Ciao!(イタリア語の挨拶)
HISスタッフのIです。
先日、プライベートでimpressoツアーに参加し、
ローマでの自由行動中にコロッセオに行ってきましたので
写真などをご紹介します!

8世紀に書かれた詩に下記のような有名な一説があります。

「コロッセオが立つかぎり、ローマは存するだろう
 コロッセオが崩れるとき、ローマは滅びるだろう」

イタリアには遺跡がたくさんありますが、その中でも
コロッセオは当時からローマ帝国のシンボル的な存在で、
ローマ帝国のスケールの大きさを最も感じられるものの一つ…
ということで、以前から行きたい場所でした。

コロッセオへの行き方はとても簡単。
地下鉄テルミニ駅からたったの2駅。
その名も「コロッセオ駅」が最寄り駅。

Image1_4
駅から出ると、どーーーーーーーん!!

Photo_2
さっそく目の前に、あのコロッセオが。

写真では伝わり切らないのが本当に残念ですが、実物は迫力が本当にすごいです。
想像していたよりもとても大きかったです。

さすがローマを代表する観光地。
この日はお天気にも恵まれていたこともあって、入場する人も大行列!
Photo_3 
ちなみに、チケットを購入済みの人の列とこれから購入する人の列は別。
もちろんツアー参加者など、チケットを購入済みの
列のほうが待ち時間も短くて済みます。


西暦80年頃に完成したと言われるコロッセオは、ご存知の通り「円形闘技場」です。
当時4万人もの人が携わり、8年の歳月をかけ建設されました(諸説あります)。

今から2000年前にたったの8年でこのような巨大な建造物が作られ、
そして地震などで崩れることがなかったと思うと、
当時の建築技術がいかに高かったかと想像できます。

入場するとまず暗い階段を上ります。
Image1_5
2000年前に思いをはせながら2階の回廊と歩いていくと・・・

Image1_1
見晴らしの良いところに出ます!
これが、アリーナ。

Photo_4

現在のアリーナは床がほとんどなく地下がむき出しの状態です。

さて、このコロッセオの建設の目的は、娯楽でした。
当時のローマ皇帝が市民の楽しみのために作った施設で、
ローマ市民は無料で入場することが出来ました。

その理由は、市民を娯楽に没頭させ反乱を起こさせないようにするため、とか、
無料で娯楽を提供し皇帝を支持させるため、などと言われています。

ここでの見世物は、娯楽といってもとても残酷なもので、
剣闘士vs剣闘士、剣闘士vs猛獣など、実際にどちらかが
死ぬまで続けられるような戦いや、時には犯罪人の公開処刑が行われていたそうです。

また、高度な技術でこのアリーナの部分に水をひいて海のように見立て、
有名な海戦などを再現するという「模擬海戦」も行われており、
貴族たちは大規模な殺し合いを娯楽として楽しんでいたとのこと。

収容人数は5万人以上といわれ、現在の東京ドームとほとんど同じくらいの大きさ。

そのような大規模な会場で残酷な見世物が楽しまれていたとは…
現代ではとても想像できません。

Img_1671_1
アリーナに下りてみると、現在はこのように、
当時地下になっていた部分を見ることが出来ます。
この地下には、戦い前の猛獣の檻や機材などが置かれていたので
細かく小部屋のように分かれています。

Image1_2 たくさんの観光客が、興味深そうに地下を覗いていました。

観客席は身分ごとに分かれており、1階は貴族、2階は騎士、3階は一般市民、
4階は市民権のない奴隷の席となっていたそうです。
階段は上に行くほどわざと狭く作られており、貴族の退場が
スムーズにできるような工夫もあったそうです。

また、1階、2階、3階とそれぞれの柱頭部分の様式が異なり、
1階ではドリス式、2階ではイオニア式、3階ではコリント式の
建築様式が用いられています。

このように、コロッセオは「古代ローマ建築の最高峰」ともいわれ、
見るべきポイントがたくさんあるので、
世界中からの観光客に絶大な人気を誇ります。

Image1_3 
人気なので当然混みあいますし、見学中は広いのでよく歩きますが、
せっかくローマまで行ってこのコロッセオを見ずに帰るなんて
本当にもったいないと思いました!

