サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

前回もトップランドホテルのを紹介する際に、僧侶の托鉢について少しご案内しましたが、今日は托鉢について、もう少しご案内をしてみます。

Img_4811

お寺のあるところ、つまりタイの全土で毎朝のように僧侶による托鉢が行われています。
タイの僧侶は、厳しい戒律の中に生きていて、お金など私物を持つことがほとんど禁止されています。
畑を耕したり、車を運転したり、楽器を演奏したりすることも禁止されています。
食べ物は、信者さんたちからの寄進(喜捨)されたものを食べます。
この信者さんたちからの寄進を集めに回ることを托鉢と言い、日の出時刻頃からはじめられます。
僧侶の中には、市場などに立って、信者さんたちが寄進に集まってくるのを待つスタイルと、お寺の周辺を歩き回り、信者さんたちの戸口で寄進を受けるスタイルがあります。

Img_8724

いずれの場合も、僧侶は大きな鉢を抱えています。
この鉢に信者さんが持ち寄った食べ物を受け取っていきます。
信者さんが、僧侶の鉢に食べ物を寄進することをタイ語でサイバートと言います。
このサイバートをすることで、信者さんは徳を積むことができるとされています。
この徳を積むということをタイ語でタンブンと言います。

Img_3007

メオダムも朝早く、近所のお寺のお坊様に食べ物の寄進をしています。
寄進する食べ物は、ちょっと安直ではありますが、僧侶の托鉢ルートに合わせて店開きする屋台で調達です。
「托鉢セット」のようなものがあらかじめ準備されています。
内容は、ご飯、おかず一品、甘いお菓子、飲料水と言った感じです。
メオダムが買っているセットは33バーツです。
他にも、切り花などもセットしている場合があります。

Img_8637

メオダムは、靴を脱いで裸足になり、僧侶がお鉢の蓋を開いたらば、そのお鉢の蓋に托鉢セットを載せます。
そして、そのままひざまずき、目を閉じ、手を合わせて、心の中で願い事をします。
すると僧侶が、お経の一説を唱えてくれます。
お経の言葉は、タイ語ではなくパーリ語という古いインドの言葉なのでさっぱりわかりませんが、ちょっと敬虔な気持ちになります。


この托鉢はほぼ毎朝行われているのですが、タイではワンプラと呼ばれる仏様の日があり、それはお月様が満月、半月(上弦と下弦)、新月の日のことで、このワンプラの朝は、僧侶は托鉢に出かけず、お寺で信者さんたちが寄進に集まってくるのを待っています。
そして、集まってきた信者さんたちをお堂に集めて、僧侶がお経を唱え、説法をされたりするのですが、このところのコロナ騒ぎで、信者さんたちをお堂に集めることが憚られるようになって、ワンプラであっても、僧侶たちは托鉢に出かける光景をよく見かけます。

Img_4813

僧侶たちが托鉢をするのは一日一回、朝だけです。
メオダムのいるピサヌロークは信心深い人が多いからか、托鉢に出た僧侶がお寺に戻るころには、大きなお鉢の中に入りきらないほどの寄進物が集まります。
通常は托鉢に回る僧侶と一緒にサポートをするスタッフが同行します。
スタッフは手押し車を押したり、側車付きのバイクに乗ったりして、お鉢に入りきらない寄進物を回収していきます。

Img_7551
[この写真はクリスマス前後に撮影したため、補助スタッフの服装がサンタ]

このようにして集められた寄進物は、お寺に戻ってから、それぞれの僧侶が集めてきたものを分類したり、お皿やピントーと呼ばれる筒状の金属製弁当箱に盛り付けられます。
集まってきた食べ物は、半端ないくらいの量となるのですが、僧侶たちはこれらの寄進物を朝食と、お昼に食べます。

Img_4824
お昼も必ず正午前に食べ終わらなくてはなりません。
僧侶たちは、午後からは食べ物を食べることも禁じられています。
ですので、毎朝一回の托鉢で得られた食べ物だけで、一日の食を賄うことになります。

Img_4827

バンコクでも僧侶たちの托鉢風景は見られるはずなんですが、どうもバンコク在留邦人で托鉢僧に寄進(喜捨)を体験したことがない人も多いようです。
たぶん、朝の忙しい時間帯とか、どうしたらよいのか分からなかったりしているのではないかと思いますが、せっかくタイにいらしている間に、サイバート(托鉢僧への喜捨)でタンブン(徳を積む行為)をされてみてはいかがでしょうか?

