カンペチェ 2013.10.04
 みなさん hola!bell
ASUですsun dash


この間、2日間のお休みを利用して、弾丸!!!!bombショートトリップへ行ってきました! 
1泊もしてないです!
しいて言うなら、バス泊。bus


どこへ行ってきたかというと・・・・・
Campeche (カンペチェ)
という町!

カンクンのあるキンタナ・ロー州のとなりの州、カンぺチェ州の州都です

実はこの町、街並み自体が『世界文化遺産』に指定されているという、たいへんレアな街

たしかに・・・・

 

 
 カラフルでかわい~!!

 
 
このどこまでいってもカラフルな家が立ち並ぶ通り、なんだかコミカルでもあるし、ミステリアスでもあります。

『どこも一緒に見えるんだけど』という声が聞こえてきそうですが、、いや、ほんとに、どの道も全く同じに見えます。 笑

カンペチェは、昔カリブ海からの敵の侵入をふせぐため、要塞で囲われていたのですが、今もその石壁が残っています

その要塞をリノベーションしてつくったマヤ建築物博物館にて、近辺から出土したマヤ文化の遺品も展示されていました。


マヤ壁画  きれいに色もつけられています。

 

町は、とってものどか~~なかんじ。
この日が日曜だったこともあり、道ではしょっちゅう私ひとりっきり状態になってました。foot苦笑


そして、このユカタン料理・メキシコ料理のレストランで昼食を食べました♪ 

レトロな外観が goodな、  『BASTION』

 
 
あとで『地球の歩きかた』見たら載っていたので、けっこうポピュラーな老舗のお店だそうnotes

さてカンペチェの美しさ、伝わったでしょうか!?
カンクンからは車(長距離バス)で片道6時間半!(寝てる間に付きますよ★scissorssleepy 笑)

いって損はありません!是非是非足を延ばしてみては!!foot


では今日もぜひ1ポチっとお願いしますeye


にほんブログ村
それでは、また次回!!
ASUでした~!

カンペチェ 2012.07.03
おら~notes

マロキン
ユカテカ第2の故郷かんぺちぇ州
にやってきました

ここはユネスコ世界遺産にも
登録されている
コロニアルの街並みが保存されています。
なんだか時代スリップしたな~かわいいでしょ~


でも実は実はこの街は
カンペチェの歴史的要塞都市という名前がつけられてます。
 実はこの街の外はぐる---っと外壁におおわれております。

何があったかというと、、
それはそれは時は1600年代までさかのぼります。
当時この街はユカタン半島でとれる物資やスペインからの物資が
ではいりするスペインの貿易港でした。

たくさんの商船が行き来をし、当時スペインをおもしろくおもって
いなかったフランスやイギリス軍が海賊をやとって、
スペイン商船をおそいはじめました。

で、登場sign03
ジャックスパロウscissors もとい、カリブの海賊たちです。
海賊たちが襲い始めたため街が危険にさらされたので
街全体を城壁でおおってしまったのがここなんです。

 


とういことで2.5kmを壁ておおちゃいました。
要所は大砲をそなえた塞つくり敵襲に備えたわけですね~。
 


陸側と海側に門をつくりそこで出入りを制限していたそうです。
なかなかです。
 
 陸側の門。通称陸門。
(これは当時のままです)

 
 海側の海門。


すべてが当時のままというわけではないですが
当時の街並みを再現して保存しています



みなさんも機会があったら是非たちよってみてください-。


行き方:
メキシコシティ-:飛行機 アエロメヒコのフライトがあります。
カンクン:ADO社などのバス利用(6時間30分)ながっsign03
     カンクンから直通のカンペチェ行きバスは少ないので
     メリダで乗り換え。
メリダ:ADO社バスが毎時走ってます。約2時間30分

HISインプレッソ メキシコ世界遺産紀行でたちよります~notes

by



カンペチェ 2010.07.15

notesまろきん notes

ゆかてかです、


ゆかてか本当はカンペチャーナです、


ということでカンペチェのご案内。

当社インプレッソ メキシコ世界遺産紀行でもたちよるのが

カンペチェ州 カンペチェ市です。


カンペチェはスペン人がはいってくる前はマヤ人がたくさん住んでいた場所でした。

1540年 フランシスコ デ モンテホの手によって制圧されました。

その後コロニアルの町がつくられたくさんのスペン人が住むようになりました。


当時のカンペチェはユカタン半島で唯一の港町でここからいろいろなもの交易されました。

スペインをよくおもっていなかったイギリスやフランスは海賊をやとい、船をおそったり

港町をおそい始めました。これがいわゆるカリブの海賊達なんですねーーー。


海賊達に襲撃されはじめたカンペチェは町をまもるために町全体を高さ6mから8mの壁でかこい、

要所に大砲をそなえた砦をつくりました。 たさらに高台2箇所にさらに大砲をそなえた砦をつくりました。


これがカンペチェの歴史的要塞都市です。

残念ながら全部がすべて当時のままではないですが、きれいに修復されて

きれいなコロニアル調のまちなみがのこっております。


H.I.S. CANCUN支店


H.I.S. CANCUN支店
upとってもきれいなコロニアル調の町です。


海側と陸側に門がつくられそれが唯一の入り口でした


H.I.S. CANCUN支店
up陸側の入り口 陸門、当時のオリジナルの建築です。



H.I.S. CANCUN支店
高台につくられたサンミゲール砦の大砲です、


機会があったら是非みなさんいってみてくださねーーnotes





H.I.S. カンクン支店

2019.03
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