サワディーピーマイカップ。

タイのお正月、ソンクラーンが始まりました。

新人スタッフ君もピサヌローク県の山奥にある田舎へ帰ってしまったので、今日はメオダムがブログを書かせてもらいます。Img_5354※別にネコの手も借りたいほど忙しいというわけでもありませんが、今日はネコ支店長も出社してます。

ソンクラーン祭りはタイの人たちが最も楽しみにしているお祭りです。

特に他にあんまり娯楽のないようなタイの田舎町ですと、みんなはじけてしまっちゃいます。

子供たちは、待ちきれずに夜明けとともに道端に出て、水鉄砲で水掛け合いを始めてました。

大人たちは、午後になってからアロハシャツなど着こんで水掛け合いに参戦です。

H.I.S.ピサヌローク支店のある街のメインストリートにも、よしず張りができて、大きな水タンクやビニールプールを出して、もうみんなやる気満々。

Img_5357

小型トラックの荷台に水鉄砲抱えた人たちが乗り込んでます。

道端ではバケツを抱えた人たちが、待ち構えています。

Img_5356s

無抵抗なモーターバイクに乗っている人など、絶好の餌食になってしまいます。

特に若い女の子の運転するモーターバイクは徹底的に水を掛けられます。

Img_5360※ピサヌロークにはバイクの前半分を台車にしたような荷物運搬車が走り回ってますが、今日は荷物ではなくヒトを乗せて、水掛け合いの戦車になっています。

午後5時を過ぎると、メインストリートは交通規制がかかり、パレードが始まります。

ピサヌロークをはじめとしてタイの田舎町は、お祭りと言うとすぐパレードが行われます。

メオダムがピサヌロークへ来て半年、この間に何度パレードがあったことでしょう。

Img_5361

揃いの衣装を着けた女の子たちがタイの伝統音楽に合わせて踊りながらやってきます。

踊っている女の子たちにも容赦なく祝福の水がぶっかけられます。

Img_5364

お揃いでもなんでもなく、踊りもバラバラなただのおじさんおばさん、おばあさんたちで構成されているような一団もパレードに続きます。

ソンクラーン祭りのパレードとは「参加することに意義がある」とメオダムは理解しました。

Img_5365

タイの伝統衣装で着飾った一団も横断幕を広げてやってきます。

日傘はさしてますが、沿道からかけられる水からは守られてません。

Img_5369

パレードに付き物なのは、自動車にハリボテで飾りつけた山車で、キッチリとメイクしたタイ美人が乗っています。

でも、こんなに水かけられたらメイクも崩れてしまうんじゃないかな。

Img_5372_3

時刻はもうじき6時になろうとしていて、太陽もだいぶ西に傾いているけど、まだ気温は37℃。

このところ連日日中の最高気温は40℃に達していて、とんでもない暑さ。

パレードだって、水でもかけてもらわなきゃ、暑くてやってらんないだろう。

水をかけるほうも、かけられる方も、全身ずぶぬれ。

パレードで着飾っている伝統衣装はレンタルなんだろうけど、返却するときに問題にならないのだろうか?

パレードの中には仏像を乗せてくるものもある。

さすがに仏像には荒っぽい水のかけ方などせず、ちょろちょろと、ちょうど日本のお花まつりで仏像に甘茶をかけるような塩梅で水をかけている。

水をかける前後にもちゃんと合掌(ワイ)をしている。

本来、年長者を敬い、健康や幸せを願う水掛け合いとは、こんな水かけ合戦とは別物だったんだろう。

Img_5373

この山車の美人さんは、ピンク色の豚の背中に乗っている。

養豚業者組合かなんかの山車なのだろうかとも思ったけれど、今日はタイのお正月。

そして、今年の干支は豚である。

タイではイノシシではなく、豚年なので、豚も登場しているのだろう。

これから3日間、ソンクラーンの水かけ祭りは続くわけで、あんまり水をぶっかけられて祝福を受けたくないメオダムとしては、極力外出を控えなくては。

当面毎日オフィスに詰めていれば、安全と心得てます。


ピサヌローク支店のホームページが少しずつできてきました。

従来のGoogleさんの間借りから、H.I.S.タイランドのサーバーの中にやってきました。

メオダムも最近のWebの書き方など、まるで浦島太郎状態で、手探りしながら作っていますので、不具合も多いと思いますが、今後はこのホームページからも情報発信をしていきます。

