こんにちは

「おじ」です。


今日は、ドンベリ さんのその他の部分をご説明いたします。


まずはプール
マルハバ! - from Maldives マルハバ! - from Maldives
マルハバ! - from Maldives

プール自体はかなり広いです。

もちろん、キッズプールもありますのでファミリー連れでも安心。

実は、モルディブのリゾートでキッズプールを用意しているリゾートってなかなか少ないんです。

もともと、大人の為のリゾートという色が強いので、子供の用のプールを用意しているところは少ないです。

その一方、キッズルームを用意しているリゾートは結構あります。

ご両親にせっかくのリゾートを二人きりで楽しめるようにという配慮だと思います。


でも、

「せっかく、モルディブまで来てプールって・・・」

というかた、

マルハバ! - from Maldives


海です。

遊泳エリアはラグーンになっていますので、波も潮の流れも影響を受けず存分に楽しんでいただくことができます。

シュノーケリングもこのエリアで行ってください。

しかし、このラグーン結構広いので十分楽しめます。


wave

といえば、

サーフィンsign03

意外とサーファーの方からの問い合わせを受けますのでここで少々ご説明を。


ドンベリさんではサーフィンはもちろんできます。

リゾート内はアジア人系のカップル、ヨーロッパ系のファミリー、そしてオーストラリア人のサーファーで一杯です。

ドンベリさんは良いサーフィンポイントを持っているのでもちろんサーフィンはできます。

sign01しかしsign03

ドンベリさんでサーフィンをする為には、オーストラリアの旅行会社へサーフィンの予約を入れなければなりません。

つまり、H.I.S.で事前に予約するという事はできません。

ドンベリさんでのサーフィンはオーストラリアの会社を通してやっていただくださいね。

そして、残念ながらH.IS.のスタッフはお手伝いできません・・・

お客様ご自身でお願いすることになります。


ちなみにですが、オーストラリア人サーファー達は朝の早くから海に入って波に乗っていました。

ジョニーです。

波乗りジョニーです。

そして、「気持ちよかったsign03」といわんばかりの最高の笑顔でリゾートを歩いています。


ちなみに、H.I.S.で事前にサーフィンの予約ができるリゾートは、フォーシーズンズ・クダフラさん、アダーラン・プレステージ(またはセレクト)フドゥランフシ さん、バンドス アイランド さん、そして、シェラトン フルムーンさんです。


明日からは、シェラトン フルムーンさんをご紹介いたします。

こんにちは

「おじ」です。


モルディブに絶対ある施設

それは、ダイビングセンターとスパ

この二つは必ずどこのリゾートにもあります。


ということで、本日はスパをご紹介いたします。


マルハバ! - from Maldives マルハバ! - from Maldives マルハバ! - from Maldives


施術方式はタイ式またはアーユルベーダ

以前、上司にアーユルベーダって何と聞かれて、すらすら答えてしまった「おじ」

男性にはなじみの薄いものなのでしょう。


ちなみに、アーユルベーダはインド式のマッサージ方式です。

本場のアーユルベーダはマッサージの前に医師が診断をして、その後にマッサージが始まる。

マッサージというよりそれこそ施術です。


というわけで、まずはタイ式マッサージルーム


マルハバ! - from Maldives マルハバ! - from Maldives

ドンベリさんは施術方式によって部屋が分かれます。

ですので、タイ式とアーユルベーダでは部屋が異なります。

基本的には二人用の部屋になっていますので、カップルマッサージもできます。


タイ式なので、トリートメントというよりはマッサージ

ですので、バスタブなどのトリートメント器材は置いてありません。


一方、アーユルベーダは


マルハバ! - from Maldives

こんな部屋。

部屋のつくりは同じですが、アーユルベーダを行うのに使う器材が置いてあります。

なんに使うのかは「おじ」もよくわかりませんが、

恐らく吊り下げている金属の甕に香油を入れて額へたらすのだと思います。

それでどうすのといわれてもわかりません。


といっても、これは「おじ」のつたない知識。

男性の皆さんsign03

詳しくは女性に聞くのが一番ですよsign03


って言われなくても、そうされるとは思いますが・・・


スパの設備は以上です。

次回、そうまとめのお話をしますね。

こんにちは

「おじ」です。


今日も早速ドンベリさんの紹介の続きへ行きましょう。


今日はガーデンヴィラをご紹介いたします。


マルハバ! - from Maldives

まずは恒例の外観


外観だけではなんともいえないので、早速中へ


マルハバ! - from Maldives マルハバ! - from Maldives

マルハバ! - from Maldives


つくりはスーペリアルームと大きくは変わりません。

ベッドに、ソファーベッドになるソファー

今回はベッド用の作り方をしています。

机とテレビ標準的なつくりは変わりません。


バスルームも


マルハバ! - from Maldives マルハバ! - from Maldives

特につくりで変わったところはありません。

今までのバスルームを見ていただいてお分かりの通り、ドンベリさんには屋外のシャワーはありません。

残念ですが。


ここで、スーペリアルームと違うのは、当然外の景色

ヴィラタイプなので、一棟独立となっています。

外はというと

マルハバ! - from Maldives

マルハバ! - from Maldives

ビーチは見えますが、スーペリアルームのほうが景色はいいかもしれません。


こう見てみると、スーペリアルームは一棟6室ですが、部屋としては意外といい部屋です。

価格も安いですし。


「おじ」の個人的な意見としては、スーペリアで十分

水上バンガロー・水上スイートはどうしても安く水上のお部屋に泊まりたいというお客様へお勧めいたします。

できれば、ヴィヴァンタ バイ タージコーラルリーフ さんやシェラトン フルムーンさんに泊まって頂く事をお勧めは致します。


ガーデンヴィラ自体はそこまで販売を致していませんので今日は軽くさくっと紹介を終わらせていただきます。

明日は、スパについてご案内いたします。

H.I.S. モルディブ支店

2017.12
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