皆様 ciaoですheart01


3月までは、卒業旅行シーズンで日本人が目立ったイタリア各地も、

イースターを前に、世界各国からの観光客で、ごった返してきました。

季節(お天気)はよくなりますが、大渋滞、大混雑で、どこもかしこも大変な季節の到来です。shock


さて、イタリアの飲み物、といいますと、

エスプレッソ、カプチーノ、カフェラッテ。
コーヒー好きな方には、本場のカフェはうなるほど嬉しい美味しさですね。kissmark


しかし、イタリア人の”カフェする?”は、日本人の”お茶する? ”とは雲泥の差。

日本のように、お代わり自由(ありえません)、ゆーっくりおしゃべりできる(してもよいけど、落ち着かない)ような、カフェは少ない上に、お値段が何倍かになってしまいますweep

エスプレッソなどは、10秒あれば飲み干してしまう量ですしね。。。座る間もなく終わってしまうやん。weep



でも、もしこんな素敵な景色が見えるカフェだったら、ゆっくりしたいと思いませんか?

ということで、目にも、喉にも美味しいカフェをご紹介いたします。



H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

フィレンツェの観光スポットbest 3に入るベッキオ橋が目の前にーlovely

朝から夜遅くまで開いていますので、ベッキオ橋を眺めながら、朝食、昼食、夕食をいただいたり、

もちろん、観光、買い物のお疲れを癒しに、カフェやおやつの時間もgood,

お勧めは19時から始まる”食前酒タイム”(happy hourといわれますheart04)に行くと、

ドリンク一杯の料金で、お腹一杯のおつまみ(ビュッフェ)がいただけて、これがまた美味しいんですgood

ベッキオ橋はライトアップされるので、本当にいつ行っても素敵なベッキオさんを拝めますheart02



お次はこんなパノラマのカフェでございます。down



H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪


H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪
この写真でお分かりになった方は、

フィレンツェ通でございますね。

ベッキオ宮殿をこのアングルで、見れるのは、そうです、あそこしかございませんsign03



H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪




H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

ウフィッツィ美術館の中にあるBARは、

なんと、シニョーリア広場の彫刻の置かれたロッジャ(右上の写真)屋上に繋がっているので、

こんなすごいアングルのベッキオ宮殿を眺めながら、カフェできちゃうんですねscissors

冬は寒くて居られないので、クローズしていたテラス席も、いよいよオープン

ビーナスの誕生見て、ダビンチさん見て、ミケランジェロさんに会う前に、

疲れた方は是非一服してから、たっぷりUFFIZIを鑑賞してくださいませhappy01



さて、最後はもちろん FIRENZE人気NO,1のこれを見ながらカフェでしょうgood



             ジャンdown
H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

あまり知られていない場所なのですが、

実はDUOMOがどかーんと見えて、

何時間居ても、追い出されることもないッ素敵な場所なんです。

しかも立ち飲みでも、テーブルについてゆっくり飲んでも、同じ料金ですsign01

なぜかというと、それは、、、、、なんと、図書館だからですeye



H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

H.I.S.イタリア支店 ♪カプチーノ天国♪

  DUOMOの屋根の下から正面に延びる

  L'ORIUOLO 通りの26番に、

  こんな地味なup入り口があり、

  OBLATE 図書館と書いてあります。

  市民図書館ですから、もちろん入場無料です。

  で、2階に上がりますと、この素敵なDUOMO VIEWの

  カフェがあるというわけです。


 

 建物は、もともと病人を介護する施設として使われていた中世の建物ですので、趣もたっぷり。

 FIRENZEの学生さんたちが勉強(いや、おしゃべり?)にいそしんでいる横で、

 DUOMOを見ながらカプチーノタイムはいかがでしょうか?

