こんにちはhappy01

今週は先週とは違い、暑いトロントですhappy02sun

暑いときに食べたくなるのは、やはりアイスクリームheart04

というわけで、blog TOでも紹介されている

話題のお店に行ってきました('ω')ノshine

Img_0146

このお店は、Dundas St Wに位置しておりSt Patrick駅の近くですnotes

St Patrick~Dundas駅までは、リトルトーキョーとも言われるほど、

ラーメン、お寿司辻利Uncle Tetsuなどの

日本に馴染みのあるものがたくさんありますcakeheart04

近日中に、PABLOという日本で大人気のチーズタルトのお店も

オープンするみたいです(*'ω'*)

早速、入店!!!

フォトジェニックなアイスクリーム目当てに店内には

たくさんのお客さんで賑わってましたwink

私がオーダーしたのは、クッキーモンスター

見た目の通りで可愛いですよねconfidentheart02

Img_0141

ボードにはイラストやメッセージが書いてあり、

綺麗にデコレーションされていましたeyeflair

Img_0130

Img_0131

Img_0139

Img_0142

クッキーモンスターとアイスクリームを一緒に

写真に撮ってみましたshineshineshine

(実はこれやりたかったのです…bleah笑)

Img_0136

フォトジェニックスポットを訪れて、

食べることと、写真を撮ることと両方楽しめますね!(^^)!

むしろ、写真を撮るのが目的smile!?

写真を撮るレベルを上げたいと思う今日この頃(笑)

ボリューミーで食べごたえがあるので、

ぜひお友達と訪れていろいろ試してみてはいかがでしょうかconfidentsign02

fugo DESSERTS

blog TOで紹介されたリンクですeyeflair

Millycherry

トロントの夏、満喫してますかup

ナイアガラもモントリオールもケベックも行ってどこも行くとこがない~sad
と思ってる方、甘いsign01sign01まだまだトロント周辺にも行くとこがあるんですsign03

PARKBUS(パークバス)という会社をご存じですかflair
名前の通り、簡単にいうとトロント周辺の州立公園と市内を結ぶバス会社bus

今回はそのPARKBUSを使って行ける日帰りツアーと宿泊ツアーをご紹介します。

Map_2

①~⑥が宿泊が必要なツアーになります。

①Killarney Provincial Parkclover
北部オンタリオ、大自然の中でカヌーやハイキングが楽しめます。

②Grundy Lake Provincial Parkcherry
こちらもカヌーハイキング、ビーチもあります。
トロントからはバス往復約100$ほど。

③Algonquin Parktulip
夏から紅葉の季節までその美しい自然を楽しめます。こちらも往復約100$ほど。

④Bruce Peninsulabanana
オンタリオにいるなら1度は行ってほしい、青いビーチと大自然が広がるペニンシュラ。

⑤Georgian Bay Islands -Beausoleil Islandapple
ジョージアンベイの島々の中でも1番大きいBeausoleil Islandにボートで行きます。

⑥Six Mile Lake Provincial Parkbud
ジョージアンベイの近く、手付かずの自然が残ります。バス往復約90$ほど。

⑦~⑩は日帰りで行けるツアーになりますshine

⑦Elora Gorgericeball
Grand River沿いのハイキングもお勧めですが、Eloraの小さな街並みがまた魅力的。

⑧Rockwoodchick
洞窟、崖など神秘的な自然と、ハイキングやスイミングもできるアトラクションもあり。

⑨Kelso Conservation Areacherryblossom
ハイキング、スイミング、パドリングなど夏にぴったりのアクティビティが可能です。

⑩Rattlesnake Pointpenguin
ナイアガラの街並みを遠くから見渡せます。

H.I.S.トロント支店から予約承っております。rock

カナダの自然を味わうには持ってこいのツアーですnote

https://www.parkbus.ca

ご来店お待ちしてま~すsun

おしょこ

気が付けば、いつの間にか7月も半ばですね~runrunrunsweat01毎日雨が降ったり、止んでもムシムシ暑い日が続いたり、体調を壊されている方も多いのではないでしょうか…❓despairdespairsweat01夏風邪はしつこいので、皆様も予防などしっかりして、栄養のあるものをしっかり食べて、始まったばかりの夏を乗り越えましょう~~upuppunchpunchimpact

