こんにちは。
本日は、スイスの新コースのご紹介です。

成田~チューリッヒ間往復ビジネスクラスで行く「白銀の4大名峰を巡るスイス8日間」

4大名峰と世界遺産の2大絶景列車という王道のルートに
プラスアルファのお楽しみ!

このコースではなんと!
当ツアー専用にヨーロッパ内フライトをチャーター、ツアー用に特別に
組まれたルートを飛行し、空からアルプスの絶景をご覧いただきます!

この特別フライトはまず、北イタリアのボルツァーノからスタート。
眼下にコモ湖や遠くにミラノの町を見ながら西に進み、イタリアと
スイスの国境にそびえたつマッターホルンやモンテローザ、そしてモンブラン
などの雄姿を望み、北イタリアのアオスタに到着します。

フライト時間は約60分。
陸路であれば約500kmの長旅を飛行機で効率よく移動します。

これが、ボルツァーノ空港。

Dsc_0533

Dsc_0534
普段は定期便が就航していないこじんまりした空港です。

ですが、このプランはセスナなど小型飛行機を利用した遊覧飛行ではなく、
一般旅客機をチャーターしているので、いつものようにカウンターで
パスポートのお名前チェックを受けて、スーツケースを預けて
チェックインした後は、機内持ち込み手荷物の検査もあります。

Image1_1
そしてこのようなちゃんとした搭乗券も出してもらえます!
BOLZANO、AOSTAの都市名が印字。
(写真の氏名の部分など一部加工しています。)

Img_6613
ボルツァーノ~アオスタ間は定期便がないので、このような搭乗券は
チャーターフライトならではのもの。これだけでも記念になりますね!

これがツアーに利用される飛行機です。
Dsc_0560

Image1_2
ドイツのPRIVATE WINGSという会社の所有で、
ヨーロッパ内のチャーター路線を飛行しています。

Do328-100という比較的メジャーな機材で、お客様用のお席は32席。
座席の並びは1席+2席ですが、ツアーでは、ご参加の皆様全員に
景色をお楽しみいただけるよう窓側のお席のみを利用します。

乗り込むとまずウェルカムドリンクでお出迎え。

Img_4364 そして、スナックとドリンクのサービス。いつもの機内サービスを
ツアー専用機の機内という特別な空間で体験できます。

Dsc_0596
このフライトのハイライトは、マッターホルンとモンブランの近くでの8の字旋回。

当ツアーではもちろん、ゴルナーグラート展望台などの有名展望台も訪れますが
上空からですと、地上から見るのとは違った角度でアルプスの形が変わっていくのを
ご覧いただけます。
イタリア側から見るマッターホルンとモンブランは、普段パンフレットなどでよく見る
形とは全然違うので新鮮な驚きです。

Photo_3 ↑マッターホルン(C)Swiss-Kaneko

Kuoni_nakanishi
↑モンブラン(C)Swiss-Nakanishi

万が一、悪天候で地上からはアルプスが見られない日でも、空からであれば雲の上に
突き抜けたアルプスの姿を見られる可能性もあります!

3月はアルプスの雪解け前なので、天気が良ければ太陽の光を受けて
白銀の山々がキラキラと輝く姿も見られる季節です。

色々な角度からアルプスの姿を見ることができ、チャーターフライトという
特別な体験もできるこのコースは、1設定あたり20名様限定の少人数ツアーです。
ぜひ、お早目にご検討くださいね。
********************
ツアー内容はこちら!

成田~チューリッヒ間
往復ビジネスクラスで行く
「白銀の4大名峰を巡るスイス8日間」
********************

氷河特急といえば、とても有名なスイスの景勝列車ですが…
その氷河特急に、今年(2019年)3月から新しいクラスが出来ました!