 こちらは料金も 学生さんにやさしい、嬉しいsmile料金です。


 ということで、是非、本場のエスプレッソやカプチーノを、美味しい景色と一緒に味わってくださいませsign03

 

 ちなみに今年の夏の、IMPRESSOのツアーには、ヴェッオ橋の見えるカフェでのランチが

 お楽しみいただけるものがございますsign01

 是非是非 いらしてくださいませnotes



 VECCHIO橋の見えるカフェ

 GOLDEN VIEW

 VIA DEI BARDI 58R

 

 VECCHIO宮の見えるカフェ (UFFIZI MUSEUM内のカフェ)

 PIAZZALE DEGLI UFFIZI


 DUOMOの見えるカフェ    (OBLATE図書館内のカフェ)

 VIA DELL'ORIUOLO 26 


 カプチーノファン幸でしたhappy01







モノクローム・フィレンツェ12高井晶子
フィレンツェの建物は、どれも大きい。重量感のある石積みの建物は、見上げるばかりの大きさだ。建築された当時、電力などはなかった訳で、その技術力にはただ驚かされるばかりだ。
copyright2007-2008 AKIKO TAKAI

モノクローム・フィレンツェ13高井晶子
ところが、驚くべきこの「大きさ」が、写真を撮る時にはちょっと困ったこととなる。写真に収まりきらないのだ。
copyright2007-2008 AKIKO TAKAI

モノクローム・フィレンツェ14高井晶子
全体像が美しく収まった絵葉書のような写真を撮ろうとしても、なかなか上手くいかない。しかし、絵葉書のような写真を撮る必要があるだろうか。自分の目で見たフィレンツェは、絵葉書のようではなかったはずだ。曇ってどんよりとした空だったり、雨で石畳に水溜りができていたり。多くの観光客でざわついているかもしれないし、冬の閑散期でちょっとひっそりしているかもしれない。
copyright2007-2008 AKIKO TAKAI
モノクローム・フィレンツェ15高井晶子
写真には、その時だけそこに漂っていた空気感というものが写り込む。空気に含まれる水分や陽射しの量、そしてもちろん、そこに集う人々。様々な要素によって醸し出される街の空気感は、写真の雰囲気に大きく影響する。
copyright2007-2008 AKIKO TAKAI

モノクローム・フィレンツェ16高井晶子
絵葉書はもちろん美しい街の姿を収めているが、どこか最大公約数的だ。思いでの写真を見るときは、自分の目で見て肌で感じたその雰囲気が甦るような、そんな写真を撮りたいものである。
copyright2007-2008 AKIKO TAKAI

記事&写真提供: 写真家 高井晶子

高井晶子(写真家)
7年間のOL生活を経て、2000年7月渡英。
Kent Institute Of Art and Design
(現University College of the Creative Arts)にて
写真を学び、卒業後日本に帰国。
現在は写真家として活動し、写真教室講師としても勤務。

グループ展・個展
2005年 Art Photo Site Galleryにてグループ展『Cityscapes』に参加
2006年 NADAR/SHIBUYA355にて個展『tokyo nostalgia』

在英中には、友人と写真集『this living thing』を自主出版。

◆写真家「高井晶子」個展のお知らせ◆
こちらのブログで紹介させてもらっている写真も展示予定。

『silent walker』
場所:NADAR/SHIBUYA355
日時:2008年4月28日(月)~5月17日(土)
開館時間:10:00-19:00   *最終日は16:00まで
休廊日: 日祝
詳細インフォメーション


**本記事内のすべての写真は写真家・高井晶子の知的財産であり、無断に複写・転載を固く禁じます。
◆写真家「高井晶子」個展のお知らせ◆
H.I.S.イタリアのブログでも紹介 させてもらっている日常のフィレンツェを切り撮ったモノクロの写真も展示予定。
光と影のフィレンツェを東京でご堪能ください。


『silent walker』
場所:NADAR/SHIBUYA355
日時:2008年4月28日(月)~5月17日(土)
開館時間:10:00-19:00   *最終日は16:00まで
休廊日: 日祝
詳細インフォメーション

これまで3回にわたってモノクロ写真と写真家の目で見たフィレンツェを紹介しています。
興味のある方はこちら へ!!
最終回となる第4回は5月5日配信予定です!!


H.I.S. イタリア支店

セリエA観戦チケット

イタリア支店のスタッフが自信を持っておすすめする、スポット情報を盛り込んだ旅行プランを作りました!

コロッセオ

プラン名:「ローマ満喫1日観光」

AM 09:00 スペイン広場
AM 09:50 移動 (徒歩30分)
AM 10:00 トレヴィの泉
AM 11:00 移動 (徒歩30分)
PM 12:00 パンテオン
PM 13:00 ナヴォーナ広場
PM 14:30 移動 (地下鉄30分)
PM 15:00 コロッセオ
e.t.c...

このプランの続きを見てみる→

ローマのおすすめプランを見てみる→

2017.03
loading...
WORLD情報局