さて、今回も前回に引き続き夏のオタワをご紹介したいと思いますheart01heart01happy01happy01

My hometownのオタワなので、ご紹介したいところが沢山あっても、なかなか全部は一回では紹介出来ないのが残念なのですが…downcryingheart03そこで今一番オタワで暑い場所と言えば、こちらではないでしょうかsign02shineshine

20170704_114810
*オタワ・バイワードマーケットのど真ん中の市営の駐車場に特別イベント会場を設けています。OTTAWAサインもCANADA150mapleに並んで地元っ子にも観光者にも大人気!人が絶えず記念撮影をしています。
20170704_115410*CANADA150に因んだ”OTTAWA2017”(↑上記はオリジナルロゴ)が今年はオタワの目玉!年間を通して年中イベントが開催されています。この機会にぜひオタワへ足を伸ばしてみましょう~!!
20170704_115032*中間はこんな感じで、国会議事堂に繋がる階段までずっと続いています。ピースタワーもチラッとお目見え…!

オタワと言えば、このバイワードマーケット”しか有名sign02shineではないのかと思いますが、やっぱりそうなんですよねぇ~coldsweats01dash何かと言えば、このマーケットに注目がおかれます。その一つとして、夏は5月から毎日開催されFarmer's marketlovelyheart04お目当てに来られるオタワっ子、観光客の方が多いのですsign03

オタワと言えば、お隣ケベック州が本当に近く、特産物もカナダ=メープルシロップmapleだけではないのですsmilesmilesmileオンタリオ州は、カナダ国内でも唯一特産物の多い州なのですが、本当に何でも『Product of ONTARIO』shineの記載をよく見かけますeye巷では、"Good things grow~~notesin Ontario~~note"と云う歌もTVtvコマーシャルでも流れておりますhappy02up

20170704_115810

オンタリオの夏は、本当に何でも美味しくって、ついついFarmer's marketを目にすることもあちこちで見かけることも多くなり、色々食べたくなります~deliciousdash

そして何と言っても、野菜たちが新鮮で、その上安いsign01happy02やっぱりローカルFarmerさん達を応援しようrockという街全体の経済効果があると思いますgood安くて美味しいものに不満な市民はいません!confidentどこからどのように作られているのかが分かると、やはり安心して頂く事が出来ますよねflair

日本では「食欲の秋」mapleですが、こちらでは今が旬なのですsign03shineshine

8月になると🌽🌽🌽が一番美味しい季節になりますよ~lovelyheart01

とにかく道いっぱいにベンダーさん達が、楽しそうにお隣さんとお話したり、お客さんに味見を進めたり、庶民の台所感がたっぷり味わえて、見ているだけでも楽しい一角ですheart01happy01

20170704_115946*今旬のオタワの特産物と言えば、こちらの甘ぁーーーい苺ちゃん達です♡何と大きい1箱サイズが$10とかお得過ぎ!!
20170704_120128*いつも出してらっしゃるこちらのベンダーさんはとても親切で色んな種類の違いについても丁寧に教えて下さいました。
20170704_120240*ケベック州特産と言えば、こちらのメープルシロップです!そのまま飲みたいぐらい美味しい…(笑)ボトルも様々でカワ(・∀・)イイ!!

と、こんな感じで短く観光名所をご紹介させて頂きましたオタワですが、new今年National Postによると、カナダ一maple住みやすい都市NO.1shineshinehappy02に選ばれましたぁsign03goodgood

Resized_20170701_231419

寒い冬snow(極寒の時は̠-40度も余裕ですshock)でも耐えられる方には、最適な都市ですよsign04coldsweats02happy01sweat01

でもそれ以外は、とっーても住みやすく、フランス語も常に飛び交う、バイリンガルな緑の多い素敵な街ですlovelyheart04heart04

是非夏休みや週末を利用して足を伸ばしてみて下さぁ~いheart02winkupup

Ottawanianmaple

H.I.S. トロント支店

2017.07
loading...
WORLD情報局