シンチャオ!!

今日はハノイ市民の憩いの場所。『トンニャット公園』をご紹介します!

ハノイは漢字で河内と書き、湖の多い町と言われています。

ホアンキエム湖やタイ湖と言った有名な湖があり、

その他、大小様々な湖があります。

そんな中で私のおすすめは『トンニャット公園』です。

ここは緑豊かな公園でハノイ市民たちがランニングやウォーキングをしたり、

デートをしたりとローカルたちの日常生活を見る事が出来ます。

Img20191006161739_1

Img20191006162303_1

湖の周辺にはベトナム名物の風呂イスカフェが出来たり

夕方の涼しい時間になると家族連れやカップルなどで賑わいます。

Img20191006163753_1

市内の喧騒に疲れたら、

是非訪れてみて下さい!!

****************************************************

トンニャット公園 (Cong Vien Thong Nhat)

住所: 354A Đường Lê Duẩn, Phương Liên, Đống Đa, Hà Nội

****************************************************

シンチャオ
 
我が名はセプテンバー
 
今宵はハノイの交通手段について説明しよう。
 
 
「タクシー」という乗り物を知っているか?
 
これはベトナムで老若男女利用する交通機関だ。
 
日本にもあるらしいが、かなり高額で高級な乗り物と聞く。
 
だが、ベトナムでは使い方さえ間違えなければ割安で利用できる便利な乗り物だ。
 
 
 
 
 
 
 
街中のベトナム人は歩くことを嫌う。
 
暑さを嫌い、日焼けを避け、エアコンの効いた室内を好む南国という言葉が聞いて呆れる生き物だ。
 
そんな彼らは何人かのグループでの移動はタクシーを使う。
 
たとえ数分の徒歩距離でもタクシーを使う者もいる。
 
なぜなら初乗り料金が10,000〜15,000VND(50〜75円)程度なので気軽に利用できるのだ。
 
上手に使いこなせれば便利だが、観光客を狙う不届き者もいる。それが今のベトナムの現状だ。
 
乗る時は心してかかるんだな。
 
 
 
 
さあ、では安心して乗れるタクシーをいくつか紹介してやろう。
 
①TAXI GROUP

Photo白い車体に赤いライン、青と赤のマークが目印だ。 

ハノイで最も流通しているタクシー会社だ。ベトナムのタクシーには車体に会社の電話番号が記載されている。
 
TAXI GROUPは「38 26 26 26 26」だ。たまにダミーで下2桁だけ変えている偽タクシーもいるから気をつけろ。
 
また、車両番号が車体に何ヶ所か記載されているので覚えておくと、もし車内に忘れ物をした際にタクシー会社が探してくれるぞPhoto_2もしもの時のためにレシートも受け取っておくことも重要だ。
 
ちなみに、アプリ(英語またはベトナム語)もあるので、海外上級者は登録しておいてもいいかもな。
 
登録時にSMSで届くPASSコードが必要だから、電話を使用できる国で事前に登録しておかないといけない。
 
 
現地でダウンロードしても電話が使用できない状態であれば何の意味もないから気をつけろ。
 
4つ星、5つ星のホテルになると契約していることもあるので、より安全に乗ることができるだろう。
 
 
 
②MAILINH(マイリン) TAXI

Photo_3 これはベトナム全土で流通している大手タクシー会社だ。

 
TAXI GROUPと同じく車体に電話番号、車両番号、アプリもあるタクシー会社で、
 
ホテルや観光地で契約しているところもあり、安全だと言えるだろう。
 
しかし、こちらもダミータクシーが多くあるため注意が必要だ。
 
 
最後は最近増えてきたタクシーだ。
 
③G7タクシーPhoto_4
TAXI GROUPやMAILINHが見つからない場合に、頼ってみても良いだろう。
 
上記2社とは若干運転手の質が悪くなってしまうので、しっかりメーターを使おうとしな場合は、降りた方が懸命だ。
 
我輩が乗った時はしっかりメーターを利用し、運転も比較的安定していたが、
 
たまに悪い噂を聞くので運転手教育がまだ発展途上なのであろう。今後に期待だ。
 
 
アプリもあるが、基本的にTAXI GROUPかMAILINHに乗るため我輩は使用しない。
 
 
他にもタクシー会社はあるが、多く紹介しすぎても困ってしまうからな。
 
今回はこの程度でにしておこう。
 
 
 
