カンクン 生活 2020.10.07

こんにちわ NAOYAです。


1泊 700円 食費ゼロの生活 の続編となります。

 

 

Image5_2


実際にこの1ヶ月で同じ部屋で寝た人 10以上の異なる国


実際にホステル内で出会ったのは 20以上の異なる国となります


毎日、刺激的な出会いがあり、


アメリカの一流企業で働いている女性や


デトロイト出身のラッパー (デトロイトはエミネムの出身地で有名)


世界を旅して15ヶ月目になる、イタリア人バックパッカー、


世界をまたにかけて謎に包まれた方法でお金を稼いでいる男性


まさに、多種多様な国、文化、そして生き方をしている人と出会います


仲良くなった人たちとは、カンクンを南下したところにあるトゥルムへ旅行をしたり


ビーチや飲みに出かけたり、


自分の話や彼らの話を聞いていて、視野も大きく広がりました


しかし、自分の名前 出身地 なぜここにいるのか 同じフレーズを毎日オウムのように


繰り返す必要があります....正直もう自己紹介に疲れてきてしまった感もあり


自分の自己紹介のレジュメをスクリーンショットし


読んでほしいなあと思うこともあります


そして私は人の名前を覚えることが得意ではありません


ましてや外国人の名前となると さらにハードで


1人のひとには5回尋ねました

Image4


またここのスタッフのメキシコ人はアットホームな人たちで、


今はスタッフ3人と自分の4人部屋で生活しています


時折、外から帰ってくると見ず知らずの人がいる刺激が恋しくなりますが。


この人いびきかくのかなと心配しなくていいのは助かります。


1度いびきが凄まじい人とシェアルームだったとき、夜中3時に彼のいびきを


今日であったばかりの人たち3人で、1人は英語を話せなかった為、


言葉なしで協力し合って、彼を起こさないように、


いびきを止めさせようとトライしたことは


いい思い出とはいえませんが、楽しい時間でした。

Image2_2


世界中の人が訪れるここカンクンでは、きっとスペシャルな出会いがあると思います


出会い方がどうであれ、出会ったということには縁があります。


国際的交流によって 視野を広げる絶好の機会かもしれませんね

 

 

NAOYA

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS カンクン支店

    2020.10
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