その名もエクセレンスクラス」
1等車より上の、氷河特急の中では最上級クラスです。
Wagenansicht_ganz

Img_6512 
ロゴもマッターホルンランドヴァッサー橋という、
スイスを代表する観光地を組み合わせた、
まさに鉄道王国スイスの代表格。

本日はそのサービスを、実際の写真も交えてご紹介します。

氷河特急はサンモリッツ~ツェルマットを約8時間かけて結んでいますが、
このエクセレンスクラスの車両を連結している便は、
1日2本(サンモリッツ発1本、ツェルマット発1本)しかありません。
 
しかも1本につき1車両のみで、座席は20席のみ!つまり、
1日につき最大40名しか味わえない贅沢体験なのです。
 
このエクセレンスクラスには専用のコンシェルジュが乗車、
スーツケースも車内に運び入れてくれます。

Image1
1席ずつが向かい合った座席はすべてが窓側。 
専用のタブレットで観光地案内などを検索することも可能です。

Image8_2
氷河特急の窓はクラスに関わらず、天井近くまでガラス張りになっているので、
空はより高く感じ、切り立った崖の迫りくるような迫力なども味わえます。
そんな絶景だけでも十分氷河特急の魅力といえますが・・・ 

このエクセレンスクラスのお楽しみは、ズバリお席でのお食事です!
 
まずはウェルカムドリンクと食前のおつまみでおもてなし。
Image13_2 
そして、食器などがセッティングされ…Image14_2 
間もなく提供されるのが、5コースのフルコースランチ

このランチですが、氷河特急の路線上と
その近隣の地元産の食材が使われているのです

メニュー表も配られ、まず前菜から。
Img_6508 
続いて出されるのが魚料理、スイス国内でスモークされた鱒。

Image15_2 
アルプスの高山植物で飾られたえんどう豆のスープ。

Image16

肉料理は、スイス産ビーフのフィレとトリュフ入りマッシュドポテト

Image17

そしてこれらのメイン料理と一緒に提供されるワインは、
「スイスを代表するワイン村」といわれる葡萄の名産地、
サルゲッシュにある「ドメーヌ・シュヴァリエ」のもの。

Img_6511_1 
実はスイス人はワインが大好きで、良質なワインがたくさん作られています。

日本ではあまり有名ではないスイスのワインですが、
その理由の一つは、スイスのワインはほとんどが自国で消費されており、
輸出はわずか1%ほどであること。
 
つまりスイスのワインは、スイスに行ってこそ味わえる貴重なものなのです。
 
お食事とワインのあとは、スイス産チーズの盛り合わせ。

Image18 
そして、デザートは本格的なチョコレートケーキです。

Image19 
お食事のあとは、コーヒー又は紅茶でアフタヌーンティータイム。

ツェルマット(サンモリッツ)到着までの残りの時間を
のんびりとお過ごしください。

Image20
ところでこの氷河特急について「8時間も乗るの?座りっぱなしで疲れない?」
といわれることがありますが、氷河特急は平均時速が42kmという
ゆっくりな速度で進み、車窓からの風景はドンドン変化し、
しかもそれがすべて絶景。

Image1_3
なので、飽きることもありません。 

そして、エクセレンスクラスに乗車された方の多くは
「食事を楽しんでいたらあっという間に感じた。」と言われます。
 
また、氷河特急はいくつかの駅で5分~10分停車するので、
一旦降りて写真を撮ることもでき、
座りっぱなしということもありません。

この日は春でまだ雪も多く、この駅では曇り空でしたが、もちろん空気はおいしい!

Image21 
このエクセレンスクラスには、写真奥のように
専用のBARカウンターもあります。


このスペースにはあえて椅子を置いていないので、

座り疲れたらここで、おつまみやドリンクを自由な
タイミングでお取り頂くこともできます。
(一部のアルコールは別代金)
Image11
そして、他にもうれしいポイントが。

 エクセレンスクラスの案内冊子兼乗車記念証のプレゼント。
(日本のツアーのお客様には基本的には日本語のものが用意されます。)

Img_6510
そして、下車時には氷河特急グッズとして有名な
斜めになったワイングラス」などのお土産もいただけます。
(このお土産は時期によって異なります。)

列車大国スイスの中でも初めてといわれるプレミアムトレイン、
氷河特急エクセレンスクラス
 
大切な方との記念旅行などにお勧めです。

***********************
夏のスイスコースラインナップから一部のものを、
11/20から先行販売!
 
【氷河特急エクセレンスクラス利用(3~5月出発)】
3つの名峰を巡る春のスイス8日間

【ビジネスクラス利用(7~10月出発)】
3つの名峰を巡る優雅にスイス8日間
***********************
※上記のブログは2019年度の内容をもとに作成しており、
氷河特急のサービスは予告なく変更となる場合があります。


こんにちわ!

