"オーロラを求めて北欧三ヶ国周遊8日間" に行って参りました。
最初の3泊がアビスコ国立公園内に宿泊するプランの方に添乗致しましたが、
今回はその3泊とも綺麗なオーロラを見ることができました。
 

Img_2805

Img_2798

 
2泊目moon3moon2
 

Img_2851

Img_2845

3泊目moon3moon2moon1
 

Img_2919

Img_2894

 
三泊目は心に余裕ができたので、
皆様自分を入れたり、自撮り写真なんかも試されてましたcamera
 
私も試してみましたnotes
こんな感じです。
 
 

Img_2961

ちなみにこの写真はすべてiPhoneで撮影しておりますmobilephone
あるアプリを入れると綺麗に撮影することができます。
 
 
私の機種は6Sですが、8をお持ちの方はさらに美しく画像でした。
 
もちろんミラーレスや一眼レフをお持ちの方はさらに素晴らしい写真になってました。
 
今シーズンは今のところかなりの確率で大きなオーロラが見えておりましたshine
 
今回のツアーでは
オーロラ鑑賞施設のあるアビスコの宿泊があり去年もよくオーロラが見えてましたsign01
北欧でオーロラ見たいと思っている方はアビスコ宿泊ツアーを
探してみてはいかがでしょうかhappy01
 
 
これから行かれる方、また来年検討の方
是非北欧にお越し下さいwinkshine
 
やまがた 」

北欧企画担当のSです。

私がこの冬一番お勧めの商品をご紹介いたします。
フィンランドで素晴らしいオーロラを是非皆様の目で実際にご覧になって頂きたい!
という気持ちで商品を造成しました。

オーロラの見方にもこだわっております。

お部屋の中から見て頂きたい!

オーロラ観賞が出来るガラス張りのお部屋「ガラスイグルー」

この存在はもう有名ですね。

Photo_3

この写真は実際にツアーにご参加されたお客様が撮影したオーロラです。


最近色々な場所にガラスイグルーが建っていますが、今回はその中でもお勧めのイグルーをご紹介します!

 

レヴィにあるゴールデンクラウンガラスイグルー。

 

Photo_4



このお勧めのポイントBEST3は・・・

 

お勧めポイント①

オーロラを見る為の環境。 

オーロラが現れる北の空が開けた小高い丘に建っている!
だから街の明かりを気にせずにオーロラ観賞が出来ます。
オーロラは街の光に負けてしまうのでオーロラ観賞には暗い場所が適しているのです。
そして1枚1枚のガラスも大きめなのでお昼間も素晴らしい景色が満喫できます。
写真では全部お伝えしきれません。

 

お勧めポイント②

数あるガラスイグルーの中でも宿泊施設としてのクオリティが高め。

 シャワーが共同のものもある中、このイグルーはお部屋の中にシャワーとトイレ、そして簡易キッチンまでついています。そしてお部屋の広さも23平方メートルと広め。2016年末には別棟のレストランもオープン、レストランにも天井がガラス張りのスペースがあり、お食事中もオーロラを見逃しません!


Photo_5

ガラス張りのレストラン


お勧めポイント③

お部屋数が少ないという希少価値!

このガラスイグルーは全部で18棟しかありません。レヴィの街からも離れているので
少人数の宿泊者だけという静かな環境でオーロラ観賞が可能です。



Photo_6

Photo_7


ガラスイグルーはとても人気がありますが、何しろ数が少ないので、確保するのが非常に難しいです。例年、今ぐらいの時期になりますと満室の日が増えてきますので、是非ガラスイグルー宿泊確約のツアーが空いているうちにご検討下さい。

とっておきのフィンランド8日間

皆様のご参加お待ちしております!

H.I.S.の安心の添乗員同行の旅 ''インプレッソ'' 添乗員デスク森です。sagittarius

『北の国から』と題して3回目ですが、

なんとこれで最終回ですsign01

最後の北の国は アイスランド

今回も添乗員さんからご紹介していただきましょhappy01

泰子さんよろしくおねがいしまーーすpaper

sagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittariussagittarius

添乗員の泰子です。

イギリスの北、北極圏の南の氷の島…アイスランドをご紹介しますshine

今回行ってきたツアーは『まだ見ぬ絶景を求めてアイスランド8日間』。

アイスランドの面積は10万3000k㎡(日本の約1/3、北海道と四国を合わせた程)。

3日目

アイスランド南東部、ヴァトナヨークトル(ヴァトン=湖、ヨークトル=氷河)がある。

Fb_img_1489602671168

この氷河の面積は8100k㎡、国土の8%もある巨大な氷。
(ちなみに面積は東京、神奈川県、埼玉県を合わせた程)。

Fb_img_1489602677710

ここにブルーアイスケーブ「氷の洞窟」がある。
冬のアイスランドだけで見ることが出来るのだ。

Fb_img_1489602686431



幾世紀にも渡りゆっくりと降り積もった雪が押し固まり圧縮され、
不純物や気泡が抜け純度の高い透明度のある氷となる。
そして太陽光の青い光りだけを透過させるのだそう。
氷が厚ければ厚いほど青が増し洞窟内を光り輝かせる。
まさに、未だに見たことのない絶景sign01

幻想的なスーパーブルーの世界だ。

Fb_img_1489602703116

5日目

ブルーラグーン

Dsc_2754

レイキャヴィークの南西約40kmにある世界最大の露天風呂spa

発電用に沸き出た地熱を使って人工的に作った広大な温泉の湖で

Dsc_2752

1490941041463

治癒効能を持つミネラルを大量に含んだ乳白色の塩温泉。

シリカ泥パックで10歳若返りの美容効果もあるんだとかshine

1490941039921_2

アイスランドときいても食事のイメージがわかないのではないでしょうかsign02

やはり島国なのでサーモンや手長海老、海の幸が美味しいのですよshine

Dsc_2719

Dsc_2762

また運がよければ美しい朝日も・・sun

(今回はオーライフィのホテルから見る事ができました。)

Dsc_2629

Dsc_2630

またかわいいアイスランディックホースはここでしかみれませんeye

Dsc_2739

アイスランドの特有の馬で
スカンジナビア+モンゴリアのミックスで小ぶり、
手足が短くどさんこのようなスタイル。人懐っこくおとなしいheart04


魅力満載のアイスランドsign01

これからはもっと緑豊かな大地の季節になりますが、

雄大な自然を楽しみたい方は是非候補に入れてみてくださいflair

添乗員の泰子でしたぁclover

▽▼▽アイスランドへのツアーはコチラ▽▼▽

2019.01
loading...
WORLD情報局