ハマム 2017.01.02

皆様 あけましておめでとうございます。

さて、新年早々イスタンブールの気温はマイナス2度。マイナス14度まで下がるそうです。

そこで、トルコ人の間では風邪予防としても知られているハマムについてご紹介します。

イスタンブールに237箇所のハマムがありますが、実際に使用できるのは60あまり。

というのもトルコ人も家でお風呂をする習慣がつき、また、ハマムの代わりにスパに行く人

が増えたためで、歴史のあるハマムが10年後には10箇所残ればいいほうだ、とも言われ

ています。

日本人にはそれでもトルコハマムは体験して頂きたいものです。

今回はあまり知られていないミヒルマスルタンハマムをご紹介します。

こちらのハマムは、エディルネカプにあり、カヌニスルタンスレイマンが娘ミヒルマスルタンの

為に建築家シナンに建てさせたモスクの周りの建築物の中にあります。

ミヒルマスルタンモスクはウスキュダルとエディルネカプにあり、ちょっとした秘密があります。

ウスキュダルには2つのミナーレの間から月が出るのを見ることができ、エディルネカプの1

つのミナーレの後ろからは日が昇る、という仕掛けになっているそうです。

さて、どうしてそのような仕掛けを作ったのかというと、建築家シナンはスルタンの娘ミヒル

マのことをとても愛していました。彼女の名前はペルシャ語で太陽と月という意味があり、そ

のためにこのような仕掛けを作ったそうです。

歴史がある中にも物語のある、そんな、モスクの周りの1560年代の建築物にあるハマム

で歴史に浸る

のもいいですね。

それでは、みなさん今年もイスタンブール支店ブログをよろしくお願いします。

夏が待ち遠しい今日この頃。今年はちょっと贅沢ラグジュアリースパで、ピカピカになって夏を迎えてみませんか!イスタンブールで定評のあるさらに2件の極上スパをご紹介します。いずれも市内ではトップクラスのサービスです。はずれなし!いずれも高級ホテルの中にありますが、スパはビジターでもOK.。予約をしていきましょう。shine

● エスパ(新市街・EDITIONホテル内)

地下鉄LEVENT駅の目の前にEDITIONホテルがあります。玄関を入ると笑顔でゲストサービスが迎えてくれます。エレベーターで最地階におります。オリエンタルなムードホールを抜け階段を降りるとエスパのレセプションがあります。

Edi_1

スパにはマッサージルーム、。スチームバス、サウナ、スノウルーム、ハマムなどがあります。 

Edi_2 

Edi_6_hamam

リラックスルーム。

Edi_5_dinlenme

フル装備のフィットネスセンター。

Edi_3

インドアプール。

Edi_4  

スパメニュー:

ハマム(20分、40分、60分)で180~350リラ、

ボデイマッサージ(50分、80分)で285~700リラ

フェイシャルケア(60~90分)で296~485リラ、

ボデイトリートメント(20分~2時間)で110~520リラ、

男性用サービスもあります。

アンチストレスマッサージ(50~90分) 286~475リラ

 

本格派にはもっとリッチなコースもあります。

1日コース ※ゆったり優雅な完全スパコース ★おすすめ度100%

マッサージ・ハマム・フェイシャルケアのセット(3時間)700リラ

ハマム・ボデイラップ・デトックス・フェイシャルケアのセット 700リラ

ESPA ( EDITION HOTEL )

ADD: Buyukdere Cad. No.136 Levent/ISTANBUL

 

  • サニタス(新市街・CIRAGAN PALACE KEMPINSKIホテル内)

 ご存知イスタンブールの最高級宮殿ホテル、チュラーンパレスホテルケンピンスキー内にある老舗のスパです。世界の著名人を数多く迎えるこのホテルのきめ細やかなゲストサービスは、言うまでもなくトルコのトップクラスでしょう。

Ciga_bina_2 

玄関を入ると豪華なロビーがあります。スパへは左側の廊下際のエレベーターで地階に降ります。

Ciga_giris_1 

降りた目の前がサニタスの入り口です。

 

Ciga_spagiris 

更衣室。

Ciga_spa_cab 

室内プール。

Ciga_spa_in_pool 

屋外プールは地元の夏の人気のロケーションです。目の前に広がるボスポラス海峡の景色は一言ですばらしい!!!