H.I.S.の安心の添乗員同行の旅 ''インプレッソ'' 添乗員デスク森ですclub

さてさて前回から続きのスイスをお送りいたしますhappy01

スイスもここ数週間で大分天気がよくなってきているようですねsign01

今回は3日目から5日目の朝までで見れる

朝から晩までマッターホルンの景色堪能祭りといきましょうfuji

Photo

3日目に有名な景観列車、氷河特急にのってツェルマットに到着したら

その日は夜間の『星空観賞』に向かいます!

晴天であれば頭いっぱいに星が広がり

マッターホルンの特徴的なシルエットが月明りに照らされてうっすら見える光景は

本当にに美しいmist

都会に暮らす私は星空だけでも感動してしまいますsign01

downwardrightdownwardright携帯だとなかなか星は綺麗に映りませんが、

  晴天の時はこんな感じにご覧いただけますeyeshine

Img_5460

まっくらなのでライトなど持っていくと手元を確認したりすることができるので

便利ですね!

展望台に行かないコースでも街中から夜景とともに見るマッターホルンもおすすめですよheart04

Img_5458

4日目は昼間のマッターホルンの姿を綺麗に見えるスポットに行ける

選べる観光をご用意してます。

迷っている方は参考にしてみてくださいflair

▼ゴルナー氷河眺望と逆さマッターホルンハイキング

平坦な行程なので初心者の方でも安心なハイキングですnotes

せっかくスイスにきたのだから山を目の前に爽やかな風を感じながら

歩いてみませんかsign02

実際に歩くコースの道はこんな感じですdownwardrightdownwardright

Img_5515

Img_5501

コースのメインである逆さマッターホルンfuji

ハイキングコースのローテンボーデンからリッフェルベルグ間にあり、
リッフェル湖の映ったマッターホルンを見ることができます。

皆さん晴れること祈りましょうpaper

Img_5222

▼添乗員とともにゴルナーグラート展望台にてティータイム

体力や脚力に心配のある方はこちらがおすすめ。

こちらだって景色は負けてませんsign01

Img_5511

手前の建物がゴルナーグラート展望台です。

マッターホルンが真正面happy02shine

堂々たるそのお姿を眺めるには最高のスポット。

ここでティータイムなんて、素敵ではないですかsign02

皆様ならどちらを選ばれますか、どっちを選んでも絶景ですshine

夜・昼の姿をみたら最後には『朝sun』もいっときましょうhappy01motorsports

5日目は添乗員さんが朝焼けのマッターホルンを望む写真スポットへ案内sign01

Img_5650

マッターホルンの頭に徐々朝日が当たり、
移り変わっていくその光景は息を飲んで見入ってしまうことでしょう。

これは見てみないとわからないcoldsweats01

すこしでも伝われこの感動bearingsweat01

Img_5729

朝・昼・夜

どのマッターホルンがお好きですかsign02

是非、お気に入りのマッターホルンを見つけにいきましょうshine

今回はここまで次で最後かな?

次回はモンブランとユンフラウ三山の見に行きます。

ではまた次回notes

newnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnew

スイスのツェルマット 期間限定でH.I.S.ツアーデスク開設中!

ツアーデスクには現地ハイキングガイド(日本人)が常駐しており、
気軽に日本語でのご相談ができます!

Img2379

場所:スイス・ツェルマット/ ゴルナーグラートドルフ ホテルロビー内
   (ツェルマット駅前すぐ) 
期間:2019 年 6 月 15 日(土)~9 月 15 日(日) 毎日オープン 
営業時間:17:00 ~19:00 
※上記時間内、日本語ガイドがデスクに常駐致しますが、
混みあう場合はお待ち頂く場合がございます。

是非皆様のお越しをお待ちしております♬

newnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnewnew

2019.12
loading...
WORLD情報局