どうも、皆さんこんにちはwink
最近は専ら、朝RUNにハマっております!

2017年4月9日(日)、ホノルルハーフマラソン・ハパルアに参加してきましたcatfacenote

ホノルルハーフマラソン・ハパルアとは

最近急上昇で人気になっているこの大会は女性にも好評で気になっておりましたpig
AM6時にスタートするハーフマラソンなのでAM9時ごろには終わりますよね!
その後買い物をするも良し、オプショナルツアーに参加するも良しっscissors

まずは出発の様子からお届けします!
JALのサクララウンジを視察させてもらいましたsmilesign01
ラウンジ利用方法はこちら

Img_7419

ラウンジは広々していて、ゆっくり過ごせますねcatface
ここで寛いでいるだけでも楽しい。

Img_7430

サクララウンジ名物のカレーに舌鼓して出発を待ちます!
サラダバーやビール、シャワールームも無料で利用できますscissors

Img_7433

Img_7431

Img_7436

ラウンジを存分に堪能し、いざ南国の地ホノルルへっhappy02sun
ツアーだと荷物を全部預けてホテルに持って行ってくれるので手ぶらで散策がスタートhappy02scissors
なんだかちょっと偉くなった気分wine

Img_7447
さあ、まずはゼッケンの引換えにホノルルコンベンションセンターへ!

Img_7448
会場内はローカルの方多めで、盛り上がっています!
それもそのはず。大会参加者約8000人中、日本人参加者は約2000人。
ホノルルマラソンとは違い、まだまだローカルな大会なのですwinkgood
それが逆に良いんですよね~up
まだ日本人に染まっていないローカルな雰囲気が残っている大会は
いかにも「海外マラソン」って感じでとっても面白いんですhappy02upup
特にゼッケンを引き換えるEXPO会場は各大会によってそれぞれ毛色が異なりますので
会場の大小関係なく楽しみのひとつsign03

Img_7451
ゼッケン引換えは日本人デスクがあるので、日本語で会話して受け取れます。
こういうところは嬉しいですよねgoodnote
Img_7455
あとは参加賞のTシャツを受け取って、会場内をうろうろ。
(参加賞のTシャツは予想してなかった真っ赤なテイスト。う~んこれは着ないかも。。)
Img_7458
オフィシャルグッズはスペースは大きくないものの、Tシャツ・タオル・CAPと種類は豊富ですdiamond

Img_7459
ここで肝心な物を受け取りましょう!
JALでハパルアに参加するとゴール後に無料で特別テントを利用できるんですっpaper
だからJALで行く人が多いんですよね~~~smile
忘れずにピックアップ成功scissors
と言っても日本語対応なので楽チンです(笑)
Img_7466
参加者の名前が入った横断幕から自分の名前を探したり~、
記念に写真を撮ったり満喫できましたfull

Img_7468

Img_7463
さあ、いよいよレース本番の様子もお届けしますrocksun

スタートはAM6時!
まだ少し暗い中スタート地点までは徒歩で移動します。
スタート地点はワイキキのデューク・カハナモク像前なので、ワイキキ中心地に宿泊していれば
大抵歩いていけます!
ちなみに私はホリデイインリゾートワイキキビーチコマーに宿泊していたので徒歩5分ぐらいで到着っscissors

会場には30分前に到着したので、すでに熱気に包まれ盛り上がっていましたup
特にスタートブロックも分けられていないので自由にスタート位置に並びますwink
こういうところが海外マラソンっぽくて好きなんですよね(笑)

Photo

Photo_2
さあ、いよいよレーススタートですhappy02sign03
コース詳細はこちら

Photo_3

ホノルルの象徴、カメハメハ大王像の前を通り過ぎて行きます!

_s7a4118

折り返したら、ホノルルの日差しを全身に浴びますsun
広々したホノルルの道路を独占して走ることができるのでとっても気持ち良いsign03_s7a4155

沿道の応援とボランティアの笑顔に助けられながら、ダイアモンドヘッドの坂を上ります。
この坂が正直きつかった。。。

_s7a4326

_s7a4467

坂を上りきれば、とびきりのご褒美が待っていましたcrying
あ~この景色のために走ったんだな~~と実感。。

1

ダイアモンドヘッドを上りきればゴールは目前!
楽しかった21Kもいよいよ終幕です!!

Photo_4
メダルを受け取りフィニッシュエリアではリフレッシュメントを楽しみ、お待ちかねのJALテントで休憩!ゴール後に配られているマラサダは絶品なのでここだけは外せない。。

_6b_2659

_6b_2703
JALテントでは、カレーやそうめん、マラサダ、クッキー、フルーツ、飲み物と充実していましたupup
テントの中も広く、待合スペースとしても使えるしゴール脇に設置されていたので沿道の応援をすることもできますhappy02JAL利用者しか使えないテントなので、とっても得した気分ですfull

ゴールしてゆっくりテントで休憩しても、まだAM10時!!!
このあともがっつり遊ぶことができます!