そして、もしピサヌロークのトップランドホテルへ滞在する機会がありましたら、ホテル近くの市場での托鉢体験をお薦めします。
時間帯はだいたい06:00~06:45ころです。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

タイは今日から なが~い ソンクラン連休です。

9連休なんて人も多いのではないでしょうか?

 

さて、ときどきピサヌローク空港に関する質問をいただくので、現在のピサヌローク空港の様子をご紹介がてら、空港がどんな構成になっていたり、中の流れを理解いただけるようなビデオにまとめてみました。

Img_0948

田舎の空港なので、ちっぽけな空港です。

でも、ピサヌロークの街からは近くて便利です。

※空港と市内を結ぶ路線バスは昨年から運行を取りやめています。

※リムジンタクシーは市内まで一律150バーツ/台です。

 

では、You Tubeでビデオをどうぞ

ピサヌローク県では、入域者に対して、ThaiChanaやSavePhitsanulokと言ったアプリを使うことを要請しています。もし、アプリが使えない場合は、訪問場所備え付けの帳面に名前と連絡先などを書き込んでもらうことになります。

ピサヌロークからスコータイやカンペーンペットへも、そのままご旅行いただけますが、カオコーのあるペッチャブーン県内ではバンコクなど感染が深刻なレッドゾーンからの旅行者は宿泊できません(県内通過などは可)。

サワディーにゃお!

ピサヌローク支店のメオダムです。

 

メオダムは東京の西武線沿線の出身です。

沿線には江古田や落合という地名があり、戦国時代の古戦場でもあります。

江戸城を構築した太田道灌が、練馬を中心として勢力を誇っていた豊島氏と戦ったのもこのあたりです。

土地に不慣れな道灌は、はじめ豊島氏側の勢力に押され、日没も迫り、逃げるに逃げられなくなってしまいました。

絶体絶命に陥った道灌の前に、一匹の黒猫が現れて、道灌を手招きするように導きます。

黒猫について夜道を進むと、古びたお堂があったそうです。

そのお堂で道灌は夜を明かし、策を練り、軍勢の立て直しました。

そして、ついには豊島氏を打ち破ったのだそうです。

道灌の危機を救った黒猫は、大切にされ、死後はこのネコのために地蔵尊を作ったそうです。

これが西武線沿線での「招き猫」の発祥伝説になっています。

ひょっとしたら、全国に様々な招き猫発祥伝説があるかもしれませんね。

Img_4444

タイでも、招き猫は金運などとても縁起が良いとして、人気があります。

タイの招き猫は、たぶん日本から伝わったものだろうとメオダムは思っているのですが、今日のお話はタイ版の「招き猫」のお話です。

 

メオダムはピサヌロークとバンコクの間をしばしば往復するのですが、その途中、アユタヤの近くにアーントーン県と言う県があります。

田んぼばっかりで、チャオプラヤー川の水系で獲れる雷魚の料理が有名なくらいで、たぶん日本のガイドブックなどで紹介しているものはないのではないかと思います。

そんなアーントーン県に幸運を呼ぶネコがいると一部のタイ人の間で話題になっています。

Img_4420

このネコが幸運を呼ぶネコです。

名前をジャオトーンと言います。

タイの人たちは宝くじが大好きです。

Img_4445

タイの宝くじは、日本の宝くじと異なり、自分で好きな番号を選ぶことができます。

特に下2ケタまたは3ケタの当選番号を予想して買い求める人たちは真剣です。

縁起の良い番号や、精霊のお告げとか、様々なものが番号に結び付けられます。

 

アーントーン県のワットマイというお寺の境内には、たくさんのタキアンと呼ばれる古木が集められています。

Img_4431

このタキアンという木にはナーン・タキアンという女性の精霊が宿っているとされています。

ナーン・タキアンは悪霊らしいのですが、懇ろに奉ると、宝くじの当選番号を教えてくれるのだそうです。

どのようにして当選番号がわかるかと言うと、古木に白い粉を振りかけると、当選番号が浮かび上がってくるのだそうです。

人々はこの古木に赤、黄、緑の3色の布を巻いて崇め、願い事をします。

そして、願い事が叶うと(宝くじで当選)、ナーン・タキアンへお礼としてドレスなど贈るのだそうです。

Img_4430

このワットマイというお寺は、以前から地元では宝くじの当選番号を教えてもらえるお寺として知られていたそうです。

Img_4410

しかし、田んぼの中の小さなお寺で、地元の人しか、知らないようなお寺を、一躍全国区に踊り出させたのが、ジャオトーンです。

 

