、少し透明度が落ちますけど・・・」

とのこと。


確かに透明度は11mのところから20m先までくっきりと見えるほど透明でした。


ちなみに、潮の流れが強いせいで、お魚さんたちはかなり岸のほうまで上がってきています。

だから、シュノーケリングでもかなり多くの魚が見れます。


さらに、このダイビングショップではオリジナルダイブログを作ってくれます。


マルハバ! - from Maldives

これっ!!

いい記念になります。

「おじ」も大切に保管しています。

ちなみに、今回は水深11m、ダイビング時間30min、残圧70!!

でした。

明らかにairの使いすぎ・・・

11m、30minで130もAirを使うとは・・・

トホホ・・・


でも、ヴァドゥーさんでのダイブは多くの魚を見ることができますので、ベテランダイバーさんには是非お勧めいたします!!


さて、3日間にわたってお届けしました、ヴァドゥーさん。

非常に静かです。

日本を意識しているので、不要な音がない。

パーティーとかもあまりやっていないので、本当にゆったりと過ごしたいハネムーナーの方、シルバーの方、まだお子さんが小さなご家族の方にお勧めです。

特にお子さんが小さなご家族の方には、リゾートには多くの日本人がいるので困ったときに手助けを求めやすいです。

大きくなるとちょっと遊ぶのにお子さん向きではないですね。

そして、ダイバーさん。

昼間はガッツり潜って、夜はゆっくりできます。

ダイバーさんにもお勧めです。


是非是非、アダーラン・プレステージ・ヴァドゥに訪れてください!!

こんにちは、「おじ」です。

今日も快晴sunのモルディブから昨日の続きを。


さて、リゾート全体のご紹介はしたので、今日は部屋の紹介を。

ヴァドゥさんは水上ヴィラしかありません。


マルハバ! - from Maldives

ちょっと、遠いかな?

ビーチから撮った写真です。

こんな風に水上ヴィラだけ。


んで、中はというと。


マルハバ! - from Maldives  ベッドを正面にして右側eye

マルハバ! - from Maldives  ベッドを正面にして左側eye

マルハバ! - from Maldives  ベッドeye

中は広々荷物を置くスペースも十分にありますし、ベッドも広い。

しかも、枕を選べるときたもんだ。happy01

枕って人によって好みがありますよね。

ふかふかの枕がいい人、固めの枕がいい人。

「おじ」は枕いらない派です。


・・・despair


どうでもいい?coldsweats02


ですよねーーーーー!!!wobbly



気を取り直して、

ベッドから見える景色が、


マルハバ! - from Maldives

これ。

上の水上ヴィラ全景写真の反対側から撮った感じになります。


ちなみにプール付

といってもそんなに大きくはないです。


んで、お風呂はといえば。


ベッドの真後ろにあります。


マルハバ! - from Maldives

ジャグジー付

しかも広々。

日本人にはたまらんです!!

こんな大きいお風呂、日本人にとっては非常にありがたいですね!


さらにお風呂からは


マルハバ! - from Maldives


テレビも見れるし、

マルハバ! - from Maldives

外だって見える。

ちなみに、窓の向こうはベッド、その向こうにプール、それで外という位置関係。

シャワーブースは上の写真の右側


マルハバ! - from Maldives

ミニバーは左側にあります。



このヴァドゥ、実はもう一つ部屋の種類が。


マルハバ! - from Maldives

これ。

日本の旅館みたいな客室。

移ってないけど床の間もちゃんとある。

和室をイメージして作った水上ヴィラ。

6部屋しかありません。

和室でも寝る場所は


マルハバ! - from Maldives

ベッド。

これはツインに分けられていますが、もちろんダブルもあります。

お風呂やシャワーは同じ。


マルハバ! - from Maldives

でも、バスルームは格段に広いです。

広いといえば、


マルハバ! - from Maldives

プールもちょっと広い。


そして、この和室24時間セキュリティー付。

入り口にガードマンが立っています。

しかも、忍者の格好・・・


客室には浴衣も用意されています。

さらに、ビーチサンダルの変わりに雪駄

モルディブにまで来て和室かよ!と思ったそこのあなたsign03


和を意識しているから、非常に静か。shine

ゆっくりとすごすのに最適なんです。

なんだかんだ日本人、畳には親近感を覚えます。


この和室、事前の予約はできません。

宿泊しているときに、別料金を支払ってアップグレード。

だから、泊まりたいときに1泊だけ何てこともできます。

さらに、昼食または夕食付のプランでご宿泊でされている方は、和室に泊まると和食レストランでの食事もプラン内で可能です。


さらに、このヴァドゥの大きな特徴は

バトラー(執事)サービス!!

日本には馴染みがないバトラー(執事)


「お帰りなさいお嬢様。」

見たいには行かないですが、


フロントに電話して、バトラーを呼ぶ。

そのバトラーにコーヒーを作ってって言うと作ってくれる。

バトラーを呼んで、スパの予約なんてことも。

いちいち、レセプションに行ったり、スパに行ったりすることなく、部屋にバトラーを呼んで全て事足りてしまうんです。

一つのお部屋に1人のバトラーではないですが、バトラーを上手に使えば余計な時間もかけずに自分たちの時間を楽しめます。


おっと、客室設備の説明を。

シャワー・バスタブ付

オープンデッキで目の前はもちろん海sign03


プラグはマルチに変換できるプラグがありますが、一つの部屋に2つくらいしかありません。

プラグだけなので変圧器はお持ちください。

ドライヤーあります、セーフティーボックスあります。

ミニバー、冷蔵庫、コーヒーメーカーもあります。

もちろんバスローブや、タオルも。和室なら浴衣です。

インターネットはお部屋では有線です。


ただ、部屋から海に下りる階段はありません。

しかし、部屋の外、近くにはありますのでそれを利用してください。


さて、次回はヴァドゥのもう一つのポイントをご紹介します






H.I.S. モルディブ支店

2017.12
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