サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。3日連続雨のないチェンライです。毎日徒歩7分、500mの自宅に帰ってお昼を食べるのが習慣ですが、暑くて暑くて途中でくじけてしまいました。徒歩5分のワンカムホテルに寄り道です。

Img20210518122430

ワンカムホテルへの道はチェンライナイトバザールから見ると少しだけ登坂になっています。この高低差のおかげで「チェンライ市内で一番最後まで水没しないホテル」と言われています。ホテルへ続く道は、同じく老舗の地元資本デパートが昨年3月にひっそり閉店し、その向かいのツアー会社やマッサージ店もコロナ第3波で休業&廃業。シャッター商店街となりさみしい限り。

Img20210518122341

昨年の今頃はひと月以上無料の食事を配布していたホテル

Img20210518122500

今年は50Bで食事を提供中です。

Img20210518122928

メニューは日替わり、厨房からシェフとスタッフが猛暑のなか奮闘中。

Img20210518122636

持ち帰りにも店内飲食にも対応していますが、暑いのでもちろんエアコンのよく効いた店内にはいります。

メインレストランではなく、ロビー横のカフェスペースへ。

Img20210518122858

部屋は古くて地味、レストランもどちらかといえば暗く、メニューもおそらく3-40年変わっていないと思います。が、真面目にスープをとり、ミックスベジタブルを使わず、普通の料理が普通に地味においしいホテルです。地元の華人系奥様方も、気さくな女子会(髪型とお衣装はちっともきさくではありませんが)では、毎月ワンカムホテルのカラオケルームを利用します。

Img20210518122903

クンシアン(甘い中華ソーセージ)のチャーハンに、パネーンムー(豚のペナン風レッドカレー)をかけてもらい、70B。パネーンの上にはコブミカンの葉が散らされ、ココナツミルクのこってりと、柑橘の爽やかさがお見事でした。お土産にパット・シーイウ(幅広米麺の黒醤油炒め)を2つ包んでもらい170B。幅広の米麺はこもったようなにおいがついていたり食感も当たり外れが多い食材で、どちらかといえば積極的には頼まないメニューですが、もちもちツルツルでさすがホテルの使う食材でした。

8:00-20:00毎日営業、基本的に単品はすべて50B。税金サービス料なし。メニューは事前告知なし。夕方ごろ「本日のメニューは~」とネットに出るので、「ああ、それが食べたかったのに」となることもしばしばですが、それもひっくるめて愛され続ける、ちょっぴり田舎臭い地元に根付いたワンカムホテルです。

サワディカップ、チェンマイ支店です。

チェンマイには有名なガイヤーン(焼き鳥)のお店がいくつかありますが、

今回は私がよく行くガイヤーンのお店をご紹介いたします。

お店の名前は「ガイヤーンチュンドーイ(Cherng Doi Roast Chicken)」。

ミシュランガイド・タイランドでビブルグマンを受賞したお店です。

ニマンヘミン通りから小さな路地を入った場所にあります。

お店の外観

S__86310923

コロナ前はお昼頃には満席で空席待ちをする事が多々ありましたが、

現在はコロナ禍という事もありお客様はあまり多くありませんでした。

S__86310914

注文したのでコームーヤーン(豚の喉肉の炙り焼き)とガイヤーン。

ガイヤーンは皮はパリパリ、肉は柔らかくジューシー。

骨なしなのでとっても食べやすく、ビールとの相性も抜群です。

S__86310918

今はコロナでお客様は少ないですが、味は以前と変わらず美味しかったです。

もしチェンマイへお越しの機会がありましたら、是非訪れてみては如何でしょうか。

チェンマイ支店

サワッディーチャオ、チェンライ支店のソムです。先日サンティブリCCに行ってきました。目的はゴルフではなく、夕食です。

Chiangrai_photos_210323_2

サンティブリCCに来たのは実に1年ぶりです。クラブハウスもレストランスタッフも健在でした。

Chiangrai_photos_210323_1

欧米人とタイ人3,4組がゴルフや食事を楽しんでいらっしゃいました。

Chiangrai_photos_210323_0

さて、お食事です。私のイチオシメニューは、「ヤム・コームーヤーン」

脂身のある旨みの強い豚の喉肉をあぶりそぎ切りにしたものが中央に。周りはたっぷりの野菜とハーブ類。ケール、玉ねぎ、赤玉ねぎ、青ネギ、レモングラス、ミント、タイセロリの葉、など。私は避けますが、生のニンニクと生の唐辛子もたっぷり添えられています。

これら生野菜と豚肉を好きなだけとりわけ、辛いタレをかけて食べます。本来このタレはかけられて供されるのですが、本当に辛くて涙がでるので、小皿にわけてもらったほうが無難です。食べているうちに、もっともっととついついかけすぎてしまい結局涙がでます。

Chiangrai_photos_210323_3

辛さを止めるには、水やビールはNGです。余計に口の中に刺激が広がり収拾がつかなくなります。よって、油分で辛みを麻痺させようと、フィッシュアンドチップス。油からでたばかりですか、とおもうほど、熱くてサクサク。

Chiangrai_photos_210323_5

メニューの一番上にあるにも関わらず、一度も頼んだことのなかった、サンティブリ・シグネチャー。ホームメイド春巻きは、フィッシュアンドチップス同様熱々でした。その隣の不思議なものは、みかんをふたつに開いて豚のひき肉を乗せたものと、同じ肉みそをパイナップルにのせたものです。これは日本人にはない発想かなとおもいました。グレープフルーツではなく「生のただのみかん」をタンパク質とあわせようとは、なかなか大胆です。

Chiangrai_photos_210323_4

チェンライでゴルフと国境観光2泊3日

ツアーも好評発売中です。

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.06
loading...