H.I.S.ピサヌローク支店のホームページ http://www.his-bkk.com/phitsanulok/index.php

また、フェースブックも方向性がまだはっきりしませんが開始しました。

メオダムのフェースブック https://www.facebook.com/neko.meodam

sun H.I.S.Tours ピサヌローク支店 sun

Untitled

皆さん、こんにちは私たちはケオとギックと申します。wine

houseピサヌロ-クに住んでいます。

buildingそして、ピブンソンクラームラチャパット大学の学生です。

今日はピサヌローク県の歴史文化観光振興プロジェクトを公表するつもりです。

56158380_2293807537574171_614848231

sunピサヌローク県の歴史文化観光振興プロジェクト

ピサヌローク県とピサヌローク県文化局はピサヌロークへの来訪者に地域社会での体験してもらう、ピサヌローク県の歴史文化観光振興プロジェクトです。

この歴史文化観光振興プロジェクトは2019年4月6日〜15日にイベントを開催して始めます。チャオプラヤーチャクリ王宮で開催します。15:00時から22:00時までです。
このイベントの中に、タムブン(ทำบุญ)や水を仏に注ぐ活動(สรงน้ำพระ)があります。ようこそタイのお正月です(水掛け祭り=ソンクラーンデーお祭り)。

そして、みんなにタイの伝統衣装のドレスを着てもらいます。アユタヤ/スコータイ/ラタナコシン時代初期のタイの伝統衣装です。

また、同様にさまざまな公演もあります。素晴らしいと思います。

私たちはこのプロジェクトに参加したいですー。

flagピサヌロークでソンクラーンお祭りにご招待しましょう。sweat01

happy01楽しいですよー。ピサヌロークへ来てください。good

annoyタイのお正月、おめでとうございます。annoy

☆---------------------------------------------------------------☆

clipสำนักงานประชาสัมพันธ์จังหวัดพิษณุโลก

pchttps://www.facebook.com/PhitsanulokPRD

info02https://pr.prd.go.th/phitsanulok/main.php?filename=index

 telephonezerofivefivetwofiveonethreeninefour

impact H.I.S.Tours ピサヌローク支店 impact

Untitled

皆さん、こんにちは私たちはケオギックと申します。

ピサヌロ-クに住んでいます。

そして、ピブンソンクラームラチャパット大学の学生です。

sun マーカブーチャーの日(万仏節の日)sun

Img_20190219_193233diamond ワットアランイック diamond

       昨日2月19日(毎年変わる)はマーカブーチャー(มาฆบูชา=万仏節)という仏教のお祭日で、タイは休日です。

       陰暦3月の満月の日、仏陀がラジギル(กรุงราชคฤห์)のワットウェルワン(วัดเวฬุวัน)で説教をしていた時、事前に何の約束もなく、1250人の僧侶が集まった。

その僧侶たちは全員仏陀が直接出家させていて、また全員が阿羅漢果(修行を完成して到達した位)を得ていた。

また次の4つの偶然が重なったとされる日。

1. 1250人を数える仏の弟子たちの僧侶たちは、事前の約束もなしにラジギル(กรุงราชคฤห์)のワットウェルワン(วัดเวฬุวัน)に集まった。
2. 彼らは皆、仏陀によって出家した僧侶(บวชพระ)であった。
3. その僧侶 は皆、悟りを開くことができた阿羅漢(พระอรหันต์)であった。
4. その日は 陰暦3月の満月の日であった。

Img_20190219_193205

       ワン・マーカブーチャー(万仏節の日)はとても大事な日です。

この日に人々はタンブン(ทำบุญ=喜捨)をしたり、お寺に行き説教を聴いたり(ฟังเทศน์)します。

夜になると、お寺に行き、手に蝋燭と花とお香を持って本堂や仏塔を3周回りました。「ウィアン・ティアン(เวียนเทียน)」と言います。

bell 昨日、私たちはワット・アランイック(วัดอรัญญิก)でタンブン(ทำบุญ)をしました。

幸せです。heart04

Img_20190219_191640

Img_20190219_193356

Img_20190219_193210



H.I.S. バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2019.04
loading...
WORLD情報局