こんにちはhappy01

早くも8月半ばとなり、残り少ない夏を思いっきり

楽しみたいですよねconfidentheart04!!!

以前からもこのBlogにて他のスタッフより

紹介させていただいておりましたが、

今回も1000 Islands Gananoqueの写真cameraをたくさん

お見せしちゃいます( ˘ω˘ )scissors

まずは、Gananoqueについて簡単にご紹介flair

Gananoque(ガナノクエ)は、オンタリオ州に位置し、

トロントからは車にて3時間半、オタワからは1時間半にてアクセス可能rvcar

人口は、5000人を超えるぐらいの小さな街shine

では、早速写真cameraをお見せいたします( ^ω^ )heart01

Img_0966

Img_0968

ボートの乗船場からすぐ近くにあるレストラン「MUSKIE

地元の食材を使ったとても美味しいお料理を楽しめますlovelyrestaurant

ちなみにカナダの食料自給率はなんと200超えeyeflair

日本は残念ながら40%にも満たない乏しい数字ですが、

カナダの広大な土地でたくさんの作物が栽培されていることが、

うかがえますよねsign03sign03sign03

Img_0972

こちらはビーフシチューbleahheart04

コロコロとした大きなお肉と野菜、上にはパイが乗っており

非常に贅沢な一品となっています('ω')ノheart01

なんとこれで、$14

リーズナブルな価格も嬉しいですnotenote

もちろんお味はとても美味しかったですbleahgoodheart04

Img_0969

レストランのテラス席からは、セントローレンス川が見えます!!

風が心地良くて、眺めも良好ですsun

お腹も満たされたところで、ボート乗船の列に並びます!

夏休みシーズン、快晴sunであったことから

乗船前からたくさんの人たちがスタンバイdash

弊社のツアーでは、2時間半クルーズをお楽しみいただけますheart01

Img_1036

ボートは、1階、2階、3階のデッキの構成となっています。

Img_0974

このモニターで現在地を確認することができますship

そして船からの眺めはこんな感じでございますwink

Img_0988

Img_0994

Img_0996

Img_1006

Img_1008

Img_1016

とっても綺麗ですよね~~~heart04!!!

クルーズ中shipにプライベートでジェットスキーや、ボートに

乗って、優雅に楽しまれている方々が手を振ってくれましたpaper

カナダ側(オンタリオ州)とアメリカ側(ニューヨーク州)と

両方の景色を見ることができますflair

2時間半に渡るクルーズを終えた後には、

お土産ショップに立ち寄りますpresent

メープルを使ったお菓子や、チョコレート

ポストカード、ガイドブック(日本語版あります)など、

たくさんの商品が販売されています(''ω'')ノshine

その中でも、目玉となるお土産は、こちらではないでしょうかsign02

Img_1020

Img_1021

そう、こちら「サウザンドレッシング」ですflair

このドレッシングの語源は、もちろんサウザンアイランドです。

日々のお食事に使えますし、お土産としても

喜ばれそうですgoodgoodgood

(私も買いました…happy01笑)

そしてトロントへと向かう帰路busの途中にて、

あるところに寄ります…

それは、「The Big Apple」ですapple

ガナノクエからもトロントからも車にて1時間半ですrvcar

この大きなりんごappleのオブジェが目印eyeshineshine

Img_1028

本当はもう少し遠くから撮りたかったのですが、

距離が近すぎて少し威圧感がありますが、可愛いですheart02

こちらのお店では、りんごappleを使った商品を

購入することができますpresent

Img_1023

Img_1025

Fullsizerender

Img_1029

例えば、りんごのジャム、りんご酢や、

その他にも、りんごケーキ、パン、アップルパイなど('ω')ノ

これらもお土産として非常に喜ばれそうですlovely

また、アップルパイは切り売りがあり、席に座って

お召し上がりいただけますrestaurantheart04

温めたアップルパイの上にバニラアイスを乗せた、

アラモード」は人気の一品なんだとか…bleah

トロントから行けるDay Tripの目的地としては、

ナイアガラフォールズが圧倒的に人気ですが、

メジャーなところではなく、コアなところを攻めたい方には

非常にオススメのツアーですscissorsheart04

ガイドブック等でもあまり大きく掲載がないので、

友達にも自慢できちゃいますね(*'▽')heart01

また、カナダは国土が広く移動が大変です…

ガナノクエまでは、定期運航している公共の交通機関がなく、

rvcarでの移動となってしまいますが、ツアーであれば効率良く

回ることができますgoodheart04

8/27(日)が弊社が催行する最後のツアーとなりますので、

気になった方は、ぜひお問い合わせくださいませheart

(※座席が残りわずかのため、お早目にconfident

downwardrightインターネットからのご予約は、こちら

https://tour.his-usa.com/city/yyz/detail.php?tid=4789

お電話・ご来店でも受け付けておりますflair

H.I.S.トロント支店:G52-123 Queen Street, シェラトンホテルロビー階

TEL:416-216-0937

Millycherry

トロントの夏、満喫してますかup

ナイアガラもモントリオールもケベックも行ってどこも行くとこがない~sad
と思ってる方、甘いsign01sign01まだまだトロント周辺にも行くとこがあるんですsign03

PARKBUS(パークバス)という会社をご存じですかflair
名前の通り、簡単にいうとトロント周辺の州立公園と市内を結ぶバス会社bus

今回はそのPARKBUSを使って行ける日帰りツアーと宿泊ツアーをご紹介します。

Map_2

①~⑥が宿泊が必要なツアーになります。

①Killarney Provincial Parkclover
北部オンタリオ、大自然の中でカヌーやハイキングが楽しめます。

②Grundy Lake Provincial Parkcherry
こちらもカヌーハイキング、ビーチもあります。
トロントからはバス往復約100$ほど。

③Algonquin Parktulip
夏から紅葉の季節までその美しい自然を楽しめます。こちらも往復約100$ほど。

④Bruce Peninsulabanana
オンタリオにいるなら1度は行ってほしい、青いビーチと大自然が広がるペニンシュラ。

⑤Georgian Bay Islands -Beausoleil Islandapple
ジョージアンベイの島々の中でも1番大きいBeausoleil Islandにボートで行きます。

