皆様こんにちは、久しぶりにの旅行案内です。


今回はアーリービーチとウッチサンデーズクルーズのお話です。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ホワイトヘブンビーチ
ホワイトヘブンビーチ

ところで、ケアンズからウッとサンデーズ諸島にアクセスするには…


定番は、ウィットサンデーズ諸島の1つ、有名なハミルトン島にケアンズから直行便が運行しているので、日にちのない方がウィットサンデーズ諸島をさっと観光するには、ハミルトン島へ飛ぶのが1番簡単です。


ですが、ウットサンデーズ諸島へのアクセスで1番近い大陸側の拠点はアーリービーチなのです。


で、ケアンズからアーリービーチへ行くには…


アーリービーチの最寄の空港プロスパイン空港へはケアンズからは直行便がないので、ケアンズ→ブリスベン(乗り換え)→プロスパインと飛ぶか、バスか、列車か、または自家用車で、長時間の陸路の旅をしてアーリービーチにたどり着くしか方法がないのです。


今回は数日の休暇を利用して、ケアンズ→ブリスベン(乗り換え)→プロスパインと飛んで、アーリービーチで数日滞在して、ウッとサンデーズ諸島のヨットクルーズを体験してきました。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-プロスパイン空港に到着
プロスパイン空港に到着

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-プロスパイン空港ビル
こじんまりとした空港ビルディング

プロスパイン空港からアーリービーチへは、シャトルバスが運行しており、片道約45分~60分ほどです。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ウイットサンデーズトランジットシャトルバス
プロスパイン空港からアーリービーチへのシャトルバス 
往復$28 米2012年2月現在の料金

アーリービーチは国内外の観光客が立ち寄る小っちゃなリゾートの町。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-丘の上からのアーリービーチ
丘の上からのアーリービーチ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-Airlie Beach front
アーリービーチ


でも国際空港のある都市から離れているので、同じようにグレートバリアリーフへ玄関口でリーフへのクルーズで有名なケアンズに比べると、ケアンズの町も小さいけどさらに小さく静かでこじんまりしていています。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-アーリービーチ商店街
いちおう商店街


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-アーリービーチの通り
観光地なので物価は少し高めですが、
SUBWAY(サンドウィッチのチェーン店)などで節約できるよ


旅なれたバックパッカーたちや、国内からの旅行者が多いようです。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-アーリーウォータフロントバックパッカーズ
アーリーウォータフロントバックパッカーズ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-バックパッカーズ1
ノーマッズバックパッカーズ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-バックパッカーズ
バックパッカーズのカフェ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-YHA
ユースホステル

ビーチ沿いには、バックパッカーズ、ユースホステル、ホテル、商店街通りがあるだけで、高級ホテルやホリデーアパートメントなどは、ビーチからすぐ丘になってせり上がっている景色の良い高台にたくさん建っています。

高台の高級ホリデーアパートメントは雰囲気も景色も素敵ですが、これはハネムーン向き、シニアさん向きかなぁと思います(お値段的に)

さ~ここからはウットサンデーズ諸島クルーズのお話です。

CAMIRAという高速ヨットでウィットサンデーズ諸島を巡るクルーズに行ってきました。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-カミーラ
カミーラ号

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-アビー港
乗船開始

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-デイドリームアイランど
デイドリームアイランド

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-デイドリームからの乗船客
デイドリームアイランドからのお客さんをピックアップ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-デイドリームのマーメイド
デイドリームアイランドのマーメイドたち

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ホワイトヘブンビーチ上陸
リーフのうえでスノーケリングをした後ホワイトヘブンビーチへ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-真っ白いビーチ
真っ白い砂とクリアウォーター

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ランチ
肉、ソーセージ、魚のBBQとサラダいろいろランチ、ビールとワインも飲み放題

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-帆
さぁ帰りだ、帆をあげてアーリービーチにむかって出発

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ケアンズからのヨット群
ちょうどケアンズからのヨットレース群に遭遇

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ケアンズからのヨットレース群
ヨットたち、ガンバ!

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-アーリーに帰ってきた
アーリービーチに帰ってきた~

CAMIRAヨットはバックパッカーたちに人気で、実は大きくは宣伝してはいませんが、ソフトドリンクとビールとワインの飲み物は昼食以降飲み放題なんです。

クルーズ中に、オーストラリアをバックパックで旅する世界からの旅人たちはお酒も手伝って話も弾んで…

出会いは旅の中での大切な部分ですよね♪


by リーフの上でスノーケルした写真なくてすみません、泳ぐのに必死で…

前回のフーミンの旅行案内NZのお話の続きです(*^ー^)ノ


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-羊の国
ひつじの国ニュージランド(^ε^)♪


おまけの続きということでちょっとだけオークランドをご紹介いたします(´▽`)

オークランドはケアンズから直行便でひとっ飛び、行きやすいい街ですしね。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-オークランドの街中
オークランドの街中

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ビクトリアマーケット
有名なビクトリアマーケット

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-スカイタワー
オークランドスカイタワー

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-タワーでスカイジャンプ
スカイジャンプはスカイタワーのアトラクション(><;)