Ciga_pool_3

スパメニュー:

マッサージ (40~90分)125~230ユーロ。

インドAYURVEDICトリートメント(50~80分)160~255ユーロ

ハマム (40~80分)135~255ユーロ

アジアンマッサージ (55~120分)200~390ユーロ

カップルメニュー (55~120分)310~710ユーロ

フェイシャルケア(60~75分)で300~485ユーロ

ボデイケア(55~75分)175~510ユーロ

ピーリング (25分) 100ユーロ

マニキュア 65ユーロ

ペデイキュア 85ユーロ

SANITAS SPA & WELLNESS ( Ciragan Palace Kempinski Hotel )

ADD: Ciragan Caddesi No.32 Besiktas/ISTANBUL

HAVA  A GOOD TIME IN SPA  !!!

ここしゅでした!!confident

トルコを知るにはまずハマム!!さあ、ハマムへ行ってみよう!!!

ハマムは浴槽のないトルコの銭湯。昔は今のようにどの家にもお風呂がなかったので、人々はハマムにいっていました。このためただ単に体を洗うという目的だけではなくご近所さんとおしゃべりしながら楽しい時間をすごすという社交の場でもあったのです。日本のように長い時間お湯につかるという習慣がなかったため、ハマムでは垢すりとマッサージが基本。

 

イスタンブールではそれでも20年位前には近所にもハマムがあり断水するとよく風呂支度で行ったものですが、最近はまったく聞かなくなりました。このため観光客目当てのハマムがほとんどで観光地スルタンアフメット地区にあります。いずれも老舗の1件と、最高ランクの1件をご紹介します。

 

その① 老舗中の老舗チェンベルリタシハマム

路面電車チェンベルリタシ駅のまん前。ビザンチン時代から残る塔の向かい側。

料金は垢すりとマッサージで30~50ユーロくらい。

予約はいらないのでそのまま飛び込んでどうぞ。英語OK。女性客は女性が、男性客は男性が担当するので心配なく。

 

Ham_1

Ham_2

 その② 高級どころのアヤソフィアヒュレムスルタンハマム

名前からもわかるようにその昔オスマン帝国のスルタンスレイマンが奥方ヒュレムのためにミマルシナンに特別に作らせたハマム。建物はしばらく長い間放置されていましたが、長い間の修復後、再びオリジナルどおりに戻され、現在はハマムとして利用されています。サービスには定評があります。料金は70~150ユーロくらい。基本は予約制です。ただあいていれば飛び込みでも大丈夫かも。

路面電車スルタンアフメット駅下車。デイヴァン通りをスルタンアフメット公園(アヤソフィアとブルーモスクの間の噴水のある公園)に向かって歩こう。

Ham_3

 

公園に着くと公園のすぐ向かいに茶色のドーム付の建物がみえます。これがヒュレムハマムです。

Ham_4

向かって右側(ブルーモスク側)の入り口は女性用、左側(アヤソフィア側)は男性用の入り口。

Ham_5

階段を降りたところがハマムの玄関。

Ham_6 

中のホールは天井が高くて明るい!!じわっと熱く感じる。向かいがレセプション。

Ham_7 

まずは更衣室へ。中にはロッカーがあります。ハマムに入るときはペシタマルという大判の布を体に巻きます。恥ずかしい人は中に水着(ビキニがベスト)着用もOK.。VIP更衣室はバスローブ付。

Ham_8_2

扉の中へ入ります。ギョベックタシ(中央の大理石)の周りにはいくつもの小さい部屋があります、この部屋の中にはいくつか蛇口がついた座る場所があります。ここでお湯をかけながら体を温めてふやかします。大体15分くらい。

その後垢すりのお部屋へ移動します。全身もれなく丁寧に垢をこすってくれます。これが20分くらい。

再び中央の部屋へ戻りギョベックタシの上に寝そべります。泡マッサージです。最初は仰向けに寝て、背中、肩、手足、その後は前側になります。約20分。

最後に洗い場に移動して髪をシャンプーします。ぜんぶ済んだらばしゃばしゃお湯をかけて終わり!!!

Ham_12

ホールに戻り冷たくおいしいシェルベット(オスマントルコ伝統の天然フルーツジュース)をいただいて休憩をします。

Ham_9_2  

●ハマムへ行くときのコツ!!●

朝がすいているので午前中に行くことをお勧めします。

ハマムに行く前の晩は入浴後ボディローションを塗らないように!皮膚に薄い油の膜ができて垢が出にくくなります。

皮膚に擦り傷・切り傷などの怪我があるとしみるので完全に直ってから行きましょう。

女性は厚いお化粧はとったほうがベスト。ざばざばお湯をかけられるのでハマム後はお化粧は再度しなおしです。

タオルなどは終わったら巻いてくれるので用意は不要。石鹸・シャンプー全部ある。

水着もOK..女性はビキニがベスト。体をあらうのでワンピースはだめ。

ここしゅでした。。



H.I.S. イスタンブール支店

2019.10
loading...
WORLD情報局