2020.07.09

eyeこんにちわconfident

久しぶりにガヤ島トレッキングとサピ島ツアーについてシェアしたいと思います。

ガヤトレッキングは、自然の中のトレイルを歩きます為、運が良ければ色々な野生動物に出会えることができます。天気にもよりますので今回は、野生動物に出会えるかな?ドキドキです。happy01

ガヤ島に行く桟橋は、ステラハーバーにあるこちらの桟橋です。enter

Sutera_jetty_2

さて、いよいよ0900時のボートでガヤ島に出発します。sun

ガヤ島は、トゥンク・アブドゥル・ラーマン国立公園の5つの島の中でも1番大きな島です。

Gaya_island

ガヤ島の桟橋です。

Gaya_jetty

ガイドさんが入場料金の手続きをした後は、さていよいよトレッキングスタートsign01

Gaya_island_entrnace みんなは、やる気満々です。punch

スタートポイントdash

Padang_point

トレッキングは、約1時間。途中でマングローブを見ることができます。

Gaya_island_mangrove

マングローブが群生する姿を楽しみながら。。。ゆっくりトレッキングshoeshoeshoe

Gaya_island_mangrove3

こん~な高い木もたくさん見ることができます。

Tree

野生動物の足跡も発見。何の足跡でしょうか?   

なんと。。。。。イノシシですcoldsweats02

夜、ジャングルの中で餌を探しに出ているようですねfootfootfoot

Wildboar_footprint

sun天気が良かったですが野生動物に会えることはできなかったです。

野生動物は、ジャングルの中でフリーに活動している為、運次第かと思います。今日は、ちょっと「UNLUCKY」でした。confident

しかし、自然に囲まれながらリラックスにトレッキングができました。scissorslovely

やっとジャングルトレッキングが完了。今度は、サピ島へ移動ですsign01sun

Gaya_island_trekking

汗をかいた後、サピ島の海で体をクールダウンnotes

Beach

そして、美味しい昼食(ビュッフェスタイル)をお召し上がります。

昼食会場は、海の近くのテント。海の景色を見ながらランチを楽しむことができます。

エビ、カニ、サテ、魚、トウモロコシ、イモ、フルーツやマレーのお菓子などいろいろな種類がご用意されております。bananariceballcancer

Sapi_lunch3

 私のランチは、これで~す。いただきますlovely

Sapi_lunch4

ランチ後は、自由時間。

帰る前に海でシュノーケリングをしました。fish サピ島は、5つの島の中で観光者の中でも人気です。

今日は、人が多いけど魚を見ることができました。scissors

Sapi_beach3_2

帰りのボートは、14時出発。ship

サピ島にあるシャワールーム(屋外)とトイレは、昼食の場所より奥側の坂にあります。

シャワーを浴びて着替えをして桟橋の方に向かいました。run

Sapi_island_toilet

楽しい1日のガヤ島トレッキングとサピ島でした。happy02

キナバル山まで行く時間はないけどお手軽にトレッキング体験とビーチ、両方を満喫したい方には、おススメです。goodfull

heartコロナ対策により現状は、島に入る人数が1日に100人と限られております。昼食は、ビュッフェではなくセットランチです。また、ツアーに行く車・ボートに乗る際、マスクの着用、体温計やパスポート情報のチェックがございます。インタナショナルフライトがございません為、観光客は現在は、ございませんが島は、現地の人たちで少しづつ増えてきている状況です。heart

それでは、次回までテリマカシpisces

観光 2020.07.02

皆さん、こんにちはhappy02 お元気ですか?

今回は移動制限令が始まる前の2月に訪れたブルネイ王国についてご紹介したいと思いますshine

皆さんはブルネイ王国がどこにあるかご存知でしょうか?「即位礼正殿の儀」に出席したブルネイ王国の王子がかっこいいと話題になり、ブルネイに興味を持たれた方も多いと思いますeye

実はブルネイはコタキナバルと同じくボルネオ島に位置しているんですsign01

豪華で立派なモスクや王宮、黄金のイメージが一番にくると思いますが、自然もたっぷりある魅力いっぱいの国ですcamera

コタキナバルから飛行機で30分ととても近いので、コタキナバルから日帰り旅行やコタキナバル+ブルネイで周遊旅行される方も多くいらっしゃいます。日本からですと成田から直行便が週4で就航しており、約6時間ほどでブルネイに到着します。(現在は運休中、ブルネイ王国は外国人の入国を禁止しております。)

今回は私が訪れたブルネイ王国のおススメスポット パート① 市内の観光地編 を紹介したいと思います。


1. オールドモスク(スルタン・オマール・アリ・サイフディン・モスク)

Img_6715_2 ブルネイで一番有名な観光地ですshineオールドモスクはブルネイ旅行のサイトや雑誌等で紹介されており、見たことある方もいますよね?日本ではなかなか見られない黄金に輝く屋根が特徴的なモスクで、ザ・ブルネイ!を感じることができます。湖畔に建っており、まるで水上に浮かんでいるようにも見えます。

