Selamat siang(こんにちは)happy01

日頃ジョグジャカルタのツアーを沢山ご予約頂いておりますが、今回ツアーの品質管理も兼ねて、1番人気のジョグジャカルタサンライズツアーを、
実際に体験させて頂きましたnotes
今回は、その体験記を記載させて頂きますup

では、早速ジョグジャカルタへrunairplane
ジャカルタから飛行機で約1時間 ジョグジャカルタ(Adisucipto空港)に到着しました
sign03
写真は空港の様子です♪
airport1

airport

まず、到着してすぐに向かったのがジョグジャカルタ王宮観光ですnotes
ここは歴代のジョグジャカルタ王朝の王様とその家族が住んでいて、今も10世の王様が住んでいます。中には博物館があり歴代王の系譜や王宮の歴史が学べます。歴代の王様の中で9世が一番人気があるとのことで9世博物館という博物館もありましたsun
クラトン王宮

次に向かったのはタマンサリnotes
タマンサリは、王宮から車で10分ほどの場所にある離宮でで、王宮の10年後に建てられ、水の宮殿と言われています
タマンサリ1
中に入ると池(プール)がありましたnotes
プールは、王様用、王様の子供用、王宮に仕える若い女性用のものがあります♪
奥が女性用で手前が子供プールです。王様のものは奥の建物の裏にありました。
王様は建物の一番上から窓越しで池の様子を覗いていたそうですeye
タマンサリ2

次はインドネシアの伝統衣装として有名なバティック工房へhappy01
バティックとはろうけつ染めの布地の特産品で、洋服・サロン・スカーフ・ハンカチなど様々なものがあります。中でもジョグジャカルタは産地として有名で高品質のものが安価で手に入ります
この工房では一つ一つ模様を手書きでするものと型押しで行う2つの方法で行っております。もちろん手書きのほうが高額です。。
職人さんがたくさんおり、黙々と複雑な模様を機械のような正確な手つきで行っていました。

バティック1
バティック2
バティック3

特別に体験させてもらいましたが非常に繊細で難しいですwobbly
batik4

ランチはローカルレストランでインドネシア料理restaurant
雰囲気はオランダ植民地時代建物のようで料理もおいしかったですscissors
レストラン
レストラン2

その後、一旦ホテルでチェックインをして、夕方までフリー時間になりますsleepy
夕方はローカルレストランでディナーとその後、同じ敷地内でラーマヤナという伝統舞踊を鑑賞しますeye
ディナーはビュッフェタイプでメインはインドネシア料理ですhappy01
ディナー
ディナー2
ジャワの伝統芸能であるラーマヤナ舞踊。野外のステージで90分の公演ですnotes
バリ島のケチャダンスなどとは違い落ち着いた音楽と優雅で華やかさがある舞踏でしたhappy01
ラーマヤナ

この後、ホテルに戻り、明日のメインupボロブドゥール遺跡サンライズの為休みましたsleepy


次回はいよいよ、ボロブドゥール遺跡サンライズとプナンパナン遺跡の2日目ですnotes
お楽しみにhappy01paper

同じテーマ「」の記事

もっと見る →

    コメントを投稿

    

    インドネシアからのご旅行ならH.I.S.ジャカルタ支店へ
    お問い合わせ受付中


    メール info.jkt@his-world.com

    お問い合わせ・支店情報はこちら
    MaiMai Bali
    2019.06
    loading...
    WORLD情報局