レースの前後を考えても人気な大会というのは納得ですdiamond
多少のアップダウンはあるもののホノルルマラソンの良いとこどりのコース設定で、ローカルの雰囲気が存分に残っているのでホノルルランを楽しめますcatfacenote
JALテントでゆっくり休むことができるのでやっぱりJAL利用はおすすめですねgood

人気になり過ぎる前に参加してローカルな雰囲気を楽しんだ方がいいかもしれません(笑)

最後にホノルルの空と海を背景にメダルをパシャリcamera
我ながら良く撮れています(笑)

Img_7632

レース後は海沿いでヨガなんて如何でしょうcatfacescissors
インスタ映えすること間違いなしgood

18881727_1056546227810047_696591352



【ホノルルハーフマラソン・ハパルアツアー】はこちら






こんにちは!久々のマラソンブログrun ひだこですnotes

みなさんはオーストラリアのマラソン大会というとどこを思い浮かべますか?
ゴールドコーストやシドニー、メルボルンなどが日本人参加者も多いので、聞いたこともあるのではないでしょうか。

ですが今回はあえての西オーストラリア、パース!魅力たっぷりの都市ですdiamond
【CITY TO SURFシリーズ】パースマラソンの様子をお伝えしたいと思いますscissors

パースマラソンは8月の最終週(今年は27日。ツアーはこちら)に開催されます。この時期のパースは、冬ですが日本で言うところの3月末くらい。寒いですが、日が当たったり天気の良い日は少し暖かいかなという感じです。

パースはのんびり過ごすだけでも心地の良い街ですが、オプショナルツアー等で行ける観光地もたくさん!マラソン以外は観光をお楽しみください🌸

実はひだこ、昨年プライベートで参戦してきました。

8/26(金) 夜着
8/27(土) ゼッケンピックアップ&エキスポ見学
キングスパーク・フリーマントル観光/スワンバレーワイナリー観光
8/28(日) マラソン 
8/29(月)ピナクルズ1日ツアー 
8/30(火)ロットネスト島観光

さてさて、マラソンの様子はこちら

●EXPO
やはりココは大規模マラソンとは比べて小さめ、ただ、ASICSの大会オリジナルウェアはほぼ売り切れ!😱ネット販売で既に終わってしまったようです。
それでも、FINISHER Tシャツはゼッケンとともにもらえるので記念になります☺️
思いっきりFINISHERと書いてありますが、デザインも素材もなかなか🤔

Img_20621

Img_2201

●スタート

フルマラソンは朝7:55スタート。
宿泊していたパンパシフィックからは徒歩で行けるので、6:30にホテルを出てスタート地点へ向かいます。
まだ暗い中で人も少ない。。。あっているのか?!と疑い小走りで向かいましたが、
スタート後コースとなる大通りにはCITY TO SURFの旗が並んでおり次第に人の気配が。

Img_22221

ようやくトイレや荷物預けのある場所に到着。実はローカルの方々はハーフマラソンや10kmの方に参加する人の方が多く、フルマラソンは少なめなんですね。
トイレも少なくて、スタートぎりぎりまで並びました。
トイレが心配な方は早めに並びましょう。。

Img_22211_3

何はともあれスタートの列に整列。
さすがオージーの盛り上がりに乗せられてあっという間にスタートラインをこえて走り出します!

Img_22311


スタート後すぐに坂が待っていますが、ここはアドレナリンでクリア!
港を横に次第に明るくなる町並みを通り過ぎ、遠くなっていく港の景色を見ながら走っていきます。少し雨もぱらつき、肌寒くもなってきました。

Img_22391

なんと、虹も🌈出て来てくれました〜!

Img_22461

キングスパークに入り、ぐるぐるしている間にはもうハーフのペース速めの方々がどんどん追いつき、追い越していきます。ただ、ハーフが多いだけに、フルのゼッケンを明らかにオージーより体力のなさそうな私がつけているのをみて、声をかけて通り過ぎていくオージーがちらほら。

嬉しいですね💪💪💪

Img_22701

パークを抜けるとながーい道。この先にSURF、海がみえるのね~!!
ココまでは自己ベストペースということもあり、少しスピードアップdash

Img_22821

ところが、、、後半、襲ってる魔の細かいアップダウンthunderthunderthunder
地味な坂の繰り返し、心折れまくりました。。。

Img_22901

そしてついに見えてきたフィニッシュゲート!!
最後の力を振り絞ってフィニッシュ!scissors

Img_23031

Img_23271

結局後半大きく失速してしまいましたが、大なメダルももらえ、とっても満足!
ドMなコースだ、、、と思いますが、ぜひぜひ日本人も少ないこのローカルレース、
味わってほしいですrock

Img_23951

そしてここからはshineマラソン以外のお楽しみをご紹介

マラソンでも通るキングスパークでは、9月からワイルドフラワーフェスティバルが開催されます。ということで、8月末にはもう咲き始めているものもちらほら。
写真の様なワイルドフラワーと呼ばれる特有のお花達を見ることができますよ。
一番左はカンガルー・ポーと呼ばれる品種。確かに、カンガルーに似てますよね!happy02