このモスクは日中は黄金に輝くモスクを見ることができ、夜にはライトアップされたモスクを見ることができます。

そして近くにある広場にはフレームが設置されており、まるで額縁の中にあるようなモスクを撮影することが出来るんですnightImg_6538

私は写真のセンスがないので、綺麗さがあまり伝わらないかもしれないですが実際に見るととても綺麗ですshine 日中にみたモスクとはまた違った雰囲気を味わうことが出来ますsign01

湖に浮かぶ船もライトアップされていることもあり、フレーム内に収まり一緒に写真を撮影することができるのですが、この日はライトアップされておらず撮影することが出来ませんでしたweep

現地ガイドさんに聞いたらライトアップは日によるらしいとのことです。。。

オールドモスクはモスク内の見学も可能です。ただし礼拝の時間以外、ラマダン(断食)期間などの宗教行事がある場合は入場できず、外観からの見学となるのでご注意ください。

入場できる時間は下記となります。(入場可能な時間は変更になる可能性があるので、事前に確認してください。)

Img_6682

モスク内への入場は無料ですが、正面入り口にはモスクのスタッフがいて、ノートへの名前と国籍の記入が必要となります。モスク内は土足禁止、女性や露出の高い服を着ている男性はガウンの着用が必要です。女性の方は長袖や露出の多くない服を来ていても、ガウンの着用が必要となります。ガウンはレンタル用が用意されていますので持参の必要はありませんgood

次はモスク内部ですeyeImg_6702_3

Img_6689_2

写真では美しさが伝わりづらいのですが、純金とステンドグラスが使用された内部はとても綺麗です。一番奥は王様がお祈りするところで、横のエスカレーターも王様専用のものだそうですdiamond

Img_6687

モスクの窓にもステンドグラスが使用されており、とても綺麗でしたsmile

私たちが訪れた時はモスク内中心まで入ることができステンドガラスも間近で見れ、写真撮影も可能でしたが、行く日によっては入り口エリアまで、写真撮影禁止の場合もあるそうです。。こればっかりは行ってみないとわかりませんcoldsweats01 当日モスクのスタッフかツアーの場合はガイドさんに確認してみてください。

2. ニューモスクジャミ・アスル・ハサナル・ボルキア・モスク)

Img_6771

こちらのモスクは現ハサナル・ボルキア国王の即位25周年に合わせてつくられたモスクでブルネイで一番大きいモスクです。なんと5000人収容可能とのことですsign01

こちらのモスクも入場できるのは礼拝時間や宗教行事以外となりますのでご注意ください!礼拝時間は内部に入ることはできませんが外観の見学は可能です。

入場できる時間は下記となります。(入場可能な時間は変更になる可能性があるので、事前に確認してください。)

Img_6733

ニューモスク内も入り口にスタッフがいますので、氏名、国籍を記入しガウンをレンタルします。

土足禁止、入場は無料ですconfident

Img_6743

2階にあがる階段です。天井にはステンドグラスが使用されています。この階段までは写真撮影可能ですが、ここから上は写真撮影禁止ですのでご注意くださいsign01

2階はお祈りする部屋があり、もちろん内部の見学も可能です。私たちは歴史はもちろんのことガイドさんの子供のころの思い出話など聞きながら見学しましたhappy01 

Img_6752

こちらは国王専用のエスカレーターです。写真撮影可能なので前で写真をとるのもオススメですcamera

3. ロイヤルレガリア(王室資料館)

Img_6459

ロイヤルレガリアには世界各国からブルネイ国王に送られた記念品や実際のパレードの再現、実際に使用されたもののレプリカが飾られていたり、ブルネイ王室の歴史などを学ぶことができます。

ブルネイが裕福で豊かな国というイメージはあると思いますが、ロイヤルレガリアを見学するとどれほどブルネイ王室がリッチなのか知ることができますshine 

そしてこちらのロイヤルレガリアも入場無料、土足禁止ですsign01館内は大理石の床なので裸足だと冷たいです。靴下の持参をオススメします。スリッパの貸し出しもありますが、数に限りがあります。。私はサンダルは履いていて、裸足だったので見学の最後の方は足がとても冷たくなってしまいましたwobbly 館内は冷房も効いており肌寒いので羽織るものの持参もオススメします。

Img_6447

ロイヤルレガリアに入ってすぐ目にはいるのがこちらshine国王の式典でつかわれた車が展示されています!

このエリアは撮影可能ですが、展示室は撮影禁止、カバンやスマホ等は備え付けの鍵付きロッカーに預ける必要があり持ち込むことができませんのでご注意ください。

スタッフの方もフレンドリーだったので困ることはないかと思いますhappy01

長くなってしまったので今回のパート①市内の観光地編は以上です。

今回ツアーに参加してガイドさんの説明でブルネイの歴史やイスラム教、モスクについて詳しく知ることができたので参加してよかったなと思いました!