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ワンツリーヒルへ
ワンツリーヒル(1本の木の丘)へドライブ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ワンツリーヒル
ワンツリーヒル頂上からオークランドの街を見渡せますok

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ワンツリーヒルオベリスク
ワンツリーヒル頂上には1本の木はなくてオベリスクがあるよ~

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-シルビアパークショッピングセンターのツリー
郊外の大ショッピングセンター、シルビアパークショッピングセンターのクリスマスツリー
(12月初旬に行ったので)

ニュージーランドはシーフードもおいしくて有名ですよ(o^-')b

サーモンが大好きな家族は料理を堪能してきました。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-生さけのオントレ
NZのシーフードはおいしい~生さけのオントレrestaurant

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-さけと海産物のメイン
グリルしたさけと他のシーフードのメインrestaurant



あと~おまけのおまけのお話みたいですが(*^.^*)…


前回のお話の中で、レンジトト島全体や火口にもたくさん咲いていた

小さい白い花の木はマヌカツリーの花でした。

春から初夏(12月頃)にかけて咲く白やピンクの可愛らしい花ばな。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-レンジトト島マヌカツリー
レンジトト島全体に満開でした


マヌカツリーはニュージーランドにのみに自生する低木で(貴重!)

原住民マオリ族が珍重してきた薬木とのことで、種子、樹皮、葉は気管支の諸症状、リウマチ、筋肉痛、創傷、解熱剤、鎮静剤などの薬になるそうです。

そのマヌカツリーの花から採取される花蜜がNZ名物のマヌカハニー。

ハチミツの年間消費量が世界一のニュージーランド、

NZを訪れたら質の良いハチミツもどうぞ試してみてくださいね(^_-)☆


by  やっぱり食べ物の話に落ち着くワタクシ(^o^;)

ひさっびさのフーミンの旅行案内、今回はNZ編です。


小さな町のケアンズ空港からの国際線フライトの数は限られていますが、オークランドへの直行便はエアーニュージーランドが週3便飛ばしております。

エアーニュージーランドのフライトは約5時間弱

快適notesなフライトでオークランドへ降りられます。


機内の各シートに付いているエンターテイメントシステムで各種映画、音楽、ゲームなど選べ、退屈しませんし、機内食もNZビールもおいしい~(^O^)

は往復で合計ビールbeer合計3本堪能しました(^-^)


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-NZビール
NZビール、細長いグリーン缶のスタンラガー

NZは兄弟のようなお隣の国ですが似て否なるもの感があります。

お金のお札やコインも似てるけど違うし、スーパーの商品もなんかちょっと違います。

例えば英語、キウイ発音とオージー発音はちょっと違います。

HAVE(ヘブ)、FERRY(フィーリー)、FISH&CHIPS(フェッシュアンチェップス)、DAY(ディー)、またYE-(ィエー)を間合いに多く言う、などなど…

すいません、他にもいっぱいあるのに今思いつかないσ(^_^;)


ちなみにのだんなはNZ人ですがオーストラリアに8歳からいるのですっかりオージー発音の人ですが、オーストラリアに住んでいるNZ人にありがちなのですが、本人は自分はまだ絶対NZ人と思っています。


さてさて観光のおはなしでしたね(^_^;)


オークランド市内観光、ロトルア(温泉)、ワイトモケーブ観光などはメジャーですが、今回ご紹介するのは火山でできた島のレンジトト島です。


家族はこの島で山登りrunを楽しんできましたnotes

残念ながら日本人にはあまり知られておりませんが、

西洋からの旅行者の方はけっこう多かったです。

オークランドからフェリーで約1時間でこの島に渡れます。

途中デボンポートに寄ります。


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-デボンポート
フェリーはデボンポート↑に’寄ってからレンジトト島へ


H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ようこそレンジトト島
ようこそレンジトト アイランドへ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-登山地図
You are here. ふんふん1時間あまりでトップかなぁ

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-ふんふん火山噴火でできたのかこの島
ふんふん こんな風に600年前に噴火してできたのか

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-溶岩ごろごろの道
溶岩ごろごろの登山道

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-オークランドの街がみえるよ~
オークランドの街が見えるよ~

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-高くなってきた
高くなってきたよ~

H.I.S.ケアンズ支店~トロピカル日和~-火口をみおろす
火口をみおろす-植物で埋まっているけど白っぽいのは小さいお花なんです

娘のいとこが‘小学校の遠足で行ったよ’と言っていましたから、オークランドから日帰り登山のできるちょうど良い島だと思います。もしアウトドアアクティビティーが好きな方でオークランドで時間に余裕があば、アートギャラリーなどが多いデボンポートによってから、ぜひこのおもしろい溶岩ごろごろな火山で出来た島にも足を伸ばして1日山登りもいいと思いますよfuji


by 次回におまけでちょっとだけオークランドの街をご紹介しますね



H.I.S. ケアンズ支店

2018.07
loading...
WORLD情報局