H.I.S.Tours ピサヌローク支店 

Untitled

こんにちは

この4月から H.I.S の新入社員となったリュウです。

この前に私がピサヌローク県の山奥にある故郷(ナコンタイ)へ帰りました。

両親と久しぶりに出会って、とても嬉しかったです。

どうして私が両親と出会ったことを書くのは理由があります。

まず、タイ人の考え方について説明させていただきます。

もし、説明しないと、これから書くブログの話が分からなくなってしまうでしょう。

タイ人は人間でも動物でも、それに、物にも「魂」があると信じています。

我々の魂は自分の心にあります。自分の心とは、我々の気持ちです。

我々が嬉しいのだったら、魂も同じ気持ちであるはずですが、

悪いことに遭遇した時はちょっと違います。

それは魂が自分から消えてしまって、そのため、不運な事が次々に起きます。

そのため自分の魂を戻すために、呼び戻す儀式を行ったりします。

でも、不運の時にだけ儀式を行うわけではありません。他の機会にも行います。

例えば、結婚式とかなどでも行います。

つまり新しい生活を始める時に行います。

私は卒業したばかりなので、それで、両親がこの儀式を行ってくれました。

儀式の行い方はバイシー(บายศรี)という花と葉っぱで飾っている入れ物を準備して、

それに、料理を1セット準備して、霊媒師のような人を呼んできて、儀式を始めます。

57486128_420562978501010_8566250192

儀式を終わってから、サイシン(สายสิญจน์)というコットンから作られた糸で私の手首に巻いて縛りました。

57446416_1556703814459960_793977725

この儀式の参加した人が一人ずつ巻いてくれて、

知り合いと親戚から小遣いをもらいました。小遣いの一部は寄進します。

それに、この儀式で親戚同士が久しぶり会うことができます。

家族が一緒になれる日となるわけです。

57154264_273405040266189_6172296268



メオダム独白

昨年行われたルーイ県のダンサイ村で開催されたピーターコーン祭りの写真をピサヌローク支店のホームページにアップしました。

http://www.his-bkk.com/phitsanulok/gallery.php

今年は7月の第一週の週末に開催されます。

このピーターコーン祭りのダンサイ村へ行く途中に、新入社員のリュウ君の出身地「ナコンタイ村」があります。

ナコンタイ村は、本当に田舎ですけれど、タイの歴史の中では大変に重要な土地です。

スコタイ王朝を成立させた初代の王様、シーインタラーティット(พ่อขุนศรีอินทราทิตย์)の出身地でもあります。

きっと、そのうちにリュウ君がタイ最初の王様のストーリーを紹介してくれることと期待してます。

H.I.S.Tours ピサヌローク支店 

Untitled

こんにちは

この4月から H.I.S の新入社員となったリュウです。

ソンクラーン祭りの時、私がピサヌローク県の山奥にある故郷、ナコンタイ村へ帰りました。

私の故郷は昼間はソンクラーンの「水かけ祭り」も行いますが、夜になったら、ラムウォン(รำวง)が行われます。

ラムウォンとは輪になって踊る日本の盆踊りと似たダンスです。

この踊りは現在も時々行なわれることがありますが、若いタイ人の中にはこのラムウォンがどんな意味があるか知らない人があるようです。

なぜならテレビで見たことがあるだけで、踊りの雰囲気を感じられませんから。

私も高校生の時にはこの踊りに全然興味がありませんでした。

とても退屈な踊りだと思っていました。

大学生になった時、この踊りに参加する機会があったのですが、最初はつまらない踊りだと思いましたが、そのうち『なんだか思ったより楽しい踊りじゃないか』と思えてきました。

今回ナコンタイ村へ帰ったついでに、写真を撮って行きました。

それに、この踊りを開催する目標はお寺が寄付を集めるためですので、会場はお寺の境内となります。

57232310_801778626875345_8290080784

昔、お寺は出会いの場のようなところでした。今でも私の村ではまだそんな考え方が残っています。

57094393_767330783667743_8065288398

これから、踊りについて説明します。若い男女にとってとても面白い踊りだと思います。

57244660_2219966311600036_210470684

女性は決められたエリアで待機します。男の人はそのエリアにいる女性とカッブルで踊ることができます。

エリアの真ん中に鉄の棒がたてられており、その棒の周りを取り囲んで輪になって踊ります。

57090186_389036895019450_6032403630

村の年長者たちは、昔はこの踊りのおかけで、結婚相手と出会える場所だったと言います。

57154212_323876888326659_1022671639

そうした昔の若い人達がまたこの踊り設営を手伝ってくれて、

今の若い人に出会いの場を提供してくれるのが、この踊りのもう一つの目的です。

私も気になっている女性と踊りたいので、

今後もこのお祭りが消えないように、参加したいと思います。

57107305_1369896089816672_268385741

いまでもこんなお祭りがも行われていますが、なかなか見かけることができません。

私の村ではまだこのお祭りがおこなわれているのは良かったと思います。

もちろんこのお祭りはタイ人でも外国人でも参加できます。

もし機会があったら、参加してみてください。

このお祭りは私の村以外でも行われているはずですから。

 



メオダム近況報告

 

