ケアンズと言ったら世界遺産のグレートバリアリーフとキュランダ観光…それだけではありませんsign03

熱気球もとってもおすすめなんですshine

Img_2568

気球と言えばカッパドキアを思い浮かべますよね?

わたしも”なんでケアンズで熱気球…?”と思っていましたが、参加して納得しましたflair

熱気球のおすすめポイントはふたつ

安全性  上空から見る絶景 ですshine

Img_2556

まずは安全性について、これは参加にあたり1番重要視すべきことだと思います

オーストラリアでは熱気球は”飛行機”と同様に扱われており、航空パイロット、地上スタッフはオーストラリア国家資格保持者で世界で一番厳しい基準下にて飛行しているため安全性が非常に高いのだそうですairplane

だからこそできることがあります

それは…地上と熱気球を結ぶ紐がないフリーフライトsign03

Img_2569

一度地上を離れたらどこへ飛ぶかはその日の風任せなのですdash

パイロットさんが熱加減を調整しながら上へ上へと上がって行き、わたしが乗ったときは雲の上まで上がりましたup

Img_2594

パイロットさんもここまで高く上がったのは数年ぶりだと言っていましたsmile

Img_2588_2

パイロットさんの技術の高さを実感したのは着陸時ですflair

フリーフライトのためどこに着陸するかも分からないので、地上スタッフが車で熱気球が飛んでいる下をずーっと追いかけて来てくれるのですdash

パイロットさんはその地上スタッフと連絡を取り合い、どこへ着陸したら安全か確認をしてくれます

わたしたちの乗った熱気球が地上10mほどに近くなったとき、周りは畑が広がっており、申し訳ないけど畑の上に着陸することになるのかな…と思っていたら、パイロットさんが上手ーく操縦し、畑と畑の間にある小道に着陸させたのですsign03

着陸時大きな揺れもなく、終始安心してフライトを楽しめましたnote

Img_2578
上空から眺める景色は想像以上のものでしたshine

Img_2570_2

Img_2571

Img_2589

このツアーは早朝出発で朝4時頃にお迎えが来ますclock

わたしたちが乗ったときは雲がかかっており、きれいな朝日を見るのは難しいかな…と思っていたのですが、とても高く雲の上まで上がり、なんと雲の上から朝日を見ることができたのですsun

Img_2590_2

飛行機の窓から見る雲の上の景色が、視界を遮ることなく360℃のパノラマビューで目の前に広がっていましたhappy02

Img_2584

Img_2582

逆にもっと低い位置を飛んでいれば野生のカンガルーを見ることもできるそうですflair

Img_2593

わたしたちはホットエアー社のツアーに参加しました

予約はこちらからdownwardleftdownwardleft

https://tour.his-oceania.com/city/cns/detail.php?tid=2758

ぜひぜひ、この絶景をご自身の目で確かめてくださいhappy01

Img_2557

Img_2567

一日に100人しか上陸できない島”貸切無人島フランクランドアイランドクルーズ”に参加して来ました~❤️! 

Frankland
透き通ったエメラルドグリーンのグレートバリアリーフがとっても素敵で大サンゴ礁や沢山の魚達に会えました💝

このツアーの見所は、プロのダイバーさんが海の中に一緒に入ってシュノーケリングツアーに連れて行って下さる所。✨

Frankland2
この日は運良く、ニモや海亀🐢に3回も会えました😆💓

スタンドアップパドルや透明カヤック、海上アスレチック、半潜水艦などのアクティビティが全て無料で楽しめるのもHIS限定ツアーの特典😆🎶

Frankland4

そして何と温かいバーベキュー&バッフェランチ付き😍 💕

Frankland3
絶景の中で頂くランチは格別shine

綺麗なサンゴやお魚を自分で泳いで見てみたい!という方はフランクランドクルーズオススメですgood

Frankland5

見事「宝探しでINケアンズ」でパーフェクト賞を獲得されたご家族ですhappy02heart04

Photo_2
パーフェクト賞を獲得さた方には豪華お食事券をもれなく進呈しておりますupupup

参加ご希望の方はツアーラウンジにて参加キットを手に入れようnote

抽選で月に1名様にオリジナル金貨も当たるよ!shineshineshine

お申込先はこちらからdown

https://tour.his-oceania.com/city/cns/detail.php?tid=8674



HIS ケアンズ支店

2019.12
loading...
WORLD情報局