モルディブINFO 2017.08.07

キヒネッタ!?

最近釣りを始めました。まだ2回しか行っていませんがcoldsweats01(笑)

首都マーレでは、よく地元の方が夕方などに船着場の近くで釣りをしています。

釣具屋さんで、意外と安価で買えたので私もリールやロッドなどなどGETcat

釣竿を持ってフィッシュマーケットの前を歩いていたら餌にこれを買っていきな!(恐らくそう言っているはずsmile)と小魚を売ってくれました~。

ちなみに今のところ、餌で買った魚をそのまま調理したほうがコスパがいい、という結果crying

気軽に歩いて行けるので気長に挑戦し続けますsign03

***

リゾートに滞在するお客様より時々釣りに関するご質問を頂きますのでちょっぴりご紹介。

まず、基本的にリゾート本土からの釣りはできませんのでリゾート主催のフィッシングアクティビティにご参加頂き、ボートでポイントまで行ってからの釣りとなりますfishfishfish

レギュラーのアクティビティとしてご用意が多いのが、サンセットフィッシングやナイトフィッシングですflair

こちらはモルディブの伝統的なハンドラインフィッシングという、釣竿を使わないものです。

Halavelimaldives2016sunsetcruisefis画像はConstance Halaveli様より拝借。

写真で見える丸い糸巻きに巻きつけている糸に釣り針と餌をつけて海に投げ、指でクイックイッと様子を見ます。餌に魚がかかったら巻き上げる~sign03

レッドスナッパー(真鯛)やバナナフィッシュなどいろんな魚が釣れますshine

こちらはお子様も気軽に参加できるのでファミリーでのアクティビティとしてオススメですねconfident

釣竿を使用した本格的なフィッシングを楽しみたいお客様はビッグゲームフィッシングflair

Big_game_fishing2 こちらはBandos様より拝借。

ビッグゲームフィッシングはレギュラーでスケジュールされていない場合がほとんどですので、ボートをチャーターしてのご参加となります。

大体4時間くらいからで、ほぼプライベートアクティビティなのでお値段はラインフィッシングに比べて結構しますがアクティビティ内で使用する釣竿なども含まれていますのでその点は嬉しいかと~happy01

釣れる魚はその日のコンディションによって様々ですが、ツナ、ワフー(カマスサワラ)やバラクーダ、時々GT(ロウニンアジ)のような大物にも出会えるみたいですup

アクティビティはリゾートによってご用意している内容が異なりますので、気になる場合はご出発前にご確認頂くことをオススメしますsign03

***

リゾートに比べ、マーレやフルマーレは釣りに関しての厳しい決まりはないようなのですが、共通しているのはサンゴや海の生き物を傷つけてはいけないということですねpunch

マナーを守って楽しい釣りをcatface

20170805_180147自然の景色も楽しめるのが嬉しい~lovely

ではではsign03

(更新頻度をあげるのに挑戦中!)*チヒロ*

モルディブINFO 2017.07.15

キヒネッタ!?

快晴続きのモルディブ。

島国ながらののんびーりとした日々が続いていますcatsun

モルディブといえばリゾートで、憧れの水上コテージに滞在、ビーチでカクテル片手にのんびり…

というイメージが強いかと思いますが、実際には1200ほどある島のうちリゾートとして開発されているのはこの10分の1程度(まだまだ増えてきていますが…)。

2009年までは旅行者はリゾートしか訪れることができなかったのですが、

今ではリゾート以外の現地の方が暮らす島へも訪問することができるようになり、

ローカルアイランドでの滞在の人気が高まっていますshineshine

せっかくその国に行くなら、現地のこと、もっと知りたくない?kissmarkboutique(ブルゾンち○み風scissors

そんな皆様におすすめのツアーがH.I.S.エコツアーデスク主催

flair素顔のモルディブに出会う7日間 flair

http://eco.his-j.com/eco/tour/TF-MLE001 (エコツアーwebsite URL)

↓↓ツアーおすすめポイント抜粋↓↓
~モルディブのローカル島で「手つかずの美しい海」、「人々との出会い」、「新鮮な魚料理」で、心にチャージする休日~
海ガメや熱帯魚と出会う美しい海を満喫、モルディブ式魚釣りも体験
お宅訪問&子どもたちと交流で異文化交流!
★モルディブの抱える環境問題を学び、環境保護活動のお手伝い
★元JICA青年海外協力隊員の日本人ガイドが同行。モルディブの魅力を余すことなくご案内

Received_10156331029070265(シュノーケルのイメージ~)

モルディブの美しい海や景色を感じることができるのはもちろんですが、

現地の方と触れ合って暮らしを学んだり、この国が抱える課題を考えてみたり、

滞在の中で得られるものがたくさんありますsign03

ぜひ、新たなモルディブの一面を見てみませんか?

こちらのツアー、現在催行決定が出ているのは来月8月12日出発となりますconfident

ご希望のお客様は以下のURLよりご参照頂き、HISスタディツアーデスクまでお問い合わせくださいませshine

http://eco.his-j.com/eco/tour/TF-MLE001 (エコツアーwebsite URL)

皆様のご参加お待ちしておりますっheart04

*チヒロ*

モルディブINFO 2017.05.29

こんにちは。

先のブログでもあったように、5/27からラマダンが始まりました。

最近は雨が降り続いていたのですが、ラマダンが始まってからは快晴のマーレですsun

このラマダンとは、日中(日の出前から日没)までの間、一切の飲食を禁止し

神様からの恵みに感謝したり、空腹を経験することで飢えで苦しんでいる人々の気持ちを理解しようとすることだそう。

日の出前から日没の間とは普通に活動している時間ですしモルディブは暑いので動けば喉も渇きますし、飲食を禁止するってかなり意志が強くないと約1ヶ月も乗り切れません。。。

ムスリムの方々はすごいですね。

さて、日が沈むと、彼らは食事を摂ることができます。

その最初の食事が「ラマダンブレックファスト」です。

こちら。

Img_2161

モルディブの朝食の定番のマスフニ、フライドヌードル、パスタ、グリルドチキン、カレーで煮込んだポテトなどをいただきました。

Img_2164

マンゴージュースとスイカジュース。

Img_2173 ケーキ2種とチョコレートムース。

私が行ったお店はブッフェスタイルで、18時過ぎに着いた時はもう長蛇の列が!!

前に並んでいた女子2人組は待ちきれないよ〜といった感じではしゃいでいたり、隣のテーブルのご夫婦はお皿いっぱいに高々とよそっていたり、と待ちわびていた食事をみなさん思い思いに食べていました。私は断食していないのですが、かなりお腹が空いていたので周りの空気に乗っかり、お腹いっぱい食べました。とても美味しかったですshineスタッフM

H.I.S. モルディブ支店

2017.12
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