2019.02.01

昨年末からべラージオホテルで開催されている草間彌生展。

20190128_120745

始まったばかりの頃、すんごい混み合っている!という話を聞いて、なんとなく行きそびれていたのですが、もうそろそろ大丈夫だろうと、やっと重い腰を上げて行ってまいりました。

場所は、べラージオホテルのGALLERY OF FINE ART

20190128_120751

メインタワー棟の客室エレベーターのある廊下を奥にずっと進んでいくとあります。

見ての通り、この日は平日の昼間だったからかかなりすいていました。

入場料は、大人15ドル、学生13ドル、12歳以下無料。

ネバダ州住民はID提示で13ドルになります。

20190128_120925

ところでみなさん、草間彌生さんってご存知でしたか?

私は恥ずかしながら名前を聞いたことがある程度だったので、この作品展に行って初めてこの一風変わった草間さんとその作品を目にして、すごく衝撃を受けました。

そして、このような貴重な作品にここラスベガスで触れる事ができることを、とてもありがたく感じました。

20190128_121027

20190128_1214410

私はごく一般的な美術作品の展覧会を想像していったので、中に入って「作品が2つのみ」という事実も初めて知りました。

しかし2つと言っても、草間さんの作品を代表する2作品は、それだけで見ごたえが十分です。

↓ こちらは、Narcissus Gardenという750個ものミラーボールで構成された代表作品。

20190128_121251

そして、会場の片隅に作られた不思議なボックス。

20190128_121532

さかんに人が入ったり出たりしていますが。。。

こちらは、Aftermath of Obliteration of Eternityと呼ばれる鏡張りの部屋に、無数の光が浮かび上がる幻想的な作品のお部屋。

ひとりずつお部屋に入り、45秒間だけ体験できます。

20190128_121520

20190128_121923_2

「わ~っ」というため息しかでません。うっとりして見入っていると、あっという間に45秒です。

これは一度見る価値アリ!




この草間彌生展は、今年の4月28日まで開催されています。

営業時間:午前10時~午後8時

みなさんも、ラスベガスにいらっしゃった機会に、是非日本人の活躍にも触れてみてください♪

chickREchick

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    H.I.S. ラスベガス支店

    いいね!ラスベガス
    2019.02
    loading...
    WORLD情報局