こんにちは!
皆さんは、北欧といわれるとどんなイメージが浮かびますか?

「北欧?どこも一緒でしょ?昨年フィンランドに行ったからもう十分!」
という方もいらっしゃると思います。

実は、北欧5ヶ国(スウェーデン、ノルウェー、デンマーク、フィンランド、アイスランド)
の国々は、実際行ってみると街並みのイメージは全然違い「次回は一つ一つの国を
ゆっくりと訪れてみたい」という感想もよく聞かれます。

本日はそんな北欧の中でも最大の都市、ストックホルムをご紹介します。

Photo_6 ↑ストックホルムの街並み(C)Imagebank Sweden

ストックホルムはスウェーデンの首都、この夏羽田からいよいよANA直行便が就航
することで注目を浴びています!
毎年12月にノーベル賞の晩餐会が行われることでも有名ですね。

そのノーベル賞の母国スウェーデンには、ノーベル賞を感じる
ことができる観光地がいくつかあります。

その代表的なものがストックホルム市庁舎

約100年の歴史を持つ宮殿のような建物で、中でも
ノーベル賞晩餐会の会場になっている大広間ブルーホールと、
1800万枚の金箔モザイクで飾られた黄金の間が見学のハイライト。

The_nobel_prize_photo_jeppe_wikstro↑ノーベル賞の晩餐会(C)Jeppe Wikstrom

Img_0894
実際、晩餐会の映像でよく見る、あの大階段をのぼりながら見学する
という見学順路になっています。

せっかくだから、その歴史や意義についてしっかり学んで帰りたい、
もっとノーベル賞を感じたい方には、ノーベル賞博物館もお勧め。

Dsc_0435 
ストックホルムの旧市街、ガムラスタンの中心部にあるノーベル博物館は
18世紀に建造された当時の面影を残す、歴史ある建築物として有名ですが、
内部は現代風の作りになっています。

Nobel_prize_museum
ノーベル賞博物館では、ガイドツアーやビデオ、様々な資料を通してノーベル賞、
並びに創立者であるアルフレッド・ノーベルについて詳しく知ることが出来ます。
寄贈品、展示、映像からノーベル賞受賞者の生活や研究をのぞいてみましょう。

The_nobel_museum_4_photo_staffan_el

The_nobel_museum_1_photo_staffan_el
↑ノーベル博物館(C)Staffan Eliasson

時間がない方には館内のレストラン、ビストロ・ノーベルだけの訪問もお勧め。
ここでは、ノーベル賞晩餐会で出されたデザートを食べることもできます。

Nobel_dessert
椅子の裏には、歴代の受賞者の直筆のサインが書かれているので、
レストランでは、ぜひ椅子の裏を覗いてみましょう。

その中でも、1989年にノーベル平和賞を受賞したダライ・ラマ14世の
サイン入りの椅子や、2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞した
山中教授のサイン入りの椅子は天井から吊るしてあります。

Dsc_0441
なぜ天井からつるされているのか、気になる方は、その理由を店員さんに
聞いてみてください。
ちょっと笑える答えが返ってきます。

ストックホルム市庁舎や、ノーベル博物館にはギフトショップもあり、
実際のメダルに似せた「ノーベルチョコ」が人気のお土産として有名です。

Img_6864
ストックホルム市庁舎で売られているものと、ノーベル博物館で売られているものは、
ぱっと見では、一緒に見えますが、実は模様も味も違うんです。

どのように違うのか、をここで全部書いてしてしまうと面白くないので、
ぜひ実際に行って買って比べてみてくださいね。

**********************
impresso 2月1日販売開始の新コース

ANA往復直行便!
スウェーデン&フィンランド
爽やか街歩き 7日間
**********************



こんにちは。
本日は、フィンランドの人気の観光地「ムーミン美術館」をご紹介します。

ムーミンはフィンランド生まれのキャラクターですが、この美術館は、
フィンランド第二の都市タンペレのコンサートホール「タンペレホール」内にあります。
Photo_6この「ムーミン美術館」では、トーベヤンソンによって作られた
12冊のムーミンの物語にちなんだ原画や、創作物を展示しています。