次回はショッピングモールや滞在したホテルについて、パート③ではブルネイの自然についてお届けしようと思いますのでお楽しみにhappy01

H.I.S. コタキナバル支店ではコタキナバルからのブルネイ日帰りツアーやブルネイ発着のツアーも取り扱っておりますので、是非ブルネイに旅行される際はご確認いただけると嬉しいですsign01

早く以前のように自由に海外旅行ができるようになるといいですねweep

それではまた次回!ジュンパラギ〜paper

pcブルネイ日帰りツアー

pcブルネイ発着ツアー

Img_6715

皆様、アパカバールsign03 約3か月ぶりのブログ更新となります。

日本もようやく県をまたいでの移動が出来るようになり、少しずつ世界を取り巻く状況はよくなって来ている事を願います。

さて、今回はコタキナバルの現状のアップデートです。happy01

マレーシアでは政府の鶴の一声で3月中旬から厳格なロックダウンが行われ、コロナの封じ込めに全力をあげてきました。幸い国民の理解と協力により、この3か月間で感染者数もみるみる減少し、現在は一部の外国人労働者や、外国からの帰国組から感染者が出ている程度で国内感染かなり収まってきている印象です。新規感染者数(4人程度※6/26現在)

これを受け、政府は6/10から制限令をより緩和し、いよいよ出口戦略である「回復期」に移行しました。回復のための活動制限令の適用期間は8/31までの予定です。(政府による変更もあり)。

残念ながらまだ海外旅行は許されておりませんが、隣国の比較的国内感染が抑えられている国から段階的に許可する予定と報道されています。

コタキナバル支店ボレボレラウンジは既に営業開始し、アフターコロナを見据えて皆様に安全なご旅行が提供できるようガイド&ドライバー、オフィススタッフ一同準備を進めております。(現在は10時から17時30分の短縮営業です)

活動制限中にはイスラム教の約1か月に渡る断食やハリラヤのお祝い、コタキナバルがあるサバ州では収穫祭(カアマタン)など、国民が一年の中でも特に大事にしているお祝い事もあったので、本当に皆よく我慢してSTAY HOMEできたと思います。幾度もの制限令延長にも従い、本当にみんなよく頑張ったsign03weep

制限令中、唯一の楽しみが「食」であった私は、コロナ籠り+断食のダブルストレスを強いられているかもしれないイスラム教の人達が本当に心配でした。。。正直、今回のコロナにおけるマレーシア政府の決断力の速さもさながら、それを迅速に実行していった国民には驚きを隠せませんgood

現在ではアフターコロナの新常態(ニューノーマル)という言葉をあちこちで耳にするようになり、モール内の店舗やレストラン毎の入店時において、

★マスクの着用

★検温チェック <<6/29に政府から発表があり検温チェックのみショッピングモール入店時1回となりました。モール内の各店舗では検温不要です。

★手の消毒

★QRコードによる個人情報の登録(名前、連絡先、検温、パスポート番号など)

が必須となっていますが、それにも大分慣れてきました。

コタキナバルのホテルやレストラン、ゴルフ場、土産屋、大型モールも通常営業なのでご安心くださいok ※プールやスパなどはまだ許可されておりません。(6/26時点)

※7/1以降、ホテル内のプールやスパ、マッサージ店も営業許可されました!

◆ボレボレラウンジの入り口にもQRコードを掲示しています。ここでスマホから個人情報を登録します。

Img_5006

◆ソファーもソーシャルディスタンス対策でばっちりですsmile

Img_5007

Img_5008

街中の飲食店でもdangerテーブルの間隔も1m以上開けるなど、細かいSOPが店側・客側の双方にあり、ソーシャルディスタンス順守が義務付けられています。座れない椅子やテーブルにはテープで大きく×印がついており、すぐに分かりますsign03

コタキナバルの主要観光スポットもマレーシア人の国内旅行が許可されたことを受け、SOPを順守しつつ8割ほどは通常通りツアーを催行し始めています。弊社3大人気の天狗猿リバーサファリ、のんびりサピ島、キナバル公園とポーリン温泉、それ以外にもロッカウィ動物園、キナバル登山など主要ツアーも問題ない状態ですbusrvcarship 

しばらく人出がなかったので最近は海の透明度もとても高く、車が少なく空気が澄んでいるのかコタキナバルの夕日はとーっても綺麗ですheart04 ただ何故か乾季なのに夕方のスコールが多いですねcoldsweats01

百聞は一見に如かずということで、コタキナバル支店では現地の今sign03をお伝えすべく街中の様子や郊外のツアースポットの簡単な動画を絶賛作成中です。

コロナの影響で楽しみにしていた旅行を中止せざるを得なかった方、事態が終息したらとにかく旅に出たい!といった旅欲が収まらないあなたへリアルタイムなコタキナバルの様子をお届けし、少しでも安心安全な旅の参考材料にして頂けたら幸いです。また近日中に公開させていただきますので乞うご期待heart04

皆さんと会えるその日まで、ジュンパラギ~cancer



HIS コタキナバル支店

2020.07
loading...
カリブブログ一覧