こんにちは

リュウです。

今日は私の故郷にある大きな木を紹介したいと思います。

私の故郷はピサヌローク県のナコンタイです。

ここはとても田舎だと思います。

でも、嫌ではありませんよ。

逆です。

とても好きです。

特に伝説とか物語もあります。

 

というわけで今日は大きな木の話を選びました。

この木はタイ語でチャンパー(จำปา)と呼んでいます。

日本語ではキンコウボクです。

64949285_317883225802534_9109243597

このチャンパー(จำปา)の木は800前にシーインタラーティット(พ่อขุนศรีอินทราทิตย์)というタイの最初の王様が植えられました。

64759592_2580715471939040_212353542

その時は13世紀スコータイ時代です。

その時代はとても平和な時代ですが、平和な時代と言っても、小さな戦争することがあります。

シーインタラーティットはタイの王様になる前にモン族と戦争しました。

その時はタイの軍隊がモン族と比べて、まだ強くないです。

兵隊たちもこの事がよく分かっています。

シーインタラーティットは兵隊たちに勇気をあげたいです。

自分の妻とどうすればいいのか考えていました。

シーインタラーティットの妻は戦争の結果を占うために、チャンパーの木を植えましょうと言いました。

シーインタラーティットも賛成しましたが、どこに植えるかいいかもう一度考えていました。

シーインタラーティットは凧を上げるのが大好きな人です。

ある日、凧を上げている途中で、強い風が吹きました。

この風で凧は手から離れてしまいました。

そこで、兵隊たちに凧を探すよう命令しました。

凧が見つかったところはとてもいい場所ですから、ここに木を植えようと決めました。

このチャンパーの花は普通なら、黄色ですが、

シーインタラーティットはもし自分がこの戦争が勝てるのなら、

チャンパーの花は白い花になるようにお願いします。

時間が流れました。木が大きくなりました。

信じられないことも起きました。

それはチャンパーの木に白い花が咲いたのです。

この事が兵隊たちの耳に入って、兵隊たちは勇気が湧いてきました。

戦争して勝ちました。

この事でシーインタラーティットは山に登って、自分の白い腰帯は旗にするために、竹に括ってから、山に置きました。

それから、「毎年我々ははこの山に白い旗を置く」と言いました。

この活動は今も私の故郷のお祭りとして残っています。

『パクトンチャイ(ปักธงชัย)』と呼んでいます。

山に登る前に必ずチャンパーの木にお祈りします。

現在チャンパーの木を植えたところはお寺になりました。

私がこのお寺へ行った時にはまだ花が咲いていませんでした。

ちょっと残念です。

65028483_537104390156156_3883130346

もしこの木に興味があるなら、ぜひ来てください。

64783293_373528456479284_6528339634

こんにちは

リュウです。

今日はピサヌロークの屋台を紹介しようと思います。

ピサヌロークの屋台はたくさんありますが、今回は私がいつも買う屋台を紹介します。

64936756_632350957266330_5456303431

この屋台は色々な物を売っています。食べ物、飲み物、甘い物などあります。

64583543_2517282524951151_607662638

オカズは色々メニューがあります。

どれも15バーツだけです。ご飯も5バーツだけです。

64254941_2334218313530495_268513888

飲み物は10バーツです。

どうですか、あまり高くないですね。

一番高くても15バーツです。

はい、そうです。一番高い物がオカズです。

64369447_480914642677358_74884725_2

64391042_2337240079875888_476619377

売っている物は、ここのお婆ちゃんが自分で作った物ではありません。

知り合いである他の人から仕入れたものですが、お婆ちゃんが売っている物は私にとってとても安いです。

64739002_1236429723193398_351955758

はい、そうです。私がいつも買う理由は安いからです。

ピサヌローク県では物価があまり高くないので、たくさん買えます。

64391962_408782053074195_4177692376

お婆ちゃんは月曜日から土曜日まで売っています。

日曜日はお婆ちゃんの休みの日です。 

 

 

こんにちは

新入社員のリュウです。

今日はピサヌロークにある5つの銅像を紹介します。

この銅像はタイにとても大切な関係があります。

60449208_387218691887602_7490427619

理由はこの銅像がアユタヤ王朝の人ですから、

それに、5つのうち3つの銅像はアユタヤ時代の王様です。

さらに、この人たちは家族です。両親と3兄弟がいます。

60678293_326944167998896_1475991409

マハータンマラーチャー(สมเด็จพระมหาธรรมราชา)という王様です。(お父さん)

(左から2番目の人)

ウィスンガザット(วิสุทธิกษัตรีย์)という女の人です。(お母さん)

(左から4番目の人)

スパンガンラヤー(สุพรรณกัลยา)という女の人です。(お姉さん)

(左から3番目の人)

ナレースワン(นเรศวร)という王様です。(長兄)

(左から1番目の人)

エーカートッサロット(เอกาทศรถ)という王様です。(末弟)

(左から5つ番目の人)

この人たちはタイにとってどのくらい大切なのが短く説明します。

アユタヤ時代のタイは、16世紀にミャンマーと戦争して、負けました。

短い間、アユタヤ王朝には王様がいませんでした。

ミャンマー王様はマハータンマラーチャーを王様にしました。

タイが裏切らないように、まだ子どもであるナレースワンを人質にしました。

この時から時間が流れて、ナレースワンは大人になりました。

スパンガンラヤーとエーカートッサロットも大人になりました。

スパンガンラヤーはナレースワンがタイに帰ってこれるように、

ナレースワンのかわりに人質になりました。

ここまで説明して、どうですか。ちょっと可哀想な家族ですね。

他の家族と同じのように一緒に住めません。

この理由で5つの銅像を作りました。銅像になって一緒に住んで欲しいです。

もし、ピサヌロークへ来るなら、ぜひここに来てください。

 

 



H.I.S. バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2019.06
loading...
WORLD情報局