音楽 2020.09.19

¡Hola!

イスラエルです!

今回はメキシコの代表的な地域にまつわる踊りをご紹介します♪

 

 

El Jarabe Tapatio(エル・ハラベ・タパティオ)

Image1_9

 

この踊りはメキシコの国を代表するダンスです。19世紀にハリスコ州で始まり、いくつかの地方舞踊をミックスしています。 タパティオという言葉は、ケープをまといタップを行う男性を指します。

 

踊りの形式に関して言えば、男性は女性を取り囲んで声を上げます。女性はその声に応じて、スカートをひるがえします。どちらも典型的なカントリースタイルのコスチュームを着ています。

 

男性のコスチュームは、チャロスーツ(traje de charro)、女性のものは、チャイナポブラナドレス(vestido de china poblana)と呼ばれています。

 

 

La Danza De Los Viejitos(ラ・ダンサ・デ・ロス・ビエヒートス)

Image4_3

 

この踊りは、ユネスコによって2010年に人類の無形文化遺産として登録されました。そのルーツは、スペイン統治前の時代にさかのぼります。その文化的価値とルーツは、今も地域社会で大切にされています。

 

その形式は、4人の男性で成り立ちます。彼らはタラスコ族のダンススーツ(el traje de los campesinos purépechas)を着ています。その服装は、白いシャツと白いズボン、カラフルなショール、ダンス用の木製靴底のサンダルとなっています。

 

 

El Huapango(エル・ウアパンゴ)

 

この踊りはウアステカ(Huasteca)地方にルーツがあります。その地域は、Hidalgo州、Tamaulipas州、Veracruz州、San LuisPotosí州、さらにはPuebla州の一部にわたります。

 

特にHidalgo州の、Huejutla、San Felipe, Atlapexco, Huautla, Huazalingo, Jaltocanとその他の都市では、イベントや家族のお祝いなどで必ず踊られるダンスです。

 

 

Jarana Yucateca(ハラナ・ユカテカ)

Image2_9

 

この踊りは、メキシコのユカタン半島に由来するダンスおよび音楽形式です。辞書によると、『Jarana(ハラナ)』は町民の歓喜、喧騒、賑やかな楽しみを意味します。

 

17世紀から18世紀の植民地時代、ユカタン半島では、地域でのパーティーが始まる度に、スペイン人とクレオール人が軽蔑的に「またJarana(ハラナ)が始まった」と言っていました。

 

先住民族は、スペイン人とクレオール人がそう呼んでいることを理解していました。そして、その名前は、お祭りで演奏されていた音楽の総称となり、ユカタン半島の地方舞踊はJarana(ハラナ)と呼ばれるようになりました。

 

 

La Danza Del Venado(ラ・ダンサ・デル・ベナード)

Image3_5

 

この踊りは、「鹿の踊り」(Venadoは鹿の意味)というように、鹿の様子をダンスで表しています。

 

踊り手は、鹿の頭を模したものを被り、カラフルなスカーフに身をみ、首には、白いビーズで作られたネックレスを身に着けます。胴体には青いショールを巻いていて、Griijatium (鹿の爪ベルト)そして手には2つのSenasos(土器のガラガラ)を持っています。

 

猟師役(pazkolas)とBaa-wehai(水ドラム)に囲まれ、Hiriukam(ブラジル製の杖のゴム)で鹿の心臓の音を再現しながら踊ります。

 

 

いかがでしたでしょうか?

たくさんあるメキシコの民族舞踊は、ここに行けば色々みることができますよ!

【メキシコの文化に触れる】フォルクローレダンス鑑賞

 

Israel

 

 

=================================
いつもブログをご覧いただきありがとうございます!

記事の内容が新型コロナウイルス拡大前の内容になることがございますが、皆様が安心してお越しいただけるようになった際に参考になることを願い、引き続き情報をお届けしていきます。

何卒ご容赦いただきますようお願い申し上げます。

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    HIS メキシコシティ支店

    2020.10
    loading...
    WORLD情報局
    テーマ一覧