ムーミン好きの方はもちろん、その時期によって全然違う筆跡で描かれていたり、
年代によってキャラクターの形が全然違ったりするので、
もともとムーミンに興味があまりない方でも楽しめますよ。

これは、建物の外のムーミン像
人気の写真スポットになっています。
Photo_7 実際は、ちょっとびっくりしてしまうぐらいひっそりとした場所に
立っているので、じっくり探してみてくださいね。

さて美術館に入場する前に、大きな荷物はロッカーに預けます。
Photo_8 
このロッカーは1ユーロ(使用後返却されます)、または下の写真のクロークで
借りるコインで利用できます。
Photo_9

こちらが美術館の入口。ムーミンの看板がかわいい!Photo_10
チケットのバーコード(画像加工しています)を機械にかざして入場します。
Photo_11

Photo_12
館内はそのまま見ても楽しいですが、やはり作品についての解説を
見聞きしながらのほうがより楽しいものです。

解説の方法は色々ありますが、スマホをお持ちの方は入口で
ムーミン美術館の案内アプリをダウンロードしておきましょう。
もちろんWi-Fiも無料です。

Photo_21 
アプリはなんと日本語!この館内だけで起動できる仕組みになっています。

館内の地図はもちろん、作品の解説も(内容はここでは書けませんが)
翻訳機のような不自然さはありません。音声での解説もアプリから聞くことができます。

ほかにも、入口付近にある絵本型の解説本をレンタルすることもできます。

Photo_22
さらに一部の作品には、下記の写真(真ん中あたり)のように
ボタンを押すと4ヶ国語の音声で解説が流れるものもあります。
Photo_23 ちなみにこの4ヶ国語は、フィンランド語、スウェーデン語、ロシア語、そして日本語!
いかにムーミンが日本で人気なのかが分かりますね。

館内は、地下に下りながら見学していきます。Photo_24 館内は非常に暗いですが、これは作品を守るための措置です。

トーベヤンソンは元々これらの作品を展示用に作成したのではなく、
趣味のような感じで作られたものを展示しているので、とてももろいのです。
そして館内はフラッシュの有無に関係なく写真撮影も禁止です。
しっかりと目に焼き付けましょう。
(ブログ内の写真は特別に許可をいただいて撮影したものです。)

でも、せっかくなので一枚ぐらいは記念に写真を撮りたいですよね。

入口すぐの場所ではかわいいムーミンと一緒に写真を撮れるので、
皆様ここで写真を撮っていました。
Photo_26
さて、この美術館には他にも楽しみがあります。

一つは、限定グッズ。
ショップではたくさんのムーミングッズや北欧雑貨が売られています。

Photo_27
この札があるものはここだけの限定グッズ。(あるいはいくつかの場所での限定。)Photo_28
絵葉書やマグカップ、2枚で一枚の絵になる(上手くできていますね)板チョコ
などがありました。

また、ここで絵ハガキと切手を買って館内のポストから投函すると
かわいいムーミンの消印が押されたエアメールを送ることもできます。
旅先から、自分宛てに手紙を出してみるのもいいですね。

さらに、おしゃれなカフェレストランも。Photo_30 ここでは、ムーミンをテーマにしたコースランチが食べられるほか、
このレストラン自体にいくつかある「隠れムーミンキャラクター」
を探すのも楽しいです。

このように、美術館そのものだけではなくいろいろな楽しみ方ができる
ムーミン美術館は、学生さんなど若い女性だけではなく、ハネムーナーの方、
母娘旅行の方、小さなお子様連れのファミリーなど幅広いお客様に人気です!