Fotorcreated
港町、フリーマントルでは大きな市場があり、食品や雑貨、カフェなどが並んでいます。買い食いするも良し、お土産探しも楽しいですよ。
ちなみに、エミューのオイルが筋肉疲労にいいときいて、私はマーケットでゲットしました!ワイルドフラワーの蜂蜜も試食させてもらいましたよ。

Img_20991

Img_21081

また、パースのある西オーストラリア州は、広大な土地と安定した気候のため、多くのワイン産地があります。ワイナリーツアーはワイン好きであれば是非行っていただきたいです!winewinewine

Img_21561

Img_21401

ワイナリーごとにテイスティングをさせてもらったり、そこでしか購入できないワインを買ってホテルで飲むのもいいですね。テイスティング時にチーズを出してくれたところもあり、そのチーズもまた美味でした!
それぞれ特徴があっていくつか回れるととっても楽しいです!🍷
※テイスティングも料金がかかるところもあります。


郊外にはなりますが、パースのオプショナルツアーで人気なのが、奇岩群ピナクルズのツアーやロットネスト島のツアーshine

ピナクルズは4WDのバスでむかいます。ツアーでは、その間に動物園等も寄りながら行きます。

Img_25831

まさに奇岩群!これがピナクルズです~eye

なんとも不思議で幻想的な風景。。。

Img_25461

かくれんぼなんかも出来ちゃいます笑

帰りは砂丘に寄って、砂すべり~
これがまたスリルがあって楽しいのです。

そして、4WDバスに乗ってもなおアトラクションが繰り広げられます。。。
スリル。。。sweat01

Img_27011

もう一つのロットネス島もとってもステキなところですheart04パースの港からフェリーに乗っていきます。ship

Img_27701

島についてからは、のんびりするのもいいですが、島内を観光するのであればツアーバスがオススメ!
Img_27981

ところがマラソン後にも関わらず、私たちは自転車で島一週となりました。。。coldsweats02

Img_30031

必死!!

でも以外に使う筋肉が違うので、リカバリーにいいかもしれません。なんて。

目的の展望台まで行ったら折り返し。ここで自転車の大会もあるらしく、本格的なロードレーサーを何度か見かけました。

ロットネス島はビーチがきれい!!wave
夏だったら間違いなく入ってました!sun👙
さすがにちょっと寒いので、脚で我慢。。。

でもこの透明度、見ていただければ分かると思います。

Img_29731

Img_30741

そしてなんといっても!この島の最大の魅力は、、、
この島にしか生息していない珍しい有袋類。【クウォッカ】に会えることlovely

見て下さいこの顔!めちゃめちゃかわいいんです。happy02
【世界一幸せそうな動物】とも言われています笑
この角度が常に笑っているように見えるんですね。

実は、ピカチュウのモデルになっているとかいないとか、、、

Img_33661

Img_31571

島を散策しているとそこらあちらに現れます。
ただ、本当に野生のままなので、じかに触るのはやめておきましょう。。
サルモネラ菌などでおなか壊してしまうかもです。😰

そんなこんなでパースの魅力、伝わりましたでしょうかsign02
マラソンはもちろん、その他たくさん見て、感じて、体験していただきたいことがたくさんある街です。

逆に、なにもせずにゆ~っくり、もしたい街でもありますcafe

ぜひぜひマラソンをきっかけに、行ってみてはいかがでしょうか。

ではまた次回!
最後までお読み頂きありがとうございましたsmile

2017年のツアーはこちら

ひだこ

皆さま、こんにちはnote

マラソン大好きひろきちですscissors

いよいよ、世界6大マラソンのひとつ東京マラソンですねsign03
まさにランナーの祭典sign01

大会受付の東京マラソンEXPOも毎年物凄い賑わいで来場者は
10万人と言われておりますhappy01


Tokyomarathonexpo_logo

そして今年sign03
H.I.S.は東京マラソンEXPO 2017に出展しますscissors



詳細はコチラ!
http://sports-his.com/marathon/TOKYOEXPO.pdf



ブースでは本場のハワイグッズをお買い求め頂けたり、
ホノルル駅伝や世界6大マラソンをはじめ人気のある海外マラソンの説明会を行いますnote

また、説明会にお越し頂いた方にはプレゼントもhappy01
説明会の終わりには景品の当たるじゃんけん大会もご用意しておりますgood

さらに、アンケートにお答え頂いた方の中から抽選で、豪華景品をプレゼントup

ブースではホノルル駅伝参加も決定した走るメイクアップアーティスト、
ミワンダフルさんが紫外線や汗にも負けず美しく走るための
【走っても崩れない!最強メイク講座】ワンポイントをレッスンしますvirgo

世界各国を旅して1万人以上にメイクをしてきた彼女ならではの視点をお楽しみにsign01


そして、2月25日(土)には中島靖弘コーチと大杉亜依里さんによるトークショーを開催sign03sign03

1中島靖弘コーチ

Attachment1

大杉亜依里さん

是非お越しくださいませ♪

H.I.S.スポーツイベントセクション

2017.11
loading...
WORLD情報局