皆さんは航空会社同士の連携って意識winkしますか?
といっても通常旅行airplaneする場合、あまり意識する事はないのかもしれませんが、

マイルを貯めているdollar方なら気になるのでは?
航空会社の連携・連盟は「アライアンス」paperと呼ばれますが、世界的に3つに分類されます。


一つ目が「スターアライアンス」これはANA(全日空)が加盟keyしているので、
ご存知scissorsの方も多いのでは?こちらは1997年に設立された
世界初であり世界最大の航空連盟keyです。


二つ目が「ワンワールド」こちらも日本航空が加盟keyしているので、
よく知られていると思います。1999年に設立され、
規模はthree位ながらナショナルフラッグキャリアの加盟が多い航空連盟です。


そして、三つ目が「スカイチーム」2000年に設立されました!
日本の航空会社の加盟keyはないものの、デルタ航空(旧ノースウェスト航空)や
チャイナエアライン、コリアンエアーなどが加盟しているupwardrightので、
意外と利用している事が多いhappy02アライアンスなのではないでしょうか?
さて、マイル以外でメリットdollarは?と思われる方もいらっしゃると思いますが、
同じ区間の同じ便airplaneを利用する場合でも、
実は同じアライアンスに加盟する他社便名が付与されている場合、
(いわゆるコードシェア(共同運航)便airplane)予約便名をコードシェア便に
することで、航空券代金を節約できる事があるのです。


便名は異なっていても、受けるサービスbagに変化はありません。
(※ただし予約の諸条件や補償が異なることがあるのでご注意ください)
その予約、コードシェア便airplaneで予約可能かどうか?
まずはアライアンスを意識eyeする事からはじめてみては?

11692603_846935412051778_3862010218



最近はLCCばかりで、アライアンスに縁が薄くなってきた【アスカ】でした。



*情報は取材当時のものです。現在は内容に変更がある可能性があります


 ↓ Facebookサイトもみてね! ↓ 

https://www.facebook.com/his.kanto/

2024.07
loading...