3年ほど前、タキアンの古木の洞に、白黒のネコがいたのだそうです。

(お寺の物語ではタキアンの木の中から生まれたことになっています)

Img_4432

この男性が指さしているところに、最初ジャオトーンが入っていたそうです。

タイでは残念なことに、お寺に犬や猫を捨てる人がとても多いのです。

たぶんジャオトーンもそうした捨てネコだったのかもしれません。

ジャオトーンはお寺に出入りしている人たちによって、エサを与えられ、お寺に住み着くようになりました。

Img_4418

それがあるとき、宝くじ売りが広げている宝くじをシッポでポンポンと指示したんだそうです。

もともと縁起の良い寺とされており、参拝者がその宝くじを買ってみたら、見事に当選したんだそうです。

そうした噂がSNSなどで、広がり、いまやタイ全国から「ネコのお告げ」を聞くために、人が集まってくるようになったんだそうです。

ジャオトーンが車の下で昼寝をしていると、その車のナンバープレートの番号で宝くじを選ぶ。

ジャオトーンがタキアンの古木で爪を研いだら、その爪痕のある場所に白い粉を振って、番号を読みとる。

ラッキードローのように番号札をジャオトーンの選んでもらう。

Img_4424

とにかく、みんなジャオトーンにすがるように、ネコのお告げを受けようと必死です。

ジャオトーンの方は、お告げよりもタキアンの古木の陰に隠れて昼寝をしたいようなんですが、次々に訪れる参拝者に、なかなかのんびりとはしていられないようです。

メオダムが行った時も、バンコクや遠くカンボジア国境のチャンタブリー県からネコのお告げを受けに来ている人たちがいました。

Img_4429

ジャオトーンも、自分の役目と心得ているようでもあります。

お寺に出入りする人たちから、プラトゥーというアジ一夜干しに似た魚をもらってるし、夜には寺を徘徊する犬に襲われたりしないように、大きな専用ケージに入れてもらったりと、大切にされています。

Img_4433

ケージも蚊に刺されないようにと、ネットを被せてもらっています。

このジャオトーンのおかげで、お寺への寄進も増えて、村では念願だった本堂も建立がだいぶ進んできたそうです。

「猫の恩返し」ですね。

Img_4437

なかなか立派な本堂です。

きっとジャオトーンのお告げで宝くじを買って、当選した人たちがお礼参りでたくさんの寄進をしていったのでしょう。

この本堂もあとはタイの仏教界からの許可を取り、ルークミットという球を地中に埋め、バイセーマーという結界石で取り囲めば落慶となります。

Img_4438

丸い球がルークミットです。

いまはトタン屋根に吹きっさらしのお寺ですが、ジャオトーンが立派なお寺を村にプレゼントしてくれるようです。


YouTube: ส่องเลขเด็ดเจ้าโทนแมวแม่ตะเคียน วัดใหม่โคกมะรุม | Thairath Online

メオダム、本当にジャオトーンに宝くじ当選番号の予知能力があるかどうかはわかりませんが、ジャオトーンによって、たくさんの幸せがもたらされていることは、事実のようです。

そして、ジャオトーンもこのお寺で、幸せそうにしていることがわかり、メオダム自身も幸せな気持ちになれました。

Img_4417



精霊の話ですが、ピサヌロークからルーイ県に入ったところにあるダンサーイ村では、毎年ピーターコン祭りと言うオバケの祭りがあります。

ことしは6月12日~14日で予定されており、H.I.S.バンコク支店ではピーターコン祭りへのツアーを募集開始しました。

タイの奇祭「ピーターコン祭り」& 世界遺産「スコータイ」観光

https://www.his-bkk.com/packagetour/j-fpphsphitakhon/

HIS バンコク支店

HIS チェンマイ支店

HIS チェンライ支店

HIS ピサヌローク支店

2021年1月以前の記事はこちら
HIS バンコク支店・HIS ピサヌローク支店の記事は、全てこちらの同ブログ内にございます。
2021.06
loading...