こんにちは!

コスタリカ支店上田です。

 

今回は過去の記事から人気があったものを再度取り上げたいと思います。

 

コスタリカでこの時期といえば、『アリバダ』です。

聞きなれない方もいるかと思いますがスペイン語のARRIBAR(到着する)から派生する言葉で、数千、数万というウミガメが一斉に上陸する現象のことをいいます。

 

Os_19

このアリバダを発生させるのはヒメウミガメです。

このヒメウミガメの生息域は、アンティル列島、南アメリカの北部沿岸、西アフリカ、インド洋、オーストラリア、そして東南アジアと広範で基本的に単独で行動するのですが、こと産卵となるとメスは群れをなして自分が生まれた海岸に戻ってきます。

 

世界に数か所アリバダが発生する海岸がありますが、世界で最も大規模で重要なアリバダが起きるのがコスタリカのサンタロサ国立公園にあるナンシテ海岸オスティオナル野生生物保護区のオスティオナル海岸の2箇所となります。

Mapa_cr

両方ともコスタリカにあるというのは、世界に先駆けて生物保護政策を推進してきた成果だとおもいます。嬉しいですね。

 

ナンシテ海岸は研究者のみアクセス可能で一般の人の訪問はできません。一方、オスティオナル海岸のアリバダは、ローカルガイドと同伴であれば観察OKなのです!

 

ただし、アリバダはいつでも見れるという現象ではありません。

 

オスティオナル海岸では、基本的には1カ月に1回、3日~5日の間、アリバダが発生します。8月から11月末ごろまでにかけてがピークとなり、上陸するウミガメの数は驚くばかりの数になります。

 

下弦の月の前後や潮の満干などの自然状況もアリバダ発生と関わってきますが、確実ではなく未だ未知数の大きな自然現象です。

Os_20

さて、後編では実際にアリバダを体験した際のお話をお届けします!お楽しみに~

 

 

上田

コスタリカ政府公認ガイド

https://ecoa-travel.co.cr/

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS コスタリカ支店

    2020.10
    loading...
    WORLD情報局