⑥Six Mile Lake Provincial Parkbud
ジョージアンベイの近く、手付かずの自然が残ります。バス往復約90$ほど。

⑦~⑩は日帰りで行けるツアーになりますshine

⑦Elora Gorgericeball
Grand River沿いのハイキングもお勧めですが、Eloraの小さな街並みがまた魅力的。

⑧Rockwoodchick
洞窟、崖など神秘的な自然と、ハイキングやスイミングもできるアトラクションもあり。

⑨Kelso Conservation Areacherryblossom
ハイキング、スイミング、パドリングなど夏にぴったりのアクティビティが可能です。

⑩Rattlesnake Pointpenguin
ナイアガラの街並みを遠くから見渡せます。

H.I.S.トロント支店から予約承っております。rock

カナダの自然を味わうには持ってこいのツアーですnote

https://www.parkbus.ca

ご来店お待ちしてま~すsun

おしょこ

気が付けば、いつの間にか7月も半ばですね~runrunrunsweat01毎日雨が降ったり、止んでもムシムシ暑い日が続いたり、体調を壊されている方も多いのではないでしょうか…❓despairdespairsweat01夏風邪はしつこいので、皆様も予防などしっかりして、栄養のあるものをしっかり食べて、始まったばかりの夏を乗り越えましょう~~upuppunchpunchimpact

さて、今回も前回に引き続き夏のオタワをご紹介したいと思いますheart01heart01happy01happy01

My hometownのオタワなので、ご紹介したいところが沢山あっても、なかなか全部は一回では紹介出来ないのが残念なのですが…downcryingheart03そこで今一番オタワで暑い場所と言えば、こちらではないでしょうかsign02shineshine

20170704_114810
*オタワ・バイワードマーケットのど真ん中の市営の駐車場に特別イベント会場を設けています。OTTAWAサインもCANADA150mapleに並んで地元っ子にも観光者にも大人気!人が絶えず記念撮影をしています。
20170704_115410*CANADA150に因んだ”OTTAWA2017”(↑上記はオリジナルロゴ)が今年はオタワの目玉!年間を通して年中イベントが開催されています。この機会にぜひオタワへ足を伸ばしてみましょう~!!
20170704_115032*中間はこんな感じで、国会議事堂に繋がる階段までずっと続いています。ピースタワーもチラッとお目見え…!

オタワと言えば、このバイワードマーケット”しか有名sign02shineではないのかと思いますが、やっぱりそうなんですよねぇ~coldsweats01dash何かと言えば、このマーケットに注目がおかれます。その一つとして、夏は5月から毎日開催されFarmer's marketlovelyheart04お目当てに来られるオタワっ子、観光客の方が多いのですsign03

オタワと言えば、お隣ケベック州が本当に近く、特産物もカナダ=メープルシロップmapleだけではないのですsmilesmilesmileオンタリオ州は、カナダ国内でも唯一特産物の多い州なのですが、本当に何でも『Product of ONTARIO』shineの記載をよく見かけますeye巷では、"Good things grow~~notesin Ontario~~note"と云う歌もTVtvコマーシャルでも流れておりますhappy02up

20170704_115810

オンタリオの夏は、本当に何でも美味しくって、ついついFarmer's marketを目にすることもあちこちで見かけることも多くなり、色々食べたくなります~deliciousdash

そして何と言っても、野菜たちが新鮮で、その上安いsign01happy02やっぱりローカルFarmerさん達を応援しようrockという街全体の経済効果があると思いますgood安くて美味しいものに不満な市民はいません!confidentどこからどのように作られているのかが分かると、やはり安心して頂く事が出来ますよねflair

日本では「食欲の秋」mapleですが、こちらでは今が旬なのですsign03shineshine

8月になると🌽🌽🌽が一番美味しい季節になりますよ~lovelyheart01

とにかく道いっぱいにベンダーさん達が、楽しそうにお隣さんとお話したり、お客さんに味見を進めたり、庶民の台所感がたっぷり味わえて、見ているだけでも楽しい一角ですheart01happy01

20170704_115946*今旬のオタワの特産物と言えば、こちらの甘ぁーーーい苺ちゃん達です♡何と大きい1箱サイズが$10とかお得過ぎ!!
20170704_120128*いつも出してらっしゃるこちらのベンダーさんはとても親切で色んな種類の違いについても丁寧に教えて下さいました。
20170704_120240*ケベック州特産と言えば、こちらのメープルシロップです!そのまま飲みたいぐらい美味しい…(笑)ボトルも様々でカワ(・∀・)イイ!!

と、こんな感じで短く観光名所をご紹介させて頂きましたオタワですが、new今年National Postによると、カナダ一maple住みやすい都市NO.1shineshinehappy02に選ばれましたぁsign03goodgood

Resized_20170701_231419

寒い冬snow(極寒の時は̠-40度も余裕ですshock)でも耐えられる方には、最適な都市ですよsign04coldsweats02happy01sweat01

でもそれ以外は、とっーても住みやすく、フランス語も常に飛び交う、バイリンガルな緑の多い素敵な街ですlovelyheart04heart04

是非夏休みや週末を利用して足を伸ばしてみて下さぁ~いheart02winkupup

Ottawanianmaple

H.I.S. トロント支店

2017.09
loading...
WORLD情報局