こんにちは、あじゃこですhappy01

今回ナイアガラで宿泊したのは

shineSheraton on the Falls Hotelshineのスーペリア・フォールズビューのお部屋。

窓が大きくて、アメリカ滝もカナダ滝も見えましたheart01

日が暮れてから始まる滝のライトアップも

Dsc_1699

(この写真はアメリカ滝がアメリカ国旗風に、カナダ滝がカナダ国旗風に

ライトアップされていた時のものですcoldsweats01

夜10時から始まった花火も

Dsc_1710

お部屋でくつろぎながら見ることができましたlovely

朝の滝も清々しく見えますtyphoon

Dsc_1713

朝9時半ごろ、NIAGARA AIR BUSのお迎えがやってきました。

ナイアガラを後にして、次はトロントに向かいますrvcardash

トロント市内に入る手前まではスイスイ走っていた車も

市内に入った途端に渋滞に巻き込まれてしまいました…

現在、トロントのダウンタウンではよく工事渋滞が起きているようです。

お車でお出かけになる時は余裕を持ってお出かけすることをお勧めします!

2時間ほどで到着するはずだったのですが、

宿泊予定のダウンタウンのホテルに到着したのはお昼過ぎ…weep

気を取り直して、どうしても行きたかった場所を目指して

行ってきまーすpaper

Dsc_1716

cancerあじゃこcancer

ナイアガラ 2017.07.08

こんにちは、あじゃこですnote

ナイアガラで私が滞在していたホテルのすぐ近くに

国境を越えてアメリカに渡ることができる

shineレインボーブリッジshineがありました。

Dsc_1648

橋を渡るとアメリカ…

島国生まれの日本人にはなんともうらやましいもので、

橋を渡らずにはいられませんでしたcoldsweats01

まず、必ずパスポートを持って出かけましょうsign01

レインボーブリッジを渡る前に、歩行者用のカナダ側税関に進みますrun

Dsc_1689

Dsc_1688

こんな扉がありまして、中で橋の通行料50セント

(アメリカドル・カナダドルどちらでもOK!

ただしどちらも25セントコインしか使えません)

をゲートで払って通ります。

これでカナダ出国完了!なんともあっけない出国sweat01

橋の途中でカナダとアメリカの国旗がたなびいていて、

この国旗の間が国境になっていました。

Dsc_1662

橋の右手には滝もしっかり見えます。

Dsc_1660

橋を渡り切ったところにアメリカ側の税関があり、入国手続きをします。

私はESTAを取得していましたので、入国の目的や滞在期間を聞かれて

すぐに入国ができました。

ESTAを取得していない場合は入出国カードの記入とUS$6が必要なようです。

国境を越えてみたい方は必ず事前に調べてみてくださいねgood

さて、アメリカに入りましたflair

プロスペクト公園からはアメリカ滝が間近に見えます。

Dsc_1663

アメリカ滝にはルナ島という中洲のような島があって、

そこから落ちていく水を見下ろすことができます。

Dsc_1668

風の洞窟ツアーの参加者(黄色いカッパを着た人)も下に見えます。

Dsc_1671

ルナ島の奥にあるゴート島にはテラピン・ポイントという場所があって、

そこからはカナダ滝を眺めることができますgood

Dsc_1676

水しぶきでカナダが煙っていますcoldsweats02

アメリカ側でもマイナスイオンをたっぷり浴びることができましたので、

カナダに戻ろうと思いますhappy01

Dsc_1681

アメリカを出るときはただ回転式ゲートをくぐるだけ…。

橋を渡って、カナダ側の税関で入国審査を受けることになります。

Dsc_1686

「アメリカにどれくらい行っていたの?」「危険物持ち込んでる?」

などの簡単な質問を受けるだけで、すんなりカナダに戻ってこれましたcoldsweats01

アメリカもカナダも、出国するときはあっさりしていますが、

入国審査は厳しいんだな、という印象でした。

もし時間に余裕がある方はぜひアメリカ側からも

滝を眺めてみてくださいねwink

cancerあじゃこcancer

ナイアガラ 2017.07.06

こんにちは、あじゃこですhappy01

スカイロンタワーを出て、WEGOというバスbusで移動しました。

Dsc_1618

向かったのはtyphoonWhite Water Walktyphoon

Dsc_1599

ここはカナダ滝の4KMほど下流で、ナイアガラ川に沿って遊歩道を歩きながら

川の流れの激しさを体験できる場所です。

エレベーターを降りて、トンネルを進んで行くと…

Dsc_1600

Dsc_1603

激しい水流sweat01 落ちたら大変bearing

Dsc_1604

遊歩道は木陰になっていて、

水に濡れる心配もなくゆったりと自然を楽しむことができますheart02

再びWEGOに乗って、次に向かったのはtyphoonWhirlpool Aero Cartyphoon

Dsc_1635

このロープウェイに乗って対岸まで往復します。

Dsc_1636_2

ここも水に濡れる心配はありませんが、高所恐怖症の人には厳しそう…sweat02

渦巻く水・流れる水を遠くまで見渡すことができますよwink

再びWEGOで滝周辺まで戻って

本日のメインイベント、typhoonHornblower Niagara Cruisestyphoonに乗船sign03

Dsc_1641

Dsc_1642

受付でもらった赤いカッパを着て、船に乗り込みますwink

滝にどこまで近づけるのか、ドキドキheart01ワクワクしながらいざ出航ship

アメリカ滝の前ではまだ余裕でしたが、

Dsc_1643

カメラも構えられませんでしたcoldsweats02

ぜひsign03みなさんも滝に打たれて、大自然の力を体感してほしいですshineshine

カナダ側の主なアトラクションを一回りしたので、

次は橋を渡ってアメリカ側に行ってみることにしましたflair

ナイアガラの旅、もう少しお付き合いくださいませheart04

cancerあじゃこcancer

H.I.S. バンクーバー支店

2017.09
loading...
WORLD情報局