****************
夏の北欧お勧めコース
爽やか北欧7日間
****************

こんにちは。HISスタッフのMです。

本日は、フィンランドの寝台列車「サンタクロースエクスプレス」のご紹介です。
世界的にも珍しい2階建ての寝台列車で、現地の人にも人気があります。

今回は、impressoツアーで一番よくつかわれる、ケミ~タンペレに乗車しました。
22:45~05:45の約7時間の旅でした。

これが、ケミの駅。
Img_0558 とっても小さい!日本と違って、改札はありません。

暖房のきいた駅内で列車の到着を待ちます。
ちょっと遅れているようですが、電光掲示板にきちんと
どれくらい遅れているのかが表示されるので安心でした。Image1
列車がやってきました。とても静かにホームに入ってきました。Img_0563車体も新しくて綺麗です。

何よりうれしいのは、ホームと列車の段差がほぼないこと!
スーツケースを持って乗り込むのもスムーズです。Img_0581 上の写真では廊下の奥に階段がありますが、これはお手洗いなどに向かう階段。
自分が乗り込むドアさえ間違わなければ、1階席の場合は階段無しで
自分の部屋に向かうことができます!

ちなみに、2階に向かうには下の写真のような階段を上ります。

今回は1階に宿泊しました。
Img_0582 
下の写真が1階2名用の個室です。

途中から車掌さんがやってきてセッティングしてくれるのではなく、
最初から2段ベッドがセッティングされています。
スーツケースはベッドの下にも入れることができますが、やはり寝台列車とあって狭い。
とはいえ、第一印象はとてもきれいだな、と思いました。

シーツやまくらカバーなどもパリっとしてました。
Image1_1 
まくらカバーのデザインもかわいいです。Img_0590_1

そして各ベッドには、サンタクロースマークがかわいい、
ペットボトルのミネラルウオーターが1本ずつ。Img_0594_1 
これは、上段ベッドからの眺めですが・・・

Img_0589 ちゃんと、落ちないようになっているので安心。
そして、コートをかけるハンガーまであるのもきめ細かいサービス!

各個室には、洗面台があります。Img_0576 ドライヤーは1階・2階ともありませんが、鏡と洗面台があるので
身支度や歯磨きは、お手洗いに行かなくても各お部屋でできます。
シェーバー用のコンセントもありますよ。

ベッド周りにも、コンセントと目覚まし時計。
目覚まし時計はあるものの、やはり普段自分が使っているスマホの目覚ましが
一番安心でした。Img_0592
そして、なんと列車内はWi-Fi無料!
しかも走行中の列車にしては高速でつながりました。

Image1_2 
そして、これがお部屋の鍵です。
穴のあいたカード式できちんと2名分あります。(念のため画像加工しています)

Image1_4 黒いカードは、シャワールーム用の鍵。

Img_0584_1

Img_0583_1 1階の個室にはトイレとシャワーがありませんので、
この鍵で各車両に1個か2個ある共有のシャワーを使います。

走行中は列車特有の揺れは多少あるものの、とても静かで意外と快適に
寝ることができました。

しかし私個人的に困ったのは、「とにかく車内が暑い!」こと。
各個室には温度が調節できるパネルもありますが、暑がりの私には
一番下に下げても暑かったです。
ちなみに窓は開きません。廊下に出たときは多少涼しかったです。

冬のフィンランドのホテルは全体的に暖房がよくきいていますので、
列車だけが「特に暑い」ということでもないのですが・・・
Img_0586 逆に、寒がりの人でも安心です。

さて、列車はタンペレの駅に着きました。
Img_0599

Img_0598

Img_0602
ホームにはエレベーターもあり、その後出口までも段差が
ほぼまったくなかったので、スーツケースを運ぶのもとても楽でした。
こういった細かなところで旅行をしやすいのも、
北欧の魅力の一つかと思いました。

※2階個室には、上記の設備に「シャワーとお手洗い(ユニットタイプで同じ部屋)」
とバスタオルが付きます。

※記載の設備などは予告なく変更となる場合があります。
(最新の情報はフィンランド国鉄のHPなどでご確認ください。)

2020.10
loading...
WORLD情報局