¡Hola!

Ryokoです!

 

 

10月31日は、メキシコ最大のイベント『死者の日』でした。

今回は、その歴史から特別な食事などをご紹介します。

Make_up3

 

死者の日を簡潔に説明すると、メキシコ版お盆のことです。
亡くなった故人を家庭に迎えるためのお祭りです。

 

日本でお盆というと、家族が集まる一種の行事ですが、メキシコの死者の日は
少し異なる点があります。それは、「楽しく」死者を弔い、思い出すことです(^^♪

 

各家庭、お墓、公共施設、教会、広場など生活に密着した場所に祭壇が設けられ、
赤いケイトウやオレンジのマリーゴールド、オレンジやレモンなどのフルーツで華やかにデコレーションされます。

Thumb_img_9675_1024

 

この祭壇をオフレンダといいますが、このオフレンダがとっても派手で可愛らしい♪
メキシコ風切り紙の、カラフルなパペルピカドも死者の日にはつきものです。

 

そして、カラフルなこれらの飾り付けの間に無造作に置かれるのが頭蓋骨です。
個人や家族のための祭壇には、最近亡くなった人の遺影や、先祖代々の写真も飾られます。

 

死者の日やデコレーションの基本スタイルは嘆き悲しむのではなく、死者とともに明るく楽しく過ごし、祭りを終えたら、死者たちが満足して死者の国へと行けるように祈ること...
これが、メキシコの死者の日の過ごし方です。

 

マリーゴールドはメキシコ原産、そして太陽を表しています。

太陽のピラミッドもあるように、アステカ文明では太陽を大切にしていました。

 

また、マリーゴールドは死者が通る道を表しています。
だから死者の日ではマリーゴールドが飾られるんですね。

Thumb_img_9834_1024

メキシコでは2500-3000年前から、祖先のガイコツを身近に飾る習慣があったようです。

 

また、死と生まれ変わりの象徴として、ガイコツもトロフィーの様に扱われていたという記録も残っています。

 

Thumb_img_9479_1024

当時から死者の日の祝祭は地域によって様々な形で生まれ伝承されてきました。

 

中でも、アステカ族には冥府の女神ミクトランシワトルに捧げる祝祭があり、それが現代の死者の日に大きな影響を与えていたと言われています。

 

この祝祭がやがて、死者の貴婦人、カトリーナに捧げる祝祭へと形を変え、アステカ暦の9番目の月(現在の8月前半)に祝うようになりました。その後、スペインからの侵略を受け、カトリックの死者の日と融合して今の形になったのだそうです。

 

 

Ryoko

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS カンクン支店

    2021.01
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