皆さんこんにちは!オランダからスノーウィーsnowです。


オランダでは、まだ飲食店は持ち帰り・配達と、テラス席のみ(現在は12-18時)の営業と、規制があります。

そこで、レストランが共同で、レストランウォーク 「Restaurant wandeling」(オランダ語)
という企画を春から始めました!
各街のいくつかの高級レストランで、はしごしながら、一品ずつ食べ歩きする、というイベント。
アメルスフォールトで参加してみました。
 
1. オンラインでチケットを購入。(1人25-45ユーロくらい ※+手数料込)
 
2. 当日の12〜18時までに、指定のレストランへ自分で出向き、オンラインで送られるQRコードのチケットを提示、食べ物を受け取る。
 
3. 店を回る順番は自分で決めていい。一店につき一度限り。

というルール。

私が参加したのはアメルスフォールトの街で、そこは4店が楽しめます。
よく知らない街なので探検も兼ねていい機会でした。
ちなみに店があるのは街の中とは限らず、かなり離れた店もあります。
歩くのは大変ですので自転車を使いました。

この企画とてもいいアイディアだとは思う…しかし、これ、お店によって受ける待遇に差があります。

Rw_01

Rw_02
↑1店目。3品出てくるかと思ったら、左端のカリフラワーのオーブン焼きだけでした。
ちなみに右端がタコ焼きです。わお!
ちょっと~たこ焼き食べたかったんですけど~!


アメルスフォールトではそこまで高級じゃない店も混じってるようで、タイ風スープが出たとこなんて、普通に頼めばスープ3.50ユーロだって。他のオランダ人のお客さんも、出てるメニュー見てえっ…ってなってたという…。

白アスパラガスと豚肉のスープ、これも美味しいけど本当に量が少ない。

Rw_03
↓ 3店目は公園の中、元城壁のレストラン。
しかし公園のベンチで食べてるとき土砂降りの雨に!

メニューはマグロのたたき

Rw_05

Rw_06

あと基本立ち食いだから、雨降ってる中路上で傘差して食べたり、ちょっと悲しい絵面になるんですよ。中にはテラスに座らせてくれる店もあったけどね。

Rw_07

Rw_08

↑ 最後は運河の上のボートのレストラン!
ここでは席に着いて提供してもらえました。

牛肉のタルタルステーキ(1口サイズ)


一番不満は、一皿の量が本当に少ない。デパートの試食より少し多いくらい。これは四品食べても満たされません!!私の胃袋は宇宙に繋がってるのだ!

この料金はたけぇよ?支援用と割り切るべき?
私には正直コスパ悪い…と思いました。

例えばロッテルダムでは、ミシュランの星付きレストランが3つも含まれてるコースがあり、なかなか行けないお店をちょっと試したいのにはいいかなと思いました。

なのでまた懲りずに他の街でも試そうと思います。

あと高級店が手ごろな値段での持ち帰りメニューもやっているので、そっちの方がいいかな!

美味い物をもとめて、俺たちの旅はこれからだ!!!!

先週の4月27日はオランダ国王の誕生日でした!

例年は街をあげてのお祭り騒ぎになる一大イベントですが去年、今年とイベントは中止。

ただ、オレンジ色を身にまとい現オランダ国王 ”アレクサンダー国王” の祝賀ムード一色の日

なりました。来年こそお祭りムードで行いたいですね!

Img4057             (写真は2019年撮影)

キングスデイ翌日からコロナ規制も1段階緩和され、レストラン・バーのテラス席に限った営業

(12:00 - 18:00)も半年ぶりに再開されました!また外出禁止令も解除となりました。

といっても、感染者数は高止まりしており、1人1人の感染防止対策が今後の更なる緩和措置に向けたステップとなります。

夏のバケーションを大切にするヨーロッパ。今夏は旅行が行ける事を切に願います。

今年の春はどこか肌寒さが長く残り、ニュースによると、木に緑がつくのも例年より遅いそうですclover


エルスターもようやく開花cherryblossomオランダのスーパーでは比較的に安く買える品種ですmoneybag

210428_1


さて、アムステルダム支店では、北欧のホテルやツアーもお手配します。


ということで、近日ツアーのお知らせです!

北欧ヘルシンキと水の都サンクトペテルブルク・オンライン周遊・グルメ編
~バルト海東に位置するフィンランドとロシア2つの港町からグルメレポートをライブで!日本時間夜5月5日~

Hel0075_22

おしゃれなものやかわいいものを探し歩くのが楽しいヘルシンキheart02

ごっそりした華やかさが画面越しでもすごいサンクトペテルブルクshine

のオンライン・周遊ツアー! 今回は、


歴史の深そうな、いろいろ気になるオブジェも散らばるレストランrestaurant


普段は入ることのない焙煎所内も特別に見せてくれるコーヒー専門店cafe

からご案内します!ぜひクリックください!

https://www.his-j.com/oe/detail/T31/?area=O7&country=FIN&city=HEL&product=HEL0075

210428_2

upwardleftまたオランダより BYleo

HIS アムステルダム支店

2021.05
loading...
カリブブログ一覧