①タクシーを呼ぶ
基本的にはレストランやホテルでスタッフに呼んでもらうのが良いだろう。
 
急いでいる時は仕方ないが、流しのタクシーは偽物も時折いるので観光客が見分けるのは困難だ。
 
なので、近くの綺麗なレストランや、大きめのホテルで呼んでもらえると安心だぞ。
 
 
 
②目的地を伝える
 
目的地は必ず「住所」を調べてドライバーに見せることだ。
 
ベトナムは建物や観光地の名前では目的地が伝わらない事が多い。
 
似たような名前(発音)が多いのと、レストランやお土産屋は数年おきに移転をする事が多いのだ。
 
なので、ドライバーの知識次第では移転前の店舗に連れて行かれたりすることもあるぞ。
 
最新住所を事前に調べておくように。
 
また、ドライバーは基本的に英語が伝わらない事が多いのでタクシーを呼んでもらったスタッフにサポートしてもらうのが良いぞ。
 
 
 
③メーターのチェック
 
タクシーに乗り出発する時、まずドライバーがメーターのスイッチを押すか確認をしろ。
 
実際、メーターを使わず言値で送迎を行おうとするドライバーもいる。
 
もし、そのまま行こうとした場合は「メーター」を指差しで指摘してやるとドライバーも観念する。
 
その時は心の中で「残念だったな」と思ってやるがよい。
 
 
 
④移動中
 
タクシーのメーターはこんな感じだ。距離と時間で数字が増えていく。

Photo_5これは今回乗ったTAXI GROUPの初乗りの表示だ。

VND(ベトナムドン)の表記は下3桁は省略されているタクシー会社が多い。
 
だからこの表記は
 
10(,000)=10,000VND ※50円
 
という事になる。なんて財布に優しい初乗り料金なんだ。
 
ちなみに、車両番号も車内から確認できる場所にあるから覚えておけ。
 
少しわかりづらいが、こいつは「2737番」のタクシーだ。

Photo_6 メーターはタクシーの大きさや、進行スピードにもよるが、

だいたい1分に2,000〜3,000VNDぐらいの間隔で上がっていく。
 
 
 
⑤支払い
 
目的地についたら支払いだ。もしお店や場所を知っているなら「STOP」と伝えないと
 
ズルズルとメーターが上がるまで小銭稼ぎをされるので注意しておくといいぞ。
 
今回は5分程度乗って20(,000)VNDだ。 ※約100円Photo_7
歩くと10分程度の距離だったが、暑さや何度も道を横断する事を考えるとリーズナブルな価格。
 
ここで覚えておくとよいのが、釣り銭問題だ。
 
旅行者にありがちなトラブルなのだが、両替したてで細かい紙幣を持っていない事が多いのだ。
 
ドライバーもあまり多く釣り銭を持っていないのでタクシーに乗る前は少しお金を崩しておくといいぞ。
 
特に500,000VND札(約2,500円)。
 
こいつはタクシーでは使いづらい。日本でいう1万円札だ。
 
日本のタクシーでも500円の区間で1万円出されると困るだろ?同じような感覚だ。

Photo_8

 
 
 
 
逆にこいつらは比較的使いやすい。
 
100,000VND(約500円)と50,000VND(約250円)だ。

Photo_9 あらかじめ支払いのための細かい紙幣を用意しておくとスマートに会計を終えられるコツだ。

ちなみに、●,000VND単位など逆に細かすぎるお釣りも用意できない場合もあるが、
 
10〜20円程度なのでチップだと思って渡せる寛大な心を持っておくといい。
 
 
 
 
少し話しすぎたか。
 
このような感じで上手に乗りこなせば、安く移動でき観光の充実度も格段に上がるぞ。
 
ぜひ試してみるといい。

さらばだ

こんにちわ!!

本日はハノイの有名観光スポットの内の一つである、

ハノイオペラハウスのご紹介です。

1554702473193 このハノイオペラハウスはハノイに来られた方は必ずと言っていいほど

一度は見ているのではないでしょうか。

そんなハノイのオペラハウスの中に実は入れるというのは皆さんご存知でしょうか。

正確にはオペラハウス内で演目がある時に入場が許され中に入る事が出来るのですが

もともとフランスの植民地であったベトナムですので、

植民地時代に作られたオペラハウスは小さいながら迫力があります!!

Img20190302175000

演目は日によって変わるのでしっかりチェックして、お好みの演目をご覧ください!

是非、ハノイに来た際にはオペラハウスで優雅なひと時を!!



HIS ベトナム支店

2020.02
loading...
WORLD情報局
テーマ一覧