Wxwv2278

連日40℃にもなる猛暑が続いています。

精力的にワイシャツ姿で自転車で駆け回っていましたところ、どうやら「夏風邪」をもらってしまったようです。

「風邪はひき初めが肝心」とばかりにさっそく病院でお薬をもらってきました。

で、服用の仕方をよく見てみると英語とタイ語で異なっています。

英語では「就寝前」となっており、タイ語は「6時間ごと」です。

さて、どうしたものかな。

サワディーピーマイカップ。

タイのお正月、ソンクラーンが始まりました。

新人スタッフ君もピサヌローク県の山奥にある田舎へ帰ってしまったので、今日はメオダムがブログを書かせてもらいます。Img_5354※別にネコの手も借りたいほど忙しいというわけでもありませんが、今日はネコ支店長も出社してます。

ソンクラーン祭りはタイの人たちが最も楽しみにしているお祭りです。

特に他にあんまり娯楽のないようなタイの田舎町ですと、みんなはじけてしまっちゃいます。

子供たちは、待ちきれずに夜明けとともに道端に出て、水鉄砲で水掛け合いを始めてました。

大人たちは、午後になってからアロハシャツなど着こんで水掛け合いに参戦です。

H.I.S.ピサヌローク支店のある街のメインストリートにも、よしず張りができて、大きな水タンクやビニールプールを出して、もうみんなやる気満々。

Img_5357

小型トラックの荷台に水鉄砲抱えた人たちが乗り込んでます。

道端ではバケツを抱えた人たちが、待ち構えています。

Img_5356s

無抵抗なモーターバイクに乗っている人など、絶好の餌食になってしまいます。

特に若い女の子の運転するモーターバイクは徹底的に水を掛けられます。

Img_5360※ピサヌロークにはバイクの前半分を台車にしたような荷物運搬車が走り回ってますが、今日は荷物ではなくヒトを乗せて、水掛け合いの戦車になっています。

午後5時を過ぎると、メインストリートは交通規制がかかり、パレードが始まります。

ピサヌロークをはじめとしてタイの田舎町は、お祭りと言うとすぐパレードが行われます。

メオダムがピサヌロークへ来て半年、この間に何度パレードがあったことでしょう。

Img_5361

揃いの衣装を着けた女の子たちがタイの伝統音楽に合わせて踊りながらやってきます。

踊っている女の子たちにも容赦なく祝福の水がぶっかけられます。

Img_5364

お揃いでもなんでもなく、踊りもバラバラなただのおじさんおばさん、おばあさんたちで構成されているような一団もパレードに続きます。

ソンクラーン祭りのパレードとは「参加することに意義がある」とメオダムは理解しました。

Img_5365

タイの伝統衣装で着飾った一団も横断幕を広げてやってきます。

日傘はさしてますが、沿道からかけられる水からは守られてません。

Img_5369

パレードに付き物なのは、自動車にハリボテで飾りつけた山車で、キッチリとメイクしたタイ美人が乗っています。

でも、こんなに水かけられたらメイクも崩れてしまうんじゃないかな。

Img_5372_3

時刻はもうじき6時になろうとしていて、太陽もだいぶ西に傾いているけど、まだ気温は37℃。

このところ連日日中の最高気温は40℃に達していて、とんでもない暑さ。

パレードだって、水でもかけてもらわなきゃ、暑くてやってらんないだろう。

水をかけるほうも、かけられる方も、全身ずぶぬれ。

パレードで着飾っている伝統衣装はレンタルなんだろうけど、返却するときに問題にならないのだろうか?

パレードの中には仏像を乗せてくるものもある。

さすがに仏像には荒っぽい水のかけ方などせず、ちょろちょろと、ちょうど日本のお花まつりで仏像に甘茶をかけるような塩梅で水をかけている。

水をかける前後にもちゃんと合掌(ワイ)をしている。

本来、年長者を敬い、健康や幸せを願う水掛け合いとは、こんな水かけ合戦とは別物だったんだろう。

Img_5373

この山車の美人さんは、ピンク色の豚の背中に乗っている。

養豚業者組合かなんかの山車なのだろうかとも思ったけれど、今日はタイのお正月。

そして、今年の干支は豚である。

タイではイノシシではなく、豚年なので、豚も登場しているのだろう。

これから3日間、ソンクラーンの水かけ祭りは続くわけで、あんまり水をぶっかけられて祝福を受けたくないメオダムとしては、極力外出を控えなくては。

当面毎日オフィスに詰めていれば、安全と心得てます。


ピサヌローク支店のホームページが少しずつできてきました。

従来のGoogleさんの間借りから、H.I.S.タイランドのサーバーの中にやってきました。

メオダムも最近のWebの書き方など、まるで浦島太郎状態で、手探りしながら作っていますので、不具合も多いと思いますが、今後はこのホームページからも情報発信をしていきます。

H.I.S.ピサヌローク支店のホームページ http://www.his-bkk.com/phitsanulok/index.php

また、フェースブックも方向性がまだはっきりしませんが開始しました。

メオダムのフェースブック https://www.facebook.com/neko.meodam



H.I.S. バンコク支店

H.I.S. ピサヌローク支店

2019.04
loading...
WORLD情報局