是非これからローマを訪れる方にお勧めします。

*************************
コロッセオに入場するimpressoツアーはこちら。

ウルトライタリア8日間
成田発:TI-KMI4649-NRT    
 

羽田発:TI-KMI4649-HND

※当ツアーでのコロッセオの入場は
アリーナ部分は含まず2階部分となります。
*************************

皆様ご無沙汰しております。
impresso添乗員チーム雨川和世です。

先日impressoの看板コース

憧れのイタリア周遊8日間
の添乗に行ってまいりました。


イタリアに行くなら必ず訪れて頂きたい4大都市に訪問!
ミラノ、ベネツィア、フィレンツェ、ローマ
この4都市はそれぞれ特徴が異なり、初めてイタリアに行くなら絶対に行って欲しい街!
何度行っても楽しい街です!
私自身50回以上訪問してますが、毎回新しい発見があり飽きることはありません!


そんな私も今回初めての経験をしました。

フィレンツェから半日で行ける「ピサ」に行き「ピサの斜塔」に登ってきました!!


Img_5344

奇跡の広場
大聖堂、洗礼堂、そして斜塔で有名な鐘楼があります。
手前の赤い丸屋根の建物が洗礼堂です。

Img_5336

間近で見ると迫力あります!


Img_5337

本当に傾いているんです!!



10年以上もの長い間、工事をしていた為、斜塔に登れるようになったのは結構最近のこと。

完全予約制。
一度に登れる人数は40名。
1グループ約30分以内。
8歳以下のお子様は入場できません



Img_5317



入口に入った瞬間、「あ、傾いてる!」と身体で感じることが出来ます!!
ぐるぐると螺旋階段を登ります。
登る方と下る方、同じ階段の為、すれ違うのも大変・・・・。

でも登ったときの達成感は素晴らしいものがあります!!


Img_5320_2




Img_5322

Img_5328


皆様も是非イタリアに行ったらピサの斜塔に登ってみてくださいね!

イタリアに行きたくなったらこちら
皆様のご参加お待ちしておりますhappy01



クリスマスまで7

impresso添乗員デスク森ですhappy02

前回まではクリスマスマーケットに注目して案内してきましたが

クリスマスはその国特有の行事や飾り物があったりします。

倉橋添乗員から少しイタリアを紹介してもらいたいと思いますsign01

★☆★☆★☆★

メリークリスマスxmas

インプレッソ添乗員の倉橋です
paper

__image

今回はイタリアのクリスマスを紹介します。

イタリアでは、各家庭や教会に、
イエス様が生まれた瞬間をモチーフにした「プレセビオ」という人形を飾ります。

Image_2_3

精巧にできたミニチュアから、迫力ある大きいものまで、
水が流れたり電飾がきらびやかなものもあります。

__image1


Image_1_4


__image4_2


特に、キリスト教の総本山「サンピエトロ大聖堂」の前には、
イタリア中で最も素晴らしいと言われる作品が飾られるので、必見eyeshine

また、「本場のプレセビオを我が家へ!」という方には、
ナポリのスパッカナポリ地区に、
1年中、手作りプレセビオを売っているお店がありますpresent

Image


スパッカナポリは、焼き物の柱が美しい「聖キアラ教会」もオススメですよ~!

Image_4


しかし、一歩道を外れると、こーんなカンジ…

__image2_3

ナポリは治安が良くないので、散策は明るい時間だけにしてくださいね。
そして、スリにはくれぐれも気をつけてsweat02

イタリア人にとって、1年のうちで一番大切な日と言っても過言ではないクリスマス。

ちょうどこの時期に現地へ行かれる方は、
クリスマスに食べるお菓子、「パネトーネ」や「パンドーロ」の味見もお忘れなく! (1個1Kgくらいある巨大ケーキbirthdayです)

【添乗員 倉橋】



2019.12
loading...
WORLD情報局